2020年07月12日

大網白里市・くるまやラーメン大網店

先日、たぶん30年ぶりくらいに行った『大網白里市・くるまやラーメン大網店』。

IMG_7671

この大網店は自分がこの土地に引っ越してきた頃からあって、そして初めて行ったときに生煮えの太麺のラーメンを食べてから太麺が食べられなくなったというお店(汗)。
太麺は、それから約10年後にまだおゆみ野にあった頃の『中野家』(のちに移転して『末広家』)で初めて家系ラーメンを食べて克服。
『くるまやラーメン』はチェーン店なので他にもお店は数多いけれど(たしか全国に約170店舗)、たぶん他店にも行ったことはないような。
大網店は去年秋の台風の被害でしばらく営業していなかったのだけど、数週間経ってから再開。
そして潰れずにずっと営業しているのはどうしようもなくマズイからではないだろうし、30年前の自分の味覚や味の好みもあてにならないしということで今回行ってみることに。

IMG_7665 IMG_7667

くるまやといえば味噌ラーメンという程度の知識はあるのだけど、個人的な好みで「醤油ラーメン(700円)・麺大盛(150円)」で。

IMG_7669

IMG_7670

ちょっと想像していたのとまったく違ったものが出てきた(爆)。
完全に二郎が意識された、モヤシドカ盛り。モヤシは炒められたのみで味つけはされていないよう。
そして、スープと麺とゴマとモヤシのみで他の具材はいっさい無し。かなりビックリした。
このモヤシの量で味つけがされていないとなると、さすがに天地返し的にモヤシと麺を上下入れ替えて食べていくしかない。
麺は、自分が大昔に食べた太麺ではなくて普通の太さの縮れ麺。食感は悪くない。
スープは醤油がかなり強いタイプで、ダシの旨味はあまり感じない。
竹岡式、この地域でいうとこの間行ったばかりの『東金市・ぐうラーメン』にやや近い印象を受けましたが、チャーシューの煮汁を割ってつくる竹岡式のスープは旨味はあまり無いとはいえ豚肉の旨味があるので、このスープとはまた違う。
まあしょっぱさ強めのスープは、この地域には合っているのでしょうが。
最終的には延々とモヤシを食べ続けて完食となったのですが、さすがに他の具材がまったく無いというのはちょっと物足りなさも。


まあまあ満腹にはなったのですが、麺とモヤシとでなので満足感はかなり微妙。
今回は麺は大丈夫だったのですが、スープはやっぱり自分の好みのものではないかなぁと。
まず味噌ラーメンを選択してトッピングはちゃんと加えろという話だったのかもしれないですが……もしくはメニューの一番左上にある(あとから足したように見えるけど)「まかないラーメン」というのが具材の普通に乗っているラーメンだった???
色々謎に思うことは多く、またいずれ行ってみます。



Posted by toshihiko_watanabe at 21:27│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

コメントする

名前
 
  絵文字