2017年07月27日

東金市・玉子家カフェ&レストラン

『東金市・玉子家ラーメン』には先日初めて行って以来何度か行っているのだけれど、今回は隣にある『東金市・玉子家カフェ&レストラン』へ。

IMG_1042

IMG_1114

IMG_1109

IMG_1110

オムライスとパスタがメインの洋食屋。
オムライスは機会さえあればなるべく食べたいと思っているので「ケチャップオムライス(600円)」に、野菜も食わねばとサラダを組み合わせようとしたら、「ゆったりコース(計1000円)」だと同じ値段でサラダ・スープ・デザート・ドリンクも付いてくるということで、当然そちらで。

IMG_1111

まずサラダが出されて、1人前にしてはなかなかな大きさにビビる。
そんなに小さくないボウルのような器に、けっこうな野菜の量。少食の人だとこれだけでそこそこお腹いっぱいになってしまうのではないかと、要らぬ心配をしてしまうくらい(笑)。
ドレッシングは個人的にちょっと酸っぱすぎでしたが、自分が酸っぱさ耐性がないからで仕方がない。 

IMG_1112

オムライスの卵焼きはフワフワ系。チキンライスの味が濃すぎなくて、自分の好みに合っているし美味しい。
量は、これ単体ではちょっと物足りなかったかもしれませんが、この前にけっこうな量のサラダを食べていたので大丈夫だった(汗)。

IMG_1113

食後のデザート。アイスクリームとケーキ。
盛り付けがなかなかオシャレなのだけれど、最初のサラダだけ豪快な盛り付けだっただけで、オムライスもデザートもキレイな盛り付けだった。


これで計1000円は安い。値段にも味にも大満足でした。
隣の『東金市・玉子家ラーメン』でもまだまだ食べてみたいメニューが多いのですが、こちらの他のオムライスも食べてみたい。
店の雰囲気も含めてなんだか面白いお店で、これから定期的に通っていきたいと思います。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 22:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2017年07月25日

千葉市緑区・中華そば匠

前回は久しぶりで、そこからはあまり間隔を空けずにまた行けた『千葉市緑区・中華そば匠』。

IMG_1007

IMG_0305

今回は友だちと一緒で、間食的な時間に食べることになったので「中華そば(500円)」。自分としてはけっこう珍しい普通盛りで。

IMG_1006

チャーシューに玉子半分と一通りの具材がちゃんと入っていて500円は安すぎる(汗)。
この細麺は個人的に大好きなもの。大盛りでも量は多くはないけれど、間食???として食べる量にはかなりちょうどいい。
11時半〜21時の通し営業というのが、寄れた理由でもあったので。


値段にも味にも満足でした。
次回は、チャーシューメンを食べてみようかと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:18Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2017年07月23日

Jeff Beck / Loud Hailer

Jeff Beck(ジェフ・ベック)の昨年発売のスタジオアルバム、『Loud Hailer(2016年)』。

IMG_1144

スタジオアルバムは『Emotion & Commotion(2010年)』以来。
ソロ名義になってからの『Blow By Blow(1975年)』以降、スタジオアルバムはほぼインスト曲が占めていたのですが、前作では半分がボーカル曲で、今作ではインスト曲は2曲のみのボーカルアルバム。

IMG_1145

今作のボーカルを務めたのがRosie Bones、ギタリストのCarmen Vandenberg。
ちなみに当時久しぶりのスタジオアルバムだった『Who Else!(1999年)』以降、ギタリストのJennifer Batten、2007年からツアーに参加して『Emotion & Commotion』でも数曲プレイしたベーシストのTal Wilkenfeldと、近年のJeff Beckのバンドには女性メンバーの参加がよく見られる。
バンドを華やかにしたいのか、たまたま求めていたサウンドを出してくれるのが彼女たちだったのかはわかりませんが(笑)。

↓ブックレットに見開きで載っていた写真。

EPSON001

アルバムは、ボーカルメインだとどうしてもかつてのJeff Beck Groupと比べたがる人もいるのでしょうが、ラウド系の女性ボーカルに加えて演奏もかなり現代的なものなので、まったく違う。
というか、Jeff Beckのスタジオアルバムは『Flash(1985年)』以降は作品ごとにサウンドは違っていて(『Flash』が名盤かは別として(汗))、今年73歳の彼がまた新しい音楽にチャレンジしているというのは本当にスゴいことだと思う。

Jeff Beckはスタジオアルバムは寡作な方で、『Blow By Blow』以降の40年ちょっとで、カヴァーアルバムの『Crazy Legs(1993年)』を入れても『Loud Hailer』で11作目のはず。
しかしまだまだプレイに衰えも見られないし、次のアルバムをどんなものにしてくるのかまた期待して待ちたいと思います。  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:41Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray 

2017年07月21日

茂原市・海老ラーメン さむらい

今年初めに行って以来の『茂原市・海老ラーメン さむらい』。オープンしてすぐの頃に行ったはずですが。

IMG_1091

IMG_1088

前回出来なかった麺大盛りが出来るようになっていた。
ワンタン麺は試してみたいと思った記憶があったので、「えび塩ワンタン麺(950円)・麺大盛り(100円)」で。

IMG_1089

大盛りに見えないなと思ったら、すぐに替え玉で麺が追加で出された(汗)。

IMG_1090

九州ラーメン的な細麺なので、麺の量を多くして伸びさせたくないというのはわかるのですが、それにしても替え玉が出されるのが早すぎた(爆)。丼の麺を急いで食べていきましたが、それでも替え玉の麺はちょっと固まってしまったので。
ただ、加水率低めの細ストレート麺は小麦の味わいも良くてとても美味しい。
具材もスープのダシもワンタンの中まで本当にすべて海老づくしで、美味しいのとともに面白い。
替え玉は最初の麺の量と同じようで、要は麺2玉。けっこうお腹いっぱいに(汗)。


注文の時には麺大盛りで計1050円というのはちょっと高く感じたものの、これだけお腹いっぱいになってしかもこのお店ならではのオリジナリティーがはっきりとある美味しいラーメンだったので、食後にはそれなりに納得。
もちろん、ラーメンの値段は出来れば1000円以下がいいなぁとも思うのですが。
このお店の特色も把握出来ましたし、またそのうちに行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:01Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2017年07月18日

東金市・玉子家ラーメン

初めて行った前回からあまり間を空けずにまた行けた、『東金市・玉子家ラーメン』。

IMG_1103

IMG_1044

前回食べた「玉子家ラーメン醤油」は肉野菜炒めがドッカリ乗っかったラーメンで、どういうスープなのかなど正直よくわからなかったので(汗)、今回はシンプルなラーメンでいこうということに。
醤油か塩かで迷ったものの「塩ラーメン(600円)・大盛り(100円)」で。

IMG_1104

麺は普通の中華麺。スープは、いくつかのダシの旨味が感じられてなにやらちょっと複雑な味わい。自分の駄舌ではよくわかりませんでした。
ネギは見た目よりも存在感があって、メンマと一緒に終盤まで食感のアクセント担当に。
糸唐辛子は、ここまでちゃんと辛味があるものは初めて。こんなにピリッとした辛さがあるのかとちょっとビックリした。


基本的には街の中華屋さんのラーメン路線だと思うのですが、その路線でレベルの高いラーメンという印象でした。
大盛りだからとはいえ量もしっかりあって、味も量も満足感が高い。
定期的に通いたいお店がまた一軒増えてしまったかと思っています(笑)。
隣の洋食屋の、『玉子家カフェ』にも行かなければ。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:52Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2017年07月15日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

先月初めにオープンした『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。

IMG_1076

住所は千葉市なのだけれど、店の裏側にある川を越えれば市原市だし、同じ敷地内にあるニトリは千葉市原店。
川を越えたところにはラウンドワンがあって、最寄りはJR浜野駅という立地。

このお店は初めてなので、普段は家系では"味薄め"で注文するのだけれどすべてノーマルで。
「ラーメン(490円)・中盛(120円)」。ラーメンの値段は、オープンから1年間は540円→490円だそう。

IMG_1077

スープをひと啜りして、自分にはかなりしょっぱい(汗)。
豚骨醤油スープのバランスが醤油の方の比重が強いお店も多いのだけれど、これは想像していた以上。
スープはほとんど飲めなさそうだと思いつつ麺を食べ進めていきましたが、どうも家系御用達の酒井製麺ではないような印象。ただ、これはこれでかなり美味しい麺。長さが短めの麺というのも食べやすくていい。
スープの醤油は強いのだけれど豚骨のダシもしっかりとあるので、スープだけを飲むのはツラいけれど麺は美味しく食べていける。
鶏油は美味しいと感じたので、個人的に思っている「美味い家系は油が美味い」というお店には当てはまっているのではないかと。


今回のしょっぱさは自分にはまったく合いませんでしたが、初めてのお店だったので仕方がない。
次回は"味薄め"で注文してみたいと思います。たぶん美味しく食べられる予感。
家から近い場所ではないし、どうせ家系を食べるなら『杉田家』とどちらにするかということになってしまうと思いますが、また行きます。
10:45〜23:00(LO 22:30)の通し営業というのは行きやすいですし(月曜定休)。場所のわりには閉店時間が早い気がしないでもないですが。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:29Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2017年07月14日

エアコン交換

部屋では夏しかエアコンを使っていないのですが(冬は灯油ファンヒーター)、関東は雨の少ない梅雨ということで先月終わりから暑さもかなり厳しくなってきて、夏場以外抜いているコンセントを挿してみて作動させてみると冷たい風がまったく出てこない。

壊れたらしい(´ºωº`)

IMG_1087

数年前にも同じように壊れて修理していて、たしか1万円代後半くらいの修理代はかかっていたし、同じように修理してもまた壊れる可能性はかなり高いだろうしということで、買い替えて交換することに。
1999年製だったので、もう十分か(汗)。

IMG_1085

ネット通販で安いところはいくらでもあるのだけれど、エアコンのようなデカい家電だと取り付け工事プラス取り外したエアコンの処分はまた別になってしまうので、全部手配してくれる近所の大型家電屋で買うことに。
4日の火曜日に店で買って、工事が9日後の昨日。やっぱり繁忙期らしい。
こちらが平日の工事で大丈夫だったので、最短の日程では出来たようですが。
エアコン代 + 工事費&処分代で7万円ちょいに、当日の工事での追加料金が8000円ちょいでした。

IMG_1105

シャープのものにしたけど、プラズマクラスターとかはあんま気にしていない(爆)。値段と消費電力しか比較しなかった……リビング用ではないので、人感センサーなども不搭載の機種から選んでいたので。
店員さんによると、よく売れているのはダイキンなのだそうで。ただダイキンはやや値段高めだった。


で、取り付け工事が終わったあとから、窓から風が入るようになって気温もひと段落したようなのはまあそんなもんなのだろうなという╰(‘ω’ )╯
これでこの夏もなんとか乗り切れるとして、冬に灯油ファンヒーターの代わりにこのエアコンを使っていくかどうかは、冬になったら温かさと電気代をそれぞれ比較してみたいと思います。
灯油ファンヒーターは、火を使っているのと床に置かれているので温かいのは間違いないのですが、灯油代 + 電気代がかかっているということが気になってもいたので。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:47Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 

2017年07月13日

東金市・みつはし

先日行った、『東金市・みつはし』。
東金イオンに隣接しているビルの2階にあるお店で、この辺りは長いこと行き来しているところだけれど、存在自体を知らなかった(汗)。

IMG_1075

IMG_1072

メニューはけっこういろいろとあったけれど、とんかつ屋ということで「とんかつ定食 上(1180円)」を注文。あと「サーモン刺身(700円)」も。

IMG_1073

IMG_1074

サーモン刺身がなかなか美味い。まあ自分はどこでサーモンを食べても美味しいと思ってしまうのですが(汗)。
とんかつも、厚さは薄めのものですが肉質良くて美味しい。とんかつとご飯との相性はいいに決まっているし。
食後にデザートでパイナップルが出されて、美味しく完食。


味も良かったですが、雰囲気がものすごく良くて居心地のいいお店でした。
1人で晩ご飯を食べにきている人もいて、場所が駅前ということがあるにしても完全に地域密着型の個人店という感じ。電車の本数が非常に少ない東金線の駅前ということで、駅前という立地はそんなに意味はないかもしれませんが(汗)。
また行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:09Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2017年07月12日

大網白里市・まつや食堂

先々月にラーメン屋として認識してから(笑)、再度通っている『大網白里市・まつや食堂』。

IMG_1053

IMG_0916 IMG_0917

前回は友だちとだったのでラーメン以外にしたので、今回は改めて「ワンタンメン(750円)・大盛(100円)」。

IMG_1055

サヤエンドウは前回は乗っていなかったはず。季節やその日の仕入れ食材によって変えているのかもしれませんが。
スープがやっぱりちょっと不思議な感じ。昭和の中華そば系なのだけれど、魚介ダシも感じて最近のラーメンのスープっぽくもある印象。
ワンタンはやっぱり美味い。
麺の茹で加減はちょっとだけ柔らかめだけれどこのスープには合っていると思うし、個人的に大盛りならこれくらいあってほしいという量に満足。

IMG_1056

食後にはコーヒーが出されて、普段ラーメン屋で食べ終わったらすぐにお店を出ているのとはまったく違う感覚になるのが面白い(笑)。
チャーシューメンも美味しかったので、ワンタンとチャーシューと両方食べられるチャーシューワンタンメン的なものがあったらいいなぁとも思うのですが。お願いすればやってくれそうな予感はしつつも(汗)。
またちょくちょくと通っていきます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:12Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2017年07月10日

ユニコーン / D3P. LIVE CD

先月発売の、ユニコーンのCDライヴアルバム『D3P. LIVE CD(2017年)』。
去年のスタジオアルバム『ゅ 13-14(2016年)』のツアー、「第三パラダイス」からの音源。

IMG_1081

パッケージは、中に入れるジャケットは無しで帯が長くなっているデザイン……こういうのは初めて見た。
歌詞や写真などまったく無いので、手抜きといえば手抜きですが(汗)。

IMG_1086

2枚組全22曲収録で、『ゅ 13-14』の14曲がすべて演奏されているのはスゴい。
こういうベテランバンドは、スタジオアルバムを出してもそこからツアーで演奏されるのはほんの数曲であとは過去曲のベストヒッツになってしまうということも多いので、こういう新曲優先の姿勢はさすがユニコーン。解散前の曲は3曲しか収録されていない(笑)。

演奏も、相変わらずの安定感。
再結成後は曲によってパートチェンジが多く行われていて、各メンバーの弾く楽器がもうバラバラになっているのだけれど、それでもなんの違和感もなくバンドのサウンドとして成立しているのは本当にスゴい。


ただこのアルバムの音質は必ずしも悪いものではないのだけれど、たしかライヴBlu-rayの『MOVIE26 手島いさむ50祭 ワシモ半世紀(2013年)』あたりから各楽器の音色が分離が良くなって聴き取りやすくなって、それぞれの演奏がハッキリ聴こえつつバンドとしては音圧のあるミックスになったなぁと思っていたのですが、今回のライヴCDはちょっとそこまで分離の良いものではない印象。
データ的にCDよりBlu-rayの方が高音質なハズなので、それが原因なのかもしれませんが。


最近はどのミュージシャンも、ツアー→ライヴDVD / Blu-rayの発売という流れになっているので、ライヴCDというものはけっこう珍しくもなってきていると思うのだけれど、スタジオアルバムと同じようにサウンドだけというのも良いものだなということを再確認。
しばらく聴いていきます。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:34Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray 

2017年07月07日

大網白里市・台湾料理 海林

相変わらず1人でもけっこうな頻度で通っている『大網白里市・台湾料理 海林』。

IMG_1060

たぶんここで担々麺を注文したことはなかったと思うのだけれど、先日の大勝軒でのような担々麺(美味しかったけれど)ではなく、チンゲンサイとひき肉が乗ってスープはクリーム色と赤い色という、いわゆる一般的な担々麺がこういう中華屋でならさすがに食べられるだろうと思って注文。

IMG_1061

メニューの写真もそれっぽい。
「四川担担麺(680円)・大盛り(100円)」 。

IMG_1062

チンゲンサイが1本ドンと乗るタイプではなかったけれど、ひき肉は乗っているしスープの色も非常に担々麺らしい。
麺は普通の中華麺。このお店のラーメンの麺はすべて同じなはず。
で、麺を食べていくとちょっと味がペラペラな印象……辛味はけっこう強いのですが、旨辛いの旨いの部分が弱いというか。
スープを飲んでみるとちゃんと胡麻味噌の旨味のあるスープだったので、麺がスープをほとんど拾っていないのか、油がけっこう多いので箸ですくった時に麺が油でコーティングされてしまってスープを拾ってこないからなのかな???とは思ったのですが。
とはいえ、麺を食べてスープを飲んでを交互にやっていると段々と気にならなくなるように。
というか、旨味が弱く感じてしまうくらいに辛い(汗)。
鷹の爪はさすがに避けつつ、大汗をかきながら完食。


見た目は期待通り、味はこちらが期待したものとはちょっと違ったかな?という担々麺でした。
とはいえ美味しかったし、麺大盛りの量には相変わらず満足だったのですが。
ちなみにこのお店のご飯ものの大盛りはけっこうとんでもない量になるので、最近は警戒して普通盛り………(´ºωº`)


担々麺は、メニューにあるお店では試していきたいと思っていますが、そういえば自分が今までに食べてきた中で一番見た目も味も担々麺らしかったのは、『幸楽苑』の担々麺だった気もする(笑)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:19Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2017年07月04日

東金市・玉子家ラーメン

だいぶ前から気になっていて今回初めて行った『東金市・玉子家ラーメン』。

IMG_1042

場所は東金市役所の真ん前でJR東金駅からもすぐ。
左が『玉子家カフェ』という洋食屋で、右が『玉子家ラーメン』という謎のつくり(汗)。ちなみに店内もつながっている。

IMG_1049

店内がつながっているので洋食屋の方でもラーメンが注文できるそうなのだけれど(驚)、こちらのラーメン屋の方もメニューがものすごく多彩。飲み屋としても使われているような。

IMG_1045

IMG_1046

IMG_1044

初めてなので、ノーマルの「醤油ラーメン」か「塩ラーメン」をとは思ったものの、店名の入っている「玉子家ラーメン」が看板メニューでイチ押しなのかな?と思ったので、「玉子家ラーメン醤油(700円)・大盛り(100円)」を注文。

IMG_1048

出てきたラーメンを見てちょっとビックリ。肉野菜炒めがガッツリ乗ったラーメンだった(汗)。
店名がついたラーメンなら全部乗せ系かなというイメージを勝手に持ってしまったのですが、そういえば全部乗せにしてはずいぶん値段が安かった。
麺は普通の中華麺だけれど、全体がしっかりと調理されている印象。肉野菜炒めの側だと思うのですが、油がいい塩梅で美味い。
スープは、肉野菜炒めの味が強くてよくわかりませんでした(爆)。
麺大盛りということにしても量はけっこうたっぷりで、値段からしたらかなり安い。


初めて行って注文するメニューとしてはちょっとこれじゃなかったかな感もありますが(汗)、まあそのうちにまた行って次回は「醤油ラーメン」か「塩ラーメン」あたりを食べてみたいと思います。
今回は、入っていなかったのでチャーシューさえどんなものかもわからず(笑)。
隣の洋食屋のオムライスもかなり気になっていますが。


ちなみに駐車場がよくわからなかったので、普段から利用しているコインランドリーを使っている最中にそこから歩いて行ったのですが、お店で聞いてみたところ店舗の前に停めてしまっていいのだそうで。
営業時間が10〜21時?の昼休憩なしの通し営業というのも自分としては寄りやすいので、また行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:01Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2017年07月01日

東金市・東金大勝軒

先日友だちと担々麺の話をしていたら食べたくなって、そういえばここにも担々麺があったなと思い出して『東金市・東金大勝軒』へ。
隣の『醤道』はまだ夜の部のオープン前だったのですが、さらに2つ隣の『ぐうらーめん』は相変わらずお客がいっぱいでした。

IMG_1029

IMG_1033

10年以上通っているこのお店では、中華そばでさえ今年に入って初めて食べたくらいなので担々麺は当然食べたことが無し。
券売機のボタンを押すのにもちょっと勇気がいった(笑)。

IMG_1032

「担々麺(780円)」。無料で麺大盛りなので、当然大盛り。

IMG_1031

いわゆる担々麺の見た目を想像していたら、出てきたラーメンはだいぶ違うもの。
チンゲンサイが乗っていない担々麺は多いと思うのだけれど、ひき肉も乗っていなければだいたい赤色がほとんどない。一味唐辛子が振ってある程度。
で、味もなんだか不思議な味。胡麻味噌ではあるものの、普通の担々麺ではありえない濃厚なかつおダシの魚介風味という(爆)。辛さもあまり無し。
たぶん、胡麻味噌をカエシとしてこのお店の魚介スープと合わせているのだと思いますが。

で、担々麺としてはちょっと妙なシロモノという印象を受けてしまったのだけれど、味自体は実に美味しい(笑)。
自分はあまり他では食べたことがない味だと思ったし、自家製の太麺と濃厚なスープのバランスが非常にいい。
今回改めて思ったけど、チャーシューもかなり美味しいなぁと。


個人的には、このラーメンは「ゴマ味噌魚介ラーメン」というあたりが正しいような印象。
わかりやすくなるように「担々麺」としたのでネーミングと味とにギャップができてしまったような(汗)。
とはいえとても美味しいラーメンだったし、他では食べられないオリジナリティーのある一杯という印象だったので、次回以降のこのお店での選択肢には入れなければならないということになりそう。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:18Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物