2020年11月30日

iPhone 12 Pro Max

毎年iPhoneのニューモデルが出るたびに買い換えるかどうかは考えるのだけど、現状マスク必須の生活となってしまっているので、今年のiPhone12シリーズはロック解除がFace ID(顔認証)のみなのは使い勝手が悪くなるなということで、Touch ID(指紋認証)のiPhone8Plusでもう1年粘るかと考えていたのだけど、2年7ヶ月使った8Plusのバッテリーが最近になってだいぶヘタってきた。
経年劣化もあるけれど、iOS14のせいじゃないかとも。

IMG_8606

バッテリーの最大容量は89%ながら、最近は(たぶんiOS14にして以降)バッテリー残量30%くらいになるとシャットダウンしてしまうようになっていた。で、充電するのにケーブルをつなぐと起動されてバッテリー残量10%程度と表示されているので、残量30%がほぼ0%というズレとなっていたのか。


ということでiPhone12シリーズに買い換えるなら8Plus(202g)よりは軽いモデルにしようと、12mini(133g)か12Pro(187g)を候補に散々悩んだのだけど、12miniは望遠レンズが無いのと小さいぶんバッテリーの持ちが悪いというのが気になって却下。
12Proで決定するつもりが、12ProMaxの方がバッテリーは持つしカメラも高性能となっているのに価格差が約12000円しかないということで、結果12ProMax(226g)を選んでしまった(爆)。


Macのブラウザから購入決定してiPhoneでApple Payで支払いとなったのだけど、注文の確認メールが届かずスマホのApple Storeアプリの注文状況にも反映されないまま。
2日後にAppleのサポートに確認の電話を入れてみると、エラーなのか注文確定は確認出来ないとのことで再度注文。今度はiPhoneの方で購入からApple Payでの支払いまで。今度は注文の確認メールがちゃんと届いた。


納期は2〜3週間となっていて、配送予定日は12月9日以降。
iPhone12/12miniは2日程度でお届けとなっていたのでPro/ProMaxは人気があるのだなと思ったのだけど、そこから5日経って発送元が西濃シェンカーとなっているよくわからない小包が届いた。

IMG_8617D

恐る恐る開封してみると、中身はまさかのiPhone12ProMax。
Apple Storeアプリの注文状況ではまだ注文処理中となっているし、これは更新が遅れているのかはたまた無作為に届けられた中国製のバッタモン???と混乱する中でAppleのサポートに電話。
サポートの人に起こったことを伝えると「はい???」と言われて、注文番号を伝えるとやっぱり注文処理中の状態とのこと。
しかし小包に記載されていた注文番号を伝えて調べてもらうと、自分が注文したという内容になっていると。
どうやら最初に注文したのはエラーにはなっておらず生きていたということのよう。
ということで届いたiPhone12ProMaxをそのまま使用。2度目の注文はサポートの方でストップをかける手配をしてくれるとのことですが、いったんクレカに請求が発生してしまうのと間に合わなかった場合は届いてしまうので返送してくれとのこと。

IMG_8600

ということで結局注文から6日で到着。カラーはパシフィックブルーで容量は128GB。

IMG_8599

アダプタとイヤフォンが付属しなくなったということで、外箱はiPhone8Plusの箱の半分の厚みに。

IMG_8604 (1)

移行作業は、8PlusをMacにバックアップしてMacから12ProMaxにデータ復元してSIMカードを差し替え。1時間半ほどで元とまったく同じ環境に復帰。ウォレット系やLINEのトーク履歴なども問題なし。

IMG_1427

8Plusより20gちょい重くなったけれど今のところそこまで気にならず。本体のサイズはほぼ同じで表示領域が上下に伸びているので、画面がものすごく広くなった印象。

IMG_1423

8Plusと比べるとカメラレンズの大きさが全然違う。

IMG_1422

Face IDも思った以上に高速で認証されてすごく便利で良いという印象なのですが、日常的に行っているスーパーマーケットでの楽天ペイでの支払いや他店での買い物でQUICPayで支払う機会も多いので、マスクをしたままではFace IDでは認証されないのでそこでパスコード入力になってしまうのが今までよりちょっと面倒になりそうなところかなと。
とはいえパスコード入力で致命的に遅くなる訳でもないし、慣れだとは思うのですが。


1年後もまだマスク必須の生活が続いていてもし次期iPhoneにTouch IDが復活搭載されたら、この12ProMaxを売却して買い換えようかと。 
おそらく1年後でもヤフオク等での売却価格は、定価の30%マイナスまでにはならないハズなので。
とりあえず2年7ヶ月ぶりにスマホが新しくなったのは楽しいし、いろいろといじってみます。  

Posted by toshihiko_watanabe at 20:58Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Mac / iPhone / iPad 

2020年11月26日

フレンドシップカントリークラブ

昨日は茨城県常総市にある『フレンドシップカントリークラブ』へ。
ティーチングプロの先輩にスクールのコンペの人数合わせで呼ばれて、安請け合いしたあとにコースを聞いたら茨城だったという(汗)。
ナビではコースまで1時間40分となっていたものの京葉道での渋滞と常磐道谷和原ICを出るのにえらい時間がかかって、結局コースまでは2時間20分かかった。
行ったことのない場所だったし渋滞があったら2時間半はかかるかもとは一応想定していたので、それでもスタート1時間前の到着でしたが。
時間はあったので、スタートまでアプローチ練習が久しぶりにしっかり出来た。

IMG_8563

スタート前に雨が再び降り出してかなりゲンナリしたものの、OUTコーススタートで1番H(Par4)から。400yちょいといきなりけっこう長い。
ティーショットは左方向にトップ。ラフに引っかかってまったく距離は出ず、UT→UTでグリーン左のガードバンカーに叩き込んで1mに寄せて必死のボギースタート(汗)。朝イチからかなりツラい。

IMG_8564

次のホール以降もパーオンを逃してのパーパット入らずの繰り返し。ドライバーがスライスだったので、自分としては極端に調子が悪い感じではなかったものの。

IMG_8566

しかし曲がるということは林間コースでいいことではなく5番H(Par4)ではついにティーショットを右の林に入れて、スライスをかければグリーン方向にいくかなと打ってみたらほとんど曲がらずにグリーン左奥の林の中に。幸いピン方向は開いていたので、乗せてパーパットが入らずでしたが。
6番H(Par3)と7番H(Par5)もパーオン出来なかったものの、アプローチで凌げてようやくのパーセーブ。
8番H(Par4)はそろそろドライバーで掴まえたほうがいいかと振ってみたら、やっぱりの左の林へ。出して乗せてパーパット入らず。
前半最終の9番H(Par3)はアプローチで凌げてパーセーブ出来ましたが。

IMG_8568

IMG_8570

前半は雨が降ったり止んだりでしたが、後半もスタートしたらまた雨が降り出す。
パーオン出来ずのボギーが2つ続いて、12番H(Par3)でグリーンオーバーしたあとにアプローチが寄ってくれてパーセーブ。

IMG_8574

しかし13番H(Par5)で左足下がりのセカンドショットを右にすっ飛ばして、ボールは林からやや跳ね返ってきてくれたものの3打目は普通に打ったら上の枝に当たるロケーション。トップさせようと打ったら普通に当たってしまって即枝に当たって10yしか進まず。4打目はトップ出来たものの残り100yの5打目がこの日初のシャンク(爆)。
6打目のアプローチもグリーンを転がってオーバーしてしまい、アプローチはそこそこだったもののパターは入ってくれて必死の素トリ……。
14番H(Par4)はアプローチで凌いでパーセーブ出来て、15番H(Par3)でこの日初のパーオン。7Iでのティーショットはトップだったのですが(汗)。
で、16番H(Par5)の3打目はちょいダフってショートしてしまったものの、残り30yのアプローチが2バウンドで入ってくれてチップインバーディー。チップインは超久しぶりで嬉しい。
とはいえ17番H(Par4)ではアプローチがグリーンオーバーしてしまってダボ。

IMG_8575

最終18番H(Par4)は左がOBなのでスライスでいいやと打ったティーショットは右の林の中へ。出したボールはちょい飛びすぎて左ラフだったのですが、目の前に木が。レイアウトをまったく把握出来ていなかった。
右のサブグリーンの方に打って4オンで仕方なしと打ったらシャンク……まあ4オンには違いなかったのですが。2ホール連続の素ダボで終了。

IMG_8576

OUT42/IN44の86でした。
OBとペナルティーエリアに入れたのはゼロ。コース内にOBはほとんど無かったし、Par3などで池があってもグリーンとだいぶ離れているというレイアウトが多かったので。
14/13の27パット。3パットはなし。
パーオンはなんと1。フェアウェイキープは3/14。
ボギーパットとトリパットも含めて1パットが7つに0パット(チップイン)もあったので、アプローチで凌げた1日というところですが。朝イチでアプローチ練習が出来たおかげかも(汗)。


『フレンドシップカントリークラブ』はアップダウンのない超フラットなコースレイアウト。千葉には実はここまで平らなコースというのはほとんど無いので新鮮な感覚が。
狭くはないものの完全な林間コースなので曲がるとツラい。
2グリーンながらグリーンは大きかったり小さかったりとまちまち。9.2フィートという表示のわりには速かった印象なのと、土壌のせいなのかグリーンがけっこう硬かった。
あとは平日だったからなのか雨だったからなのか(大雨の予報ではなかった)ピンポジションがかなり振られていて、エッジから4yだったり22y(奥から5y程度)という場所が多かったので難易度は高かったような。
1日を通して雨は降ったり止んだりながら降っている時間のほうが長かったので、次にラウンドする機会があったら晴れの日に回ってみたいなぁと。

IMG_8577

帰りも当然それなりの時間がかかって、今日は長時間の運転のおかげでかなり腰がヤバい。
まあ県外でのゴルフの機会もそう多いわけではないし、たまにはいいかと。
次回のゴルフの予定は来月半ばで今のところそれが年内最後の予定ですが、とりあえず朝のアプローチ練習はちゃんとしておこうと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:12Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゴルフ 

2020年11月24日

富里市・肉そば けいすけ

先日初めて行った『富里市・肉そば けいすけ』。

IMG_8514

IMG_8515

つけ麺も気になったのだけど、初めてということで「肉そば 醤油(800円)・麺大盛り(120円)」で。

IMG_8516

スープの色の黒さと真ん中に盛られた刻みタマネギで竹岡式を連想してしまったけど、味わいはちょっと違う。醤油が強いというのは似ていましたが。
中太の麺はやや固めの茹で加減。スープとの相性は良く、浮いている油を拾ってきてのファットさもなかなか面白い。
肉そばということで薄いチャーシューがけっこう多めに入っているのだけど、豚バラ肉そのままという印象がしてしまって厚めのチャーシューが1切れでも欲しいなと思ってしまった。「スペシャル」を注文すれば食べられるようでしたが。


正直自分がものすごく好きなタイプのラーメンというわけではなかったのですが、それでもけっこう美味しく食べられた。
あと普通盛りで800円というのはけっこうコスパ的なものは良いと思う。
また寄れる機会があるときに行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:28Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2020年11月21日

市原市・福田中華そば 市原店

先日初めて行った『市原市・福田中華そば 市原店』。

IMG_8491

元々は茂原店が本店でここは同じ経営の『らーめん福たけ』だったのが、看板を掛け替えてこちらも『福田中華そば』に。
そして本店だった茂原店の方は1年前の台風の水害で閉店となってしまったので、現在『福田中華そば』はこの市原店だけ。

IMG_8492 IMG_8494

メニューは茂原店とほぼ同じなハズ。
1年ぶりということで、茂原店で自分が一番気に入っていた「しじみワンタン(880円)・麺大盛り(100円)」で。

IMG_8496

IMG_8497

相変わらずのちょい縦長のドンブリだった。
スープは地鶏と魚介系としじみの旨味が混ざった複雑な味わい。しじみの味噌汁を連想させる軽いエグみが面白い。
麺は茂原店と同じくやや固めの茹で加減。食感も味わいも良い。大盛りだとなかなか食べ応えがある。
チャーシューの出来も良いのだけど印象にはあまり残らず。量的にもワンタンの存在が強い。
ワンタン自体は特筆するような特徴があるわけではないのだけど、このスープにものすごく合っているという印象。スープと合わせて食べていくと本当に美味しい。


ここ市原店では初めて。『福田中華そば』としては1年ぶりに食べましたが、茂原店と同じ味で同じクオリティなのではないかと。こちらの味の記憶はけっこう怪しいですが(汗)。
駐車場がかなり広いし、通し営業というのは自分としては行きやすい。
また行ける機会は逃さずに行ってみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:41Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2020年11月20日

続・NieR:Automata(PS4)

NieR_Automata_20201104230921

今月ずっとやっている『NieR:Automata ニーアオートマタ(PS4)』だけれど、開始してから1週間かからずの約24時間というプレイ時間で最初のエンディングに到達。

NieR_Automata_20201110011534

この時点でのストーリーはそう長いものではないし、新しく行った土地のマップもそんなに広くはない。
最初に降り立った廃墟都市と、砂漠地帯と森林地帯はまあまあ広かったけれど。

NieR_Automata_20201106213530

NieR_Automata_20201106214421

NieR_Automata_20201109194017

そしてそのまま2周目に。
1周目で主人公の2Bのお供だった9Sの視点でのストーリー。

NieR_Automata_20201110011947

NieR_Automata_20201110222412

とはいえほとんどは1周目のリプレイで9Sが不在だったときに9S側でなにが起こっていたかというのと、途中途中でカットインが入ってストーリーが補完されていくという。

NieR_Automata_20201116160313

NieR_Automata_20201116160418

で、1周目と同じシーンで2周目エンディング。
2周目にかかった時間は約14時間。

NieR_Automata_20201117152008

3周目はまたまた同じストーリーを視点を変えてとはさすがにならず、ストーリーが進行。

NieR_Automata_20201117151658

1周目がAエンディング、2周目がBエンディングということらしく、ここからはCエンディングDエンディングとなるよう。
オープニング画面が今までと変わった。

NieR_Automata_20201117151917

NieR_Automata_20201117151953

そして進行中のストーリーは、なかなかの劇的展開。
1周目時点で謎だった部分はだいたい解明されているものの、ラスボスがいるのかいるとしたら誰なのかということさえわからない状態になっているのですが、とはいえ続きが気になるのでプレイし続けたくなっている程度にハマっている。
戦闘の難易度が高すぎず(難易度ノーマル)、テンポが良いというのがゲームを続けるのに苦になっていないということもありそう。

NieR_Automata_20201117201742

ストーリー終盤に近づいている気はするのですが、ストーリーを進めるとクリアできなくなってしまっているクエストが複数あって、これはのちになんとかなるのかどうなのか。
とりあえず進めていきます。

NieR_Automata_20201117203605
  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:33Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゲーム 

2020年11月18日

大網白里市・恵比寿ブタメン

先日行けた、だいたい1ヶ月ぶりの『大網白里市・恵比寿ブタメン』へ。

IMG_8440

IMG_8441

今回は麺をしっかりと食べたかったので"大"でいこうと。そして普通の「ブタメン」以外にしようと決めて、「琉球の塩ブタメン大(950円)・味玉(100円)」で。いつもは野菜マシ等はせずにニンニクだけお願いしているのだけど、このときは翌日に人に会う予定があったのでやめておきました。

IMG_8442

刻み紅生姜の色が鮮やか。自分は(酢の)酸味が超苦手ですが、全体に対してのこれくらいの量であればさすがに許容できる。
まぜそばなので普通のラーメンのスープの半分くらいの量のタレと混ぜていくのだけど、普通の「ブタメン」が醤油ベースでこの「琉球の塩ブタメン」が塩ベースというのはわかるのだけど、実はあまり大きな味の差異を感じていない。自分のバカ舌の確認をしているようで、実は毎回ちょっとガックリしている(汗)。
麺は相変わらずのコシの強力なもの。食べ応えがしっかりだし、大盛りの量もなかなか。
いつもはブタマシにしているのでこのブタ2枚だとちょっと物足りない感もあるのだけど、麺大盛りかブタマシかはかなり悩むところ。まあ今回は麺大盛りで満足で。


「琉球の塩」ならではというのは自分には今回も理解出来なかったのだけど(汗)、味はもちろん美味しいし量にも満足。
このお店も味のバリエーションは多いのだけど、「コチュ」「トムヤム」「ソース」あたりは自分の好みに合わなさそうなので、結局「ブタメン」をメインに「カレー」「担々」「琉球」のローテーションになってしまう。まあこれでもローテーション入りの数としては十分すぎるほどなのですが。
次回行くときは今よりは寒くなってきているだろうし辛い系でいこうかなと考えつつ、なるべく早くにまた行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:11Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2020年11月16日

茂原市・らぁ麺三軒屋

最近はわりとコンスタントに通えている『茂原市・らぁ麺三軒屋』。

IMG_8423

IMG_8424 IMG_8425

前回前々回とつけ麺だったので今回はラーメン類から。「塩豚」「魚介豚骨」「中華そば」と迷ったものの、たぶんしばらく食べていない「特製野菜豚骨(1030円)」で。替玉か大盛りの1回無料は細麺は替玉での対応とメニューにはあるのだけど、麺大盛りでも良いとのことだったので大盛りで。

IMG_8426

具材の多さで豪勢感がある。
スープはいわゆるベジポタ系で、パンチはないけれど濃厚かつ優しい旨味の味わいが楽しめる。
都内でベジポタ系が流行って、このお店はいち早くその流れに乗ってこの千葉の片田舎にこの味を伝えてくれたのだけど都内での流行りは一瞬で、今現在ベジポタを推しているラーメン屋はもうそんなに残っていないと思う。
しかしこのお店にはそのままメニューに残っていて、こういうところが地方のラーメン文化の面白いところでもあるかなと。
麺は加水率低めの九州ラーメンっぽい細麺。食感が良いし、このスープにも合っている印象。
具材は味も食感も変化をもたらしてくれて面白いけれど、個人的にはこのお店ならではの山クラゲの食感が興味深いかなと。濃厚系のスープでないと酸味が目立ってしまうので、酸っぱいものが苦手な自分にはキツいのですが。


麺大盛りで満腹で満足。約1000円でこの多彩な具材で麺も大盛りなので、自分としてはコスパ的にも良いんじゃないかという印象。
次回も多彩なメニューを前にして悩むと思うのですが、どうも「魚介豚骨」のラーメンを食べたことが無いようで、次回はこれかなと。
茂原市内は通し営業のラーメン屋というのが少なくて、このお店は貴重な選択肢のうちのひとつ。
また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:35Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2020年11月13日

東金市・麺屋一徹

ちょい久しぶりの『東金市・麺屋一徹』へ。

IMG_8418

IMG_8420

一応ラーメン類とも迷うのだけど、自分としてはここはつけ麺屋という認識があって今回は「醤油つけ麺(830円)・麺大盛400g(240円)」で。外税なので計1177円。

IMG_8421

魚介と動物系のダブルスープのつけダレは2000年代前半に流行ったものだけれど、今現在この地域でこの味が味わえるのはこのお店だけ。すでに立派なこのお店ならではのオリジナリティーになっている。
加水率高めの麺は食感が良い。茹で加減もこれがちょうど良いのだろうなという印象。
麺の量は自分としては500gだとちょうどいいかなというところなのだけど、大盛400gの上は特盛600g。大盛400gで満足すべきというのが自分の経験からの結論ですが(汗)。


味には満足ながら計1177円というのはちょっと高いかなと。毎回思っていることですが。
麺でお腹いっぱいにするのは好みだし、太いメンマに細切れチャーシューもつけダレに沈んでいるので具材が貧相という印象でもなく。
玉子も無いし1000円ジャストくらいなら納得がいくところなのですが、季美の森という立地のおかげで家賃代が乗っかっているのだろうなというおそらく合っている想像が値段についてちょっとモヤモヤさせるところか(汗)。
とはいえ不満の方が上回るのなら行っていないですし、またそのうちに行って同じようにちょい高いなと思うのだと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:38Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2020年11月12日

香取カントリークラブ

今日は『香取カントリークラブ』へ。このコースへは1ヶ月半ぶりなので、久しぶり感はまったく無し(汗)。
前回と同じで、18ホールスループレーでラウンド終了後に食事という。やっぱりちょっと変な感じはしつつ、INコースからスタート。


自分の朝イチのティーショットは良いか悪いか半々くらいの確率だけど、この日は良い当たりの方。ドローが強くて左ラフでしたが。斜面越えのセカンドをトップしてボギースタート。
11番H(Par3)は7Iで打ったティーショットはドフック。アプローチはトップ……。
12番H(Par4)のティーショットはちょいテンプラ気味で残り距離は180y。UTで打ったセカンドショットはグリーン右に。アプローチはまあまあながらパターが入ってくれてパーセーブ。

IMG_8500

UTで良い当たりが出来たのもあって、今日は当たってくれる日かなという感覚が。
とはいえそれがそのままパーオンにつながるわけでもなくて、またボギーが続きましたが。

IMG_8502

池越えの15番H(Par3)はピンまでの距離がアイアンの番手の間だったので、上の番手でパンチショットで打つことに。
これが成功してピンに向かって真っ直ぐ、カップの左2mに。入ってくれてバーディー。
 

バーディーが取れるとやっぱり楽しい。
16番H(Par4)もパーオンパーセーブ出来て、17番H(Par4)へ。

IMG_8503

このホールは距離が短いので、ドライバーで良い当たりをするとセカンドショットが微妙な距離になるのは容易に想像出来るので、セカンドがフルショット出来る距離になるようにレイアップするかけっこう悩む。
で、結局はドライバーを選択してこの日1番の当たり。セカンドの残り距離は55yというやっぱり微妙な距離になった上に左足上がりで、ウェッジで抑えて打ったつもりがフェースが芝に刺さっていって目の前のバンカーを越えられず(爆)。
まあティーショットでレイアップを選択したとして、スコアが良くなったかどうかはわからないのですが。

IMG_8504

スルーなのでそのままOUTコースとなるのだけど、前回と同じように待ち時間が約30分ある。前の組が4サムで前半は普通に2時間ちょいかかったので、前半のラウンドが速すぎたわけでもなく。
これくらいの待ち時間になってしまうと、スルーの意味はあまり無いようにも思いますが(汗)。


1番H(Par4)のティーショットも良い当たり。基本的に今日は調子が良い。とはいえセカンドショットは風がフォローかどうかで悩んでフォローの方に張って下の番手にしたものの、無意識に飛ばそうとしてしまってフックさせて左でしたが。
直角左ドッグレッグの2番H(Par4)は、狙ったところよりは右目なものの7Wで良い当たりが出来てフェアウェイに。自分がFWが当たっている日は間違いなく調子の良い日ということで、だいぶ自信になる。
しかしセカンドショットは、前回このホールでシャンクしてOBにしたのを思い出して巨ダフり(汗)。前回から1ヶ月半だとまったく忘れられていない。
3番H(Par3)はまた上の番手でパンチショットでパーオン。ピンの右手前5mでこれは入らず。

IMG_8508

5番H(Par5)はドライバーでのティーショット、7Wでのセカンドショット、50°でのサードショットとすべて良い当たり。3mのバーディーパットは入らなかったものの、こういう当たりが続いていると楽しい。
この日最後のPar3の6番Hのティーショットも当然パンチショット。ピンの奥3mからの下りのバーディーパットは、パンチが入ってしまってオーバーして3パットでしたが。

IMG_8509

7番H(Par4)のティーショットは打った瞬間左に飛び出してしまって、木に当たって跳ね返ってレディースティーの前に(汗)。
頑張って3オンを目指そうとUTで打ったセカンドショットは良い当たりが出来て、9Iでの3打目も良い当たりでグリーンオン。さすがに入りはせずボギーだったものの、レディースティーからティーアップせずにパーが取れていると考えれば上出来も良いところ。アマチュアのゴルフはこういう思考が大事だなと。

IMG_8510

8番H(Par4)はティーショットにPWでのセカンドショットも良い当たりでピンの手前5mに。バーディーパットはちょいパンチが入って1.5mオーバーしたのでちょいピンチでしたが、今日は入ってくれた。

IMG_8511

最終9番H(Par5)もティーショットセカンドショットと良い当たり。池越えでちょい左足下がりややアゲインストの3打目を6Iで打つか7Iで打つかで悩んで、持ったのは7I。6Iだとミスショットの確率が上がるというのもあったのですが。
で、やるだろうなと思った通りに飛ばしにいってしまってフックさせて左方向に。グリーンエッジに当たって縦に跳ねたボールは手前に転がって戻ってしまって池に。この日初のダボで終了。


IN41/OUT43の84でした。今年ここまでのベストスコアだった。
OBはゼロでペナルティーエリアに入れたのが1。14/19の33パット。3パットは1回。
パーオンは6。フェアウェイキープは8/14。

IMG_8513

で、ラウンド終了後に食事をしてコースを出るという。やっぱり妙な感じがしてしまう(汗)。


スコアが良かったのもともかく、調子が良くて良い当たりが続いたというのが楽しい。
もちろん調子が良い=良いスコアとはならないし、グリーン周りの難易度が高いコースならさらに関係ないスコアにはなるのですが。
とはいえ良い当たりが続いたというのは自信にもなる。知り合いのプロがよく言っていたのですが「根拠はなくても自信は大事」だと(笑)。
今のところ年内のゴルフはあと1回の予定なのですが、この調子が次回も続いていたら良いなぁと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:36Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゴルフ 

2020年11月10日

茂原市・赤まろラーメン翔

先日久しぶりに行けた『茂原市・赤まろラーメン翔』。

IMG_8384

IMG_8385

メニューを見て毎回悩んでいるのだけど、いつも注文している「赤まろチャーシュー 大」ではちょっと足りないので、「油そば」と「しょうゆラーメン」の2杯にするかどうか。
とはいえラーメン屋で1人で2杯食べるというのもちょっと勇気のいることで、今回も「赤まろチャーシュー 大(1300円)」の1杯のみを注文……。

IMG_8386

相変わらず玉ネギがどっさりの自分としては謎のスープ。醤油ベースなのだけどしょっぱさはあまりないし、旨味とうっすらとした辛味とが絶妙に絡み合う不思議なスープ。
麺は茹で加減が良くて食感も味わいも楽しめる。
自分は麺を食べ終えてからチャーシューにいくのだけど、麺を食べ終えたところではまったく満腹でないのがこの厚切りのチャーシューを食べ終えるとそこそこ満腹に。炙られた風味も良いし、なにしろ食べ応えがしっかりとある。


今回も味には十分に満足。とはいえやっぱり量はちょっとだけ物足りないのですが。ご飯ものか水餃子を足せばいいだけの話なのですが、麺でお腹いっぱいになりたいというのもあるので。
ということで、次回も「油そば」と「しょうゆラーメン」の2杯にするか悩むのだと思います(笑)。
お店のブログで営業状況を確認しつつ、またなるべく早いうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:52Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2020年11月09日

ニンテンドーSwitch

始まりは3月なのでもう8ヶ月近く前のことなのだけど、4月に小学1年生になる甥っ子が入学祝いにニンテンドーSwitch本体が欲しいと。
税込で33000円は小学校の入学祝いにはちょっと高いだろと思いつつ、コロナ渦でステイホームとなりつつあった頃だったのでネットのショップで探しても在庫がまったく無く、転売ヤーによってメルカリやヤフオクで6万円というとんでもない値段がつき始めていた頃。

当時はSwitchライトならまだ定価で買えたので、税込で約22000円のSwitchライトにしない???と甥っ子に聞いたものの、友だちとテレビでやりたいのでノーマルSwitchがいいと。
ということで定期的にネットショップとヤフオクでチェックを続けたものの、定価にはほど遠い状態。
さすがに6万円とか5万円台ではなくなっていったものの、ここ数ヶ月は4万円前後で推移。

とはいえ任天堂はずっと増産をかけていたようで10月中旬あたりからはメルカリとヤフオクでの相場はジリジリと下落。36000円でも落札されないケースが増えてきていた。
メルカリだと出品者が負担する手数料は10%、ヤフオクだと8.8%なので、税込の定価で買った転売ヤーの損益分岐ラインはヤフオクで35880円。なので、これを下回ると転売ヤーは赤字ということになるので、これ以下の額では売れないわけですが。

そろそろ買えるようになりそうだなと思いつつネットショップとともに実店舗を覗いてもいたのですが、先週に隣の市のワンダーグーで在庫ありになっているのを発見。ようやく普通に定価で買えた。
本当はポイントが多くつくネットショップで買いたかったもののまあ仕方がない。

IMG_8435

で、その日のうちに弟夫婦の家に行って渡してきた。
リュックに隠して持っていって、パパママの言うことちゃんと聞くならリュック開けていいよと言って、Switch見てビックリしてそのあとバカテンションになっていた(爆)。

IMG_8436

甥っ子の笑顔はプライスレス!と言いたいところだけど、33000円はさすがに安くはない(汗)。
まあこの支払いはヤフオクの売り上げで貯まったPayPayで決済しているので、そんなに懐が傷んでいる感はないのだけど。

ということでSwitch本体を定価で購入できるまでに8ヶ月かかったという話。
こんなに買えなくなったのはもちろん転売ヤーという連中がはびこる世の中になったおかげなのですが、最近でも例えば1人でGo To イートで無限タダメシというようなことを広言しつつやっている人は多くて、"さもしい"という感覚が無くなっている人は多くなっていっている。
この辺のモラルの低下というのは、やっている本人は気づいていない/気づけないものなので難しいところですが。

転売ヤーの標的は、今年前半はマスクとニンテンドーSwitch本体。最近では鬼滅関連とPS5か。
これからも彼らのおかげで買いたいものが定価で買えないという状況は起こり得るのでしょうが、それを仕方がないと思いつつやっていくしかないのかなと。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:25Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゲーム | 日常

2020年11月06日

NieR:Automata(PS4)

1ヶ月ちょい前のセールで買ったPS4のソフト2本のうち『Death Stranding デスストランディング』は10月の丸一ヶ月をかけてクリアして、一昨日からはもう1本の『NieR:Automata ニーアオートマタ(PS4)』をプレイ開始。

NieR_Automata_20201104230921

NieR_Automata_20201104231409

3DアクションRPGという認識でゲーム開始したのだけど、ゲームが始まって最初のシーンはシューティング。シューティングゲームは長いことプレイしていないし、ちょっとビビった(汗)。

NieR_Automata_20201105000612

NieR_Automata_20201104235628

地上に降りてからは剣を主要武器にしたアクションゲーム。
しかしシューティングゲームになる場面がちょいちょいあって、シューティングが同居したアクションゲームってのは自分には記憶がなくて新鮮な感覚が。

NieR_Automata_20201105150658

ストーリーは、西暦5012年に地球にエイリアンが侵略してきてエイリアンの兵器「機械生命体」によって月に追いやられた人類がアンドロイド兵士を投入して地球を取り戻そうとしているという世界。
主人公はアンドロイド兵士の1人。
戦争状態になってすでに数千年が経過しているということで、地球上の機械生命体たちにもコミュニティーや文化といったものも発生してきているという。

NieR_Automata_20201105160640

といったところまでは理解したのだけど、まだまだストーリーは始まったばかりだしわからないことだらけ。
月にいる人類の総司令部から司令が来るのだけど、実は人類はすでに滅んでいてAIが指示を出している世界なんじゃあという予感もする。
廃墟となった建築物が立ち並ぶ世界というのは『デスストランディング』と似た部分もあって、ストーリーにしろ世界観にしろアクの強いゲームが続いてしまったなという印象は受けていますが(笑)。
とりあえず進めていきます。  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:30Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ゲーム 

2020年11月04日

東金市・ぼのぼの

ちょい久しぶりの『東金市・ぼのぼの』。

IMG_8380

IMG_8381

いつもだと「とんこつしょうゆラーメン」か「黒ラーメン」か「黒つけめん」で迷うのだけど、前回行ったときに新しくメニューに加わっていたのでちょい気になった「赤ラーメン(850円)・麺大盛(200円)」で。
辛いものは得意ではないし正直好きでもないのだけど、一応新メニューは試したいということで。

IMG_8382

パッと見は坦々麺のような印象。ラー油の膜が目立つあたりは勝浦タンタンメン的でもあるけれど。
スープをレンゲでひと啜りして、辛さはなかなか。
ラー油の下は豚骨醤油スープで、辛さとの相性は悪くない。豚骨の旨味もしっかりと感じる。
中太の麺はもともとスープとの絡みがいいけれど、ラー油もよく拾ってきて麺からも辛味の直撃が。
炙られたチャーシューやネギなどは普通のラーメンだと具材として良い存在感なのだけど、このラー油の上では食感のみの存在に(汗)。
麺を食べ進めていくと辛さはより強く感じるようになっていって、けっこうな量の汗をかくことに。
ラー油に加えて山椒も入っているのでやっぱり坦々麺っぽいなと感じる瞬間もあったものの、麺と具材を食べ終えて終了でした。


やっぱり自分は辛さ耐性が低かったので食べきるので必死でしたが、辛いものが好きな人には良いメニューなのではないかと。激辛好きまでいくと物足りないのかもしれんですが。
麺の冷たいつけ麺なら自分にも合うかなとはちょっと思いましたが、まあ辛いものは本当にたまにでいいので。
次回はまた「とんこつしょうゆラーメン」か「黒ラーメン」か「黒つけめん」で悩んでみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:42Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物 

2020年11月02日

東金市・水戸屋

先日行った『東金市・水戸屋』。

IMG_8365

IMG_8366

今回は油そばにしようと決めて入店したので、「油そばR(720円)・麺中盛(100円)・ネギ(50円)」。ネギは玉ネギで。

IMG_8367

玉ネギを投入して温泉玉子とともに麺と底に沈んでいるタレとをひたすら混ぜる。頃合いをみて食べ始めるのだけど、やっぱりこの油そばは食感が最高。
麺の食感を堪能するのもそうだし、ネギや穂先メンマや玉ネギの食感も良い。
全体の味ももちろん良いのだけど、自分としては食感で9割満足出来るかなと。
豚のチャーシューと鳥のチャーシューの食べ比べは、味も食感も両方楽しめる。


麺は大盛りでも良かったかなと思いつつ、腹八分目ということで。今回も美味しかったし十分に満足。
次回は「濃厚鶏そば」にしてみようかと。
また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:04Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 食べ物