2016年07月30日

東金市・麺屋一徹

『東金市・麺屋一徹』へ。

IMG_9541

自分の中では基本的につけ麺屋、たまにワンタン麺を選ぶというお店だったのだけれど、今回はちょっと冒険して、初めての「一徹式 勝浦タンタン麺(730円)・中盛240g(100円)」。
ちなみにいつの間にか外税になっていて計896円。けっこう値上げ幅は大きい

IMG_9539

辛さは、ノーマルのピリ辛で。

IMG_9540

勝浦タンタンメン自体は何度も食べているのだけれど、かなり間隔を空けてなので毎回初めて食べるようなもの(汗)。
白髪ネギが高く積まれているのには、はてこんな見た目だったかな???とも。

まあ「一徹式」と付けているだけあって、実際勝浦タンタンメンとはちょっと違う部分も。
勝浦タンタンメンはラー油に覆われているイメージなのだけれど、これはラー油はほとんど無い。辛さは唐辛子のものが強い。
タマネギとニラはたっぷりで、同じく千葉の地ラーメンの「アリランラーメン」の辛い版なんじゃあ?というのが自分の印象。
「ピリ辛」の辛さは、あまり強くは感じませんでしたが。


普段ここのつけ麺は大盛り400gを選んでいるのに、240gの量では足りるわけもなくあっという間に完食。
あくまで「一徹式」の勝浦タンタンメンということですが美味しかったし、ホンモノの勝浦市内の勝浦タンタンメンを久しぶりに食べてみたくなったのと、アリランラーメンもしばらく食べていないので食べたくなった。
それぞれそのうちに食べる機会を持ちたいと思います。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 22:58Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年07月27日

The Corrs / White Light

The Corrs(コアーズ)の10年ぶりの再結成スタジオアルバム、『White Light(2015年)』。

IMG_9504

このアイルランドの兄妹バンド(兄1人に姉妹3人)は1995年の1stアルバムからずっと聴いてきていたけれど、アルバムのリリースが10年ぶりということにもああそんなに時間が経ったのか(汗)という感想。最初に聴いた時からは20年以上経過したわけで。
作品は、おそらくプロデューサーとメンバーが"コアーズらしさ"というものを理解して作り上げられたという印象の強い出来上がり。
キラーチューンとまで言える曲は無かった印象なのは残念だけれど、作品の出来は評価できる水準には達していると思う。


1stアルバムの『Forgiven, Not Forgotten(1995年)』から一貫して、ポップなメロディーにかつアイリッシュ(ケルト)っぽさを各所に散りばめた音楽性を押し出しつつも、ポップさはさらに増しつつもアイリッシュさはやや減少、リズムは打ち込みっぽく変化していった3rdアルバムの『In Blue(2000年)』にかけてが一般的に言うコアーズのピークだったと思うのだけれど、個人的なコアーズのベストは続く4thアルバムの『Borrowed Heaven(2004年)』。
メロディーは相変わらずポップで、アイリッシュさを以前以上に前面に出して、しかも演奏が生っぽいものに戻ったというこのアルバムが、個人的には一番バランスが良くていいアルバムではないかなと。


メンバーも子育てやソロ活動等あるようなので次作はいつになるかわかりませんが、このメンバーならではのマジックはあるようにも思うので、いつか出る次作に少しだけ期待しておこうかと。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:47Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray 

2016年07月24日

マレーシア

頂き物の、マレーシアのスナック菓子。

IMG_9448

1本の長さは4cmくらい。

IMG_9519

基本的にはピリ辛の味なのだけれど、しょっぱさに若干甘味もあってちょっと不思議な味。
日本のスナック菓子にはあまりない味だと思うし、あってもたぶん売れないと思う(汗)。

個人的にものすごく好きな味かというとそういうわけではないのだけれど、酒のつまみにバクバク食べている。
他の国の味覚の違いがちょっと感じられたようで、面白かった。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:53Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年07月22日

東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ

ちょっと久しぶりの『東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ』。

IMG_9515

「家系(鶏+醤油)」は初めて見た。全メニュー50円値上げされたよう。

IMG_9513

「家系(鶏+醤油)」はものすごく気になったのだけれど、今回は「辛口(鶏+ごま)」を食べようと決めてきたので、「辛口らーめん(800円)・大盛り(100円)」で。

IMG_9514

ほぼ海苔とレンゲが占めて、どんなラーメンかは非常にわかりにくい写真になってしまった(汗)。
濃度と粘度の高い、胡麻と鶏の風味もやっぱり強力なスープの上にラー油が浮いているので、一応担々麺的なスープ。辛さは個人的に適度な印象。
麺は、強いコシと歯ごたえのいい食感がスープに負けていなくて美味しい。
チャーシューはかなり美味いものだし、刻みタマネギは風味も食感もアクセントになってきて良い。

ただトータルでのスープの味つけは、個人的にちょっとしょっぱめに感じて、終盤ちょっとツラい部分も。
以前食べた「つけ麺(鶏+魚介)」が同じような印象でしたが。


美味しかったし、他のメニューと同じように完成度の高いラーメンだなぁと思いましたが、自分にはちょっとしょっぱめだったのだけが残念。
まあここは味覚の個人差なので。
次回は、当然「家系(鶏+醤油)」でいってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:20Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年07月20日

浦沢直樹 / BILLY BAT 19巻

また発売日から1ヶ月近く経ってから気づいて買った(汗)、浦沢直樹氏の『BILLY BAT(ビリーバット)第19巻』。

IMG_9507

作品も最終盤に近づいてきたようで、特にこの巻は進行とテンポが良かった印象。
作品中の長い間の時代と19巻という巻数を重ねて、ビリーバットというコウモリをめぐるストーリーが紡がれてきましたが、キャラクターとしてはそのビリーバットの描き手のマンガ家たちが主人公"たち"だったとも。
この巻の終盤では「なぜ描くのか」「誰がストーリーを作っているのか」というような、マンガ家という仕事への命題を問うようなテーマもあったりもして。


おそらく次巻が最終巻なのでしょうが、今まで広げてきた風呂敷はいろいろあれど、「ビリーバットとはなんなのか?」という最大の大風呂敷がちゃんと畳まれるのかどうか???
畳むのを放棄して、読者の想像に任せてしまうのが浦沢節だというのは十分に理解しつつ(爆)。  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:16Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  

2016年07月11日

レッドホットチキン

久しぶりのケンタッキー。
期間限定?の「レッドホットチキン(1ピース270円)」。

IMG_9476

激辛ではなくて適度な辛さがちょうどよくて美味い。
ケンタッキーは普通のチキンもそうなのだけれど、外側サクサクなのもともかく骨を外すのにまったく苦労しない柔らかさ(?)というのはスゴいなぁと毎回思う。

一緒に買った「骨なしケンタッキー(1ピース250円)」は、ちょっと冷めたせいか妙な硬さがイマイチに感じたのだけれど、レッドホットチキンは美味かった。
そのうちにまた食べてみます。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:03Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年07月10日

東金市・東金大勝軒

最近ここにはあまり書いていなかった、『東金市・東金大勝軒』。

IMG_9465

一応1〜2ヶ月に1回くらいは行っているのだけれど、結局行ってもあつもりしか食べていないので(爆)。

IMG_9464

券売機で、「中華そば/こってり中華そば」と「担々麺」は毎回気になっているものの、今回も「こってりあつもり(800円)」のボタンを押してしまう。麺大盛りは食券を渡す時に言って、同料金。

IMG_9463

ノーマルの「もりそば」と「あつもり」は大勝軒を受け継いだ味なのだけれど、「こってり」はいわゆる大勝軒の味とは違うもので、個人的にはこれが美味い。
酸味や甘みだったりした大勝軒のつけダレの特徴はほとんどなく、そしてそれがちょうど自分が苦手なもので(汗)。
今回も美味しく完食。


このつけダレのラーメン版が「こってり中華そば」ならば、それもまた大勝軒でイメージするものとはまったく違うもののはずだけれど、たぶん自分は好きなものなんじゃないかと。
このお店でラーメン類を食べたことは今まで無くて、今さらそれを注文するのはかなり勇気がいることであったりもするのだけれど(笑)、「こってり中華そば」と「担々麺」は本当に気になっているので、いずれ券売機のボタンを押すときが来るのかもと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:31Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年07月08日

期日前投票

今回の参議院選挙も、期日前投票へ。

IMG_9452

改憲もともかく、自民党はアベノミクスの成否をテーマに掲げているのでそれに関して言えば、各種経済指標も良くないし、なにより日経平均約15000円にドル円100円台というのは、はっきり言ってアベノミクスが失敗しているのは明らか。
とはいえ野党側の主張に的外れなものは多いですし、万一政権を取ったとしてもこの国の経済が良くなるとは思えず。
強い野党が必要とはずっと思っているのですが。

まあそのあたりをいろいろと天秤にかけて投票。
今回も、投票率はそう伸びないのだろうなぁと思いつつ。  
Posted by toshihiko_watanabe at 19:50Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2016年07月06日

東金市・水戸屋

けっこう久しぶりな『東金市・水戸屋』。

IMG_9445

最近は、今までに行ったことのあるお店で直近で同じメニューを食べた時はもうここには書かないようにしているのだけれど、ここは本当に間隔が空いてしまった。
外食が減っていることもあって、単純にタイミングが合わなかっただけなのですが。


店外の看板に「本日裏つけ麺に限り麺増量サービス」となっていてなんとなく気分がつけ麺に持って行かれてしまったのだけれど、その裏メニューのつけ麺というのは背脂つけ麺だそうで背脂が苦手な自分にはありがたくないもの(汗)。
とはいえ気分はつけ麺にされていたので、券売機ではノーマルのつけ麺を選択して「つけ麺(780円)・中盛(100円)」を。

IMG_9444

麺は氷水できっちりと締められ、食感も味わいも良い。
つけダレも粘度はそう高くないものの濃厚な味わい。大きめに切られたチャーシューも美味い。
穂先メンマは麺の次に位置する主役かと。


今回も美味しいつけ麺でした。
とはいえラーメン類でもよかったかと思うところもあり、やっぱりもうちょっと近い間隔で入っていなければならないお店かと。
自分の中で、東金市内のラーメン屋の中で最重要な位置にあるお店ということに変わりはないので。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:41Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年07月05日

ウエスト千葉旭町店

千葉市中央区をクルマで走ることがある人ならば必ず目にしているであろう、蕎麦うどん屋の『ウエスト』。
千葉市民で、このお店で食べたことがないのはまだしも存在さえ知らない人がいるとしたらエセ千葉市民なんじゃあ???などと千葉市民でない自分は思っていたり(笑)。


看板で「博多うどん」と謳っていたり本社は博多にあるところからもわかる通り、九州をメインにチェーン展開しているお店なのだけれど、九州以外では山口県と東京都町田市と埼玉県川越市にそれぞれ1店舗づつあるのみで、千葉県にはなぜか8店舗もあるというのはなんだか奇妙で面白い。


昔からちょいちょい寄っているのだけれど、ここ千葉旭町店は居酒屋メニューが充実していることに加えて、年中無休に基本24時間営業(第4日曜のみ22時閉店、翌月曜11時開店)ということが近隣住民にハマっているのか、夜遅くになってもいつもお客が多い印象。

IMG_9427

自分はクルマでしか寄る機会がないので、基本的に蕎麦かうどんを食べるお店として利用。
ちなみに蕎麦は3玉まで同一料金。今回は温かい「わかめそば(540円)」で。
当然3玉でお願いしているのですが(汗)。

IMG_9426

蕎麦がものすごく美味しいのかというとそこまでではないと思うのだけれど(笑)、ずっと食べてきているからかの安心感がある。
税込540円でこれだけの量で、文句を言うところは一切なし。


存在自体が安定感抜群のお店。
これからもずっとお世話になっていくと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:43Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物