2011年03月27日

千葉の海

今回の震災について。

11日の地震が、もしも千葉県の東方沖が震源地だった場合、自分がどうなっていたか。

実際の状況としては、地震が起こってすぐに自分の住んでいる地域は停電になってしまったので、テレビも消えてしまい情報が入ってこず。
iPhoneでWebを見て情報を収集することは出来ましたが、災害への迅速な反応としては問題外(汗)。

もし今回と同じような津波が千葉県に押し寄せた場合、ほぼ海抜ゼロmが広く続く千葉の平野部には、今回の東北地方沿岸と同程度以上には津波は到達するのではないかと。
そうすると海岸から約7kmにある自分の家も、甚大な被害を受ける可能性はあるのかも。
家屋の被害だけならともかく、もちろん命の危険も。

まあ今回と同じ行動を取っていたら、死んでいる可能性はかなり高いと思います。
正直、地震が起こった直後に自分の家にまで津波が来るという発想は全くなかったですし。

ただ今後は、強い地震が起こったら津波が来る可能性はあるのだ、という発想も持ち、また次の世代にも伝えていかなくてはならないんだと思います。
数百年に1度起こるような確立の地震だとは思いますし、またそう思いたいですが、同程度の地震が例えば来月起こる可能性はゼロとは、誰にも言えないと思うので。


さてそんな思いを持ちつつ、今日は出かけたついでに海の方を回ってきました。
もう海は穏やかでしたが。

……ただ、なんか以前より砂浜がやたら広いような。

CIMG4259

海の家がない


瓦礫などは見当たらなかったですし電柱が無事だったようなので、別の場所と間違えたかと思って、さっきGoogle Earthで確認してみました。

Map1

↑黄色いピンのある場所が撮影地。津波で被災した旭市よりだいぶ南。

Map2

場所自体は、やっぱり海の家があった場所でした。


実際に津波で流れてしまったのかはわかりませんし、少なくとも海の家に人がいる季節ではないので被害に遭った人は出ていないようなので良かったとは思いますが、ウチの地域は被災地域ではないという意識があったので、建物が無くなっているということを見るのはけっこう現実的な危機感を感じました。

たぶん今回地震に揺られた人はだいたいそうだと思いますが、3月11日の前と後では、生活している中での身構えている感覚がまったく変わってしまったと思います。
この感覚は、時間が経って薄まりはしても絶対に忘れてはいけない感覚なんじゃないかと。

人間はすぐ忘れるんで。
  

Posted by toshihiko_watanabe at 23:49Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2011年03月25日

法月綸太郎 / 二の悲劇

先日書いた通り、"探偵法月綸太郎"ものを最初から読み返していて、今回は『二の悲劇(1994年)』を読む。

2no

読み返しているということもあって、今作も読むのは2回目。
全容はなんとなく覚えていて、最初に読んだ時に思った(以前の
myspaceブログに書いた筈)"作者の不調"という印象も覚えていたんですが、再読の今回の印象は前回よりかなり変わりました。

序盤に展開される、"きみ"という二人称で描かれるシーンは相変わらずちょっと読みにくいんですが、作品全体を通して数々の『
』が散りばめられる部分には、改めて驚く部分と新しく気づいて新鮮に思う部分と。

これより以前に書かれた『
一の悲劇(1991年)』もそうですが、今作はさらに救いのない結末。
本編最後の2行のやるせなさといったらもう。
この人に"悲劇"とタイトルを付けられたら、読み手はかなり用心して読まないといけないようで(笑)。

正直、最初に読んだ時の評価としては、あまり良いものではなかったんですが、今回は前回よりもずっとグッとくるものがありました。


今作でも、以前の作品『
頼子のために』『ふたたび赤い悪夢』の内容とリンクしている部分がありますが、この時期の作者は"探偵法月綸太郎のストーリーは連続している"という意識がかなりあったのかと。

自分も、歳をとって捉え方が変わってきたのかもしれませんが、"
作品"というのはあくまで""かもしれませんが、作者の中では前作があるから今作があるというような、""の部分があるということ。

同じように、人生での出来事は一見、"
" であるけれども、それが起こる由来を考えれば""であるということ。


前に読んだときより歳をとったのでより深く読めるようになったとは思いたくないですが(汗)、推理小説としても、フーダニットものの変形作品(?)として、傑作だと思います。
それ以上に、恋愛小説として評価してもいいとも思いますが、まあバッドエンドなんて生易しい結末ではないので。

2回目に読んでこれだけ印象が変わる作品というのは初めてでした。
良い経験だと思います。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:32Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2011年03月23日

超久しぶりに練習

今日は練習場に行ってみました。

だいたいいつもは2階席で打つんですが、節電中ということで2階はクローズ。
ネット側の照明は消してあって打席側のみと、普段に比べるとけっこう暗い。

IMG_0915

まあでもボールは落下地点まで見えますしね。節電に関係なく、これくらいの明るさが普通でもいいんじゃないかとも思いましたけど。


ボールを打つのは2週間以上ぶりでしたが、まあ面白いくらいにダメダメ
当たらないのはもちろん、やたらトップとスライスが出る
ビデオ撮って確認するまでもなく、右肘の畳み方がおかしくなっているのはあきらかでしたけど(汗)。

まあ次回のゴルフの予定も無いので、時間をかけてまたスイングをつくっていくことになるかと。


ただ、コースには機会をつくって行くようにしたいですけどね。
何カ所かのゴルフ場の知り合いから、平日で5~7組しかお客がいないっていう悲鳴も聞いていますし。
震災で自粛って雰囲気も当然あるとは思うんですが、ゴルフ業界が震災からの2次災害を強力に喰らっているのは間違いないんで、ガソリンの安定供給がされるようになったら、ゴルフが出来る環境にある人は、なるべくプレーの機会をつくった方が良いんじゃないかと。

まあ3月いっぱいは自粛ムードもしょうがないとは思いますけどね
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:50Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 | ゴルフ

2011年03月21日

節電を兼ねて

ってわけでもないんですが(汗)、ここ1週間は普段より本を読む割り合いを多くしていました。

まあ停電に関しては、地震の日以降はなっていないんですけどね。もちろん計画停電には、第1グループにしっかり入っているのですが。
ただ突然停電になる可能性はあるので、仕事にはiPad(正直限界はあるけど)をなるべく使うようにして、Macの電源は夜まで入れていないです。震災の混乱はもろに受けているので、基本的にヒマですけど
遊ぶにしても、ゲームやDVDを見るのにもPS3はちょっと使用を控えようかと。電力消費のことはもちろん、ゲームの途中で停電になると、データが飛ぶ可能性までありますしね(汗)。

そんなこんなで、無難なのは読書。


買って積んでいる本も若干あるのですが、この間読んだ
法月綸太郎 / 犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題が良かったので、探偵法月綸太郎モノを最初から読み返していました。

CIMG4250

相変わらず脳がポンコツってるので、犯人かトリックのどちらかを終盤まで忘れている作品も(汗)。

ただ、小説的に面白く読めるという部分はかなりありますし、『頼子のために』『一の悲劇』『ふたたび赤い悪夢』が3部作を形成しているのは作者が明言しているものの、『雪密室』
『頼子のために』『ふたたび赤い悪夢』でストーリー的にまた別の3部作を形成し、『ふたたび〜』『雪密室』以来の登場人物の軌跡や謎に決着をつけているところは、やっぱり読後感が非常に良いなぁ、と。
もちろん最終盤で書かれているように、作者と作中の"探偵法月綸太郎"を悩ませる「探偵の存在意義」といったような超難問には決着をつけられずに終わっているわけですが。


法月綸太郎氏の著作が優れているのは、トリックや犯人がわかっていてもそれでもなお面白く読めるという、小説として完成度が高い作品が多いからかと思います。
展開も推理も二転三転する『誰彼(たそがれ)』のドタバタっぷりも、2回目以降だと整理して理解出来るので、これもまた楽しんで読めました
最初読んだ時は、なんじゃこりゃと思ったような記憶もありましたが(笑)。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:58Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2011年03月14日

千葉でさえ。

若干の混乱はあり。
今日の午前にちょっと大きめの揺れはありましたが、余震は治まってきている印象。もちろん油断はしていませんが。


東日本全域がそうらしいのですが、ガソリンスタンドに長蛇の列。だいたいどこも100m以上。
で、午後になるとすでに閉店している店も多数。

CIMG4242

コンビニ・スーパーともに、パン・カップ麺・ミネラルウォーターはほとんど無いです。ペットボトルのお茶さえも。炭酸飲料は大量に売れ残ってる(爆)。
まあ家には多少の買い置きがあるんで、カップ麺や水なんかは今のところ買うつもりもないですけど。
自分よりはるかに逼迫している人達に渡ってくれれば。

IMG_0905

IMG_0906

IMG_0907

スーパーでも、肉や野菜は意外に普通に売っていたりするので、食べ物よりはガソリンの方が今後どうなるか。
自分でも、しばらくは町から出る用事は入れていられないかという感じはしていますし、多くのクルマが動きが取れなくなると、物流を含めた色々なものが停滞していってしまうような。
石油は国外から入ってくるものなので、そう事態が悪くなることはないとも思ってはいるんですが。


まあそんな状況も、北上すればするほど悪いのは間違いないので、停電はありえるにしても電気・ガス・水道ともに問題なく使えている自分の環境は相当に良い方ですけどね。
しばらくは自分の出来る範囲で頑張っていくしかないですね。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:26Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2011年03月12日

今朝復旧

千葉中央部の我が家で、停電が復旧したのは結局朝9時過ぎでした。
18時間も停電が続いたのは人生初です。
iPhoneの残りバッテリーは4%。まあクルマで充電出来るんで、そこはあまり心配していませんでしたけど。

しかしテレビ見られず、情報はiPhoneでのWebからだけってのは、何が起こっているのかを掴めている感は少なく。

CIMG4237

地震発生直後。壁のMDとCDの一部等が落ちる。
壁にかけていた楽器は落ちなかったので、全体的な被害はないも同然ですが。
しかし1階に下りてみると食器棚なんかは平穏無事だったので、やっぱり2階の方が揺れははるかにヒドいのかも。
もうちょっと揺れが激しかったら、家が倒れるなとは思いましたし。

CIMG4238

で、余震の中で避難場所を見つけたネコ(汗)。


夕方に、クルマのガソリンがほぼ空っぽだったので給油はしておこうと外に出てみましたが、街全体が停電で、信号も消えている。

CIMG4239

ガソリンスタンドどころか、すべてのお店が営業出来ていませんでしたわ。
今日、10分ほど並んで給油できましたけど。


今朝に停電が復旧してからは、ウチの方では特に変わりはないです。


ようやく見られたテレビで、大好きな仙台の街が大きな被害を受けているのを見るのは辛いです。
なにより被災された方々には、月並みに頑張ってとしか言えないのですが、本心です。
原発の経過も気になりますが、とりあえずは状況を見ていくしかないですかね。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:14Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2011年03月11日

とりあえず

地震のときは部屋にいましたが、無事でした。
壁際に積んであったMDとCDの一部が派手に崩落しましたけど

で、地震発生以来はや7時間近く。

いまだに停電です

電気がないとなんも出来ない

なにより小さい懐中電灯1つだととんでもなく暗い

ケガをされたり、家に帰れないでいる方々よりはよっぽどマシな状態だとは思いますが。

とりあえず電気の復旧待ちますわ。  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:34Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2011年03月08日

法月綸太郎 / 犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題

法月綸太郎の、探偵法月綸太郎シリーズの現時点での最新巻、
犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題』。
一気に読んでしまいました。

Norizuki

12の星座にまつわるそれぞれの短編推理小説のうち、最初の6作を収めた本書。
あとがきでは法月氏自身が「12作揃ってからだといつの刊行になるかわからない」とも言っていますが(爆)。
本人も「遅筆作家」と認めていますが(笑)、時間をかけているからというわけでもなく、やはり1作ごとの完成度は極めて高いです。


12の星座についてはさすがに名前は一通り知ってはいるものの、ギリシャ神話を引用しつつ説明されてしまうと、自分がつい連想してしまうのは『
聖闘士星矢』あたり(汗)。
1話ごとに説明が入りますが、それが真相につながっているものもあり。

また、推理小説というのはだいたい文学的な、言葉/文字によるトリックが中核をなすことが多いと思うのですが、本作中の「
[牡牛座] 六人の女王の問題」と「[蟹座] ヒュドラ第十の首」ではちょっと違和感が。
トリックを構成している成分に、少なくない数学的なものを感じたというか。
自分が今まで読んできた推理小説にはあまり感じなかった、新鮮な感覚でした。


初期の『
密閉教室』『雪密室』『誰彼』あたりまでは、自身の書く推理小説のスタイルとしての試行錯誤を感じ、そのあとの『頼子のために』以降は、今度は推理小説/探偵の存在意義を追求する「悩める作家」をおおいに感じさせた法月綸太郎氏ですが、本作はそういった迷いからは吹っ切れた感触を受けます。

ほぼ全編に共通する、警察に因る捜査が行き詰まってから名探偵によって事件が解決される、といういわゆる"ベタな展開"でストーリーをまとめるのは、そのパターンを繰り返すとなると実は相当な力量を要求されるとも思うのですが。


作品発表のペースは遅くとも、やはり現代を代表するトップクラスの推理作家なのだと強く思わされた1冊でした。
残る6作をまとめた『
犯罪ホロスコープII』も早く読みたいですし、長編も期待したいです。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:58Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2011年03月05日

当たり過ぎた(汗)

今年は全国ツアーをやるユニコーン
最初の携帯会員(登録してない)限定のチケット先行予約で激戦の噂を聞き、次のオフィシャルHP先行で千葉と武道館を申し込みもすべてハズレ。

こりゃ話通りに激戦かと、その次にあったスマートフォンアプリ経由での先行予約。

まさかの全部当選(爆)。

Mail

3公演中1つでも当たればくらいの気持ちでの乱射だったんすが……もちろん行ける範囲でのですけど。
もうクレジットカードには約25000円の請求が確定してるんすかね

武道館のどちらかはオークションで売却してしまうかも(汗)。

2年前のツアーは行けなかったので今回当選したのはすごく嬉しいですし、もちろん出来れば3公演すべて行きたいんですけどね。
どっかで臨時収入に期待しますかぁ
  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:38Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 | 音楽

2011年03月02日

King Crimson / Aug 7, 2008 - Chicago - Park West

キング・クリムゾンが"DGM Live!"でダウンロード販売しているライヴ音源(ライヴ"盤"ではないか)、『Aug 7, 2008 - Chicago - Park West』。
今さらですが購入して聴きました。

KC2008

海外のサイトに英語でクレジットカード情報を入れるのは、やっぱりちょっと微かな不安はあり(汗)。
iTunesストアとかだと普通に買ってるんですけども。
ただ、最近の円高のおかげで1000円くらいで買えました(FLAC版)。
CDアルバムで2枚組相当(約1時間53分収録)なんで、まあ安い。


音源は、2008年にベース/Stick奏者のトニー・レヴィンが復帰してドラマーにポーキュパイン・トゥリーのギャヴィン・ハリソンを加えてツインドラムの5人編成となってのライヴ。

90年代のビル・ブラッフォード&パット・マステロット以来となった、今回のギャヴィン・ハリソン&パット・マステロットのツインドラムですが、ステレオに振り分けられた2つのドラムが曲に与える効果と破壊力は凄まじい。
「Sleepless」のようにドラムセクションがリアレンジされて大幅に変わっている曲もあるし。
ブラッフォード&マステロット期がまだアコースティックドラムでのツインドラムで、今回はエレクトリックドラムも入っているということで、また別モノという部分もありますが。

各メンバーの弾くフレーズが微妙に変わっていたりと、さすがに"懐古趣味で再結成するということはないバンド"を体現していると思いますし、モチベーションの高さも感じます。

ただ、バンド全体的にちょっとリハが足りてない感を感じる瞬間があったのも事実。
このままツアーに出るなりレコーディングに入ってくれれば良かったんですが、またバンドは活動停止状態になり、最近ではリーダーのロバート・フリップのライヴ活動からの引退とかいう話も聴こえてきたりして、はたしてクリムゾンの活動自体が今後またあるのかどうか、ということになっているらしいですが。


しかしこの2008年のライヴ音源は、この編成での展開を期待させてくれる出来だったと思います。
ロバート・フリップも今年で65歳と、パフォーマーとしての残された時間が少なくなってきているのは事実でしょうし、まずは目に見えるかたちでのクリムゾンの活動を見せてくれればと。
このまま自然消滅で本当の伝説のバンドになってしまうには、やっぱり惜しいと思います。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:19Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray 

2011年03月01日

外でradiko

さっきまで外にいて深夜1時を回ってしまったので、珍しく外でiPhoneのradikoアプリでラジオを聴いてみました。

IMG_0884

この田舎では、ソフトバンクの電波は幹線道路でしか相手にしてくれませんでしたが

しかし携帯の3G回線を使ってクリアな音質でラジオが聴けてるってのは、よく考えると実はちょっと未来感のあることかも。

災害などの非常時には、発信側の構造のシンプルさと受信側の電源の持ちの部分などで、kHzの電波で飛ばしているラジオの普遍性が絶対に勝ると思うので、そちらは絶対に残していないといけないと思いますけどね。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 01:33Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常