2021年03月03日

香取市・麺家香湯らーめん

先日のゴルフの帰りに1年ぶりに寄れた、『香取市・麺家香湯(こうたん)らーめん』。

IMG_9251

IMG_9252

前回前々回と醤油スープにしていたのだけど、メニューには塩スープが"当店人気No1!!"とあるので今回は「塩ワンタンチャーシュー麺(1160円)・麺大盛り(80円)」で。中太麺か細麺かの麺は、細麺の方で。

IMG_9253

醤油スープもスタンダードなタイプだったけれど、この塩スープも同じく奇を衒わないスタンダードなそして大人しい味わいのタイプ。醤油スープはまだ尖った味わいだったということに気づく。
細麺は醤油スープとの組み合わせは自分は好きな印象だったのだけど、この塩スープと組み合わさると全体が落ち着きすぎてしまっているような。あっさりという面での塩スープとの相性は良いのですが。
チャーシューは食べ応えのあるバラロールチャーシュー。ワンタンは中身がぎっしりとあるもの。美味しいし数もたっぷりとあって満足。


自分としては醤油スープと細麺の組み合わせの方が好みかなというところでした。
千葉では銚子市(ヒゲタ・ヤマサ)と野田市(キッコーマン)の醤油が有名ですが、小見川の工業団地にもちば醤油の大きな工場があったりするので、利根川沿いではやっぱり醤油ラーメンの方がいいのか(笑)。
また寄れるときに行ってみます。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 21:49Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月27日

東金市・ぼのぼの

先日、今年初めて行けた『東金市・ぼのぼの』。

IMG_9206D

IMG_9207D

メニューを眺めていつも通りに悩むも、そういえばつけ麺類はしばらく食べていないなということで、「黒つけめん(950円)・大盛(200円)」。麺はあつもりで。

IMG_9208D

相変わらず真っ黒なつけダレ。黒いのはマー油(焦がしニンニク油)。
油の下は豚骨醤油スープで、つけ麺としてはやや細めの麺を潜らせるとスープとも油ともよく絡んでくる。
ニンニクの風味は強力ですが、これはもう好きか嫌いか。自分は大好き。
具材もだいたいマー油のインパクトに負けているのだけど、白髪ネギだけはシャキシャキ感と風味のアクセントとして存在感を示せているような。
割りスープは最初から提供されているのだけど、あつもりの麺は時間が経つとくっついてしまいやすいのを割りスープをかけてほぐしてくださいというのは、このお店のご主人のすばらしく良いアイデアだと思う。


麺大盛りだと量にも十分に満足。美味しかった。
火曜と水曜の週2日定休なのには気をつけないといけませんが、夜の部が17時からなのは自分には行きやすい営業時間。本来は22時閉店なのが今現在は20時閉店のよう。
また行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:55Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月23日

茂原市・らぁ麺三軒屋

先日、今年初めて行けた『茂原市・らぁ麺三軒屋』。

IMG_9192X

IMG_9193 IMG_9194

前回と同じ「特製魚介豚骨(1030円)」で。前回は細麺が売り切れていたので中太麺だったので、今度こそはの細麺で。替え玉1玉無料なのだけど、最初から大盛りでも可能ということで麺大盛り。

IMG_9195D

スープは濃度も粘度も高め。魚介豚骨だけれど魚介がけっこう強いというのが特徴的。
麺は加水率低めの九州ラーメンっぽい細麺。麺自体はまったく悪くないのだけど、大盛りにしたおかげでドンブリの中での余裕がなくなって濃度の高いスープを拾いすぎてしまっているような。やっぱり麺大盛りより替え玉にしておくべきだったようで、完全に自分のミス(汗)。
特製だけあって具沢山で、山クラゲの食感も角煮の存在も面白い。


自分の注文のせいでミスったかなというのはあるのですが、十分にお腹はいっぱいになったしこのお店ならではの特徴のあるスープも面白い。
通し営業というのが自分としては行きやすいということもあるので、またそのうちに行くと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:21Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月21日

東金市・東金大勝軒

先日、今年初めて行けた『東金市・東金大勝軒』。

IMG_9155

IMG_9153

前回もそうだったと思うのだけど、この日も特製系は売り切れ。コロナ禍ということで仕込みを減らしているのか。
ということでラーメンだと麺大盛りにしても足りないので、「あつもり(800円)」の麺大盛り(平日大盛り無料)ということに。

IMG_9154X

いつも通りのカツオ節のダシと若干の辛味がアクセントとなっているつけダレ。自分が苦手な酸味があまり無いというのがありがたい。
モチモチな食感が印象的な自家製麺は、つけダレとの相性がバッチリ。最近は具材よりも麺の比率が多すぎるバランスは年齢的にもちょっとどうかと思ってきたけれど、ここでひたすら麺を食べているとなんだかんだで美味い麺とつけダレの組み合わせなら満腹になるまで食べられるのだなと。
つけダレの中にメンマと刻みチャーシューはけっこう多く沈んでいるので、味と食感のアクセントにはなる。もちろん特製でよりチャーシューをしっかりと食べたいというのもあるのですが。


特製の麺大盛りまでは想定して入店しているので若干お腹には余裕を残したものの、十分に満足。やっぱり美味しい。
また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:57Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月15日

市原市・ぼうそう家

先日行った、約半年ぶりの『市原市・ぼうそう家』。ちょっと前に行ったことはあったのだけど、行列になっていたので近くの『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』に移動したことが。

IMG_9143X

IMG_9144

「中盛半熟味玉ラーメン(900円)・ホウレン草増し(100円)」。麺の硬さと油の量はノーマルで味薄め。 

IMG_9145X

ドンブリを眺めただけでそこそこ満足してしまっている。
スープは味薄めでお願いしたけれど、この感じだとノーマルでも良かったような。この日のスープのバランスなのか自分の味覚がそういう調子だったのかはわかりませんが。
『王道 いしい』や『千葉市中央区・杉田家』あたりだと味薄めでないと間違いなく自分にはしょっぱいので、店によって注文を変えるにはちゃんと覚えていないといけない(汗)。
酒井製麺の麺はやっぱりこのスープとは相性バッチリ。麺大盛りにしたいくらいなのだけど、このお店はライス無料というのがあるので。
トッピングで増したホウレン草は一応野菜を食っている感が出るのがいいかなと(爆)。もちろんこの豚骨醤油スープとは非常に合っているのですが。
ライスはこの1杯だけにしておきました。


この日は平日の15時過ぎだったのだけど、自分のあとからもどんどん客が入店してくる相変わらずの繁盛っぷり。
自分が住んでいる外房地域にはまともな家系ラーメン屋が無いので、どこかへ行ったついでに寄るにしてもここと『王道 いしい』は重要な選択肢ということに。同じ家系(しかも同じ王道家系列)でも『王道 いしい』とはちょっと味が違うというのは面白いところですが。
また近いうちに寄りたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:12Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月13日

東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ

先日超久しぶりに行けた『東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ』。前回の『まるえいラーメン』と同じように2020年は行けていなくて、2019年の秋以来だった(驚)。

IMG_9136D

IMG_9137

久しぶりということもあるので、看板メニューの「味玉塩らーめん(850円)・大盛り(100円)」で。ライス無料で、大中小と選べる量は中で。

IMG_9138D

相変わらずの真っ白な超濃厚の鶏白湯スープ。粘度もかなり高くて、麺にまとわりついてくる。
麺は角ばった切り口が印象的な、パツパツと切れる食感が味わるタイプ。
トッピングで足さなくてもけっこう多く入っている玉ネギが、食感のアクセントとしてとても良い存在。まあ玉ネギをレンゲで拾っていると、かなりスープを減らしていってしまうのですが(汗)。
ライスもこのスープと合っている。


久しぶりでしたが相変わらず完成度の高いラーメンでした。
とはいえこういう濃厚スープにはちょっと飽きつつもあって、それが足が遠のいていた原因でもあるのですが。そういう点では、券売機にあった「あっさりらーめん」はかなり気になる。
お店のすぐ近くのコインランドリーをよく使っているということもあるので、また近いうちに行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:01Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月11日

山武市・まるえいラーメン

先日、超久しぶりに行けた『山武市・まるえいラーメン』。2020年は行けていなかった。

IMG_9127D

IMG_9128D

特に考えずに「玉子ラーメン(650円)」で。税抜き表示なので715円。相変わらず安い。麺の硬さはカタめで。

IMG_9129D

もう見た目でそこそこ満足。
豚骨の旨味がしっかりのスープは、意外に濃厚さはなくて重くない。臭みがあるのも含めてこのスープのキャラクターかと。
麺は加水率低めで小麦の風味を感じる細麺。やっぱりこの麺は良い。
具材は自分としては正直どうでもいいくらいで(笑)、スープと麺がしっかり味わればオッケー。
このあと替玉(100円)は2回。両方ともカタめにしたけれど、替玉は硬さ普通でも良いかもと。


替玉2回を入れて税込みで計935円。十分に満足。
ここは近所でないというのと、中休みがあって夜の部が18時からというのが自分にとってはネック。隣に『ラーメンイレブン』が出来て、そちらも選択肢になってしまうし。
とはいえ久しぶりに食べたこのラーメンは、やっぱりこの地域ではなかなか食べられないもの。
また間隔が空きすぎないうちに行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:27Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月07日

夷隅郡大多喜町・ラーメンハウス パティーネ

去年12月に初めて行って以来の『夷隅郡大多喜町・ラーメンハウス パティーネ』。

IMG_9097

IMG_8734X

前回は初めてということもあって、"いち押し"とあった「大多喜たけのこチャーシューメン」にしたのだけど、たけのこはまだ旬の時期ではないなということで今回は「セブンチャーシューメン(900円)・麺大盛り(100円)」。前回一番印象的だったのがチャーシューだったので。

IMG_9098X

動物系と魚介系のダシが合わさったスープは、インパクトはないけれど優しい味わい。
麺は注文時に硬さの好みを聞かれるのだけど、前回も今回も普通で。ただ、普遍的な感じの中華麺という食感と味わいなので、硬めの方が良いような。次回は麺硬めでお願いしてみようかと。
このチャーシューメンにもたけのこは入っていて、メンマとは違う食感が面白い。
で、チャーシューはやっぱり美味しい。脂身の部分の柔らかさと身の部分のしっかり感の対比がとても良い。
自分としては、チャーシューだけでもこのお店に来る価値はあるんじゃないかと思っているのですが。


スープがあっさりとしているし麺大盛りでもものすごく量が多いというわけではないので満腹感はそこそこだけれど、チャーシューで十分に満足。
日々ラーメンを食べ歩いているマニアの人が行くようなラーメン屋ではないかもしれないけれど、自分としてはけっこう良い選択肢になってきている。
またそのうちに行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:26Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月04日

東金市・らぁめん屋うどす

先日行った、今年初の『東金市・らぁめん屋うどす』。

IMG_9092D

IMG_9093

「魚介醤油味玉つけ麺(930円)・大盛り(200円)」。麺の種類は太麺で。

IMG_9094D

つけダレの味わいはスタンダードな醤油味ベースに、プラスの魚介風味。
背脂の量がけっこうブ厚くて、苦手な自分にはギリギリ許容できる量。背脂抜きでもお願いできるのかもしれないけど、とはいえ背脂前提の味つけなハズなのでまったく無くしてしまうとつまらない味になってしまいそうな予感も。
麺は太麺となっているけれど、太すぎずコシが強すぎずのもの。つけ麺の麺といえばコシがしっかりしていればしているほど良いという風潮もまだまだあると思うので、それ以外のタイプの麺もいろいろとあってもらいたい。次回以降に細麺も試してみたい。
麺大盛りで450gというのはしっかりとした量でいいのだけど、麺をメインにしっかりと食べたいと思う自分でさえ具材はちょっと寂しいかなと。チャーシューとトッピングした味玉は当然あるけれど、つけダレに沈んでいる具材があまり無いので延々と麺を食べることに。
まあ「特製つけ麺(1130円)」で麺並盛り300gが今回の注文したのと同料金になるので、そちらを食べるべきだったのかもしれませんが。


とはいえ麺のおかげでお腹はいっぱいに。ラーメンつけ麺ともに次回以降は麺の太さを変えて試してみようかと。
東金市内は通し営業のラーメン屋が少ないのでこのお店は重要な選択肢。またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:35Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月31日

大網白里市・恵比寿ブタメン

今年初の『大網白里市・恵比寿ブタメン』。とはいえ1ヶ月に1度程度のペースは守れていますが。

IMG_9083D

IMG_9081

「ブタメン中(780円)・ブタマシ(300円)」。野菜マシ等はなしで、ニンニクだけ。

IMG_9082D

このお店は、まぜそばということでスープが影響する比率が低くなるせいか出来にブレがほとんどない。毎回安定した出来。
自分は全体を混ぜるというよりは野菜をスープに浸してから先にやっつけていく。麺は麺として食べたいので。
野菜はスープの味と合っているけど、麺はさらに合っている。コシも単体としての味わいも強力な麺だけれど、スープと合わさった味わいは特徴的。
麺を食べ終わったら九十九里いわしの割りスープを投入。風味も味わいも一気に変わるのが面白い。
自分はチャーシュー(ブタ)はすべて残しておいて、割ったスープとともにいただく。角煮のような柔らかい食感がとても良いし、味わいも最高。


今回も十分に満足。量はもうちょっとだけは食べられるので、野菜マシにするかは悩むところ。あまり大量の茹でモヤシは食べたくないかなとも思うのですが。
自分が入店する17時台でもあとからどんどんお客は入ってくるし、この季節でも外のテラス席で食べている複数人の組もちょいちょいいる。この地域に二郎系のお店が少ないことから受け皿になっている部分もあるのかもしれませんが。
またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:35Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月30日

木更津市・ラーメン林家

初めて行けた『木更津市・ラーメン林家』。

IMG_9043D

千葉県の家系ラーメン第1号はこのお店なハズで、ずっとここで営業しているのかは知らないのだけどけっこう年季の入った店構え。
テーブル席なしのカウンター席のみで、家族連れはターゲットにしていないと思われるレイアウト。

IMG_9044

クキワカメに生ワカメとずいぶんワカメを推しているのは気になったのだけど、なかなか冒険の出来ない自分は普通に「中盛ラーメン(870円)・味玉(100円)」で(汗)。
麺の固さ・味の濃さ・油の量は、初めてのお店なのですべてノーマルでいいかなと思ったものの、しょっぱいのが来るとツラいので味薄めだけ注文。

IMG_9045D

まともな家系ラーメン屋が無い外房地域に住む自分には、この見た目ですでにそこそこ満足。
スープはたぶん味薄めでなくても良かった程度のしょっぱさ加減。豚骨の旨味はガツンとくるほどではないけれど、バランスが良くて美味い。
鶏油はけっこう多めでスープの上に厚く浮いているけれど、美味い家系は鶏油が美味いという自分の経験則通りに、クドさもなくスープと合わさっての味わいも当然良い。
酒井製麺の麺は当然家系でイメージされる通りのもので、自分は大好きな食感と味わい。
味玉はまあまあ。チャーシューはもっと存在感が無い方が横浜の家系っぽくなるように思ったけど、そういえば千葉の家系のチャーシューは存在感のしっかりとした美味しいものが多くて、ひょっとしたらこのお店から千葉の家系が始まっているからなのかなとも。


味にも量にも十分に満足でした。
自分が食べている間にどんどんお客が入ってきて席もほぼ埋まってしまい、やっぱり繁盛店のよう。
また行ければと思うとともに、外房地域にもまともな家系ラーメン屋が出来て欲しいと強力に思わされたのですが(涙)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:02Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月24日

木更津市・博多長浜らーめん 一途

先日、木更津の弟夫婦の家に向かう途中で寄った『木更津市・博多長浜らーめん 一途(いちず)』。
本当は別の店を候補に向かっていたのだけど、事前の情報無しに道すがらに見かけたこのお店に自分のラーメンアンテナが反応したので(汗)。

IMG_8934X

とはいえ、1965年に新日鐵君津製鉄所が設立されたときに北九州市の八幡製鉄所から社員と家族約2万人と彼らの需要を当てこんだ飲食店がともに移ってきたという歴史があるので、内房地域で豚骨ラーメンでハズす確率は低いんじゃないかというのはあったのですが。
このお店は看板も店構えも明らかに新しかったので、その歴史を体現するような九州直系の豚骨ラーメンかどうかには自信は無かったものの。

IMG_8937

予備知識もなにもないので、券売機では大きなボタンを選ぶのが無難だろうということで「博多長浜らーめん(650円)・替玉(100円)」で。替玉の券も先に買っておいた。

IMG_8936

麺は硬め(かた)で。湯気通しってのは、まさか茹でないのだろうか……。

IMG_8938D

ずいぶんと茶色なスープが出てきた。上に乗っている削り節の風味もともかく、魚介の味わいも強い。
博多長浜と謳っておきながらものすごくアレンジされたものなのだなとカウンターの後ろの券売機を振り返って見てみると、自分が押した大きなボタンに書かれていたのは「魚介長浜ラーメン(750円)」だった。完全に間違えた(爆)。
しかし長浜ラーメンだと思い込んでこのスープを味わうとかなり妙な感じだけど、魚介長浜ラーメンとわかってスープを味わうと、どこにでもある魚介豚骨のスープとはまったく違っていてかなり面白い。
自分もラーメンはいろいろと食べてきたけれど、魚介豚骨スープの豚骨が長浜豚骨というものは食べた記憶がないので。
豚骨の臭みはあまり無くて、その点は博多長浜ラーメンというには物足りなく感じる。まあ一般的に言えば臭みなんてのは無い方が受け入れられやすいハズだし、臭みが無いぶん魚介とも合うのでしょうが。
麺は九州ラーメンらしい加水率の低い細麺。この麺はやっぱり大好きだなと食べていてしみじみ思う。麺硬めは自分としてはちょうど良いくらい。ばりかたまでなら有りかなとは思いつつ。
基本的に九州ラーメンの具材は印象的なものが無い(無くても成り立つ)と思うのですが、刻み玉ネギは食感も味わいも合っていてものすごく良かった。


事前の情報無しに入ったお店でしかも自分が思っていたものと注文を間違えるという始末だったのですが、初体験の魚介長浜豚骨スープというのはなかなかに美味しかった。
次回はちゃんと「博多長浜らーめん」を食べたいなと思いつつ、改めて今回の「魚介長浜ラーメン」を味わってみたいなとも。
近所ではないのでなかなか行けないとは思いますが、寄れる機会は逃さないようにしたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:01Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月22日

茂原市・麺や うしお

今年初めてどころかけっこう久しぶりになってしまった『茂原市・麺や うしお』。珍しく昼の営業時間に。

IMG_8931D

IMG_8932

久しぶりということでスタンダードメニューの「らー麺(750円)・味玉(100円)・麺大盛(200円)」で。

IMG_8933D

相変わらずの豚骨&サンマダシのスープは久しぶりだとまたインパクトがあるし、なにより美味しい。
パツパツと切れる食感が印象的な麺は自分が好きなタイプ。味わいも良い。麺大盛りでないと自分は足りないのですが、ドンブリ内がぎっしりになってしまって麺とスープのバランスは良くないなと。
チャーシューもちょっと変わった食感で面白い。味玉もなかなか。


久しぶりでしたが味にも量にも満足。やっぱりサンマのダシというこのお店ならではの特徴は非常に面白い。
サンマダシとは関係なくなってしまうけど、夜の部だけの「家系ラーメン」が気になるので次回はこれか。
またなるべく近いうちに行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月18日

大網白里市・ラーメンみたけ

先日、今年初めて行けた『大網白里市・ラーメンみたけ』。

IMG_8916D

IMG_8917

今年最初だし定番の「煮玉子ラーメン」かなと思ったものの、なんとなく久々に塩にいってみたくなって「塩玉ラーメン(820円)・大盛り(100円)」で。

IMG_8918D

醤油スープとの違いは、おそらくカエシを醤油ダレから塩ダレに変えただけのハズだけど、ここの中華そばの伝統を引き継ぎつつ現代的にしていると言う印象のスープは、豚骨鶏ガラ煮干し鰹節などのダシが合わさって、ガツンと来るものはないけれどよく味わうとけっこう複雑なもの。そしてこの塩スープになると醤油の味わいが無いのでさらにダシの旨味が前面に出る感じが。
麺はやや硬めの茹で加減で、醤油塩問わずにスープとの相性は良い。大盛りにしても自分にはちょっと物足りないものの。
味玉はやっぱり美味しい。そしてこの塩スープにもコショーは良く合う。


ちなみにお店のドアは閉められていたものの、窓はウイルス対策の換気のために少し開けられていて店内はけっこう寒い。寒い中で熱いラーメンを食べるのは悪く無いのですが、メニューを見て一瞬選択肢に入った「つけ麺」は即候補から外れた(汗)。

新型コロナウイルスへの感染対策としての換気は色々な場所でされるようになっていて、自分はしばらく乗っていないので経験はしていないものの電車の窓も若干開けられていて車内はかなり寒いらしいのですが、気温が低い方がウイルスにとっては適した環境になるのは明らかで、気温と換気とはたしてどちらを優先すべきなのかというのがちょっと気になるところ。
さまざまな感染対策もだいぶ人々に浸透するとともに、思考停止的に行なっている部分も増えてきているように思うのですが。
もちろんこのお店の感染症対策が思考停止的にやっているというわけではなく。

とりあえず自分が身近な飲食店に対して出来るのは、定期的に行って黙って食べてとっとと退店することぐらいなので、またなるべく近いうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:28Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月17日

旭市・支那そばへいきち

先日ゴルフの帰りに寄った『旭市・支那そばへいきち』。

IMG_8908D

IMG_8909

ゴルフ場ではスループレーのあとに食事だったので、コースから30分ちょいで到着して店内に入った時点ではまったくお腹は減っていない(汗)。
しかし注文したのは「まのけ 大盛(1010円)」。勝手に大盛りと口が動いてしまうのは病気なのだろうか。

IMG_8910D

相変わらずの透き通った色のスープは中華そばの系統のものだけど、微かに感じる辛味のようなもので一味違う印象が。壁の能書きには漢方をブレンドしてあると書いてあるけれどそれなのか。ちょっと生姜のような身体が温まる感じもあって、本当に不思議なスープ。
麺はあまりコシのないタイプで茹で加減も柔らかめなのだけど、これが実に良い。結局スープと合わせたバランスなのだなということを実感する。
穂先メンマとワンタンとそれぞれいい存在なのだけど、やっぱりチャーシューの美味しさは特筆すべきところかと。味わいも食感も最高に良くて、正直毎回食べてビックリしている。


今回も大満足でした。旭市では他にも行ってみたいラーメン屋があるのだけど、どうしてもここが第一候補になってしまう。
この日は平日13時半くらいの入店でしたが、店内はほぼ満席でそして自分が店を出るまで続々と後客が入ってきて大盛況の様子。地元に根付いているということに加えて自分のようにちょっと足を伸ばして食べに来る客もいるよう。
近所ではないのでなにかのついででないと行けませんが、行ける機会は逃さないようにしたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:41Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月15日

東金市・水戸屋

さて2021年に最初に行ったラーメン屋はここでした。『東金市・水戸屋』。
去年の食べ納めもここにしようと向かったのだけど、臨時休業だったのか2度フラれた(涙)。

IMG_8886D

IMG_8887

しばらく食べていない「油そば」にするか迷ったのだけど、年の初めということでラーメンにしようと「特製ラーメン(800円)・ネギ(50円)・麺中盛(100円)」で。ネギは玉ネギで。

IMG_8888D

スープをひと口啜って、口中に広がる豚骨の旨味に満足。この時点で今年最初のラーメンがこれで本当に良かったと思う。
このお店のラーメンが自分好みなのは豚骨の旨味がしっかりしていることもさることながら、カエシの醤油のしょっぱさが前面に出ていないところなのだなということを再確認。
自家製麺の麺は食感も味わいも良い。自分としては大盛くらいの量を食べたいところなのだけど、ドンブリの中のバランスがいいのは中盛までなのかなと。
キクラゲは食感のアクセント、そして玉ネギはさっぱり感が追加されて自分としては実に良いなと思っている。
鶏チャーシューの淡白な味わいは自分のような年齢には合ってきているし、とはいえ豚チャーシューの濃厚な味わいもまだ必要。どちらも美味しい。


味にも量にも十分に満足。再度、今年初のラーメンがここで本当に良かったなと。
2021年も自分としては最重要に位置するラーメン屋。今年も月に1度以上のペースで通い続けたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:41Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月11日

山武市・北海道ラーメン パンケ

さて2020年最後に行ったラーメン屋はここでした。夏以来の『山武市・北海道ラーメン パンケ』。

IMG_8838D

IMG_8839D IMG_8840D 

IMG_8841D

このお店ではずっと味噌系を食べてきたのだけど、看板にも大きく書かれている通り北海道ラーメンのお店なので塩もいってみたいとは毎回思っていたところ。
ということで初の塩ラーメン。「ホワイト炙りチャーシューめん(1030円)・麺中盛り(150円)」で。

IMG_8842D

思っていた以上に真っ白な塩スープが来た。最近食べた塩ラーメンの傾向かなんとなく透き通ったスープを勝手にイメージしてしまっていたので。
北海道ラーメンということで、麺の見えないスープの色からはサッポロ一番塩らーめんを連想してしまいましたが。しかしよく思い出してみればサッポロ一番塩らーめんのスープは黄色だった(汗)。
麺はいかにも西山製麺という中太縮れ麺。必ずしも自分の好みではないのだけど、しかしこのスープにはこの麺が最適なのだろうなぁというのは感じる。
炙られたチャーシューは香ばしさとちょっと歯応えの増した食感が良い。味玉も美味い。


やっぱり塩ラーメンも十分に満足出来るレベルのものでした。こうなるとまだ食べていない醤油も気になる。
家から近くにあるお店ではないのであまり頻繁には行けませんが、タイミングを逃さないようにして行ってみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:32Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月08日

東金市・ぐうらーめん

さてまだ2020年中に食べていたものの記事。

『東金市・ぐうらーめん』へ。例年通りに年に2回は行っておこうかということで。ちなみに前回行ったのは7月で、ちょうど半年ごとという完璧なペース配分。
客の入りは相変わらずで、まだ17時台だったにもかかわらず店外に4人組が1組。店内を覗いてみるとテーブル席がすべて埋まっていて、カウンターは空いていたので1人の自分は先に入らせてもらいました。
その後も食べている最中にカウンターはすべて埋まり、テーブル席も空いてもすぐに後客で埋まる状態。

IMG_8836D

↑写真は店を出たときに撮影。

IMG_8834

麺大盛りかめんま追加かともちょい迷ったのだけど、結局いつも通りの「ちゃーしゅーめん(1100円)」で。

IMG_8835D

いつも通りの見た目で安心感はある。
スープは竹岡式ならではのチャーシューの煮汁をお湯で割ったもの(のハズ)。温度がちょっとぬるいのは気になるけれど。
麺は角ばった切り口のタイプで、実はけっこう好みの食感ではある。茹で加減は柔らかめ。
チャーシューはふんだんに入っていて、画像に映っている以外にもスープの下に沈んでいるものも。柔らかい食感と味わいが実に良い。スープは自分の好みとはまったく合わないのだけど、このチャーシューはやっぱり美味いなぁと。


チャーシューを食べているときは月に1度くらい食べたいかなと思うのだけど、スープの自分の好みに合わなさを掛け合わせるとやっぱり年に2回くらいがいいかなと。
とはいえ地元の名店である事実というのは間違いないので、定点観測という意味も含めて今年も2回はいこうと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:39Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月05日

茂原市・麺屋 祐

さてまだしばらくは去年食べたものの記事を。
前回行ったのは8〜9年ぶりだったけれど、今回は約1ヶ月という間隔で行った『茂原市・麺屋 祐(たすく)』。

IMG_8813

IMG_8815

前回は「醤油らーめん」のわかってはいた背脂の量にやられたのだけれど、今回こそは券売機で一番上の段にあるものでいこうということで「特製濃厚鶏醤油らーめん(980円)・大盛(120円)」で。
背脂の量は、少なめで注文しようとしたら聞かれなかった(汗)。

IMG_8816D

出てきたドンブリを見てちょいビックリ。背脂は無かった。
スープは濃厚かつ粘度の高い鶏白湯。醤油はあまり強くない。
麺はゴワゴワの食感の中太麺。この濃度のスープにまったく負けていないのはスゴいけれど、負けなすぎで主張が強すぎる印象も。
具材は、味玉は美味しいし2種類のチャーシューの対比は面白い。メンマと刻み玉ネギの存在は食感のアクセントとして非常に良い。


麺の量もともかくしっかりとした食感のおかげでかなりお腹いっぱい。
開店当初から看板には「背脂」が推されているものの、それだけのラーメン屋ではないということを実感出来ました。
そうすると背脂が苦手な自分が行くのを躊躇するお店では無くなる。土日は通し営業というのも行きやすい。
「鶏煮干し」「つけ麺」に「まぜそば」と気になるメニューもあるので、また行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:06Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月29日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

前回からはあまり間隔を空けずに行けた『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。

IMG_8781D

実はこの間行ったばかりだしということで最初はすぐ近くの『ぼうそう家』に行ったのだけど、店内店外で計10人待ちくらいだったのでこちらに変更。15時過ぎだったのに相変わらずスゴい客の入り。
とはいえ『王道いしい』までは渋滞で15分くらいかかったので、そのまま『ぼうそう家』に並んでいた方が早く食べられたのかもしれませんが(汗)。

IMG_8779

相変わらずここで「つけ麺」や「豚骨塩」のボタンを押す勇気もなく、「ラーメン(730円)・味玉子(80円)・青菜(100円)・大盛(200円)」で。味薄めに、麺の硬さと油の量はノーマルで注文。

IMG_8780D

やっぱり青菜(ホウレン草+小松菜)追加でだいぶ緑な印象になる。
スープは相変わらずの豚骨の旨味しっかりの豚骨醤油。本物の横浜家系のスープに比べると千葉家系ということで醤油の尖り方が足りないのかもしれませんが、こちらは味薄めで注文しているくらいなので。
麺は味わいも食感も良い。このスープと合わせて食べられることに幸福感がある(笑)。大盛りで十分に満足。
で、味玉がけっこう美味しい。これもまたスープと合わせて口の中に運ぶと実に美味い。


前回から2週間ほどでの再訪でしたが、これ以上のペースででも問題なし。
知り合いでも年齢とともに家系を敬遠する人も増えてきていますが、自分はまだ週1くらいででも食べていたいなと(汗)。
また来年に機会を見つけて行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:54Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月28日

東金市・らぁめん屋うどす

先日ちょい久しぶりに行けた『東金市・らぁめん屋うどす』。

IMG_8776D

IMG_8774D

いろいろとメニューが多彩なお店だけど、今回は(おそらく)看板メニューの「東京背脂醤油味玉らぁめん(800円)・大盛り(200円)」で。背脂の量はあっさりで。

IMG_8775D

このお店では最初にこの「東京背脂醤油らぁめん」を食べたと思うのだけど、そのときに思ったことと同じことを思い出す、かつて東京の環七沿いを中心に大流行りしたタイプのラーメン。自分としては『野方ホープ』を思い出す。
豚骨の旨味やら醤油の味わいやらを感じてはいるのだけど、それよりも懐かしさが先に来てしまう。
背脂は苦手だけれど、あっさりにしたこれくらいの量なら許容出来る。背脂抜きまでやってしまうとまた別物になってしまうと思うので。
麺は今回の太麺よりも細麺を選んだ方がより自分の好みだったのは、食べている途中で思い出した(汗)。


美味しいかどうかというより懐かしさで満足した感じもありつつ、大盛りの麺のおかげでお腹もいっぱい。
東金市内のラーメン屋で中休みなしの通し営業というのは珍しいので、その点で自分の選択肢に挙がりやすいという面も。
またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:47Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月27日

夷隅郡大多喜町・ラーメンハウス パティーネ

先日初めて行った『夷隅郡大多喜町・ラーメンハウス パティーネ』。
外出先から帰りに寄れる範囲でラーメン屋はないかと検索したら引っかかった。
ショッピングプラザ(おおたきショッピングプラザ オリブ)の中にあるお店ということで、過度な期待はしなかったものの。

IMG_8733D

IMG_8734X

"いち押し"とあるし「大多喜たけのこチャーシューメン(900円)・麺大盛り(100円)」で。麺大盛りはメニューには書いていなかったけど、聞いてみたら100円で出来るとのことで。

IMG_8735D

青菜と蒲鉾のおかげか彩りがなかなかキレイな印象。
スープは油分少なめの真っ当な醤油スープ。パンチはないけれど動物系と魚介系のほんのりとした旨味の優しいスープが美味い。
麺は加水率高めの普通の中華麺という印象。壁にはいろいろな能書きとともに熟成麺と書いてあったのだけど、自分としては特別インパクトは受けず。まあこのスープにはこういう麺が良いとも思うのですが。
たけのこはメンマとはまた違った食感が面白いのだけど、12月は間違いなくたけのこの旬の時期ではない(汗)。なので、春に食べたらまた別の印象がありそうという予感が。もちろんこのたけのこが不味かったわけではないのですが。
で、意外と言ったらなんだけれどチャーシューがものすごく美味しい。脂身の部分のとろけ具合と身の部分の食感と味わいが非常に良い。たけのこは春に食べたいとして、次回はダブルチャーシューメン(チャーシュー10枚)もいいかなと。


あまり期待していなかったというのはあるけれど思っていた以上にずっと美味しい、レベルの高いラーメンでした。
場所的にまた行ける機会はあるし、中休み無しというのも自分には行きやすい。
次回はチャーシューメンかごま坦々チャーシューメンか。チャーシューを軸に考えようかと。
また行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:20Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月22日

東金市・ぼのぼの

先日行けた『東金市・ぼのぼの』。

IMG_8730D

IMG_8731D

前回は「赤ラーメン」を初めて食べてみたものの辛さ耐性の低い自分には結局合わなかったので、今回は「黒ラーメン」かと思ったものの、久々にノーマルの豚骨醤油のラーメンにしてみようということで「たまごラーメン(850円)・麺大盛(200円)」で。味薄めで注文。

IMG_8732D

豚骨の旨味しっかりの、家系ラーメンのスープに近い豚骨醤油スープが美味い。ノーマルだと自分にはちょいしょっぱめなので、味薄めがちょうどいい。
麺は加水率やや低めの、家系よりは細いタイプ。この太さの麺が豚骨醤油スープと合わさるのはこのお店のキャラクターかと。大盛りの麺はけっこうしっかりとした量。
半熟玉子も炙られたチャーシューも存在感が強い。麺大盛りでも食べていて単調な印象にならない。


味にも量にも満足でした。
このお店ならではというのは「黒ラーメン」と「黒つけめん」ですが、スタンダードメニューのノーマルラーメンが悪いわけもなく。
定休日が火曜と水曜の週2日あるのは多少ネックですが、夜の部が17時からというのは自分には行きやすい。
ちなみに年末年始は、12/29(火曜)〜1/6(水曜)までが休業だそう。
また行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:02Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月21日

東金市・水戸屋

先日行った『東金市・水戸屋』。

IMG_8692D

IMG_8693

「特製ラーメン」「油そばR」「濃厚鶏そば」からどれを選ぼうかと入店したのだけど、券売機を見ると「濃厚鶏そば」が売り切れ。
そこで大きく気が変わって、久しぶりの「特弐号チャーシュー(1020円)・麺中盛(100円)」にすることに。

IMG_8694D

魚介の旨味が強力なスープ。このお店の豚骨醤油のスープとはまた違うインパクト。
自家製麺の麺の食感と味わいは今回も最高。この麺を一番堪能出来るのは「油そば」ですが、ラーメンのスープと合わさった麺もまた良い。
穂先メンマの存在は食感のアクセントとして重要だし、豚3枚鶏2枚のチャーシューは味わいも食感も違っていて食べ比べが楽しい。豚チャーシューはけっこう重さがあるので、枚数は逆でもいいかなとは思いますが。


自分としては「弐号」はこのお店のメニューの中では「特製ラーメン」「油そばR」「濃厚鶏そば」に次ぐ順位づけなのだけど、たまに食べてみるとこれもまた美味しい。
「つけ麺」と「絶豚(ぜっとん)」も久しぶりにいってみたくなった。
とりあえず年内にもう1度は行きたいと思っているので、またすぐに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:33Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月20日

大網白里市・恵比寿ブタメン

先日約1ヶ月ぶりに行けた『大網白里市・恵比寿ブタメン』。感覚としてはちょっと空いたかなというのもありつつ。

IMG_8684D

IMG_8685D

普段は「ブタメン」を軸に券売機の前で悩むのだけど、今回はちょっと変えてみようということで久しぶりの「カリーブタメン(900円)・ブタマシ(300円)」で。野菜マシアブラ多め等はなしでニンニクだけ。

IMG_8686D

まぜそばなのでスープ(タレ)はこの状態では見えず、見た目でカレー感はなし。
しかし野菜と麺とを混ぜていくとスパイスの香りが浮き上がってきて、味わいも辛さというよりはスパイスが前面に出たインドカレーの風味が。
麺はいつもの加水率低めのコシが強力なもの。どんなスープが来ても負けないという麺はこれはこれでやっぱり面白い。
そしてチャーシュー(ブタ)はやっぱり最高に美味い。角煮のような柔らかさの食感とスープの味わいとの組み合わせがとても良い。
このカレースープにも最後には九十九里いわしの割りスープを投入するのですが、スパイス強めのインドカレーと和風の鰯が混ざり合うのが非常に面白い味わい。和風のカレー南蛮(蕎麦/うどん)のスープともまた違う味わい。


今回も十分に満足でした。
家からはたぶん一番近いラーメン屋なのでもうちょっと行く機会を増やしたいところですが。
またそのうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:48Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加