2016年03月31日

東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ

先日久しぶりに行った、『東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ』。

IMG_8881

IMG_8879

「塩らーめん」と「つけめん(鶏+魚介)」と食べてきたので、今回は「醤油らーめん(700円)・大盛り(100円)」 を。

IMG_8880

鶏+魚介となっているけれど、最初麺を口にしているときは魚介はあまり強くは感じず。塩と同じように、『天下一品』のこってりと同じくらいドロドロした、超濃厚な鶏スープ。
麺は濃厚なスープにも負けていないくらいコシがしっかりで、味わいも美味しい。
で、麺を食べ終わってレンゲでスープを口に運ぶと、魚介の旨味と風味があとからじんわりと広がってくる印象。景色が変わった感じがして、とても面白い味わいでした。
タマネギは、酸味も食感もアクセントになっていて相変わらずイイ。


塩も美味しいしこの醤油も美味しいし、つけ麺も美味しい。
次回は〜〜〜辛口を試すか、今までに食べたメニューか???
今のところ食べたものにハズレなし。またなるべく近いうちに。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 23:53Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年03月30日

続・iPhone6s Plusのケース

iPhone6s Plusに機種変してからのケースはここまで同じものを使ってきましたが、ネット通販で送料込み800円とやたら安いセールをやっていて、ちょっとイイかな?と思ったものがあったので追加で買ってみた。

送料無料にしても、メール便でもなくヤマトのコンパクト便という一応宅配便として送ってきたので、利益はまったく出ていないと思うのですが(汗)。
期末の、売り上げ高積み増しセールなのでしょうけれども。

IMG_8868

Spigen(シュピゲン)の、「ネオ ハイブリッド EX」という(また)バンパータイプのもの。

IMG_0961

装着しての初見は、まあまあいいんじゃないかと。

IMG_0959 IMG_0960

今まで使っていたhueのバンパーは、強度的な信頼感はあるのだけれどちょい重い。
まあたまに付け替えて、着せ替え的な気分転換という使い分けをしていこうかと。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:02Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Mac / iPhone / iPad 

2016年03月25日

千葉市若葉区・中華そば亀喜屋

『千葉市若葉区・中華そば亀喜屋』。あとから知ったのだけれど、今月に入ってオープンしたばかりのお店だそう。

IMG_8810

IMG_8808

メニューを眺めて、ワンタン麺を推しているラーメン屋も最近少ないし、ワンタン好きなので「ワンタン麺中(880円)」で。

IMG_8809

見た目は、見事なくらい昭和な中華そば風。
しかし麺の太さは、中華そばでよくある細麺ではなく中太麺で、ちょい意外。
スープは見た目の想像と期待通りのもの。メンマと、脂身の少ないチャーシューもまた期待通りで、かなり良い。
ワンタンは、まず美味しくないワンタンに出会ったことがほぼないのだけれど、やっぱり美味しいものでした。
通年通して乗せるのかはわかりませんが、この時期に生姜は身体が温まる感じがしていいなぁと。


あとで検索してみると、千葉市作草部の有名店『麺処まるわ』の新業態での新店ということだったよう。
美味しかったし、家から距離は多少あるとはいえ数回曲がればお店まで着けるというのは多少は縁のある立地???
また行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:17Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年03月24日

ブログ改題

誕生日に、ブログを地味〜〜〜に改題。
ただの気分転換ですが。

URLも変えようと思っていますが、これは文字列に空きがあるかを探りながらなのでおいおい。
今までのアドレスにアクセスしても、新しいURLに飛ぶように設定はできるようなので。

書くことはなにも変わりませんが(汗)、これからもまたよろしくお願い致しますm(. .)m  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:40Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2016年03月19日

東金市・水戸屋

先日久しぶりに行った『東金市・水戸屋』。
相変わらずの自炊シーズンはまだ継続で、ラーメン屋に行くこと自体がちょい久しぶり。

IMG_8779

で、券売機のボタンの中で押したのは「油そばR(680円)・麺中盛(100円)」。 ラーメン類とさんざん悩んだのですが(汗)。

IMG_8780

まず玉子以外を混ぜて、1/3くらい食べてからは玉子、残り1/3はラー油を足してそれぞれ再度混ぜる。
自家製麺の麺は相変わらず食感もいいし味も旨い。タレの味つけがしょっぱすぎないのは個人的にかなりいい。タレは好みであとから足すこともできるので。
刻まれているのが鶏チャーシューなのだけれど、これもどこででも食べられるものではないし、美味しい。

まあ、しょっぱさはあまり強く感じないとはいえ塩分に脂分は間違いなくそれなりにあるだろうし、けして健康に良いメニューでは無いのかもしれないけれど、これだけ美味しいものなら個人的には割りには合っているかと……。
また食べに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:23Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年03月16日

The Show That Never Ends.

先週土曜日の12日早朝に飛び込んできた、『エマーソン、レイク&パーマーのキース・エマーソンが死去』というバッドニュース。


その後に自殺であるということが伝わってきて、それが病気による自身のパフォーマンスの低下を悩んでいたことが原因?等の情報も入ってきて、90年代以降に指の動きにトラブルを抱えているということはもともと知っていたので、プロフェッショナルな悩みによることだったのかなぁとも。
とにかく残念。



タイムリーにもちょうど先週は、Emerson, Lake & Palmerの初期作を順番に聴いていたのですが。
The Nice (1966〜1970年) 〜 Emerson, Lake & Palmer(EL&P)(1970〜1980年, 1992〜1997年) 〜 Emerson, Lake & Powell (1986年) 〜 3(Three) (1988年) というのが、Keith Emersonの代表的なバンドキャリア。


そんなEL&Pでの作品も、個人的には初期の作品がピークかと。
デビュー作のスタジオアルバム『Emerson, Lake & Palmer(1970年)』から『Brain Salad Surgery <恐怖の頭脳改革>(1973年)』に、ライヴアルバム『Welcome Back My Friends To The Show That Never Ends... Ladies and Gentlemen(1974年)』まで。

IMG_8773

この頃の作品でのKeith Emersonは、プレイはもちろん、作曲とキーボードアレンジでも非常に非凡で独創的な面が多くて、今聴き直しても驚きと興味深い点が多々。
メロディーに対するカウンターメロディーだったり(ヴォイシングして和音でぶつけたり)、基本的に裏メロのセンスがキレていた時期だったのではないかと考えていますが。
Tarkus(1971年)』の表題曲は今聴いても本当にスゴいし、ライヴアルバム『Pictures At An Exhibition <展覧会の絵>(1971年)』での超絶アグレッシブな演奏も聞き飽きない。


しばらく間隔を空けてからリリースされたスタジオアルバム『Works Volume 1 <四部作>(1977年)』でも、「Pirates <海賊>」は個人的にはけっこう好きなのだけれど、これ以降にKeith EmersonもEL&Pも再びピークを迎えられなかったのは、各自のアイデアの出尽くしに加えて、Keith Emersonが進化に貢献したシンセサイザーの"音色"にも寄る部分もあるのかなと???

シンセサイザーという楽器は、1970年代前半はKeith Emersonがタンスのようなサイズのモーグ・シンセサイザーをステージに持ち込み、その後彼が進化に貢献してサイズが小さくなったミニ・モーグでさえモノフォニック(単音のみで和音が出ない)な状態が続いたのですが、モーグの音の太さというものは唯一無比のもので、しかしその後ポリフォニックのシンセサイザーが出てきたものの、今聴き返すと音色の厚みに欠けるへっぽこなサウンドのものがほとんどで、その辺も彼のキャリアには(結果論ながら)マイナスだったのかもしれませんが。



そういえば、今回の訃報を受けてTwitterでは、「Keith Emersonといえば『幻魔大戦』(1983年公開の角川アニメ映画。Keith Emersonが作曲で参加)」というツイートを多く目にしたのですが、その幻魔大戦のサントラも80年代ということで、個人的には最初に聴いた時からそんなに印象は良くない(爆)。
思い出補正などで、音楽というのは十人十色に違って聞こえるのでしょうけれども。



EL&Pを1970〜1975年にリアルタイムで、例えば15歳くらいで聴いていたとしたら今は50代後半〜60歳代になるのに対して、1983年の『幻魔大戦』を15歳でリアルタイムで観た人は今48歳前後なので、単純にTwitterをやっている人が多いのがその世代、ということだけな気はしますが。
自分はさらにそのあとの世代なので、CDでアルバムを聴いていった結果「Keith EmersonといえばEL&P」になってしまう。



ちなみに、自分が今までに行ったライヴ or コンサートで一番音量が大きかったのは、1996年の渋谷公会堂でのEL&Pのもの。
EL&Pのパフォーマンス自体もスゴかったのだけれど、その音量のスゴさにもビビった(爆)。
もう20年前で、Keith Emersonが指の手術をしたりとかの情報もあった頃なのだけれど、70年代と同じようにハモンドオルガンを引きずり回してナイフを突き立て、倒したオルガンの下敷きになりながら逆から弾きまくるKeith Emersonには全員満足していた記憶。
会場全員を納得させる、最高のパフォーマーだったということも強く憶えています。



↓最近ではほぼ買わない(爆)、ツアーパンフレットから。10月12日の公演だったよう。

IMG_8775

IMG_8776 IMG_8777

今回のブログタイトルはもちろん、スタジオアルバム『Brain Salad Surgery』収録の超大作「Karn Evil 9: 1st Impression-Part 2」の歌詞の一節であり、EL&Pのコンサートの最初に毎回アナウンスされ、ライヴアルバムWelcome Back My Friends To The Show That Never Ends... Ladies and Gentlemen』のタイトルでもあるフレーズから。

"終わりなきショーへ、またようこそ友よ"

ショーは終わってしまったのかもしれませんが、録音された作品は残ってこれからも聴き継がれていく。
ありがとうございました。
さようなら。


  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:57Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 | CD / DVD / Blu-ray

2016年03月09日

千葉市中央区・ラーメン魁力屋 東千葉店

昨日行った、『千葉市中央区・ラーメン魁力屋 東千葉店』。

IMG_8758

チェーン店でいろいろなところにある魁力屋だけれど、行ったのは初めて。背脂系のラーメンだということは知っていて、自分は背脂が苦手なもので(汗)。

IMG_8756

とはいえ、ここはお店が一番推しているであろう「特製醤油味玉ラーメン(810円)・麺大盛り(108円)」で。
背脂は少なめで注文……。

IMG_8757

この程度の量の背脂ならばそこまで気にならない。むしろ気になったのはスープの甘さ。
背脂の甘さではなくて醤油の甘さだと思うのですが、こういう味付けのラーメンのスープはかなり久しぶりでちょっと新鮮。まあ自分の好みには合っていないのですが(爆)。
麺はかなり食感も良くてチャーシューも味玉も美味しかったので、スープだけ好みに合わなかったのは残念。

とはいえ、大多数のお客には支持されているからこそお店も増え続けているのでしょうから、この味でひとつ正解なのだと思います。
好みが合う合わないは仕方がないので〜〜〜。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:26Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年03月08日

横浜中華街〜横浜スタジアム

今日は横浜へ。

IMG_8725

中華街でお昼ご飯。「麻婆豆腐定食(600円)・から揚げ(150円)」。安くて美味い☆

IMG_8728

IMG_8726

関帝廟。

IMG_8755

で、中華街を抜けて、目的地の横浜スタジアムへ到着。この球場へ来るのは初めて。

IMG_8730

IMG_8731

横浜DeNAベイスターズ vs 中日ドラゴンズのオープン戦。自分はどちらのチームのファンでもないので、天気のいい暖かい日にビールを飲ませてもらいに来たというスタンスで観戦(爆)。

IMG_8734

ベイスターズは久保康友投手、ドラゴンズは浜田達郎投手が先発。
久保投手は5回を投げて被安打2失点0と、さすが今年も計算されているであろう先発の1人という内容と結果。
松坂世代で現役の選手もだいぶ減ってきていますが、今年も活躍するのではないかと。

浜田投手は、初回にベイスターズ白崎浩之選手に先頭打者ホームランを浴びて、その後も1アウト満塁にまでなって「大丈夫なのかこれは?」というバタバタな立ち上がりだったのですが、次打者をゲッツーで切り抜けて以降は、6回を投げて被安打5失点1という結果。四球も1つだったので本当に初回だけということで、結果は残したということになるのではないかと。


他に印象に残ったのは、ドラゴンズのサードに入っていた高橋周平選手は打つ方はノーヒットだったものの惜しい当たりもあったし、好守備はいくつかあったので、やはりスタメン候補の選手なのだろうなぁと。
新外国人選手のビシエド選手がファーストを守るようなので、この日はDHで出場していた森野将彦選手との争いになるのでしょうが。

ベイスターズ4番の筒香嘉智選手は、もう完全に一皮むけた印象。若いながらも打ちそうなオーラが出ているし、この日も2安打。
まあ直前に日本代表でも4番を打っていた選手ですし、もうベイスターズでの打順は4番以外考えられない選手になったかと。

IMG_8749

ちなみに、ベイスターズのスターティングメンバーで知らない選手がいると思ったら、やはりルーキーの選手。
キャッチャーの戸柱恭孝選手とセカンドの柴田竜拓選手は、去年のドラフトで入団したばかりの選手。
2人とも左打者で、サード方向にゴロのファウルだったり弱い打球が飛ぶことが多いあたりは、まだまだプロのピッチャーには対応しきれていない段階なのかもしれませんが、若い選手をどんどん使っていきたいというラミレス新監督の意図があるのかも?
ベイスターズがいきなり強くなるかどうかはわかりませんが(去年前半のこともあるし(汗))、なにか将来的に期待が持てるというのは羨ましいこと。


試合は、ドラゴンズの代打で出てきたエルナンデス選手の代打逆転ツーランホームランの直後に、ベイスターズ筒香選手の同点タイムリーヒットで同点。そのまま試合終了。
試合結果はこちら

IMG_8753

初めて行った横浜スタジアムですが、アクセスはかなり良いし球場全体キレイだったりで良い印象でした。また行ってみます。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:34Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 | 食べ物

2016年03月05日

千葉国際カントリークラブ

昨日行った『千葉国際カントリークラブ』。
10年くらい前にも行ったことがあるのだけれど、まずコース入口の門に一切の見覚えなし(爆)。
竹コースと桜コースそれぞれ18ホールに松コース9ホールの計45ホールもあるゴルフ場なのだけれど、今回プレーした竹コースで覚えのあるホールはひとつも無かったので、前回プレーしたのは桜コースか松コースだったよう。

IMG_8709

OUTコースからスタートして1ホール目から思ったのだけれど、とりあえずグリーンが小さい(汗)。グリーンは普通に硬めな状態になる時期でもあるし。
レイアウトもやや狭目の林間コースに加えてアップダウンもかなり大きいし距離も長めのホールが多いので、難易度は高めなのではないかと。

IMG_8710

IMG_8711

まあそんなコースの難易度関係なしに、こちらの調子は最悪。
調子などというより、ただヘタになっていっているのが明らかなだけなのでしょうが。
"ティーショットを左に大きく曲げる→林に入る→木の根っこか幹にくっつく→脱出に数打"
をやらかしたホールが数ホールあって、スコアはとんでもないことになっていく。

IMG_8712

お昼はチーズインハンバーグ。美味しかった☆

IMG_8714

INコースもほぼ同じ展開……林に入る回数はさらに増える(爆)。

IMG_8719

スコアはOUT54 / IN61の115。たぶんここ数年で一番ヒドいスコア。
パットは14/16の30。3パットは1回で、全体的にもわりと入っていた日。ショットとアプローチがとにかくヒドかった……。


ちなみにコースのアップダウンのもの凄さは、他コースでだいたい30階前後の"上った階数"が78階(汗)。
半日かけて高層ビルを上り下りしたということですか。

IMG_8720

このスコアに現れたプレー内容が楽しいものであるはずもなく、正直ゴルフをヤル気を失うくらいのものでした。
友だちと遊ぶということの材料・舞台として、ゴルフは良いものだとは思っているのですが。
とりあえず、また練習場で悩んでみます……。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:26Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゴルフ 

2016年03月01日

シェーバー

IMG_8698

シェーバーを買い替え。
今まで使っていたものに使用上の不満はなかったのだけれど、ハンドソープをつけてスイッチを入れての洗浄のときに、モーターがすぐに止まってしまうようになってしまって(汗)。
乾かすと普通に動くので防水がダメになったのかどうかはよくわからなかったのですが、バッテリーはかなりヘタってきていたし、そろそろいいかと。

高額なシェーバーもいろいろと出ているけれど、違いがよくわからないし興味自体ない(爆)。
ネット通販で、すべて楽天のポイントで支払い。

IMG_8699

ちなみに今まで使っていたシェーバーは、2004年に買ったものだった……まだNationalだった頃のもの。
替え刃は一応定期的に交換しつつも、バッテリーはニッケル水素電池だったのでむしろよく12年も持ったなと。今回買ったシェーバーのバッテリーは、スマホなどと同じリチウムイオン電池。

今回買ったシェーバーも12年使ったらと考えると、その頃の自分の年齢にちょっと恐ろしくなる(笑)。
もしそのペースだと、一生で買うシェーバーってのは残り3台くらいなのかということも。

IMG_8700
  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:52Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常