2010年09月28日

Goo Goo Dolls / Something For The Rest of Us

最近家を空けている間にAmazonから届いていたGoo Goo Dollsのニューアルバム、『Something For The Rest of Us』を集中して聴く。

Something

前作『Let Love In(2006年)』から4年振りのスタジオアルバム。
実はGoo Goo Dollsは大好きなバンドで、前作も発売からすぐに買っていたはずなので、もう4年も経ったかと驚く部分も。

間違いなくバンドのピークは、映画『City of Angels』の主題歌「Iris(アイリス)」を収録したアルバム『Dizzy Up The Girl(1998年)』だったと思いますが、その後それぞれ4年間隔で出されたスタジオアルバム『Gutterflower(2002年)』『Let Love In(2006年)』では、落ち着いてきてしまった印象。
ライヴアルバム(DVD付)の『Live In Buffalo July 4th 2004(2004年)』はすばらしかったのですが。



やっぱり『
Dizzy Up The Girl』を特別なものにしていたのは、曲をメインに構成する叙情的ながらオルタナティブというギターリフと、すばらしいメロディライン。
その後のアルバムではオルタナ的な部分は抑えられ、テンポも落ち着き、じっくり歌い上げる方にシフトしていったという部分は個人的には残念なんですが。

Dizzy Up The Girl』の頃には、オルタナティブ系を含めた幾万のバンドとは"違うなにか"を感じますし、当然その後のアルバムにもそれを期待してしまうわけです。
自分としては、そういうアルバムを同じように作って欲しいというわけではなくて、"違うなにか"を強力に感じさせるアルバムが聴きたいというか。

今作の『Something For The Rest of Us』も、前作からの路線を押し進めた印象。
正直、まったく同じ音のバンドはいないであろうとも、平凡には感じる。
前作『Let Love In』であった、「あれ?さっきと同じ曲?」みたいなことはないですが(爆)。
そういえば、『Dizzy Up The Girl』の前作『A Boy Named Goo(1995年)』から続いた、"アルバムジャケットの女の子"というテーマはどこへ行ってしまったんだろう


メンバーも40歳代に入って、こういう音の落ち着きの傾向は仕方がないのかもしれないですけどね。
自分が40歳代になったときの可能性という点でも、もうちょっと意外性を見せて欲しいというのはちょっとこちらの自分勝手かもしれんですが。


安心して聴けるけど盛り上がりはあまりない、というのが自分のアルバムの印象だったかと思います。
また4年後(?)に次作が出たら買いますけどね。たぶんここでまた同じ文章を書くんだろうな(爆)。   

Posted by toshihiko_watanabe at 23:48Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray 

2010年09月26日

奥田民生 / 最強のこれから

奥田民生さんのシングル『最強のこれから』。

OT_Saikyou

8月リリースのアルバム『
OTRL』からのシングルカットCD、
と思いきや、実は2時間を超える
DVDがメインという。
久々に時間が出来たので、さっき一気に観ました。


最強のこれから」が収録された渋谷でのステージの模様が、大きく端折られることなく撮影されたDVD
ドラムから順に録っていっているのですが、演奏の上手さなどもともかく、アンサンブルが分解されて曲を構成するそれぞれの楽器の意図がわかりやすくなっているかと。
個人的には4リズムの中でのベースのサウンド的な位置づけというのが見られて、非常に興味深いものでした。

CIMG3133

しかし、ボーカル録りでポップガードを使わないのはともかく、まさか座って歌っているとは(爆)。
弾き語りの『ひとり股旅』ではもちろんギターを弾きながら座って歌っているので、当然座ってでも歌えなければいけないわけですが。

CIMG3134

CDの方は、ステージでのレコーディング後にダウンロード配信された際のミックスと、アルバム用に改めてミックスされたものをそれぞれ収録。
配信版のミックスの方がセンターに寄せたようなミックスになっていますが、まだあまりちゃんと聴けていないので、これから聴き込んでいきたいと思います。
比較して聴くたびに勉強になるのは明らかですし。


アルバム『OTRL』と合わせて、CD/DVDともに自分のような宅録をやっている人にとっても必見必聴の作品ではないかと。
こういったボーナス的なDVDは1回観て終わりになることが多いですが、このDVDはまた観て色々勉強しなければと思いましたよ。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:50Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray 

2010年09月24日

iPadでパズル

今日はちょっと早めに帰って、夕方前にソファで仮眠。というか気絶
そのあとまた出かけて、帰りがさっきという(汗)。
まあ帰りが遅いのは最近のパターンですが。


出先でも、友達といるときはiPadで遊んだり。
無料のパズルゲームをいくつか入れているのですが、『Blue Block』というゲームはけっこう楽しめました。

IMG_0007

縦長のバーは縦のみ、ブルーのものを含めた横長のバーは横のみの移動というルールで、ブルーのバーを右に脱出させるというブロックパズルですが、レベルが
KIDS → EASY → MEDIUM → HARD → EXPERT → CRAZY
と各10問で上がっていくのですが、最後のCRAZYは本当に激ムズ

上の画像がCRAZYの1問目ですが、自分を入れた3人がサイゼリヤで2時間超かかってなんとかクリアしたという(汗)。

その3人が一緒になった時にクリアしていって(ギブアップしたら交代とかでやっていましたがCRAZYも10問をクリアしたので、とりあえずこのゲームは終了。


で、次は『KittenEscape』というこちらは完全な
箱入り娘ゲーを。

IMG_0008

元々iPhone用のアプリで、iPadの画面に合わせて拡大すると画像は粗くなるのですが、まあ画面に合わせた大きいサイズの方が考えやすかったりもするので。

上の画像は最終面のSTAGE8ですが、これはみんなで色々やってもどうしても解けない。
超難しいです。


他にもなにかないかと、有料無料問わずパズルアプリは探していますが、今のところあまり食指の動くものはなく。
超久しぶりに、上海でもいいかとは思ってますけど。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:54Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Mac / iPhone / iPad 

2010年09月18日

北森鴻 / 緋友禅・瑠璃の契り

北森鴻氏の冬狐堂シリーズ」の3・4作目となる『緋友禅』『瑠璃の契り』。
1・2作目の『
狐罠』『狐闇』 は長編でしたが、今回の2冊はそれぞれ4編ずつの短編集ということもあり、けっこう早く読めました。

Hiyuuzen Ruri

前作の『
狐闇』は作者の他の作品のキャラクターも多数登場するオールスター的作品でしたが、冬狐堂シリーズ」の位置づけがそうなったのか、この2作でも他の作品のキャラクターが登場。
短編集
孔雀狂想曲』の骨董品屋・雅蘭堂の店主、越名集治はもうこちらのシリーズでは重要なサブキャラクターとなっていますし、瑠璃の契り』の最後に収められている「黒髪のクピド」ではまた別のシリーズの主人公も重要な役割を担当。

瑠璃の契り』の解説で佐藤俊樹氏も書かれていますが、ミステリは最後に謎が解かれると空虚感を覚えるものが多いですが、他のシリーズでバックグラウンド等が描かれた上で登場してくる本作品では、キャラクター達の"思惑"などを考えていくと、そういった空虚感は感じない作品でした。
これはミステリの読後感としてはけっこう希有な感覚でしたが。
骨董を商う主人公、宇佐見陶子の過去が語られる部分も多いですが、まだまだなにかあると思わせるのは作者の技術なのでしょうねぇ。


作中で主人公の宇佐見陶子が、骨董業の命ともいえる眼を患う場面があり、そこでも語られていますが骨董業者の「目が利く」というのも普通の視力があってというのが大前提。
骨董業者を主人公にしてのストーリーとしてはずいぶんな展開にするな、と思いましたが、
音楽に置き換えてみると、音楽の大海に頭の先まで浸かって溺死しかけている(爆)自分も、普通の聴力があって初めて成立している話。
まあもし聴力を失ったらという仮定は、結局1か0かってことになると思うんですが、「目が利く」を音に置き換えてみるのはなかなか面白い。
もちろん骨董を含めた美術の「目が利く」は、知識の部分が大きいはずですが。


自分は、音楽を聴く上での(生物的な)聴力ってのはほとんどの人に大差はないと思っているんですが。加齢で高域が聴こえなくなってくるってのはあるにしても。
音楽を聴いて、それぞれの楽器がなにをやっているかが判別出来るかとか、メロディと和音とが聞き取れるかとかが"音楽的な"聴力の良さにあたるんだと思います。

ただ音の場合は、ヘッドホン・スピーカーの違いを聞き分けられたり、ギターの種類(ストラトとテレキャスとか)を聞き分けられたりする"音質的な"聴力の良さというのが別にあるというのが面白いところ。こちらの方が聴力という単語の一般的な意味に近いと思いますが。


まあこのいずれの聴力も他人と全くの共有・共感を出来ないってのは面白くもあり残念な部分でもあり。
学生の頃から(音楽的な)イヤートレーニングをやってきていても、今現在耳が良い方とはとても思えませんが、実際に他人と比較する方法はあまりない。
ただ、同じ音楽を聴いても、例えばバッハと自分にはまったく違う聴こえ方をしているのは確実なんだろうなぁってのは、あまりに虚しいんですが(笑)。


そんな、美術と音楽とを重ね合わせたり、他にも色々と思わされる短編集2冊でした。
たぶんこのあとの
冬狐堂シリーズ」も、他シリーズのキャラクターが行き交う路線で進んでいったと思うのですが、同時進行されていく他のシリーズで、さらにバックグラウンドを肉付けされたキャラクター達が絡んでいったであろう続編は、ぜひ読んでみたかったですねぇ。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:04Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  | 音楽

2010年09月17日

バカボン & Google

そういえば先日(14日)のグーグルのトップページ。

IMG_0006

ウナギイヌもいた
赤塚不二夫さんの誕生日ということでだったそうですが。

最近のブラウザだと検索窓が付いているので、わざわざグーグルのトップページを開くことは少ないんですが、たまには見てみるもんですねぇ。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 01:00Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2010年09月16日

アプリ探しも大変

最近は早朝に家出て、帰宅が今くらいの時間ってことが
忙しいってわけではまったくないんですが


iPadはリュックに放り込んでだいたい持ち出していますが、自分のiPadはネットの接続は無線LANのみのWi-Fiモデルなので、外に持ち出すとWebページとかが見られなくなるのはそれなりに残念な部分。
マクドナルドにはあまり行かないし。
まあ自分の住んでるような田舎だとソフトバンクの電波はすぐ圏外になるし
iPhoneでのネットへの接続速度も0.5Mbps程度しか出ていないことも多いんで、3Gモデルだったとしても金返せみたいなことになりかねないですけどね。


で、
iPhone/iPadともに、オフラインでも動作するアプリはもちろん多いですし、iPadにはパズルゲームなんかをちょこちょこと入れています。
ただ、アプリってのはなかなか探しにくい。


iTunes Storeが使いにくい(ちょっと重くて、見にくい)ってのはあるにしても、もう数万以上は出ているらしいアプリがすでにあって、また毎日増え続けているというのが(汗)。
欲しい、また必要としているアプリがはっきりしているのなら、検索やらジャンルの絞り込みで辿り着けるのですが、
「なんかないかな」って漠然とした探し方だと、結局トップチャートを上から見ていくとかになってしまうという。

昔、ファミコンのソフトを「なんかないかな」と探していたときは、『
ファミマガ』や『ファミ通』を読めばそれなりに良い参考にはなりましたし、楽器や機材などは自分の場合だと『Bass Magazine』だとか。

iPhone/iPadアプリの特集本(ムックが多いような)も出ていますが、新しく出てくるアプリが多すぎて対応しきれていない印象が。

結局、Webの『
APPLE LINKAGE』や『Mac Treasure Tracing Club』などで情報収集していますが、数時間ごとに更新されていくサイトなので、しばらく見ないとどんどん流れていってしまう


情報を得るのに便利な時代にはなってきているんでしょうが、その情報が多すぎて個人で取捨選択するのが大変になってきているんじゃないかと。少なくとも自分にとっては。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:47Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Mac / iPhone / iPad 

2010年09月11日

ヘッドカバー

この間、市川に行ったときに寄った『JYPER'S』で見つけたルパン三世のヘッドカバー。

見た瞬間に「
」と思ったのですが、銭形警部はもっと好きなので、店内からiPhoneでWeb検索して、銭形ヘッドカバーは出ていないらしいのを確認してから購入。

CIMG3093

なかなか良い感じです
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:38Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゴルフ 

2010年09月10日

米も焼ける

台風が過ぎて、やっと生きていける気温になりましたわ(汗)。
明日明後日はまた暑いらしいんで、なんとかここを乗り切って。
月末にまたぶり返した猛暑とかいうフェイクがないことを祈ってますが


この間ニュースを見ていて、今夏の猛暑で米の収穫量が8割程度になってしまうところも、という話があったのですが。
自分が昔聞いた話では
「日照りに不作なし」というフレーズがあって、猛暑や水不足等で稲が枯れたりしても、水害や日照不足よりはぜんぜんマシという説明だったのですが。

たしかに台風の被害だったり冷夏だったりすると、収穫量は8割ははるかに下回りそうな印象ですし。
米不足って騒がれる年はだいたい冷夏ですしね。

もちろんなにも天災がなければ収穫高は10割に近づくわけですし、自分の家は農家ではないので、無責任に冷夏よりはマシと言いたいわけではないですが。

ニュースもちゃんと疑って。そのまま受け入れることは危ないなぁ、と思った話ってことで。

白飯がのほほんと食えるのは、自分にはありがたいっす
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:12Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2010年09月06日

我孫子武丸 / 人形はこたつで推理する

我孫子武丸氏の『人形』シリーズの第1作、『人形はこたつで推理する(1990年)』。

Kotatsu

我孫子武丸氏を読むようになったのは、以前ここにも書いた
密室大図鑑』という密室アンソロジー本で「人形はテントで推理する」が紹介されて面白そうだったからなのですが、一応発表順に『速水三兄妹シリーズ』から入ったので、今回やっと「テント」が収録された本作を読みました。

4編が収められた短編集ですが、やはり白眉は「テント」かも。
テントを舞台にした密室殺人というのも世の中にはいくつかあると思うのですが、このトリックは非常に優れているんじゃないかと思います。
テントならではの殺人トリックですし、思考の裏をかかれた心地よさがありました。
自分だけかもしれませんが、単純またはシンプルなトリックの方がこちらの考えが及ばなかったときには大きな驚きを持つんじゃないかと。まあ物的にストーリー的にと入り組んだトリックももちろん好きなのですが。

4編目で話としては完結している印象を受けましたが、『人形シリーズ』はこのあと更に3冊書かれているので、また順に読んでいきたいと思います。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:01Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2010年09月04日

経営は難しい

今日は手伝い(?)で某ショップへ。

ショップはかなりの経営不振で、会社で委託している商品の売り上げが入金されなかったり等あったんで、現物を差し押さえに行ったという感じでしたが。

ショップの店員(知り合い)も3ヶ月給料が未払いだったりと、経営状態はかなりヤバい。向こうの社長さんとの交渉も、居直りでどうにもならない部分があったり。
他から聞いた話では、億に近い負債額にはなっているらしいのですが(汗)。破産手続きとかされる前に差し押さえさせてもらうしかないですけどね。

しかしまあ、社長だとか店長、特にものを売る商売の経営者は本当に大変だと思います。
このショップも近所に大型店が進出してきて一気に経営が悪化しましたし。
独立経営だとネームバリューで不利という部分がありますし、フランチャイズ加盟すれば上納金で持っていかれますし。
自分には、度胸とかの面でもちょっと出来ないなぁと、今日は痛切に思いました。

まあ今日の交渉の場に関わったのも、あんまりこういう機会は多くない方が良いな、と思わされましたけど。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:26Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2010年09月03日

iELECTRIBE

今週入ってからは、数曲の作曲とアレンジ作業を平行して作業中。数曲同時ってのは久しぶり(汗)。

CIMG3086

最近譜面の書き間違えが目立つんだけどなんだろう。暑さのせいってことにしておきますが

iPhoneのボイスメモは、名前の通りに音をメモするのに便利です。まあ携帯には普通についている機能ですが。


で、今参加している企画(予定よりはだいぶ遅れてますが)は、リズムトラックをテクノ / ハウス系で組み立てるものなのですが、完全に自分の畑違いのジャンルなので(爆)、発想力の手助けとして、ちょうどセール中だったiPadのアプリを買ってみました。

IMG_0005

IMG_0004

KORG
の"iELECTRIBE"。ELECTRIBE-Rの移植ですが。2300円が1200円でした。
8つのトラック(4シンセ+4ドラムパーツ)と4小節(16分音符×64)を操作可能で、エフェクトもけっこう充実。
操作もアナログですが、音もアナログシンセモデリングが良いのか、アナログチックな太い音。
プリセットのものを流しているだけでも、曲作りとアレンジのイメージづくりにかなり使える感じが。

たぶんもうちょっとしてアレンジ作業がメインになったら、自分の部屋ではかつてなかったサウンドが鳴り続くんだと思います
ま、意外に鳴らしているだけでも単純に楽しいですけどね
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:40Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Mac / iPhone / iPad | 楽器 / 機材 / オーディオ

2010年09月01日

フジファブリック / MUSIC

フジファブリックの5thアルバム『MUSIC』。

MUSIC

アルバムの、作品としての感想は「これで良かったのかな?」という一言。

レコーディングにはまだ入っていなかった昨年12月に、Vo&Gtrの志村正彦が急逝してしまった為、彼のデモテープのボーカルトラックも採用したと思われる今作の歌声。

聴いていると、ほとんどのボーカルはやはりデモ録りレベルのテンションにしか自分には感じられず。

レコード=記録である以上、亡くなった人の残された歌声をなんとか採用してつくりあげたものという事実よりは、ここに吹き込まれたサウンドのみが未来永劫残ってしまうものかもしれないという点。

個人的な印象としては、あまり出来の良くない志村正彦のボーカルテイクは、差し替えて完成させて欲しかったというところなのですが。
2曲でボーカルを取っている、ギタリスト山内総一郎の歌声は、アルバムの中でそう違和感はないですし。"会いに"という曲は非常にフジファブリック的なアレンジ(たぶん狙って)がされてるので、そのせいもあるでしょうけども。

志村正彦のボーカルバージョンは、のちにアウト&デモテイク集のようなアルバムで発表した方が、良い決着の仕方だったように思うのですが。

また、メンバーがこれからもフジファブリックを続けていくとの姿勢でいる以上、今作は次作以降での新ボーカリスト(山内総一郎で良いとは思いますが)のみのアルバムへのブリッジとして、志村正彦のボーカル曲は半分程度にして、次作での違和感を軽減するという面もあって良かったのではないかと。


音楽雑誌やネットのアルバム評などでは、新作が出るとあいも変わらない「最高傑作!」などという文字を見た記憶がありますが、メンバーが言うならともかく、音楽評論家とかで今作を最高傑作というのなら、自分とは音楽の評価の仕方がまったく合わない人なのでしょうかね(´ºωº`)


曲自体やアレンジは、すばらしい作品だと思います。
志村正彦との最後のスタジオ作という思いの、メンバーの演奏への気合いも伝わってくる。
それだけに不完全なボーカルテイクが気になってしまう。そしてそれは、デモテイクが勝手に採用されてしまった歌い手には一切の責任がないというのが不幸にもなりうるのかと。


本当に、「これで良かったのか?」というのと「惜しい」という感情に包まれるアルバムでした。
1枚のアルバムの、制作背景を無視した"音"に対しての評価なんで、そこを悪く捉えられると困りますが

ジャケットの、弦が張られていないギターは志村正彦所有のものだそうで。
弦が張っていない(もう鳴らない)ギターというのが、こんなに悲しい絵になるとは知らなかった(涙)。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:45Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray