2011年12月28日

インナー

ちょっと前にネットで買ったNIKEのインナーがあるのを忘れていて今日初めて袖を通したんですが、アンダーアーマー系のピチピチインナーに慣れてなくてちょっと気持ち悪い

まあ時間が経てば気にならなくなるだろうと思うも、妙にスースーするというかひんやりするというか
どうやら夏モノのインナーだったらしい(爆)。

最近の服は、夏モノは肌への直射日光を避けつつ体感温度を下げ、冬モノは発熱して暖かかったりと、実に良く出来ていて良い時代になっているなぁと思いますが、それを逆に着てしまうと今日の実感として本当に寒くてしょうがない
外にいた時間も長かったもんで。

IMG_1407

とりあえずこのインナーにはクローゼットの奥へ押し込まれて頂こう。
着るのは来年の5月以降ですかね  

Posted by toshihiko_watanabe at 22:38Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2011年12月26日

荒木飛呂彦 / 死刑執行中脱獄進行中

荒木飛呂彦氏の『死刑執行中脱獄進行中(1999年)』。
文庫版は今年9月発売で、ついこの間本屋に並んでいるのに気がついた(汗)。
未読だったのですぐ買って、短編4編を収録した短編集ということもありすぐ読了。

Shikeishikkou

収録作品は、
「死刑執行中脱獄進行中」
「ドルチ 〜ダイ・ハード・ザ・キャット〜」
「岸辺露伴は動かない 〜エピソード16‥懺悔室〜」
「デッドマンズQ」
の4編。

ジョジョの奇妙な冒険』の作者なので、本作でも出てくる"奇妙な"動きや能力はやっぱりスタンド的に感じてしまいますが、作者自身が『ジョジョ』がライフワークとも語っているので。

後半の2作は、ジョジョ第四部の『ダイヤモンドは砕けない』絡みの作品。
岸辺露伴はもとより、「デッドマンズQ」は杜王町の住人の"彼"を主人公に据えた、その後が非常に気になる作品。
第四部のキャラクターはそれぞれが特に個性豊かに思うので、こういった短編の充実も望むところですが。


ジョジョ』の特徴として、個性的かつ非常にカッコいいセリフ回しと、過去の引用等を用いながら紡がれる長尺のストーリーという部分があると思いますが、短編だと途中でストーリーをぶった切られたような印象を受けてしまうところがあるのも事実。

ただ作者の別な一面を見せてくれたり、『ジョジョ』の長大なストーリーの幹に繋がる枝の部分にあたるような短編ももっと読みたいと思うので、現在連載中の『ジョジョリオン』の合間にもまたこういった短編を発表していってもらえればと思います。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:52Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2011年12月24日

クリスマス

世間はクリスマス

こっちはただの演奏している1日

IMG_1377
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:26Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 | 音楽

2011年12月21日

怒り新党

テレビ朝日の『マツコ&有吉の怒り新党』を見ている。

IMG_1369

以前月曜にやっていた『雑学王』が終わって以降のこの時間帯のテレビ番組では、見ていて一番面白いと思える番組なんですが。
たぶん自分がこの番組を好きなのは、ものすごく深夜ラジオ的なトーク番組である部分なのかなと。
映像が無くてもほぼ成立している時間が多いという、非常に希有な番組(笑)。


ところでこの番組名の『怒り新党』が『怒り心頭』のダジャレということについさっき気づく。
気づいた瞬間は「あ」 と思ったけど、すぐにものすごい恥ずかしくなった(恥)。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:45Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2011年12月19日

有栖川有栖 / 火村英生に捧げる犯罪

最近読書のペースがかなり落ちているんですが、かなり時間をかけつつもやっと読み終わった有栖川有栖氏の『火村英生に捧げる犯罪(2008年)』。文庫版は今年発売。

Himura

自分は本は文庫版で買うようにしているので(もう置き場が無いので(汗))、文庫化されている「作家アリスシリーズ」では最も最近の作品で、また2007年の学校教育法の改正により「火村助教授」から「火村准教授」になってからは初めて読むことになった作品。
Wikipediaによれば、「助教授=准教授」ってわけでもないらしいんですが。

2004年から2008年に渡って各所で掲載された短編ミステリを集めた短編集で、10ページ程度のショートショートに相当するようなミステリもあり。

しかし各話のトリックは、けして小さなものではないものが多く、普通だったらこれを引き延ばして長編にするのではないかというようなものばかり。
最近の有栖川有栖氏の作品は薄っぺらい派手さはあまり無く、読んでいて安定感と安心感を感じるということが多いように思います。
物語が破綻しそうな雰囲気を漂わせる若手の作品というのももちろんスリリングさはあって良いのですが、こういう円熟味を感じさせる作品の方が完成度の高さを噛み締められて最近は良いかも。自分の年齢とも相まって(爆)。

この作品の前作『妃は船を沈める(2008年)』も去年文庫版が出ているので(ちょっとサイズが大きいけれど)、そろそろ見つけたら読んでみようと思います。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:12Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2011年12月16日

メモリ山盛り

使い始めて1ヶ月ちょい経ったiMac(Mid 2011)ですが、どうも複数のアプリケーションを動かしていると動作が重い印象。ほぼ常時起動させているiTunesが音飛びしたり。
App Storeでダウンロードした「FreeMemory」というアプリでメモリの使用状況を見てみると、残り数十MBまでいってしまったりとデフォルトの4GB(2GB×2)ではどうにも足りていない様子。

ということでAmazonで検索すると、Transcend製の4GB×2のものが2800円ちょっと(驚)。
iMacのメモリスロットは4つあるので、4GB×4の16GBでも6000円いかないという格安


当然2セットを注文して、到着したのでさっそく増設。

IMG_1339

iMacのメモリスロットは底面にあるので、本体の角度を仰角にすればそのままいけるかと思い(さすがにケーブル類は抜いたけど)、カバーを外して入っているメモリ2枚を抜くところまでは出来たものの、新しいメモリを押し込むのに指を支える場所が無くて、結局寝かせて作業することに

IMG_1344

まあすぐに終わって、起動させると普通に計16GBを認識。

IMG_1346

IMG_1347

とりあえずちょっと使ってみてなんですが、いくつかのアプリケーションを同時に起動させてみても、さすがにひっかかる感じは今のところなし。
この間動作が重くなった時のように、MailとSafari(Webブラウザ)とiTunesを立ち上げながら、iPhotoやiMovieが普通に動作すればと思いますが。
というかそこまでやらないにしても、割り合い普通の使用でもメモリの残り容量が少ないことが多かったように感じるので、Macの標準メモリはもう8GBで良いんじゃないかと。


しかし自分が最初に買ったMacの、PowerBook1400は最大に積めるメモリが64MBで(爆)、しかもたったそれだけの容量にも数万円出したような記憶があるんですが。
完全に前世紀の話だな  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:38Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Mac / iPhone / iPad 

2011年12月13日

移動してさらにゴルフ

で、昨日は『ゴールド木更津CC』でのゴルフのあと、市原市の『セントレジャーゴルフクラブ市原』へ移動してさらにゴルフ(爆)。

IMG_1321

スタートは午後3時前だったので、ハーフの最後の方は照明のお世話になるにしてもこの季節にラウンドまでするのはさすがにバカだろうと(笑)、ハーフラウンド。
インコースだったので、400y台中盤のPar4から。何回か来ているコースですが、相変わらず長い
右ドッグレッグなのでティーショットを右に打てればまだパーオンはあるホールですが、きっちり左に打ってしまって2打目は当然届かず、3打目はアプローチ。
で、シャンク(爆)。

いきなりダブルボギーで、なんでわざわざ19ホール目に突入したのかとかなりゲンナリするも、次のPar3とPar4は連続バーディー
13番Hはまた長いPar4なので、さすがに3連続バーディーはないなぁと思うまでもなく、ティーショットでドチーピンで左の池(爆)。
ダボ、バーディー、バーディー、ダボとパーの出ない展開

まあ昼間より明らかに調子が落ちていて、しかも気温も下がってくるという中では良いスコアになるわけもないんですが。

IMG_1324

結局最後3ホールは照明の中。
超久しぶりのナイターゴルフでしたが、やっぱり苦手だったな

IMG_1328

昼間の『ゴールド木更津CC』は超高速グリーンでしたが、『セントレジャーGC市原』のグリーンはそれに比べるとさすがにかなり重い。
ただ、アプローチでは普通に突っ込めるし、パットもパカパカ打っていけるのはやっぱりラク。
結局、世の中のゴルフ場のグリーンの標準的な速さはこちらのグリーン寄りだと思いますし。
気持ちよく打ち過ぎて3パットも1回ありましたが、計16パットとまあまあの数字。
スコアは結局43と、ゴールド木更津からの3回のハーフがすべて同じ数字(爆)。
まあそう寒くもなく、友達と楽しくやれたんで。


年内のゴルフはあと1回行くかどうかですが、また楽しくやりつつ良いスコアを目指せる状態にしておきたいと思いますわ。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:03Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゴルフ 

2011年12月12日

ゴールド木更津カントリークラブ

今日は『ゴールド木更津カントリークラブ』に行ってきました。
"木更津"ってコース名のわりには君津市でしたが

IMG_1275

IMG_1286

7時半のトップスタートだったので、家を出たのは5時半(汗)。
当然スタートのときはかなり寒かったんですが、日中は風もあまり吹かない1日でかなり暖かい。
ちょっと走ったりすると汗ばむくらいで、厚手の長袖のタートルネックは途中で脱ぎたくなったけれど着替えがない
半袖も一応持ってくれば良かった

IMG_1301

コースは、狭くてグリーンがムズかしいと聴いていたんですがその通りで、しかもグリーンが超速い。
パターも当然気を使いますが、アプローチもかなり転がっていってしまってムズかしい。
ティーショットももちろんそれなりに気を使いましたが、幸いOBは無しで林にも入らず。

IMG_1287

5番Hでは、2段グリーンのすぐ上に切られたピンに対して、グリーン左のエッジのそばから打ったアプローチが、ちょっとショートしたと思ったら段を転がり落ちて戻ってきて、加速したボールはそのアプローチを打った場所より後ろ30yへ(爆)。あやうくOBになるところだった
で、次打ったらまた段を転がり戻って、最初にアプローチを打った場所に(汗)。
もう1回同じようなアプローチをやって、ようやくグリーンオン。もちろん転がり落ちているので下の段


パットは、1パットが5回あったものの3パット3回に4パット1回なんで結局いつもの36パット
16番Hは2ピンくらいの距離についたものの、下りにビビったファーストパットは2m近くショートして、それでもショートしていいやというくらい弱めに打ったセカンドパットは、カップをかすかに越えたとたんに加速して7m近くオーバーして4パット。
次のPar5の17番Hは2オンしたものの、下りの3mをきっちり3パット(爆)。


グリーンとグリーン周りにはだいぶ手こずりましたが、アウト/インともに43の86
パーオンは7/18ですしフェアウェイキープも8/14なんで、内容的にもスコア的にも何気に普段通り(爆)。
まあもうちょっと良いスコアで回れるんじゃないかってのはあるんですが。 

IMG_1305

午後1時過ぎにラウンドが終わってしまったこのあとは、ちょっと移動したんですが、眠いんでまたあとで(笑)。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:55Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゴルフ 

2011年12月10日

Paula Cole / Courage

最新作は去年発表されていますがその前作の、Paula Cole(ポーラ・コール)の8年振りのアルバム『Courage(2007年)』。
ポーラ・コールは大好きなミュージシャンなんですが、'00年代前半は動きがほとんどなかったので、アルバムが出ているのを知らなかった(汗)。

Courage

内容は、ややジャズ寄りのかなり落ち着いたアルバム。
核となる曲がもっと欲しいかなという印象も受けますが、彼女の作曲のレベルの高さは相変わらずですし、過去作での情熱的な歌い方が出来なくなったのではなく"抑えている"というのが伝わる。
アルバムの最終曲「Until I Met You」は"抑えた熱さ"が顕著な落ち着いた佳曲かと。



さて、自分のポーラ・コールとの出会いは、中古でジャケ買いした『Amen(1999年)』。

Amen

今ジャケットを見ても、なんでこれを買おうと思ったのかは謎ですが(爆)、アルバムで聴こえてきたベースのサウンドとフレーズがどうも聴き覚えがあると思ってブックレットを見ると、ベーシストはあのトニー・レヴィン
ポーラ・コールピーター・ゲイブリエルのツアー('90年代前半)にコーラスで参加していた縁での参加だと思いますが、そういった情報もすべてあとから知ったという。
自分の嗅覚もなかなか大したものだなと(笑)。
アルバムでは「Pearl」がとにかく素晴らしい。


もちろん彼女の大出世作である『This Fire(1996年)』 もそのあとすぐに聴いて、長い間ヘビーローテーションになったのですが。
日本でもそれなりに売れたせいか、現在中古盤に数百円の値札が付いているのは悲しい

This Fire

このアルバムでもすでにトニー・レヴィンはベースを担当していて、アルバム終盤で突如聴こえてくるピーター・ゲイブリエルの歌声を初めて聴いたときはビビった(笑)。
I Don't Want To Wait」はやっぱり超名曲。



ソロ第1作の『Harbinger(1994年)』もまだ荒削りながら良作だと思っていますし、要はどのアルバムも好きだということで
最新作『Ithaca(2010年)』も悪いはずはないと思っているので、なるべく早く聴きたいと思います。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:15Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray 

2011年12月06日

マリオ、さらにマリオ

この間発売のニンテンドー3DSマリオカート7』までに、先月発売の『スーパーマリオ3Dランド』はクリアしたかったんですが、結局終わらず

CIMG4957

まあ別に終わらせていないといけないこともないんですが(爆)。
しかし通常のワールド8のあとの、スペシャルワールドに入ってからがやたらムズかしい
これをクリアして、さらにルイージで全面を制覇するのが本当のクリアらしいんで(汗)、まあここからは気長にやります。


CIMG4956

で、『マリオカート7』。

CIMG4959

グランプリモードの100ccまではほぼ星3つになったものの、150ccでは叩かれっぱなし
一時的にトップに立っても、サンダーとトゲゾーこうらのコンボがえげつなく襲ってくる(涙)。
まあちょっとネットで対戦してみたら、さらに下位に叩き落とされたけれど
コインを集めていくと増えていくカートのパーツもまだ十分ではないんで、ネット対戦の割り合いは徐々に増えることになるかと。


しかしさすがに鉄板のマリオシリーズだけあって、この2本で当分は遊べそう。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:45Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゲーム 

2011年12月04日

結婚式

昨日は、友達の結婚式で都内の『椿山荘(ちんざんそう)』へ。

IMG_1239

大雨の中駅に着くと、明け方のけっこう大きかった地震のおかげで電車が動いていない

IMG_1259

仕方がないので、電車内で合流するはずだった友達を家までクルマで拾いにいって、そのまま高速へ。
遅刻はしょうがないなと思ったものの、予想通り渋滞に引っかかったわりにはなぜか普通に間に合った(爆)。
大雨だったんで、地下駐車場にクルマを入れて濡れずに済むというのは助かる。


新郎新婦は、先月麹町にワインバー『春風駘蕩』をオープンさせた大塚将央夫妻。
神式の結婚式ってのも良いもんだなぁと思わされましたわ。
ワインバーの主が、三三九度で軽く酔っぱらっていたのは秘密にしておこう
お店の繁盛も含めて(笑)、末永くお幸せに。

IMG_1251

午後には晴れて、良い紅葉の季節でした。

IMG_1237
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:50Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2011年12月02日

リニューアルルパン

さっきまでテレビでやっていたルパン三世。

IMG_1229

五右衛門・不二子・銭形警部の声優がチェンジしてのリニューアルルパン三世だったけれど、そんなに違和感はなかったような。
むしろ、序盤で登場したキャラクターの声優の野沢雅子が、孫悟空以外のなにものでもない(爆)。
まあ色々なキャラを演じ分けるタイプの人ではないんで、それはそれでいいんですが。


内容は、過去作のパロディーに近いものを散りばめつつ、けっこう良かったんじゃないかと
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:23Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2011年12月01日

スマートフォンが流行るわけ?

自分がiPhoneを使い始めたのは、外でPCサイトが見られる等が理由のひとつでしたが、この間iPhone 3GSからiPhone 4Sに機種変更する前に、普通の携帯電話に戻ろうかとも一瞬思ったり。

スマートフォンのブラウザからPCサイトを見ると、最近はスマートフォン用にレイアウトが変えられたサイトに飛ばされたりと、どうも本末転倒な感じになってきているような気もしていて。
なんだかんだで携帯電話でも代用は出来るんじゃないかってな使い方しかしていませんし(汗)、バッテリーは絶対に携帯電話の方が持ちますし。
なにより、iPhoneになってから月の支払額は2000円くらい高くなりましたしね。
 

しかし、世の中ではスマートフォンのシェアは増える一方だそうで、そんなに増えているのはなんでだろうともちょっと思っていたんですが、最近自分でもiPhoneに入れてみたアプリのせいってのは大きいのかもと。

IMG_1217

LINE』と『Viber』という、スマートフォン同士で(パケット通信で)"無料通話"が出来るアプリ。
他のアプリではFacebookやTwitterのアカウントをIDにするものもありますが、この2つのアプリは電話番号がIDになるので使いやすいんじゃないかと。

テレビなんかでのスマートフォン特集でも、こういったアプリや機能はあまり触れられていないように思うんですが。
まあ携帯電話会社からすれば通話料金は取れないわりに、データ通信はもう定額が普通になってしまって、料金は変わらないのにパケット通信量だけは増えていくっていう、あまりありがたくない出来事でしょうし。番組制作側なんかが気を使っているのかは知りませんが。


アプリ内で自分の電話番号を登録すると、自分のアドレス帳を送信してその中から同じアプリを使っている人を表示してくれるんですが、自分の場合では『LINE』『Viber』それぞれ10人くらいは使っているよう。半数は両方のアプリで名前を見ましたが。
登録したばっかりで特に用事もないんで、まだ通話はしていませんけれども

たぶん学生なんかは、通話料金のことを考えれば電話するよりも当然こういった無料通話アプリを使うでしょうし、また他人にもスマートフォンを勧めていくんじゃないかと。
auの「指定通話定額」なんか、意味無くなってしまいますしね。自分でも、もうちょっと周りでこれらのアプリを使っている人が増えたら、ソフトバンクの「Wホワイト(通話料金が半額)」は切ってもいいんじゃないかとは思いますし。


まあこういった携帯電話会社が儲かりにくいという流れから、パケット定額から再び従量制になるんじゃといった話も出てくるのかと。
今までは、世の中にはそんなに違法ダウンロードをしつづけている連中が多いのかと思っていたんですが(笑)、通話時間がそのままパケット通信量になっているとかならわからんでもない。


世間的には常識の話だったりこのアプリだったりなんでしょうが、今さらになって入れたアプリのおかげでちょっと勉強になったかも。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:45Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Mac / iPhone / iPad