2017年11月23日

奥田民生 / サボテンミュージアム

9月にリリースされた、奥田民生さんの4年ぶりのスタジオアルバム『サボテンミュージアム(2017年)』。

IMG_1746

IMG_1747

前作の『O.T. Come Home(2013年)』、前々作の『OTRL(2010年)』は、1人ですべての楽器を演奏して録音したアルバムだったので、ツアーでは2005年以降ずっとメンバーの変わっていない、齋藤有太(Keyboard)・小原礼(Bass)・湊雅史(Drums)との"MTR&Y"でのレコーディングは『Fantastic OT9(2008年)』以来9年ぶりというスタジオアルバム。



ユニコーンにしてもそうなのだけれどここ数年はシンプルなロックンロールに回帰しているようで、今作も11曲で38分と非常にコンパクト。
それぞれの曲の方も、「エンジン」はディズニー映画の『カーズ / クロスロード』の日本語版エンディング曲としてシングルカットされたけれど、全般いわゆる売れ線のポップさは無い。

かつての「イージュー★ライダー」「さすらい」のような曲を求めている人には期待外れもいいところだろうけれど(笑)、とはいえ曲とサウンドとアルバム全般の安定感は相変わらずなので、聴き続けていられるという奇妙な完成度の高さ。
最初に聴いたときはどうも引っかかりどころの無いアルバムだなと思ったものの、それでも繰り返し聴き続けていて、今現在もまだ聴き続けている。
こちらに60年代70年代のクラシックロックを今でも聴き続けている地合いというものがあって、それと相性の良い部分が多いからというのは当然あるとは思いますが。



超名盤というものとは違うと思うのだけれど(汗)、このアルバムの正体はなんなのだろうとも考えてしまうので、もうしばらく聴き続けていくと思います。

Posted by toshihiko_watanabe at 21:57│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray 

コメントする

名前
 
  絵文字