2010年03月31日

なかいま強 / 黄金のラフ 28巻

Golden Rough28

なかいま強
氏の『黄金のラフ 28巻』。
既刊は全部持っていて、最近出たこの28巻ももちろん買ったのですが。

1芸はあるものの、致命的な欠点も持つ3人の
プロゴルファーチームを組んでツアーに挑戦していくというストーリーのこの漫画。
日本のレギュラーツアー→マンデートーナメント→USネイションワイドツアー→USPGAレギュラーツアー
とストーリーは進んでいっているのですが、他の有名ゴルフ漫画『
風の大地』と同じように、巻が進むとややマンネリになっていっている感はあるのですが(汗)。

ただ他のゴルフ漫画と違うのは、元プロゴルファーの帯同キャディとの会話が常にあるのと共に、他のプレイヤーも帯同キャディとの二人三脚が描かれていること。
これは今までのゴルフ漫画とはけっこう違う部分だとは思うのですが。

ジャンボ尾崎模した「マイト竿崎」、立場はタイガー・ウッズも見た目とキャラはジェームス・ブラウン(ゲロッパ)という『ムーベス・ジェラウン』という、濃いキャラクターの2人と最終日最終組をラウンド中のこの28巻。


ゴルフの究極のプレーが、

ショートホールでの
ホールインワン
ミドルホールでの
チップインイーグル
ロングホールでの2オン
イーグル
ロングホールでの
アルバトロス

となってしまう以上、ゴルフ漫画では結局それらが頻繁に起こる事態になってしまうというのは(特に実際にゴルフをプレーする人にとっては)、リアリティの欠如ということで醒めてしまうのはある程度はしょうがないとしても、
ストーリーの展開としてはまだ楽しめる内容でこの巻まできているかと。

現在のUSPGAツアーでの試合が終わってから、どうするのかというのはまず気になるところですが。

1巻から一気読みした方が面白い作品だとは思いますが、まずは続巻を待ちたいと思います。
現在最終日の14番ホールをプレー中。

あと4ホールちょいで、2冊くらいはかかるんですかねぇ
  

Posted by toshihiko_watanabe at 01:39Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  | ゴルフ

2010年03月28日

焼き肉〜ハンバーグ(汗)

で、昨日は焼き肉食ってから、神田で『ぃどう』のリハ。

100327

4月29日(木曜祝日)にライヴをやる会場のロックバー『神田・
DEBORAH』でだったので、途中から飲んでいましたが(汗)。

CIMG2234

メロトロンのiPhoneアプリ「マネトロン」もいつも通り使用。

CIMG2238

しかしだんだん機材が増えてきて、自分だけでもアコースティックギター・フレットレスベース・iPhone(ポケットに入るけど)。それらに関するケーブル多数。
本番はクルマで行った方が運搬がラクみたいっすね。ビールは飲めなくなりますが(涙)。


終わってからはDEBORAH名物のハンバーグサンド
超美味い


IMG_0364


で、終電1本前で帰って今日は朝6時起きという



3月終わりだっていうのに異常に寒い1日でしたが、さっきお風呂入ったら、冷えきっていたつま先の毛細血管が破裂しそうな感じがしましたけど


の見頃はもうちょっと先になりそうですかね。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:42Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 

昼肉

昨日は近所の『焼き肉四季』で昼ご飯。

IMG_0359

ちょいと知り合いとの密会
で。

相変わらず肉の質もまあまあで美味い。
そういえば定食・麺類等、肉以外のメニューもやたら多いんですが、逆に注文する勇気がない(爆)。

IMG_0360

ただ写っているホルモン以前に、カルビがかなり重い

歳か(涙)


このあと神田へ向かう中、体調が悪化していったのは、背中にベース手にアコギという重装備のせいだったと思いたいんですが


IMG_0368
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:25Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2010年03月26日

千葉テレビのロッテ戦中継

今日からプロ野球のセリーグも開幕ということで、タイガースファンの自分としては逆転勝ちで良かったのですが、
BS/CS等に加入していないので経過はYahooの1球速報などで。

んで、
千葉マリンでも千葉ロッテマリーンズがホーム開幕戦ということで、地元の千葉テレビでマリーンズ×ファイターズの中継があったのでそっちも見ていたのですが。
マリーンズ勝利の中でも、今岡選手がタイガースでの全盛期を思わせるバッティングで、2打数2安打2打点という活躍は非常に嬉しい。ファイターズの八木投手の不調はあるにしても。
マリーンズはサードに今江選手がいるので、今岡選手の役割としてはDHとなってしまいますが、頑張って欲しいです。


ところで今年も相変わらず千葉テレビ野球解説
倉持明氏が面白い


優勝するチームのチーム力という話で、
「ファイターズは
ダルビッシュだけ。武田勝なんか10勝しても10敗する
まあそれで優勝争いをする投手陣をどう組み立てていくかというような話だったのですが。


地元のテレビ局の中継でその解説なんで、ホームチーム贔屓があるはずなんですが、
「(マリーンズのマズい守備で)このプレーはね。今日の反省会の材料ですね」
と今年もけっこう手厳しい。


両チームに対して毒舌という(笑)地方のテレビ局ならではの野球解説者ですんで、千葉テレビが見られる方はぜひマリーンズ戦の中継を見て頂ければ。
野球好きにはかなりクる解説者ですんで



ところで
Wikipediaの彼の記事を見ると、娘さんがAKB48のメンバーだとか
これに一番ビックリしましたよ(汗)。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:53Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

有栖川有栖 / 暗い宿

Kuraiyado

有栖川有栖
氏の2001年に出た『暗い宿』。
廃業した民宿、リゾートホテル、温泉旅館、都心の名門ホテルと、4編の宿にまつわるミステリが収められた短編集。

こういうテーマでそれぞれの作品をかなりのクォリティで書ける辺り、やはりこの作家は器用さを兼ね備えた、優れた頭脳を持っているのだと感じます。
リゾートホテルを舞台とした「ホテル・ラフレシア」の最後の部分はちょっとよく解らなかったのですが。

4編とも火村・有栖川コンビの活躍が見られるので、有栖川有栖入門としても良い1冊なんじゃないかと思いましたわ。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:13Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2010年03月23日

初めてのコース

今日は千葉・大多喜の『南千葉ゴルフクラブ』でゴルフ。

IMG_0349

ここは初めて行ったんですが、山奥にそのまま芝を張ったみたいなレイアウトで、
登って降りての繰り返しの完全な
山岳コース
ネットでの情報では
丘陵コースとなっていたんですが(汗)。
セカンドでグリーンが見えないホールも多数。

まあそんなコースレイアウトも関係ないくらい調子は
最悪
朝一のティーショットから始まっての、久々の超わかりやすいチーピンDay

OB3発と池3発。ドッグレッグホールが多いので、左にいくと次が狙えなくなるホール多数。
まあ曲がったことによって距離が残り過ぎてそれどころではないホールも多かったですが


IMG_0350

お昼ご飯(っつっても朝10時過ぎ)はチキン南蛮。わかってはいたけどちょっと酸っぱかった(汗)。

IMG_0351

で、お腹ふくれても後半も特に変わらず(爆)。
パターも、ショットの不調に引きずられて3パット4回


調子はともかく、距離はかなりわかりにくいコースでしたねぇ。
10yくらい打ち上げとかは普通にあるコースなので、ヤーデージの表示から1番手上げて打つとあっさりグリーン飛び越えていくとか(汗)。
打ち下ろしのショートホールで、グリーン奥のカート道路を直撃してOBってのもありましたし

結局久々に100オーバー。まああれだけ曲がればそうもなるかと。実力考えればこんなもんだろうと、けっこう淡白に捉えていますが

とりあえずこれでシーズンインかといった感じですんで、反省もしつつまた次回頑張りたいかと。

IMG_0353 
  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:58Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゴルフ 

2010年03月21日

島本和彦 / ゲキトウ完全版

島本和彦氏の代表作の1つ、映画化もされた『逆境ナイン』の続編『ゲキトウ』。
連載が途中で打ち切りになってしまったため、2巻が出ないままだったのですが、今回すべての話を収録した完全版という1冊で出たので買いました。

Gekitou_Tokuma

逆境しか訪れない超熱血ギャグマンガだった『逆境ナイン』から10数年後が舞台の『ゲキトウ』。
トライアウトの場面で話は始まり、300数十ページをかけて結局トライアウトの話で全てが終わるという(爆)。
まあ後々のための伏線ととれる部分はそれなりにあって、多少の冗長さは感じるものの、序盤の展開としては悪くないと思いましたが。

あとがきで、著者自身も続きを書けたらと言っているので、いつか書かれる続編に期待したいと思います。


ところで以前出た1巻は講談社からで、今回の完全版は徳間書店から。なんでなんですかね。
で、その以前の講談社版も持っているのですが(爆)。

Gekitou_Koudansya

今回「完全版」というかたちで出てしまったので、途中で終わってしまっているこの講談社版はどうすればいいのやら
  
Posted by toshihiko_watanabe at 18:12Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2010年03月19日

若者の即興演奏

今日の午後は時間があったので、最近調子が悪かったMacにOSの再インストール。
クリーンインストールすると、以前よりハードディスクの空き容量が10GB近く増えるのはなんでなんですかね

思ったより時間はかかったものの、さすがに動きが良くなりましたわ


さてその快適になったMacから
YouTubeに1曲追加。
曲は、房総老人会で2006年にやったライヴでの即興演奏Improvisation)。


Improvisation (Live Aug, 13 '06) / 房総老人会



ライヴでの最後の曲から入っているのですが、構成としては後半部分を切り出して4分程度にした方が見やすかったかも。
でも、多少冗長でも前半部があっての後半部という感じだったので。


当時28歳
だったメンバー3人で、勢いのままに突入した即興演奏ですが、今見返してみるとそれなりにお互いの音を聴きながら自分の音を出しているという。
当時そんな感覚でやっていた記憶はないんですけどね。
終盤のベースでのフィードバックは、その場で思いついたにしては良いサウンドだったんじゃないかと。


音楽を2人以上でやる場合は、お互いの音を聴くというのは最低限の心構えなんで、こういうのは初心忘れるべからずで大事にしたいですやね。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:46Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 | LIVE

2010年03月18日

radiko

radiko

15日から始まった、AM/FMラジオのインターネット放送『
radiko.jp』。
ウチは、今までの電波のラジオでは、特にTBSラジオにかなりノイズが入ってしまっているので、これでクリアに聴けるようになりました


放送開始の日はトップページが激重で、各局のHPにradikoのプレイヤーへのリンクがあるので、そっちからアクセスした方が確実でしたが。

もうアクセス数もだいぶ落ち着いたようで、特に規制もかからずアクセス出来ますね。


ちなみに音質は
HE-AAC48kbpsで「着うたフル」と同等ということですが、聴いている限りクリアではあるものの、特に音楽がかかっているときは高域に若干スカスカ感を感じます。
着うたフルってこんな音質で1曲200円とか取るんかとは思いましたが(汗)。
まあしゃべっている部分は気にならないですけどね。
64kbps程度ならもうちょっとは良かったんじゃないかとは思いますが、まあ安定して聴けるってことが一番大事ですし。


さて自分が聴くのは
深夜ラジオがメインなので、タイマー録音が必要になるのですが、radikoはflashでブラウザから出るサウンドのため、録るのはけっこう難しい。
外部入力から録音するソフトというのはそれなりに持っていますが、内部からの音を録音するソフトってのはなかなか無いんですよねぇ。

Windowsではもう対応したソフトがつくられているようですが、Mac用ではまだ無いので、今のところは「
Audio Hijack Pro」というソフトでタイマー録音ってのが一番無難そう。
シェアウェアで、32ドルというのがちょっと躊躇するところですが。
金額はともかく、クレジットカード払いでドル払いってのがねぇ


どうせいずれはフリーのMac用のタイマー録音ソフトも出そうだし、Macから
光デジタル出力でMDコンポにつないだら録音出来たので、しばらくはこれで粘ろうかと(汗)。


まあこれはラジオとしては確実に良い動きだと思います。ほとんどの人が聴く機会は間違いなく増えるでしょうし。
今までのネットラジオを否定するわけではないですが、やはりそれなりの予算をかけて、プロフェッショナルのトークがある番組が流れてくるわけですしね。

とりあえず今日は
ナインティナインのオールナイトを録音予定。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:02Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2010年03月15日

Pink Floyd / The Dark Side of The Moon (SACD Hybrid)

Floyd

ピンク・フロイドの1973年のアルバム『The Dark Side of The Moon (狂気)』SACDハイブリッド盤。
初めて聴いたのは高校生の頃で、リマスターされた紙ジャケット盤で1度買い直し、そのあと出たこのSACD盤をさらに買ったというムダ買い(汗)。

この盤は2003年発売で、買ってからは2chステレオでSACD音質を聴いていましたが、
先日買ったアンプPS3の組み合わせで、やっとSACDを5.1ch環境で聴けるようになったので、5つのスピーカーの真ん中で、珍しくおとなしく聴く。
基本的に落ち着きが無いもので、アルバム1枚を座ってただ聴き続けるというのがあまり出来ないもので(汗)。

CIMG2226

音質が良いのもともかく、ミックスのやり方としてはSE等のギミック音を周囲に振って、メインとなるバンドのサウンドは基本的に前面に固めるというミックス。
このアルバムの評価が、まず手の込んだSE等となってしまうこともある部分に対しての、作り手側からの回答とも取れますが。

とはいえ、「Money」のイントロ部分はレジの音が360°からリアルに鳴り響いてスゴい


フロイドといえば先日、ネットでのダウンロード販売でコンセプトアルバムの曲はバラ売り禁止とする、という判決で裁判に勝訴していましたが。

まあこのアルバムも、曲をバラで聴いたらなにも意味が無いのはみんなわかっていることだとは思うんすけどね。
当然、このアルバムをこれから聴くっていう人達も未来永劫居続けるわけですし。


高校の頃から相当な回数聴いているこのアルバムが、サラウンドでということを抜きにしても今回も聴けてしまうのは、
結局曲自体が良かったり、飽きさせないサウンドづくりだったりと、なんだかんだでアルバムという形を持った音楽の、1つの最高傑作だからなんでしょうねぇ。

CIMG2227

地球が映っているのは、PS3のビジュアライザーだったんですが、音楽と非常に合っていましたわ(笑)。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:26Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray | 楽器 / 機材 / オーディオ

2010年03月14日

法月綸太郎 / パズル崩壊

Puzzle

法月綸太郎
氏の短編集、『パズル崩壊』。

探偵・法月綸太郎は最後の一編にのみ登場で、犯人の側から描く倒錯ものや、ミステリではないような村上春樹風の作品が収められた1冊。

ただ白眉というよりは、圧倒的な完成度を持って組み立てられた「
カット・アウト」という作品は素晴らしかった。

2人の前衛画家の男と前衛パフォーマーの女性の、崩壊してしまったトライアングル。
妻となったその女性の
亡骸に、1人の前衛画家はなぜ絵を描いたのか。
ジャクソン・ポロックの系譜にあったという、架空のその画家の作品について文章で語られていくというのは、挿絵も無い状況では不自由にも思えますが、実際は読み手の想像力を大きく喚起してくれるという。

いわゆるトリックがあるわけではなし、これがミステリなのかどうかはわかりませんが、最後に明かされる真相、というか発想
は十分にミステリの結末と同じテンションを持っていると思います。

この作品を核として、全体的にバランスの良い1冊だったんじゃないかと。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:50Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2010年03月12日

HEAVY RAIN

HeavyRain

PS3用ゲームの『HEAVY RAIN 心の軋むとき』。
昨日の夜に始めて、まさかの10時間ぶっ続けで一応エンディング(爆)。


フランスの会社が開発したゲームというのも珍しいと思うのですが、システムは主役級の4人を操作するミステリーアドベンチャー

子供を誘拐して、約4日後に手に折り紙を持たされた溺死体とする殺人鬼と対峙するストーリー。
ただ子供を誘拐された、自分で操作する男には時折訪れる意識障害があり、容疑者には彼も含んでいくという。

ストーリーもなかなか良かったと思うのですが、ストーリーに対するインターフェースとして良く機能していたのが、コントローラーでなんでも操作させるという他のゲームとは大きく変わった部分。

例えばクルマのエンジンのキーを回すときは、コントローラーのスティックを上に入れて時計回りに半周。

文字にするとえらくメンドくさそうですが、実際やっているとストーリーに感情移入する良い触媒になっていたというか。 

冷蔵庫を開けてオレンジジュースを飲む、だとか、トイレに行く等、ほぼ話を進めるのに無用な行動もたくさんあるのですが、こういうムダは大好きです


CIMG2219

上の画像は2画面になっていますが、例えばメインの画面は逃げている自分で、小画面で追いかけてくる人物、とかの映画っぽい見せ方も数多く。
ゲーム中の野外ではほとんど雨が降っているのですが、サラウンドで周りから聴こえる雨音の音質もかなり良かったです。


や、久々の良ゲームなんじゃないかと。
珍しく2週目をやりたいとも思っていますし。

今回はメインの3人が生き残るエンディングだったんで、次は攻略サイトでも見ながら色々分岐をしてみようかと。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:58Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゲーム 

2010年03月08日

目白〜高円寺〜蒙古

神田でのリハ後、CDの販促で角田さんと合流。
目白の
ワールド・ディスクと、高円寺の円盤へ行く。

CIMG2198

ワールド・ディスク
は、マーキーのプログレ専門店。

CIMG2201

高円寺に移動して、円盤は初めて行きましたが、自主制作盤を主に扱うCD店&喫茶店&イベントスペース
雑多に並べられたCDとは別に、窓際にはテーブルとイスがあって、飲み物のメニューもあるという。
まあ高円寺ならではって感じのお店でした。


昼ご飯を食べていなかったので、高円寺駅近くの『
蒙古タンメン中本』へ。

CIMG2203

だいぶ以前から知ってはいましたが、実際に食べるのは初めて。
初めてということで「蒙古タンメン(770円)・麺大盛(60円)」。

CIMG2204

味噌スープのタンメン(白菜多い)に辛い麻婆豆腐が乗るラーメンで、とにかく辛い


CIMG2205

なんとか完食も大汗。豆腐増しはやってみても良かったかも。

隣の客がやっていた野菜増しは
二郎を彷彿とさせて勘弁でしたが(汗)。  
Posted by toshihiko_watanabe at 00:05Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 

2010年03月07日

神田でスタジオ

今日は『iDO(ぃどう)』のリハで神田。

CD発売記念ライヴを5月22日(土曜)に神田・
DEBORAH行うことも決定しましたんで。


CIMG2189

今日は楽器と同じ色の服を着ていたので、写真で見ると保護色でかなり妙な感じ

手前のタイコのヘッドも赤だった(爆)。

CIMG2193

叫んでいるわけでもアクビしているわけでもないですが


アルバム全曲やっても30分なんで、新曲も準備。


ああ
CDの宣伝も。

iDO』ミニアルバム「寒いくつ」。
店頭では現在、
目白の
ワールド・ディスク
高円寺の
円盤
で購入可能。

西新宿の
ガーデン・シェッド
でも取り扱ってもらえるのではということです。

まあすべて東京都内のレコード店ですし、ネット通販でも購入可能ですので。

公式サイトからオーダー出来ますんで、よろしくお願いいたします。


ウワサでは、
「世界で初めて
マネトロン(メロトロンのiPhoneアプリ)をレコーディングで使用したアルバム」
なんじゃないかという話ですが(笑)。

その割りに1曲でしか弾いていないんで、もっと弾いておけば良かった(爆)。

CIMG2207 
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:26Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 

2010年03月04日

3年前のビデオ

またYouTubeに昔のライヴビデオを1曲追加。


喜多方ラーメンの怪 (Live Apr, 8 '07) / 房総老人会


この前にやったライヴで大失敗したことにより(爆)、ギタリストに旧友の
高橋光君を加えた『房総老人会』の2007年4月のライヴから、
ドラマーの
森川和彦君作詞作曲の「喜多方ラーメンの怪」。
リフはあまり遅くない
サバスといった感じですが、全体的にはハードロック演歌
リフ部分も含めて、自分には作れない曲ですやね。自分は、曲をつくるときはどうしてもメロディとコード主体でないと作れないもので



次回載せるのは、混沌と狂乱と客置いてけぼりのインプロヴィゼーションのビデオになるかと思います
  
Posted by toshihiko_watanabe at 01:04Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 | LIVE

2010年03月03日

HDMIケーブル

IMG_0324

Amazonから届いたんで、色々つなぎ直しました。

1mので770円でしたけど、長さ的にも1000円は切ってほしいですよねぇ。普通の電気屋だと1500円以上

検索してみたら、5mで13万円を超えているものがあったんですけど、どれだけ違いが出るもんなんですかね   
Posted by toshihiko_watanabe at 23:47Comments(0)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 | 楽器 / 機材 / オーディオ

2010年03月02日

アンプ買い替え

ギター/ベースのアンプじゃなくてAVアンプですが(爆)。

今まで使っていたパイオニアのAVアンプ(VSA-C300)で10年くらい前に5.1ch環境を組みましたが、
D端子HDMIも付いていないアンプ。S端子のみ(汗)。
最近はDVDプレイヤーやPlayStation3からは光ケーブルで音だけ出して、映像端子はテレビに直で出していました。
しかしまあ、その切り替えが面倒くさくなってきたり、せっかくの
Blu-rayの高音質の音をそれなりのレベルでは再生したいなと思ってきまして。

んで最近ネットで色々探していました。電気屋でも数機種かを鳴らしてみましたが、騒音の中じゃあなんもわかりません


ヤマハの『
AX-V465』ってのが安いところで3万円ちょいで、いいんじゃないかと思って一応オークションも見てみたら、1ランク上の『AX-V565』が送料込み即決34000円
訳ありとあったんですが、箱を開けたってだけだったんでつい落札

あとから気づいたんですけど、
価格.comで一番人気の機種でした


んで、今日届いたんでセッティングしたんですが、こういうのはある程度完成形をイメージしてから作業に入りたいところですが。

CIMG2181

中段にあるのがパイオニアの旧AVアンプ。下の段のHDDレコーダーを乗っているWiiと一緒に中段に移して、一番下に重量もあるアンプを置くのが普通かとは思いますが。

裏を見ると、あまりにゴチャゴチャの配線であっという間にやる気を失う(爆)。

CIMG2182

掃除しつつ、1時間程でセッティングと配線し直し。

CIMG2184

結局光ケーブルが1本減らせただけ……。

配置は、面倒くさかったってのもありますが
、アンプを下の段に置くとけっこうな廃熱のあるPlayStation3の横になってしまうので、元のアンプと入れ替えってことに。

CIMG2185

Blu-ray/DVD/CD等を再生してみると、さすがに前よりも出力があがっていることもあり音は良くなりました

とりあえずこれでPS3(SACD再生可能な初期型)とアンプがHDMIでつながったんで、やっとピンク・フロイドの『
The Dark Side of The Moon(狂気)』のSACD盤が5.1chで聴けますわ。

PS3、CD/DVDプレイヤー、HDDレコーダー、Wiiが全部ここにつながったので、全体的に操作もラクになりましたし。

radiko.jpでラジオのネット配信が始まったら、今のコンポは完全にCDプレイヤーのみの使用になると思うんで、コンポのスピーカーをAVアンプのステレオスピーカーに使い回せば、それなりの音質にはなるんじゃないかと。
センタースピーカーはなにか探した方が良いかもしれんですけどね。

ってHDDレコーダーだけはまだつなげられなかったんでした。
HDMIケーブルが足りなかった(爆)。
電気屋で買うと1mで1500円
とかするんで、Amazonで安いのを探して買います。   
Posted by toshihiko_watanabe at 22:46Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 | 楽器 / 機材 / オーディオ