2010年04月30日

昨日はライヴ

CIMG2414

昨日は神田・
DEBORAHで『ぃどう』のレコ発ライヴでした。

100429_1

iPhone/iPod touchアプリマネトロン」用のボリュームペダルを家に忘れてしまい、御茶の水の楽器屋(神田から近いんで)で同じモデルの中古を買ってきたらガリが出ていたりと、機材的な不備もありましたが(汗)、演奏内容も良い部分悪い部分それぞれあったかと。


CIMG2376
リハ中の写真ですが、今回は脇にアコギとベースを並べて用意



で、今回は機材が多かったので神田までクルマで行っていたのですが、帰りは今回撮影等やってもらった
友人を送りに千葉の野田市経由で。
改めてナビで見てみると、家の方向と90度違う方角で後悔(笑)。

神田を11時半頃出て、野田に0時半着。
家までのルートを再検索すると、家まで83kmの表示。
思わず2度見る(爆)。
こんなに遠いとは(涙)。

家の方向で最寄りの高速のインターは柏インターでしたが、これは
常磐道で都内に戻されてしまうので、京葉道路の穴川インター(千葉北だとちょっと遠回りするので)までひたすら走る。高速に乗るまで50km以上

結局午前2時帰宅(汗)。
今日は6時起きでしたが
、とりあえずシャワーかぶってから1缶開ける

IMG_0430

午後に向かってボケボケしていく1日。いつも通りといえばそうだけども
さすがにさっき15分ほど意識喪失


明日はちょっと時間がありそうなので、撮ったビデオの編集とかが出来ればと思います。
  

Posted by toshihiko_watanabe at 23:24Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 | LIVE

2010年04月28日

弦交換

明日は『ぃどう』での初ライヴということで、使用するアコースティックギターの弦を換えてました。

CIMG2354

そういやこのアコギの弦換えたのっていつ以来だ
って思ったんですが、今年始めに地元の方で参加したアコースティックのセッションの頃以来。
気がつけばもう4月終わりだ(爆)。

一応割りと長持ちする、コーティングされた
エリクサーって弦を張っているんで、普通の弦ほどは死んでいないハズですが。
ただ、今張った新しい弦を鳴らしてみたら、やっぱり
ピッチとか全然違うという


ちなみにギター弦張り替えるのって、面倒くさくて大っ嫌いなんですよねぇ(汗)。長持ちする
エリクサーを張っているのはそんな理由が大きいんですが。


そんなイヤな弦交換をやるくらい気合いの入った
『ぃどう』のライヴは、
明日、『神田・
デボラ』で
18:30オープン / 19:00スタート。
チケット1300円+1ドリンク注文、です。

まだ明日の夜の予定が空いている方はぜひどうぞ。
iPhone/iPod touchアプリの「マネトロン」がライヴで実使用される、けっこう珍しい(たぶん)ライヴになりますんで。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:35Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 | 日常

2010年04月26日

有栖川有栖 / ダリの繭

有栖川有栖氏の1993年の作品、『ダリの繭』。

Dali

サルバドール・ダリの心酔者であった宝石チェーンの社長が殺され、彼のダリヒゲが無くなっているという点から謎は始まりますが、そのあとも代わっていく容疑者、なぜか2つある凶器のオブジェと増えていく謎。
しかしそれがすべて結局真相の1点を指し示しているという。

また、作家アリス/火村英生モノの初期の作品ということで、各人のキャラ付けに力を入れていたせいかそれぞれの過去が語られたりと、トリック等はもちろんですが、男女の愛憎劇なども描かれていて、全体的にバランスの良い作品という印象。
終盤に向かって真犯人の性格等が明らかにされていくので、事件を推理していくのは割り合い難易度は低いと思うのですが、程よい難易度なのではないかと。

最近の作者が雑だという意味ではなく(爆)、色々なエピソードに均等に力が入れられていて、エンターテイメントとしてかなり出来上がっているという1冊という印象を受ける推理小説でした。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:50Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

あの頃

この間、YouTubeに8年前(!)のビデオをアップ。



日韓のワールドカップ真っ最中だったなぁ……。
今から考えればリハが不十分な(汗)カヴァーバンドでしたが、初めてギタリストとしてステージに立ったバンドということもあり、貴重な経験だったかと。

しかし今見てみると、よくこんなギターソロが弾けたなという。
コード進行からはあまりにスケールアウトし過ぎているスケールも聴けますが、そういえば当時あまり知識はなかったであろうロックギターの常套句フレーズを少ない引き出しからムリヤリ出して(爆)、結局はジャズ理論からのスケールでフレーズを即興で頑張って作っているという。

8年も経って見返して見ると、拙さに情けなくなる部分もありますが、反省して今後につなげられる部分もあるんじゃあないかと。

また載せられるビデオが見つかったら載せたいと思います。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:57Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 

2010年04月22日

浦沢直樹 / BILLY BAT 3巻

BillyBat3

浦沢直樹の『
BILLY BAT (ビリーバット)第3巻』。買ってからずっと積んでいたんですが、やっと読めた(汗)。


前巻の終わりから始まった
忍者ものでほぼ1冊のこの第3巻。
コウモリの巻物を運ぶ忍者の勘兵衛と、巻物をフランシスコ・ザビエルから日本へと持ち込んだヤジロウの2人の物語が綴られますが、
1冊として楽しめる出来だったのではないかと。

3巻まで来てはっきりしてきましたが、この
BILLY BATは歴史に影響を与えるコウモリの巻物・マンガを軸にして、それらにまつわる歴史上のストーリーが描かれていくのでしょう。
そうするとそれぞれの短いストーリーは、全体像を構成するジグソーパズルのピースということになるので、1つのピースに対して評価を下すのもおかしな話になりますが。

ただこの第3巻は、裏切りとその中にある友情と、忍者ものとして面白く読めるのではないかと。
最後に明智光秀がコウモリの巻物を手に入れてなにをやるかなどはもう描かれるまでもないですが、1巻から展開した謎の収拾は今後に期待しますか。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:21Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

思いつきで6.1ch

寒くて雨土砂降りと、まったく外に出る気にもならず

で、クローゼットのケーブル類の山
から、5mくらいのスピーカーケーブルを見つけたので、現在5.1chのスピーカーに1つ足して6.1chにしてみる。思いつきで。

CIMG2350

後部中央に1つ追加。もう1つ同じスピーカーが余っているものの、7.1chは後ろ2つプラス横に近い後ろ2つというセッティングにしないといけないので、この狭い部屋ではムリ(涙)。

AVアンプ(YAMAHA AX-V565)にケーブルをつないで、付属の測定用マイクを挿せば6.1ch用のセッティングが終わるってのは便利ですやね。

まあスピーカーが1つ増えた効果の程は疑問ですが(笑)。
ブルーレイのソフトもほとんどは5.1ch収録ですし、PS3のゲームも5.1chまで。
ああ『みんなのGOLF5』は初期に出たくせに、逆に7.1ch対応になっていましたが(爆)。

とりあえずはAVアンプの、アップコンバート的な5.1→6.1chサラウンドで出すことになるんでしょうが。
DVD/Blu-ray、ゲーム、サラウンド放送されているテレビ番組と、AVアンプを介して音を聴く機会で効果の程を実感していければ良いかと。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 17:00Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 | 楽器 / 機材 / オーディオ

2010年04月20日

有栖川有栖 / モロッコ水晶の謎

有栖川有栖氏の「国名シリーズ」第8弾、『モロッコ水晶の謎』。

Morocco

4つの作品が収められた短編集ですが、「推理合戦」は約10ページの超短編なのと、「ABCキラー」は『
「ABC」殺人事件』という他の作家との共著の短編集ですでに読んでいたので、
実質読んだのは「助教授の身代金」と「モロッコ水晶の謎」の2編ということに。


「助教授の身代金」は興味深いパズル。1つの事実を入れ替えると、ストーリーがまったく違う様相を見せるという。
身代金の受け渡し場面など、この作家ではあまり見られなかった場面もあり、なかなかに面白い。


「モロッコ水晶の謎」は犯人の犯行時のトリックが、ただ論理的な理由のみというかなり珍しい作品かと。
実際にこの理由で犯行を犯すかといえば、よっぽど正気ではない限りありえ無いと思いますが、逆にこれは推理小説ならではなのかも。
パズル的に、小説の中から人間的な感情面を削ぎ落としていくのも、創作の虚構の中では有りなんじゃあないかと。
とはいえ、犯人の被害者への感情などの解釈は、結局読み手に任されていると思いますけどね。


とまあ、「モロッコ水晶の謎」1編でも、犯人が暴かれてからの部分を読み返してみたりと、なかなか楽しめる1冊でした。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:13Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2010年04月19日

修理

最近フレットレスベースが、トーンを回すと妙にノイズが増えるので修理に出す。

CIMG2340

1日で返ってきましたが、原因としてはブリッジの裏に繋がれているはずのアースが外れていたというのと、エリクサーという薄い膜でコーティングされた弦を使っているので、これだと人間の身体がアースとして機能しないのでこれも原因のひとつになりうるとか。
エリクサーはここ数年ずっと使っているので、最近のノイズの原因ではないですけどね。

ギター/ベースを演奏中の人間の身体は電気が通っているのだなぁってことを久しぶりに思い出す話でしたが(汗)。
演奏中に感電死したプレイヤーもそれなりにいますしね

CIMG2342

とりあえずブリッジのアース線を繋ぎ直してもらって修理完了。
楽器屋のアンプで鳴らしてみた限りでは、この間までよりはノイズはマシになっているかと。

ブリッジ外して、アース線繋ぎ直すって作業だけで2000円取られたのはなんともはやですが

まあ自分ではトーンのポッドの故障か
と原因がわからなかったんで、しょうがないですけどね   
Posted by toshihiko_watanabe at 23:56Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 楽器 / 機材 / オーディオ 

2010年04月17日

メロトロンなビデオ

昨日のリハ中のビデオをYouTubeに載せました。



今月末、29日(木曜・祝)に神田・
DEBORAHでのライヴもけっこうこんな感じの、
メロトロンマネトロンによる)サウンドが鳴り響く時間帯になると思いますんで、他に予定のない方はぜひ
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:21Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 

両手が塞がる

今日は『ぃどう』リハで神田へ。

4月中旬にもなってまだ
コートを着るとは思いませんでしたが、さらに冷たい雨。
ベースを背負い、片手にケースに入ったアコギという器材プラス、雨の今日は反対の手には傘

行くだけで激疲労(涙)。


神田に着いてあまりにお腹が減っていたので、ファミマでサンドイッチとファミチキを買ったのですが、店を出て傘をさすと、

右手にアコギ、左手に傘。

さてどう食べれば


交差点で、
アコギを置いてファミチキかじっている妙な男になっていましたがなにか問題でも(爆)。
3口で食べ終えて歩き出す。相変わらずの量スゴいな


リハ自体はまあまあ順調に。

ライヴは4月29日(木曜祝日)に神田・DEBORAHで19:00からですんで、時間のある方はぜひぜひよろしくお願いいたします。


で、帰りは総武線快速〜外房線と超満員の電車の中で、楽器2本と一緒に潰される

金曜の終電ってこんなに混んでるんですか


荷物を減らすために、今後は2つ目以降の楽器はなるべく
iPhoneで使える楽器アプリを使用していこうかと

CIMG2330
  
Posted by toshihiko_watanabe at 01:00Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 | 日常

2010年04月14日

大原御宿でゴルフ

今日は『大原・御宿ゴルフコース』でゴルフしてきました。

CIMG2304

大洗東京よみうり葛城鶴舞カントリー等々の有名コースの設計者、
井上誠一が設計した大原御宿。
彼の設計の特徴としては、

"自然の傾斜を活かす・グリーンとバンカーの間を若干離す・砲台グリーン"

等々があると思うのですが、このコースもそれらの特徴は確認出来たかと。
まあそれらにやられた部分も多かったですが(汗)。
フェアウェイは割り合い広いコースでしたけどね。バンカーは計110個だそうで

バックティーからでしたが、水はけが悪いのかフェアウェイでもぬかるんでいる箇所が多々あり。
ティーショットがあまり転がらないので、6800y超の距離もガッツリあった感じですが。

出だしの1番ホールPar4は、けっこうなアゲインストの中のティーショット〜セカンドとミスしまくって、3打目でまだPWだったんですが、たまたま1mについてパーセーブ


昨日、練習場に行った時は不調の兆しだったけどそうでもないか

と思ったのは当然のように勘違いで
、次のホールからチーピン絡みで素トリ2連続(涙)。
で、4番ホールからはすべてボギーの48回


CIMG2305

お昼は海鮮タンメン。けっこう素っ気ない塩味だったので、添えられていたラー油をかけてみたらかけすぎて悶絶



後半インコースに入ると、そういう設計意図なのか、砲台グリーンの割り合いも増えだす。
グリーンは8.5フィートとあまり速くはない印象でしたが、後半にかけて傾斜がキツく。
遅い割りに下りで結構な勢いで転がっていた場所もあったので、たぶんあまり速く出来ないグリーンだったのかも(怖)。

で、後半は前半無かった3パットが2回。まあロングパットが下手すぎただけですが(涙)。
ショットが多少マシになったのでスコアは45回で済みましたが、1パット無しの20パット


まったく知らない、グリーン周りが難しいコースをバックティーからで93回ってのは、まあ自分の実力を考えれば妥当な結果だとも思うんですが

2番3番ホールの連続素トリは、別の機会にまたやらかさないように、また練習していきたいと思いまする。

CIMG2316
  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:52Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゴルフ 

2010年04月13日

ユニコーン / 勤労ロードショー〜MADE IN JAPAN〜

Kinrou

ユニコーン
のドキュメンタリーDVD3枚+ライヴDVDの計4枚組ボックス『勤労ロードショー〜MADE IN JAPAN〜』。
ドキュメンタリー部のDISC3までやっと見終わる(汗)。

去年の年頭からのリハ・バックステージ等々をビデオで追いかけて撮影されたドキュメンタリー。
最初のリハで、ツアーに向けて昔の曲をスタジオでやっているところは、意外にダメで驚く(笑)。
数曲やったあとの「
大迷惑」でもう大丈夫になっていたのも驚きましたが

CIMG2297

まあDISC1が
110分、DISC2が141分、DISC3が140分と、ファン以外は耐えられない長さだとは思いますが(汗)。
でも、音楽に関わっている人間は十分に楽しめるのではないかと。

今までの彼らのドキュメンタリービデオでもわかりますが、実はドリフターズ以上のコミックバンドなのではないのかというくらい、音楽の枝葉の部分を笑いにしてくれていますし。


しかし、
MOVIE6&7 『
THE VERY RUST OF UNICORN
MOVIE11 『
バンドやろうぜ 〜 アルバム"シャンブル"ができるまで
と今回のDVDボックスで、彼らの活動時期中の映像はほぼカバーされているのですが、ここまでドキュメンタリーが充実しているバンドはないんじゃないかと。
音楽面も含めて、やっぱりかなり変わっているバンドなんだと思いますよ。

CIMG2298

定価は19800円ですが、Amazonで14512円(驚)。
それでもDVD4枚組にしては高いとは思いますけどね。ドキュメンタリーものなんてそう何回も観るものではないですし。
まあ相当のファンしか買わないものでしょうし、良いのかなとも思いますが。


DISC4の5月3日の
さいたまスーパーアリーナでのライヴ映像は、飛ばしながらざっと観たのでまた通して観ますが、
MOVIE12『
UNICORN TOUR 2009 蘇える勤労
が、4月1日の横浜アリーナを収録したものだったので、どうせなら5月終わりのツアー最後の沖縄でのライヴか、夏フェスでの映像のものの方が良かったのではという感じもしますが。

出来が良かったという評判の日の映像なんで、通して観たら感想も変わるのかもしれんですけどね。それに期待。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:18Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray 

2010年04月10日

法月綸太郎 / 法月綸太郎の新冒険

Shinbouken

法月綸太郎
氏の1999年発表の短編集『法月綸太郎の新冒険』。
遅筆家を体現するかのように、作品発表のペースが落ちてきている中での作品ですが、
遅筆家というのは結局完璧主義者とも言えるわけで、その完璧主義者が発表してくる作品が悪いものであるはずもなく。

全編が、ストーリーの中の1つの事実を逆の面から見たり、それが偽りであったりとした場合に、すべてがひっくり返るという、優れたパズラーのみが産み出せる作品群になっているかと。

巻の最後まで裏切られ続ける、推理小説の心地よさがある1冊だと思います。
「身投げ女のブルース」はちょっとアンフェアかとは思いますが(汗)。


まあなんだかんだで遅筆家なのは間違いないので、彼の著作で読んでいないのもあと数冊なんですが、次に読む作品も楽しみにしたいと思います。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:02Comments(1)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2010年04月08日

天一〜スカイツリー〜神田

ぃどう』リハで都内に向かっていましたが、お腹が減ったのと、最近天一食べてないなぁと思っていたので、錦糸町で電車を降りて天下一品錦糸町店へ。

天下一品の
店舗検索を見ればわかりますが、関東で唯一千葉県には天下一品の支店がないもので(爆)。

IMG_0394

こってりラーメン大(820円)。
久しぶりに食べるとやっぱりラーメンとしては変わっているなぁ、と。すごい美味いとまでは思わないんですが


錦糸町ヨドバシでも寄って行こうかと思うも、時計を見ると意外に時間無し。
とりあえず駅に向かう途中で振り返ると、建設中の
東京スカイツリーが。

CIMG2275

そういえば歩いているときに見るのは初めてのような。
電車からは(京葉線でも見えるのね)しょっちゅう見ているんですが。

スカイツリーのサイトを見ると、現在338mとのこと。あと約300mも伸びるんすねぇ


さて神田に移動しての
ぃどうリハは、月末のレコ発ライヴに向けて色々と。

CIMG2279

いつも通りManetronを使いつつ、iPhoneのネコの鳴き声アプリなんかも試していましたが(笑)。

CIMG2283

音質イマイチだったんで、他のアプリも探してみようかと。ネコピアノってアプリを見た記憶があるので。

音楽への力の入れ方としては、若干間違っているとは思いますけどね(爆)。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:46Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 | 日常

2010年04月06日

千葉オープンゴルフ

今日は朝から『富士OGMゴルフクラブ市原コース』で今日と明日の2日間で行われる千葉オープンゴルフトーナメントを観戦に。
晴れの天気予報に反して、朝は重い曇り空。

IMG_0381

しかしまあ昼前には青空に。ここはコース内に桜も多数咲いているので、花見がてらにも良かったです。

IMG_0383

地方の大会とはいえ、千葉県プロ会にはレギュラーツアーシードプロも多数いるので、
竹本直哉、丸山大輔、今野康晴、松村道央、五十嵐雄二、原口鉄也、立山光広、津曲泰弦、梶川剛奨、井上信、ディネッシュ・チャンド、等々けっこう豪華なメンバー。

数組に付いて歩きつつ、その前の組の方へ移動していくという見方でしたが、竹本プロは相変わらずドライバーでもダウンブローでターフを取っていっているし(爆)、レギュラーツアーでもトップクラスの飛ばし屋の津曲プロは朝イチから半袖

けっこう寒かったんですが、飛ばし屋はそれぐらいでないといかんのか???
チャンドプロも相変わらず飛んでいましたし。


んで観ているうちにお腹は減るので、クラブハウス前の売店で牛丼。

IMG_0385

午後スタート組の最初の方がホールアウトしてきた辺りで(それでも午後4時過ぎ)コースを出ましたが、そこまででトップに立っていたのが午前組の井上信プロ。32・32の64

65も数人と、さすがにレベルは高い。
昼過ぎから風が吹き出したので、午後組はスコアが出にくくなりアンラッキーというのもありますが。

明日の決勝ラウンドは行けないんですが、近場でこういう試合が観られる機会があるってのはラッキーだと思います。
ちょうど桜が満開だということも


IMG_0389


さて夜は友達に誘われて、ウチの近所の『
大網グリーンゴルフ』でショートコースナイター。
なぜか2周も回りましたが(汗)、1周10ホールの1周目が+5。2周目が+4。
激重でさっぱり入ることの無いグリーン相手にまあ頑張った方なんじゃないかと思います。

今年もここのショートコースをナイターで回る機会は多いと思うので、今年初にしては良かったかと。

IMG_0391

昼間観ていたゴルフが良かったからですかね
   
Posted by toshihiko_watanabe at 23:55Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 | ゴルフ

2010年04月05日

CIMG2257

気がついたら桜も満開になっていましたが、千葉の方では今日のちょっと冷たい雨でけっこう散ってしまったかも。

ああ今年は花見には行っていないです。
写真はゴルフ場でウロウロして撮影。

場所によってはまだこれから満開ってところもあるはずなんで、しばらくは雨もなさそうですし、ぶらっと花見には行きたいもんですが。
桜の下で飲み食いしつつ騒ぐのもいいんでしょうが、あんまり自分には向いていない気がするんで、桜の下をブラブラする機会があればいいかと。

CIMG2273
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:36Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2010年04月01日

検討中

今日はエイプリルフールっつうことで、GoogleやらYahoo!やらを含めた有名サイトがなかなかにブッ飛んだジョークを飛ばしているのはなかなか良いんじゃないかと思います。

数年前によくあった嘘ニュースは最近見なくなったような気がしますが、まあ世間に対する影響を考えたら、最近のサイト丸ごと変なデザインに、とかの方が平和ですやね。

ああ自分は、嘘を交えた画期的なトリックを思いついたので、中編推理小説に仕立ててここに載せようとほぼ書き上げたところで、ブラウザが強制終了してしまったので、泣く泣く載せるのは諦めました



さて(汗)、
この間近所のリサイクルショップ(的な店)を覗いてみたところ、アイバニーズの5弦フレットレスベースを発見。
試奏はしなかったので、ネックの反り具合などは確認していないのですが、パッと見はけっこうキレイ。
なにより、以前購入を考えたこともあるモデルだというのが。

しかし、部屋の様子を思い出してみるに、置ける楽器の数はもう限界。
金銭的な面を考えても、このフレットレスベースを買うんであれば、持っている楽器の1本は売りに出さなければならないんじゃないかと。

で、どれを売るかと考えた場合、

CIMG2250

フェンダー・ジャズベースとギブソン・レスポールスタンダードは手放すことは思いも寄らず。自分のメインの楽器ですし。

CIMG2253

その2本は他の楽器より値段が違い過ぎるので(地震を考えて)下に置いてあるのですが、壁にかけている楽器でも、Simon&Patrickのアコースティックギターはこれもまた自分のメインの楽器なので論外。

赤い、アイバニーズのフレットレスベースは高校生の頃に初めて買った楽器なので、ちょっと手放し難いかと。フレットレス化やピックアップ交換等改造箇所が多いので、売りにくそうってのもありますし。

青の、アイバニーズの5弦ベースはネックの状態があまり良くなく、またジャズベースのサブ扱いということで最近は弾く機会があまりないので、これは正直手放してもいいかとも思うのですが、そうするとフレットのあるベースがジャズベース1本で、フレットレスが4弦と5弦の2本になるという。
こりゃあちょっと楽器の所有バランスとしてはおかしいかとも思いますが(汗)。

そうするとフェンダー・ストラトキャスターかヤマハのエレクトリックガットギターのどちらかかということに。
ストラトはレスポールを買って以来弾く機会が減っていますが、エレガットに至っては最近ほとんど弾いておらず、やっぱり売るとしたらこのギターなのかと

ハウリングの心配がほとんど無いので、エレガットとしては使い勝手はかなり良いんですけどね。いかんせんガットギターを使う機会が少ないんで。


まあもうしばらく考えてみます。その間に展示されているベースが売れていてくれれば一番平和なんですが(爆)。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:04Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 | 楽器 / 機材 / オーディオ