2016年11月29日

Yes LIVE@Bunkamuraオーチャードホール

昨日28日は、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで『YES(イエス)』のコンサートを観戦。

IMG_0127

YESの来日は2年ぶりで、こちらも観るのはその2年前の東京ドームシティホール以来
去年ベーシストのChris Squire(クリス・スクワイア)が亡くなって、もうYESの演奏を観る意味もないかとも思ったのですが、友だちが誘ってくれたので。

IMG_0129

来場者全員に配られていたクリアケース。

IMG_0133

今年の夏以降にドラマーのAlan White(アラン・ホワイト)が健康上の問題からアメリカツアーには不参加になって、代役のドラマーとしてWorld TradeやASIAのメンバーだったJay Schellen(ジェイ・シェレン)が参加しているということは聞いていたのですが、今回の日本ツアーからJay Schellenもツアーには帯同しつつAlan Whiteが復帰との情報。
しかしステージにいたのはJay Schellen。その辺の説明は現地ではまったくなかったのですが。

IMG_0134

IMG_0135

ちなみにクリアケースに挟まれていたフライヤーには、
「『Tales From Topographic Oceans(海洋地形学の物語)(1973年)』より2曲を完全再現。ライヴ盤の『Yessongs(1973年)』からのベストセレクション!」
と謳っていたものの、1曲目から3曲目までは『Drama(1980年)』からの3曲……バンドとウドーの間の意思疎通が出来ていなかったのか(笑)。

IMG_0136

セットリスト

1. Machine Messiah
2. White Car
3. Tempus Fugit
4. I've Seen All Good People
5. Perpetual Change
6. And You And I
7. Heart of The Sunrise

20分休憩

8. The Revealing Science of God (Dance of The Down)
9. Leaves of Green('The Ancient' (Giants Under the Sun)からの抜粋)
10. Ritual (Nous Sommes Du Soleil)

アンコール
11. Roundabout
12. Starship Trooper



あとから調べてみたら自分はJay Schellenのドラムは、World TradeにASIAのアルバムではもちろんBilly SherwoodのソロアルバムだったりChris SquireとBilly SherwoodのプロジェクトのConspiracyのアルバムでも聴いてきていたよう。
彼も56歳と若くはないのだけれど、さすがに今のAlan Whiteとはパワーが違って前回観た時に気になったドラムの問題が一気に解決した感。
YESのドラマーとしてベストなのかはわかりませんが、少なくとも現在のYESには良い人選だったのではないかと。

Alan Whiteは「Ritual (Nous Sommes Du Soleil)」の終盤からJay Schellenと入れ替わって、そのままアンコール2曲もプレイ。
しかしそれ以前の曲と比べると、明らかにバンドのサウンドがパワーダウンしてしまった印象でしたが……。



個人的には、今回観られて良かったなと思ってまた全編本当にすばらしかったのは、Billy Sherwood(ビリー・シャーウッド)。
彼は、1980年代後半に再度ボーカリスト不在になったYESにボーカリスト候補として関わったのがYESとの歩みの始まりのはずですが、1994年のTalkツアーではサポートとして参加。自分はこの時に武道館で観たのですが。
そして『Open Your Eyes(1997年)』から、キーボーディスト/ギタリストとしてついに正式メンバーに。
Igor Khoroshev(イゴール・コロシェフ)が正式なキーボーディストとして参加した『The Ladder(1999年)』ではギタリスト並びにソングライターとしてYESを支え、しかしその後脱退したというのが彼のYESのメンバーとしてのキャリア。

で、去年病気でツアーに不参加になったChris Squireの代役として、今度はベーシストとしてツアーに参加。そのままChris Squireが亡くなってしまったので、ベーシストとしてYESに再度正式メンバー入りしたというのは、よく考えるとなかなかとんでもない変遷。
実は生前のChris Squireの思惑通りだったりするのかもとさえ思えますが。

弾いているベースギターはリッケンバッカーではないものの、機材はまったく同じなのか???と思うほどChris Squireに近いサウンド。ビッグマフやらブラスマスターやらを引き継いでいるのかもしれませんが。
彼がYESのベーシストに収まったことは、実際の演奏を観て文句をつけることは出来ないのではないかと。コーラスはChris Squireとはまた声質が違うのですが、Billy Sherwoodはリードボーカルも取れるレベルのボーカリストでもあるし、曲にマイナスになることはなかった印象。

「And You And I」の中盤以降でChris Squireが吹いていたハーモニカのパートは、やっぱりBilly Sherwoodがハーモニカを吹いていて、ここはちょっと感無量になった瞬間。



第2部の『Tales From Topographic Oceans(海洋地形学の物語)』からの長尺曲2曲(1曲約20分ずつ)には圧倒感はありましたし、行く前の期待の低さということはあるにしてもまあまあ満足。
というか、今回強く思ったのは、YESというバンドは本当にメンバーを入れ替えながらずっと続いていくのかもしれないという感触。
今回にしてもオリジナルメンバーはついに誰もいなくなったけれど、YESというバンドのメンバーである限りYESらしい演奏をしてしまう(笑)ようにも思うし、10年後も30年後もひょっとしたらYESはツアーを続けているのではと思ってしまいました。

IMG_0137

ちなみに、来日公演も決まってフライヤーも出来ていた、元YESメンバーが組んだアンダーソン, ラビン&ウェイクマンのARW。
Jon Anderson(もう72歳!)は年齢もあってパフォーマンスが不安だけど、Trevor RabinとRick Wakemanはそんなに弾けなくなっているとも思えないし、さて観に行くかどうしようかと。
しばらく考えてみます……。

IMG_0149
  

Posted by toshihiko_watanabe at 22:10Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 | LIVE

2016年11月28日

養老渓谷

一昨日の土曜日に行った、大多喜町の養老渓谷
紅葉シーズンには、渋滞だったり駐車場がかなり混雑するのは知っていたので、いくつか離れた駅にクルマを停めていすみ鉄道で養老渓谷駅までということも考えたのですが、1日10本程度しかない(!)電車のダイヤだと帰りも大変になるなということで、結局現地までクルマで。


「粟又(あわまた)の滝」方面に行ってみることにして、近くの駐車場へクルマを入れる。幸い空きがあって、駐車料金は500円。
駐車場で順路の地図をもらって、その通りに歩いて行くことに。

IMG_0120

で、まずは「幻の滝」から。入るのに200円。

IMG_0098

ずーーーっと下りて行くのだけれど、2日前に降った雪が溶けたせいもあってか、足場が濡れていたりぬかるんでいたりでかなりスリリングなことに(汗)。
正直、遊園地のアトラクションより緊張感はずっと高いかもしれない(爆)。
なんとか「幻の滝」の前まで着いて、眺めは良かったし澄んだ空気感も良かったのだけれど、当然ずっと下りてきたからには帰りは上らなければならない……。

IMG_0100

順路に戻って、しばらく歩いた後にまた階段を延々と下りていって、養老川沿いの遊歩道へ。

IMG_0102

で、クルマの中からなんとなくそう思ってはいたのだけれど、紅葉の色づきがまだまだな感じ(汗)。
養老渓谷は関東でもかなり紅葉が遅い方だとはわかっていたのですが、もう1週間くらい遅い方が紅葉の景色は楽しめたかもと。

IMG_0106

IMG_0110

とはいえ紅葉抜きでも景色は良いですし、「粟又の滝」はダイナミックですばらしかったのですが。

IMG_0112

IMG_0115

で、「粟又の滝」から一般道の方に上っていくうちにさらにクツが泥だらけに(汗)。

IMG_0119

一般道沿いにある展望台?からの「粟又の滝」の眺め。
紅葉の色づきがピークになれば、もっともっとキレイに見えるのかも。
駐車場まで戻ってきて、結局2時間ちょい経過でした。


ざっくりと養老渓谷で紅葉、と思って向かいましたが、養老渓谷駅から「粟又の滝」までは5km以上あったり、その中間あたりで人が多かった「中瀬遊歩道」へも、養老渓谷駅からも「粟又の滝」からも徒歩で行くのはちょっと大変な感じだったので、それぞれへクルマで移動するのが妥当なのかなぁと。
「中瀬遊歩道」の方の紅葉も、いつかは見に行ってみたいと思います。  
Posted by toshihiko_watanabe at 00:01Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2016年11月27日

長柄町・ながら長生庵

以前はよく通っていた道路を先日かなり久しぶりに通ったら、いつのまにか出来ていた蕎麦屋。
その日は月曜の定休日だったので、今回初めて行ってみた。
『長柄町・ながら長生庵』。

IMG_0095

IMG_0097

お店の建物の立地自体もそうだけれど、道路を挟んだ反対側(秋元牧場)の方のロケーションもなかなかスゴい。千葉なのに(爆)。

IMG_0096

IMG_0093

「せいろ(650円)・大盛り(200円)」で。

IMG_0094

蕎麦の風味もだけれど、切り口とコシもけっこうしっかり。
つゆは個人的にはちょっとしょっぱめな印象。
量は大盛りにしてもちょっと足りない感じでしたが、まあ自分より上の年齢層がメインの客層でしょうし仕方ないか。

けっこうお客も多く賑わっていましたが観光地的な立ち位置のお店でもあるわけで、例えば長野の人がこの蕎麦を食べたら「これは本物の蕎麦じゃない」と言われてしまうのかもしれませんが(汗)、自分はまあまあ美味しいと思いましたし、また行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:19Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年11月25日

森高夕次・アダチケイジ / グラゼニ 〜東京ドーム編〜 9巻

森高夕次・原作/アダチケイジ・漫画の『グラゼニ』。
『グラゼニ』全17巻は最初からKindle版で読んでいきましたが、続編の『グラゼニ 〜東京ドーム編〜』も引き続きKindle版で買っていて、もう9巻。

IMG_1095 IMG_1096

相変わらず、プロ野球選手の"お金"の面にスポットライトを当てつつストーリーは進んでいるのですが、この巻では主人公の凡田夏之介の同僚投手の則川の嫁のエピソードだったり、その則川とトレードで入団した河野のエピソードが、今までとはちょっと違う角度から綴られていた印象。
次巻ではまた契約更改のようなので、直球のお金の話になるようですが。

相変わらず楽しみにしている漫画のひとつなので、続巻に期待しています。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:39Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  | Mac / iPhone / iPad

2016年11月18日

茂原市・はなまるうどん カインズホーム茂原店

カインズホーム茂原』のフードコートでは先日ここに書いたリンガーハット』で何回か食べているのだけれど、今回は初めての『はなまるうどん』。

IMG_0076

「牛肉うどん 中(550円)」。量がよくわからないので、様子見で中盛で。

IMG_0075

同じ讃岐うどんのチェーン店では、この地域にも何店もある『丸亀製麺』ももちろん美味しいのだけれど、個人的な好みは『はなまるうどん』かなと。
麺のコシは『丸亀製麺』の方が強いと思うのだけれど、『はなまるうどん』の方が自分にはちょうど良いかと思っていまして。麺の太さ自体がちょっと違うはずだけれど。
で、つゆも美味しいし、この牛肉うどんの牛肉は脂の具合がちょうど良くて、なかなか美味い。
ちなみに中盛の量ではやっぱり足りなかった……。


この地域には他に『はなまるうどん』は無いので、また行くと思います。
隣の『リンガーハット』のちゃんぽんの方が野菜を摂れるので、そっちに傾くことも多そうですが(汗)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:42Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年11月15日

東金市・麺屋一徹

ちょっと久しぶりの『東金市・麺屋一徹』。

IMG_0065

IMG_0066

ラーメン類とも悩みましたが、今回はつけ麺の方で。
「つけ麺(760円)・麺大盛400g(200円)」値段は外税。

IMG_0067

魚介強めな豚骨とのダブルスープに加水率高めの中太麺という組み合わせは、このお店の特色。今ではけっこう貴重ではないかと自分の中では思っていますが。
刻みチャーシューに、太めのメンマも美味い。


今回も味に満足して完食。
しかし前回行った時からだったのだけれど、いつのまにかメニューの値段は外税表記になって、つけ麺大盛りで1036円というのはちょっと高いかなぁ???とも。
以前はほぼ同じ値段で内税表記だったので、8%の値上げと感じてしまう。いずれ来る消費税10%の時にメニュー表を作り直さなくていい為というのはわかるのですが。
まあ、味は好きなのでまた行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:29Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年11月11日

動物病院行き、からの((ΦωΦ))

IMG_9952 IMG_9978

相変わらず日々ふざけた寝相で寝ていた子ネコですが、先週に2日ほど食べてはすべて吐いてという状態になって、またその吐いた中に寄生虫が毎回3〜5匹とか(たぶん回虫)紛れていて、3日目にはついになにも食べようとしなくなったので動物病院へ行ってきました。

異物を誤飲した可能性もあるので(家中を暴れまわっているので(汗))、まずレントゲン。

IMG_0018

異物にしてもどっちみち金属でないとレントゲンには映らないのですが、胃はそういう感じではないし小腸も異物が詰まれば不自然に膨らんだりするということで、誤飲の可能性は低いとの所見。
誤嚥のせいか軽い肺炎を起こしているとのことでしたが。

とりあえずは寄生虫と肺炎への処方をして様子見ということで診察終了。
薬は、吐き気止めと虫下しと抗生物質を出してもらいました。

IMG_0019

毎回思うけれど、健康保険の無い動物病院の料金は毎回高い……超高い(汗)。
ノミダニ&寄生虫駆除用の外用薬のブロードラインを2本出してもらったのは、もう1匹のネコ用。

子ネコの寄生虫対策は(ノラネコはほぼ100%寄生虫持ちだそう)、飲み薬の虫下しとブロードラインはすでに使っていたのですが効いていなかった???


吐き気止めが効いたのか翌日からはまあまあ食べるようになって、吐き気止めと虫下しの副作用のせいか2日ほどはお腹が下っていましたが、それ以降は快復した模様。
というか完全に治ってしまったようで、以前にも増してガツガツとメシを食っているここ数日。
動物病院で体重を計ったら2.64kgと、その数日前に家で計った2.8kgよりは当然減少していたのですが、今日体重を計ってみたら3.1kg(爆)。

IMG_0032

まあこれからは動物病院のお世話にならないような健康体を維持してくれれば……。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:20Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2016年11月05日

東金市・水戸屋

『東金市・水戸屋』へ。

IMG_0026

いつものように券売機の前でかなり悩むも今回は久しぶりに、魚介の「弐号ラーメン(700円)・麺中盛(100円)」を。

IMG_0027

濃厚な魚介のダシのスープと、それに絡む自家製麺が相変わらずものすごく美味しい。
メンマは、一般的には食感のアクセントとしての具材だと思うのだけれど、ここのお店の穂先メンマは食感だけでなく味わいも美味しいと思う。

ちなみにこのお店では今まで替玉はしたことがなかったのだけれど、まだ食べたかったので(汗)替玉を細麺で。

IMG_0028

IMG_0029

「弐号ラーメン」は太麺だったのでこの細麺は違う太さ。細麺は細麺で、魚介のスープとは合っていて良い。
量は、たぶん普通のラーメンの麺の半分〜2/3くらい。替玉としては適度な量。


味にも量にも十分に満足。
しばらく食べていないメニューも多いので、また次回券売機の前で悩もうと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:06Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年11月02日

長柄町・八平の食堂

自分の行動圏内だけれど、今回初めて行った『長柄町・八平の食堂』。
一応千葉の地ラーメンの「アリランラーメン」(っぽいものも含めて)を出す店はこの地域には何軒かあるのだけれど、ここと『長南町・らーめん八平』『市原市・味覚』が本筋で、そしてここが本店ということだそう。

IMG_0006

IMG_0007

「アリランチャーシュー(1000円)」で。

IMG_0008

相変わらず、アリランラーメンならではの大量の玉ねぎとニンニクがスゴい。
「竹岡式」に顕著ですが、千葉の地ラーメンはスープのダシの旨味についてはわりとペラッペラな傾向があるように思っていて、この「アリランラーメン」も玉ねぎとニンニクとニラの辛味以外の旨味についてはあまり強いものではないのですが(汗)。
とはいえチャーシューは美味いし、ストレートの中太麺もけっこう好きなもの。


アリランラーメンを食べたのも久しぶりでまた行こうと思いますが、このお店はテレビやらで取り上げられることも多いそうで、土日の混雑はかなりスゴいことになっているそう。今回は平日の夕方だったので空いていましたが。
同じように空いている時間帯に都合が合ったら、また行ってみようと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:05Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2016年11月01日

デイスターゴルフクラブ

昨日は、『デイスターゴルフクラブ』でほぼ8ヶ月ぶりのゴルフ。クラブを握るのもボールを打つのも8ヶ月ぶりという(汗)。
で、コースの練習場で練習するわけでもなく、練習グリーンでちょこっとパター練習だけしてスタートしていく( ´Д`)


18ホールスルーの営業日で、東コース→中コースとプレー。
5年前に1回来て以来なのですが、その時は東コース→西コースだったので中コースは初めて。
もちろん東コースもうろ覚えでしたが……。

IMG_9995

不安感だけで打った最初のティーショットは、左へ。だいぶ手前の斜面に当たって、幸いOBにはならず。しかし木の後ろで、残った距離もともかくグリーンは狙えない。まあまあのミスショット(汗)ながらフェアウェイに持っていって、AWで打った残り90yは、良い当たりをしたと思ったらグリーンまで届かなかった(爆)。

IMG_9997

しかし次のPar4の2番Hでは、なぜかパーオンしてパー。次のPar5も。
そのあともセカンドショットでとんでもないOBを打ってもダボで上がれたりのラッキーは続き、前回3打目からOB3連発で+8を打ったPar5の8番Hで今回はパーを取れたので 、この時点でもうやりきった感(汗)。

IMG_9999

9番Hのとんでもないアゴのバンカーは、ここ数ヶ月でこのように改造されたそうで。


中コースに入って、Par3の2番Hでバンカーで3回打ったなどはありましたが、こちらでもOBを打ったホールでダボで上がれていたりでラッキーは多かった。

IMG_0001

コースレイアウトはまあまあシンプルでアップダウンもあまりないものの、ほぼ全ホールのグリーンのアンジュレーションがかなりキツくて、パットとアプローチで苦労するコースという印象ですが、終盤で3パットを2回したもののラウンドでは1パットが5回だったので、そこも助かったかなと。
アプローチは、オッケーに寄るくらいのものとまったく寄りもしないものが半々で出たので、トータルではスコアを助けたわけではなく(汗)。
ちなみに一番ブランクを実感したのは、残り50yとかが乗らなかったのが何回かあったというところ……。

IMG_0003

スコアは、東コース45/中コース47の92。16/17の33パット。OBは計2発。

スコアに関しては、上出来もいいところ。間違いなくまぐれ(爆)。
まあ素人の場合、日々頑張って練習していても8ヶ月ぶりにクラブを握っても、結果同じスコアになることもあるというのがゴルフのおかしなところだとも思いますが(・Д・)
去年に続いて今年もかなり少ないラウンド数で終わりそうですが、機会があればまたラウンドの予定を入れていきたいと思います。

IMG_0004


  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:15Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゴルフ