2019年08月31日

東金市・東金大勝軒

1ヶ月ぶりの『東金市・東金大勝軒』。今年はコンスタントに通えている。

IMG_5644

IMG_5645

この日は"特製"が材料切れなのかすべてで注文不可。
ということで自分の選択肢としては「中華そば」「あつもり」「担々麺」からになるのだけど、「大盛あつもり(930円)」で。

IMG_5646

つけダレはかつお節のダシの旨味がしっかりとしていて、いつも通りに美味しい。
自家製麺の麺はつるつるとした食感が良い。コシが強すぎないのも個人的には良いところかと。
最近は"特製"を注文していたので具材が物足りない感はちょっとありつつ、ドンブリが置かれたときに今回はちょっと麺が多いように思ったのだけど食べ進めていくとその通りで、体感としてはけっこう多い(汗)。
券売機の横には、あつもりともりそばは普通盛り300g大盛り400gと表記されているのだけど。
体感としてはおそらく450g以上で、まあ多くて文句を言うことはないのですが。


久しぶりに麺でお腹いっぱいになった感。美味しかった。
もともと自分はいろいろな具材を楽しみたいというよりは麺でお腹いっぱいにしたいという、学生のような嗜好がこの歳になっても続いてしまっているので、今回のような麺ばっかりは望むところなのですが(汗)。
次回はしばらく食べていない「担々麺」にしてみるか考えつつ、今の月イチで行けているペースは維持していきたいと思っています。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 21:15Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2019年08月29日

ゼルダの伝説 Breath of the Wild(SWITCH)

10日ほど前に購入してやっている、『ゼルダの伝説 Breath of the Wild(SWITCH)』。ニンテンドーSWITCH本体と同時発売だったので2017年発売でしたが、今さらながら。
『ゼルダの伝説』シリーズは全然追いかけていなくて、初代と『リンクの冒険』をプレイした程度。

IMG_5691

2019082713391400-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2019081913120300-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

評価が高いゲームというのは知っていたのだけど、最初からずっと楽しい(汗)。
超広大なフィールドにいきなり放り出されて、若干チュートリアル的な期間だけは行ける場所は限られるのだけど、空を滑空できるパラセールを手に入れてからは、見えているところにはほぼ行けてしまうというオープンワールド。

2019082822043000-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2019082821400700-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2019082822183700-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

パラセールで滑空したり崖を登ったりと移動するのだけど、馬での移動も楽しい。

2019082823115400-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

フィールド上に膨大な数が点在していて、主人公リンクのハートかがんばりゲージの最大値を上げるために行かなければならない"祠"は、ゼルダシリーズお約束のパズル。立体的なパズルなので、けっこう考えないといけないことも多い。

2019082920371600-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

ものすごく自由なゲームなので、いきなりラスボスのガノンを倒しに行くことも一応可能らしいのですが、倒すには当然ものすごい技術を必要とするようなので自分にはムリ。
ストーリーを進めて、順当にラスボスに向かおうと。



当面の間はこのゼルダをプレイしていく予定なのですが、SWITCH版がようやく発売される『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてS』は、序盤約10時間程度がプレイ可能というずいぶんとサービスの良い体験版が配信開始(汗)。
PS4版をクリアしていますしスルーするつもりだったのが、改めてやってみるとやっぱり面白い……キャラクターにボイスがついた等は個人的にはそんなに重要では無いのですが。
SWITCHの携帯モードは、カジノに向いているんじゃないかとも(笑)。

2019082914074700-6D53A3BE239DFE303051684BB0815543

2019082914093900-6D53A3BE239DFE303051684BB0815543

2019082914371300-6D53A3BE239DFE303051684BB0815543

あと、これはもともと発売されたら買うつもりだった『FINAL FANTASY VIII Remastered(FF8)』の発売日が9月3日で、気がついたらもうすぐだった(爆)。
まあこれはちょっと後回しにしようかと。ダウンロード版のみの販売ですが、SWITCH版で買うかPS4版で買うかというのも悩みどころなので。

IMG_5693

プレイする予定のゲームがあとに控えているというのは、幸せなことだなと思っておきます。  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:26Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゲーム 

2019年08月28日

千葉市中央区・杉田家

今年2月以来とちょうど半年ぶりになってしまった『千葉市中央区・杉田家』。
家から近い場所にあるわけではないのでなかなか行けませんが、それにしてもついでに寄る機会というのもなかった。

IMG_5615

IMG_5616

「ラーメン中(800円)・味玉(80円)」で。麺の硬さと油の量は普通で、味薄め。

IMG_5617

味の方はいつも通りで、豚骨のダシの旨味が強力なスープが実に美味い。カエシの醤油との味のバランスもともかく、鶏油との組み合わせのバランスが良いのだなと。
麺は食べ始めはちょっと柔らかめに感じて、やっぱり硬めで注文した方がいいかな???と思うのだけれど、食べ進めていくとやっぱりノーマルでいいかなと。
昔はとりあえず麺硬めで注文していましたが、ノーマルの麺の硬さがスープとの馴染みが一番良いような。


やっぱり最高に美味い一杯でした。家系ラーメンのバッタもん(インスパイア系)のお店はかなり増えましたが、セントラルキッチンという差異もあってか、こういうちゃんとした家系ラーメンのお店との味の差は結局かなり大きいというのが自分の印象。
最近のペースを考えれば年内にあと1〜2回行ければというところですが、行ける機会は逃さないようにしたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2019年08月26日

茂原市・麺や うしお

春以来の『茂原市・麺や うしお』。
なかなか行けないのは、自分の家からあまり近い距離ではないということや、夜の部が17時半からというのが合わないことが多いということなのですが。
ちなみにこの日も、17時半を過ぎていたので寄ってみたらお店に照明は入っていなくて真っ暗。臨時休業かな???とお店の前を通り過ぎる瞬間に店長が出てきて暖簾を掛けた(汗)。
若干行き過ぎたところでUターンして、駐車場にクルマを入れてお店へ。

IMG_5608

IMG_5609

IMG_5610

まだ食べていない「味噌らー麺」にしようかかなり迷ったものの、久しぶりということで守りに入っての(爆)、「らー麺(730円)・味玉(100円)・麺大盛(200円)」。

IMG_5611

サンマと豚骨のダシの旨味が合わさったスープはこのお店独自のもの。ちょっと不思議な感じがありつつ、本当に美味しい。
やや硬めに茹でられている麺は食感味わいともに良い。麺大盛りにすると、ドンブリの中がちょっと窮屈な感じですが。
刻み玉ネギと大きめのメンマとはちょうど良い食感のアクセント。味玉もなかなか美味しい。
やや硬めでちょっと変わった食感のチャーシューも他ではあまり無いタイプ。


今回も満足の一杯でした。サンマ出汁というのは少なくともこの地域で他でやっているところは無いハズで、とにかく強力なオリジナリティー。
行ける機会は逃さないようにして、次回こそは「味噌らー麺」を食べてみようと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:15Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2019年08月25日

ケーキの日

ケーキを2つ以上選ぶときは、まずショートケーキを選んで他にどうするかになるのだけど、この不二家の「北海道なめらかチーズケーキ」はなかなか美味しかった。

IMG_5673

なんだかんだで、ショートケーキとチーズケーキという組み合わせに落ち着いている気もしますが。  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:47Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 日常 | 食べ物

2019年08月23日

東金市・らぁめん屋うどす

オープンしてたぶんもう数年経っているのだけれど、今回初めて行ってみた『東金市・らぁめん屋うどす』。
この場所は、自分が知っている限りで最初に入っていたのは『かっぱ寿司』。それが移転して空いたところにたしかうどん屋が入ったと思うのですが、その後に船橋の『麺屋あらき』の支店がオープン。で、それが撤退したあとにこのお店がオープンしたということのハズ。
今まで行っていなかったのは看板にデカデカと書かれている「背脂」という単語で、背脂が苦手な自分にはまあ合わないだろうなと。店主がすどうさんなのだろうなくらいのことを思った程度で(汗)。
しかし最近になってたまたまネット情報を目にしたところでは、当然ながら他のメニューもあるようだし、家からはまあまあ近い距離にあるお店なので行っておこうかと。

IMG_5560

IMG_5561

メニューを見ると思っていた以上にいろいろとある。つけ麺や二郎系も。
とはいえ最初なので、メニューの一番初めにあった「東京背脂醤油らぁめん」にしてみることにして、「東京背脂醤油味玉らぁめん(780円)・中盛り(100円)」で。麺は太麺、背脂の量は少なめのあっさりで。

IMG_5563

見た目はだいたい予想どおりのものが出てきたという印象。
しかし味の方は自分の勝手な予想とはちょっと違っていて、前の世紀に東京の環七沿いで流行っていたタイプ。「東京背脂」とあるので当たり前なのかもしれませんが、まさか本当にそのままだとは。
自分の記憶だと、『野方ホープ』あたりに寄せているのかなというような印象でしたが。細麺だとさらにそれっぽくなったかもと。
太麺といっても中太麺くらいの太さですが、やや硬めに茹でられていたのもともかくけっこうコシがしっかりとあって美味しい麺。店を出るときに入り口を見たら、浅草開化楼の麺箱が置いてあった(汗)。


なかなかに興味深い一杯でした。必ずしも自分の好きなタイプのラーメンではないのですが、懐かしさで食べ進められてしまった。
この地域では『東金市・麺屋一徹』も都内で20年近く前に流行ったダブルスープをやり続けていますが、流行りものでも継続してずっとやり続けると、いつかはそれがそのお店の売りになるのだなということを改めて実感させられたような。
このお店は他にもいろいろとメニューがあったので、またそのうちに行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:13Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2019年08月22日

東金市・水戸屋

最近もなんとかコンスタントに通えている『東金市・水戸屋』。
自分としてはこの地域のラーメン屋の選択肢の1番手に位置しているお店なので、もっと行く機会を増やしたいくらいなのですが、さすがに毎日ラーメンを食べる生活をしているわけではないので(汗)。

IMG_5564

IMG_5565

基本的には券売機の前では「ラーメン」か「油そば」で迷いつつ、他のメニューのボタンも眺めるのですが、今回は「油そば」で。
「油そばR(700円)・麺中盛(100円)・ネギ(50円)」。ネギは玉ネギで。

IMG_5566

油そばは、このお店の自家製麺の食感と味わいをダイレクトに楽しめるメニュー。
タレはしょっぱすぎず、旨味もきちんとあるのが良い。
具材は、穂先メンマと玉ネギは食感のアクセントとして優秀な存在。鶏チャーシューと豚チャーシューとそれぞれ味の濃厚さも食感もまったく違っていて、その食べ比べは面白い。


相変わらず強力に美味い油そばでした。最近油そばとセットにしていた「自家製ラー油」は、今回は麺中盛りにしたので大きく味を変化させなくてもいいかと注文しませんでしたが、やっぱりセットであったほうがいいかもと。
またなるべくすぐに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:29Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2019年08月20日

太平洋クラブ市原コース

今日は、今年2月以来の『太平洋クラブ市原コース』へ。
酷暑のこの時期のゴルフは避けていたのだけど、参加せざるを得ない集まりだったので(汗)。


明け方前後に土砂降りになったおかげか、朝起きた瞬間はけっこう涼しくてちょっとだけヤル気になったものの、9時半にスタートしてみるとやっぱり暑かった(爆)。INコースからスタート。

IMG_5624

相変わらず練習は一切していないものの、10番H(Par5)のティーショットはなぜかフェアウェイど真ん中。まあまあ飛距離も出ていた。
セカンドショットはやや右に外れてラフへ。フライヤーに気をつけて振ったPWでの3打目はむしろあまり飛ばなくて手前に乗っただけ。3パットでボギースタート。
直角左ドッグレッグの11番H(Par4)もティーショットはいい当たりながら、真っ直ぐ飛んでしまってセカンドの残り距離は210y。左のOBを最大限に警戒して番手を落として打ったので、グリーンのエッジやや手前まで。ベント芝(洋芝)のアプローチってのは久しぶりにやると本当にイヤだなぁと思いつつ打ったら、やっぱりチャックリで素ダボ。
しかしそのあと4ホールは連続パーセーブ。13番H(Par5)は3打目を左手前のラフに外したのだけれど、フェアウェイではなくラフからのアプローチならなんのプレッシャーも無い(笑)。

IMG_5626

基本的にはショット全般の調子が良いという展開で油断していたわけでもないのですが、16番H(Par3)では8Iでドフック。左に40yくらい曲がった(汗)。そこから奥のバンカーに入れて、再びの素ダボ。

IMG_5629

最終18番H(Par4)はセカンドの残り距離は170yながら池越えのロケーション。ということで番手を上げて、グリーン左エッジの方角は池越えにキャリーの距離がしっかりと必要になってしまうので、悪くて右にミスと唱えながら打ったら、完全な逆球で左に(汗)。番手を上げていたのと強いドローだったので、池は超えてグリーン左奥のラフでしたが。
アプローチはピンの左のカラーに外してしまい、パーパットは強く入りすぎてまたもや素ダボ(汗)。

IMG_5630

後半OUTコースに入って、序盤で本日のハイライトが。
2番H(Par4)のティーショットで、インパクトの3cm手前で右足ふくらはぎが攣った(爆)。
ティーイングエリアでひっくり返っている自分の足首を先輩が曲げてくれて、なんとか立てる程度に復活。
ボールはドスライスながら(当然誰もボールの行方は見ていなかった(笑))なんとかOBにはなっておらず。しかし同じスイングをしたらまた攣りそうだし、なにより右足はまだかなり痛い。
まあ距離がかなり残っていたのでどうせレイアップと恐る恐る打ってみたセカンドショットは、50y先の木に当たって右に跳ねて本日初のOB( ꒪⌓꒪)……この日初のトリがきた。

IMG_5631

そこからすべてがおかしくなって、5番H(Par4)はティーショットを左の池に入れたのはともかく、池の後ろからの3打目はドフックしてグリーン左手前の木に囲まれた窪地へ。そこからバンカーに入れて、再びトリ。

IMG_5633

6番H(Par3)は池越えでしかもけっこうなアゲインストだったので、強く振ってしまってドフックして左隣のホールまで曲がったのはまあいつも通りというところなのですが。ちなみにここでも、悪くて右にミスと唱えながら打っていたのだけれど(汗)。
また右足が攣りそうという不安感は継続ながら一応痛みは治まってきたおかげか、上がり3ホールはなんとかパーかボギーかという展開に出来てラウンド終了。

IMG_5634

IN44/OUT45の89でした。OB1発にペナルティーエリアに1発。17/13の30パットで3パットは1つ。パーオンは5/18で、フェアウェイキープは5/14。
OUTコースよりINコースの方が明らかに難易度の高いこのコースで、INコースの方がスコアが良かったのは初めてかも(汗)。


6〜7年くらい前にラウンド中に足が攣ったことは何度かあって、ただここ数年は起こっていなかったことなので忘れた頃にやってきたという。
自分は大汗かきなので、水分摂取には気をつけていたものの塩分不足になったとかが原因なのかもしれませんが、しかし以前は真冬のラウンドで足が攣ったこともあったので、なにがいけなかったのやら(汗)。
まあ真夏にゴルフの予定を入れた自分への罰ということにしておきます……足が攣ったこと以外は、一緒に回った人たちのおかげで非常に楽しいラウンドだったのですが。
次回は涼しくなってからの10月以降と思っていたのですが、9月前半に次回ラウンドが入ってきそうなことが今日判明(´ºωº`)
その頃には、最高気温27℃以下になってくれていることを全力でお祈りしておきます……。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:53Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゴルフ 

2019年08月17日

山武市・まるえいラーメン

今年初とかなり久々になってしまった『山武市・まるえいラーメン』。

IMG_5542

IMG_5543

メニューを見て多少は迷うものの、結局「玉子ラーメン(650円)」で。麺の硬さはバリカタで注文。

IMG_5544

いつも通りの味になにか安心(笑)。もちろん前回のラーメンと並べて食べ比べたら多少は違うのかもしれませんが。
この地域ではここだけの長浜系の味は、非常に特徴的。豚骨の臭みはあるのだけど、このタイプのラーメンは臭みがなかったらたぶん物足りない。
店外からも豚のオーラがうっすらと見えているようなのが、このお店の良いところだと思っているので(汗)。

IMG_5545

例によって「替玉(100円)」は2回。替玉では麺カタめで注文。


替え玉2回で税込み計918円。自分の感覚としては安い。
このお店になかなか行けないのは家からまあまあ遠いということと、夜の部が18時からなのと帰りの道も若干渋滞するのでその辺が億劫というところ。なにかのついでに寄れれば一番良いのですが、こちら方面にはあまりそういう機会も無く。
とはいえ定期的に通っていたいお店ではあるので、あまり間隔が空かないうちにまた行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:29Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2019年08月14日

白子町・炭火らあぁめんいち

春以来の『白子町・炭火らあぁめんいち』へ。

IMG_5526

IMG_5527

IMG_5528

一応メニューは見るものの、竹岡式のお店にはチャーシューを食べにきているので特に迷うことはなく。
「焼豚らあぁめん(880円)・麺大盛り(160円)」で。

IMG_5530

チャーシューのインパクトがすごい。
スープは、竹岡式なのでチャーシューの煮汁を割ったもののハズだけれど、醤油の味わいの尖りがけっこう強い。しょっぱすぎるわけではないのだけれど。竹岡式らしく旨味はあまり無い(汗)。
麺はけっこう好きなタイプなのですが、このドンブリの中の存在としてはチャーシューにたどり着く前の前座(笑)。
メンマと刻み玉ネギの存在は、食感的にけっこう重要。
そして肉厚かつ柔らかいチャーシューは画像に写っているだけでもたっぷりとあるのだけれど、スープの中にも沈んでいるものもあって食べ応えがしっかり。よく考えたら全体の量として麺大盛りにする必要は無い(爆)。


スープの醤油の強さが気になりましたが、量には満足。
次回は味薄めで注文してみようかと。
今回はたまたま近くを通ったので寄ってみましたが、自分の家から真っ直ぐ行くとなると『東金市・ぐうラーメン』までと同じような距離でそして同じような味(『炭火らあぁめんいち』の店主が『ぐうラーメン』から独立したハズ)。
しかし『ぐうラーメン』は行くたびにビックリするくらい混雑しているし、値上げが繰り返されて「ちゃーしゅーめん」は今や1100円。
こちらの「焼豚らあぁめん」は麺大盛りにしても1040円なので、値段的にもこちらの方が良い点は多い。
まあ選択肢があるというのはラッキーと思いつつ、またそのうちに行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:10Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2019年08月12日

千代田区内神田・天下一品 神田店

先日行けた、『千代田区内神田・天下一品 神田店』。千葉県内には天下一品が1軒もないので、行ける機会は逃さないようにしたい(汗)。

IMG_5457

IMG_5458

「こってり大(854円)」。久しぶりの天一であっさりを注文する勇気もなく。「味がさね」はたしか食べたことがないので気になったのですが、結局こってりで。

IMG_5459

見た目でほぼ満足(笑)。
自分の中では懐かしさだけで味わってしまっているけれど、粘度の高いドロドロのスープは非常に特徴的。
しょっぱさもあまり強くないし、そういえば他店で濃厚白湯スープ等でこれくらいの粘度のスープはあるけれど、天一っぽいスープというのは他で見ることはない。
麺のコシと味わいが超絶良いということもないと思うのだけれど(笑)、全体として奇妙なバランスのすばらしさがある一杯なのかなと。


味というよりは自分の中でのノスタルジーで堪能してしまった感もありますが(爆)、十分に満足でした。
千葉方面からの最寄りになる天下一品は錦糸町店なのですが、東京駅からほど近いこの神田店も寄る機会としては変わらないかと。
神田という土地柄で日曜定休ということはあるのですが、また寄れる機会は逃さないようにしたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:35Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2019年08月11日

安彦良和 / 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN

iPad Pro 12.9インチモデルに買い換えてから、画面が大きくなったしということで再度読み返していた安彦良和氏の『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』シリーズ全24巻(Kindle版)。

IMG_1288

IMG_1289

改めて読み返してみると、本編の中で見開き2ページというのはほぼなくて、縦表示1ページで読み進められた。
12.9インチというのはほぼA4なので、このサイズでマンガを表示させると迫力がある。


そしてこの『THE ORIGIN』の意義は、アニメ版のファーストガンダムのストーリーの矛盾点不自然点を解決させつつ、約10年前からのシャアとセイラの生い立ちを描いたことでのストーリーの補完。

IMG_1290

9〜14巻がシャア・セイラ編ですが、このパートのおかげでシャア(キャスバル)とセイラ(アルテイシア)はもちろん、ランバ・ラルとハモンやザビ家一族そしてララァへの思い入れが深まるのは間違いないので。
本来のストーリーとしては、時系列通りにシャア・セイラ編から1年戦争に入っていく方が自然なのですが。
そういう意味でも、劇場版の『THE ORIGIN』はシャア・セイラ編のストーリーでいったん完結しているものの、このままファーストガンダムのリメイクをしてくれればキレイにつながるのですが。
『閃光のハサウェイ 三部作』と『Gのレコンギスタ』の劇場版が製作中なので、おそらく『THE ORIGIN』のアニメ化はこれで完結ということなのでしょうけれども。


ちなみにその劇場版『THE ORIGIN』を全13回に再編集して放送してきた、TV版の『THE ORIGIN』は今夜が最終回。
追加のシーンがあるわけではなくて多少のカットがあるだけなので、劇場版全6作を観ていれば十分なのですが、しかしOP曲とED曲のチョイスはなかなかズルくて良かった(笑)。


第1弾ED曲「めぐりあい」



第2弾ED曲「水の星へ愛をこめて」



第3弾OP曲「Beyond The Time」
 
  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:02Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  | Mac / iPhone / iPad

2019年08月09日

東金市・麺屋一徹

2ヶ月ぶりの『東金市・麺屋一徹』。暖簾がちょっと変わったような。

IMG_5449

IMG_5450

メニューを見て、また値上げされていたのにちょっとびっくり。自分が知っている限りでもすでにここ数年で何回か値上げはされていたので。
とはいえ注文するものはいつも通りに「醤油つけ麺(830円)・麺特盛600g(360円)」で。外税なので計1285円。さすがにちょっと高いなと思ってしまう金額。

IMG_5452

値上げには当然関係なく、味の方はいつも通り。動物系と魚介系のダブルスープのつけダレは特徴的。
加水率高めの中太麺は、600gともなるとけっこう重い。そういえば前回も特盛600gにして苦戦したような(汗)。
つけダレに沈んでいる太いメンマは食感のアクセントになってくれて良い。
満腹感に追いつかれないように休まずに食べ進めて、なんとか完食。


会計はこのお店では初めてPayPayで決済。こういう端数が出る金額で小銭に触らずに済むのは良い。
しかしもともとちょっと高めに感じていた値段設定のお店がさらに値上げだと、かなり高い値段になってしまった感覚が。普通盛りのつけ麺でさえ、外税830円は税込みで896円なので。
自分としては飲食店の値段は上げても良いとは思っているのですが。特に個人店は。
ただこのお店はもともと高めの値段設定だった上に、企業資本のお店で従業員もそれなりの数がいるので、どうかなと。家賃が高いであろうことが原因のひとつでしょうが。
まあ次回以降は麺特盛はやめて大盛にとどめておこうかと。値段のこともともかく、けっこうギリギリの量との戦いになってしまっているので(汗)。
歳をとって食べられる量が顕著に落ちたという実感はまだまったく無いのですが、あえて量を落としていく時期なのかもと。
とりあえず自分の家から行きやすい立地にはあるので、またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:02Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2019年08月07日

森高夕次・アダチケイジ / グラゼニ 〜パ・リーグ編〜 5巻

森高夕次・原作/アダチケイジ・漫画の『グラゼニ 〜パ・リーグ編〜 5巻』。継続してKindle版で購入。
グラゼニシリーズも通算で37巻目のハズ。

IMG_1285 IMG_1286

前巻から新しいシーズンに入っていたのだけど、この巻で主に描かれたのは7・8・9回の3イニングを任される3人の若手ピッチャーたち。かつての阪神タイガースのJFKのようなセットアッパーとクローザーの3人ですが。

IMG_1287

3人それぞれの野球選手としての葛藤が描かれている内容。
グラゼニの主人公の凡田夏之助は34歳のシーズンに入っていてこの20代前半の選手たちとは役回りも立場も違ってきていて、今回の若手3人はプロ野球選手の年棒は3桁万円台で相変わらずお金と絡めたストーリーをつくれているというのがスゴい。
主人公の凡田夏之助の年棒の話だけなら、とっくにマンネリになっていておかしくないので。
まだまだシリーズは続いていきそう。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:37Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加  | Mac / iPhone / iPad

2019年08月04日

大網白里市・恵比寿ブタメン

前回からやや間隔の空いた『大網白里市・恵比寿ブタメン』。

IMG_5433

IMG_5434

自分は、久しぶりだとそのお店の看板メニューにいきたくなりがちなのだけれど、ちょっと間隔が空いての繰り返しをやっていることもあったので、いずれ試してみたいとずっと思っていた「ペペロンブタメン大(970円)」で。
ニンニクは入れて、ヤサイやアブラのマシは無しで。

IMG_5435

特に見た目の予想をしていたわけではないけれど、最初にドンブリを見たときはなにか違う感が(汗)。
とはいえペペロンチーノの見た目の要素は十分にある。モヤシとチャーシューが違和感を誘っているのだろうけど。
しっかり混ぜて食べてみるも、やっぱりペペロンチーノの味とは全然違う。スープ自体にニンニクが合わせてあるとはいえ、ベースの味が醤油だからなのでしょうが。
しかし一緒に出されていた「ペペロン用オリーブオイル」をかけてみると印象が一変。

IMG_5436

鷹の爪が沈んでいるので当たり前なのですが存在感のある辛さが加わって、一気にペペロンチーノっぽくなった。
もっと入れていいなとダバダバと足したら、けっこう辛くなってしまいましたが……(爆)。
券売機の前でブタマシにするか毎回かなり悩むチャーシューは、今回もすばらしく美味しかった。


味の変化が楽しめる、面白くかつ美味しいまぜそばでした。
実際にはスープの味が勝っているのでスパゲッティーのペペロンチーノとは違う味ですが、ペペロン風ではあると言えそう。
このお店では他に「坦々ブタメン」と「カリーブタメン」も辛い系のメニューなのですが、それぞれまったく違う辛い系として成立しているのは面白い。
このお店の看板メニューはあくまでノーマルのブタメンだと思っていますが、これら辛い系はまたいずれ食べてみたいかと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:34Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2019年08月01日

成田市・つけ麺秋山

先日行った、『成田市・つけ麺秋山』。
成田の市街地からはやや離れているのだけど、店の前の広い駐車場にはいつもそれなり以上の台数のクルマが停まっている印象。
テラス席があって外でも食べられるというのは珍しい。

IMG_5419

IMG_5420

店名からもつけ麺を推しているハズなので、「中盛つけ麺(850円)」で。

IMG_5421

魚介豚骨のつけダレはまあまあの濃度。見た目の色とは裏腹に意外にしょっぱくないのは良い。
麺はやや硬めの茹で加減でコシはしっかり。麺の食感を楽しむというつけ麺の意義は十分に体現しているかと。
具材もそんなに貧弱ではないし、375gという麺の量はけっこうしっかり。大盛(500g)とかなり迷ったのだけど、大盛だと完食に苦労したかも(汗)。


無難にまとまったつけ麺という印象でした。量には十分に満足。
中休み無しの通し営業というのは寄りやすいですし、コスパ的な印象が良かったというのもこのお店が選ばれる理由かも。
自分もまた行く機会があると思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:33Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物