2018年06月10日

Live盤、2作品

自分はもともとYahoo!のプレミアム会員なのですが、最近は特にプレミアム会員ならYahoo!ショッピングでポイント5倍だとかスマホアプリで買うとポイント2倍というようなキャンペーンが増えた印象。
あと、ヤフオクで落札した支払いをジャパンネット銀行からの引き落としにすると支払額の2%がポイントであとでもらえるのですが、それらのすべてが期間固定Tポイントなのでいずれは使わないと消えてしまい、そして期間固定Tポイントが使用できるのはヤフオクかYahoo!ショッピングかLOHACOかGYAOストアに限られるという使い道。
気がつくとポイントはけっこう貯まっていくし、期間固定なのでTポイントが消滅する日は迫ってくる。


今回はYahoo!ショッピングで色々検索して、King Crimsonの最近のLive盤が輸入盤だとけっこう安かったので、これをポイントで購入することに。
1枚でポイントをすべて使い切れず、ちょい実費が発生したものの結局2作品を買うことに……。

IMG_2849

『Live In Toronto』は2015年11月20日の公演。『Live In Chicago』が2017年6月28日の公演。
約1年半の間隔の2公演で、当然演奏曲もけっこう被っている(汗)。
メンバーは、『Live In Toronto』ではトリプルドラムの1人だったBill Rieflinが『Live In Chicago』ではキーボード専任に回って、しかしJeremy Staceyが加わってトリプルドラム体制は維持されているという7人→8人編成。まあ基本的にはほぼ同じ。


実は2013年以降のトリプルドラムで再結成したKing Crimsonをちゃんと聴くのはこれが初めて。
YouTubeのビデオでは観ていますが。
今回の2作品はともにCD2枚組で、『Live In Toronto』は計2時間ちょい、『Live In Chicago』は計2時間半を超えているよう……。
まずは『Live In Toronto』をしばらくの間聴いて、『Live In Chicago』の外装ビニールを剥がすのは数週間後になりそう(汗)。

 

Posted by toshihiko_watanabe at 22:59│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 CD / DVD / Blu-ray 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字