2020年05月26日

18年前の演奏

新型コロナウイルスで緊急事態宣言が出ていた中でも自分の生活はそう大きくは変わっていなかったのですが、とはいえ友だちとの外食などの予定はさすがに入って来ず、普段よりは多少時間が出来たというのも事実。
ということでちょうど良い機会ということで、大昔の音楽イベントの映像をDVDから取り込んでYouTubeにアップするという作業をやっていました。


18年前の2002年ということで、もともとはアナログのビデオカメラで撮った映像をVHSで持っていて、10年くらい前にVHSを処分するときにDVDにコピーしたというもの。
今回DVDからMacにデータを取り込んで、映像は自分の環境では修正やレストアといった作業は出来ないのでそのままだけれど、サウンドは多少手を入れて修正。
まあオリジナルのサウンドも高音質とは言いがたいレベルのものだったし、リバーブとエコー(ディレイ)をうっすらかけてあとはイコライザーでの調整。リミッターは自分が普段マスタリングでやるときよりは強めにかけて音圧を稼いだという程度のリマスター作業でしたが。



イベントを通して録画されたDVDは240分(4時間…)あって、その中から様々な人たちが入り乱れたセッションバンドと自分のバンドの映像を中心にアップロード中。あと2本アップして終了の予定。
セッションバンドに参加していた人の中で2人が亡くなってしまっているのは、ずいぶん時間が経ったのだなぁということを感じてしまいますが。
2人のことは思い出として残っていきますが、演奏している映像がネットの中にも残っていっても良いんじゃないかなと思ったのが今回の作業の動機。



自分のバンドの方は、自分がオリジナル曲無しのカバー曲のみを演奏したというのはたぶんこれが最後だったような。
歌とギターは今の方が上手くやれる自信があるけれど、歌いながらキーボードを弾くというのがいったいどうやっていたのやら(汗)。これだけは、この時点が自分の人生でのピークだった気がする……。
バンドはこのあと、フルート担当がこの時点で高校2年生だったので(!)受験勉強のために脱退(脱退させたとも言う)。高校からの仲間がギターで加入。
翌年2003年秋にこのイベントの続編があったのですが、ドラム担当が結婚式が控えていたのでイベントへのバンドメンバーとしての参加は見合わせるということになり、ベース担当がドラムへ自分が本来のベースへという普通ありえないパートチェンジをしてイベントへ参加。
そちらの映像はだいぶ前にアップロード済み。



過去を振り返るというのはずっとそればかりだと建設性がないということになるけれど、たまにならそこから学ぶもの得るものもあるような。
今回の映像にしても、18年も前のものだともはや客観的にしか見られない(汗)。
とりあえず、YouTubeのサーバーがすべて壊れたりしない限りはアップロードした映像は残っていくハズで、亡くなってしまった人たちを含めた映像を残せたというのは意義があったことだと思いたいですが。

Posted by toshihiko_watanabe at 22:42│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 | LIVE

コメントする

名前
 
  絵文字