2020年07月31日

成田の森カントリークラブ

昨日は5年ぶりに『成田の森カントリークラブ』へ。成田の森というコース名ながら所在地は香取市ですが。
ここ数日は涼しくて、この日も家を出る時点での外気温が20℃ほど。プレー中も23℃程度と快適な気温。まあ霧雨のような小雨が降っている時間は長くて、湿度はそれなりに高かったのですが。
とはいえ自分としては、高い気温と高い湿度で汗が止まらなくなって目に汗が入って焦点が合わないままボールを打つというのが一番イヤなので、7月の終わりにこの気温は非常にありがたい。


INコースのトップスタート。
10番H(Par5)のティーショットは、チョロ(汗)。アイアンで打ったセカンドもチョロ、3打目はトップ。残り120yからの4打目もカス当たりで乗せられず……。
11番H(Par3)のティーショットも9Iでティーアップしているのに妙な当たり。グリーンエッジからのアプローチが寄ってくれてパーセーブ出来ましたが。
12番H(Par4)のティーショットはトップ。セカンドショットでまたチョロ。残り120yの3打目は2mにくっついてくれたものの入れられず。
13番H(Par3)のティーショットもトップ。グリーン奥からのアプローチが寄ってくれてこのPar3もパーセーブ。

IMG_7805

しかし14番H(Par4)のティーショットはチョロって残り70yの3打目はトップと、ヒドい展開は続く(汗)。
15番H(Par4)のティーショットでこの日初めて良い当たりをして、セカンドショットも良い当たり。良い当たりすぎてグリーン奥のエッジまでいってしまいましたが……。

IMG_7807

一応これでようやく落ち着けて、次の16番H(Par5)はティーショットを右にOBにしたものの、17番H(Par4)と18番H(Par4)は連続でパーオン出来てパー。

IMG_7808

IMG_7809

後半OUTコースも1番H(Par4)2番H(Par4)と4ホール連続でパーオンパー。17番Hと1番Hのセカンドショットはあまり打ちたくない5Iで打ったにも関わらず。5Iを持ってトラブルにならないほうが珍しいのに(爆)。

IMG_7810

5Iで良い当たりを出来ているので油断したとかはまったく無いのだけど、3番H(Par3)のティーショットは7Iでチョロ。3パットで素ダボ……。

IMG_7811

そして距離の長い5番H(Par4)では、ティーショットをチーピンで左の林の中へ。出して3打目をチョロ、残り100yの5打目をトップしてグリーンオーバー。グリーン奥からのアプローチはシャンクでグリーンオンと散々なダブルパー。
6番H(Par5)はティーショットもセカンドショットも良い当たりを出来たものの、残り70yの3打目をチョロってボギー。

IMG_7813

8番H(Par3)のティーショットは8Iの距離ながら、かなり妙な当たりでグリーン右手前に15y近くショート。
最終9番H(Par5)はティーショットセカンドショット3打目とすべて良い当たりで、ピンの左奥3mに。これも入れられずにこの日はノーバーディーで終了。

IMG_7814

IN42/OUT45の87でした。
OBは1。15/18の33パット。3パットは1回。
パーオンは5。フェアウェイキープは4/14。

最終ホールが良い当たりが続いて終わったのでラウンド後の感触はそこまで悪くないのですが、良い当たりかチョロかトップしか出なかったというのは今まであまり無い経験。たぶん9回くらいチョロったハズ。
アプローチでしのげたホールが4ホールあって、パーセーブしたホールは計9つ。他の9ホールで+15というのは。
当たりさえすればブン曲がることはなかったのでOBは増やさずにすみましたが、とりあえずこうなった原因が特にわかっていないのは問題かと。


『成田の森カントリークラブ』は、あまり狭くない林間コースというレイアウト。アップダウンもあまりキツくない。
ベントとコーライの昔の2グリーンというレイアウトなので、グリーンが小さいというのは難易度を上げているところ。パーオン出来さえすればバーディーチャンスになる可能性は高くなりますが。
この日は雨予報への対応でなのか、ほとんどのホールで奥めか傾斜にカップが切ってあったので、その点も難易度は高くなっていましたが(汗)。
クラブハウスのつくりが豪華だったりプール(今は使われていない)があったりとバブル期のコースという印象を受けますが、今はリーズナブルな料金でプレー出来るコース。
また行くと思います。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 21:18Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年06月26日

デイスターゴルフクラブ

昨日は『デイスターゴルフクラブ』へ。一昨日の『南市原ゴルフクラブ』での午後スルーに続いて、2日で2ラウンド(汗)。
このムチャなスケジュールになったのは友だち2人が泊まりで来たからなのですが、一昨日の晩は見慣れぬ人間に警戒したネコが騒ぐし明け方にデカい地震があったりでほとんど寝られず。地震は目覚ましを設定した時刻のちょい前だったのでそんなに関係ないものの。

トップスタートの予約だったのですが、コースに向かっているときからどしゃ降り。
雨雲レーダーを見たら少し時間が経てば雨のピークは過ぎそうだったので、マスター室にお願いしてスタートを1時間遅らせてもらうことに。

IMG_7634

なんとか小雨くらいにはなってくれて、西コースからスタート。


1番H(Par4)のティーショットはビミョーな当たりで左のフェアウェイバンカーへ。前日のゴルフでの筋肉痛が両腕に出ていたので、一応当たってくれただけ良かったですが。フェアウェイバンカーからはちょいダフってしまって乗せられずボギースタート。

IMG_7635

2番H(Par3)はパーオン。しかし寄ったわけでもなく、濡れたグリーンの上りのロングパットを打ちきれず2mショート。3パットでボギー。
3番H(Par4)は朝イチのティーショットのようなビミョーな当たりで左の木に当たってそのまま下へ。ギリギリOBでなかったのは良かったのだけど、いったんフェアウェイに戻すだけ。残り120yを乗せられたものの、3パットで素ダボ……。
4番H(Par4)は右のフェアウェイ(左右二手に分かれている) をキープできて、ようやくのパーオンパー。

IMG_7636

6番H(Par5)はティーショットもセカンドショットもようやくまあまあの当たり。前日からずっと調子の良かったアイアンがちょいフックしてしまいパーオンは逃して、アプローチはまあまあ寄ったものの入らず。

IMG_7639

7番H(Par3)のピンポジションは2段グリーンの上の段。手前ならけっこうラクだったのですが(汗)。なんとかピンのある段まで打たねばと番手は上げたものの、段を上りきる2yほど手前にキャリーしてボールはそのまま5mほど戻ってきてしまった。2段グリーンの15mを必死の2パット。

で、8番H(Par4)のティーイングエリアで再びのどしゃ降りに。あっという間にズボンの色が変わった。
ここまでも雨は止んでいたわけではないのでグリップはちょいちょい滑っていたのですが、このどしゃ降りでグリップは滑りまくりに。
ティーショットはチーピンで左の崖下に。なんとか戻して、しかしグリーンに届く距離ではなかったので4オンのダボ。

IMG_7643

前半最終の9番H(Par5)もティーショットこそなんとかフェアウェイキープは出来たものの、ずっとカジュアルウォーターでボールを動かしながら対処していたのがついにフェアウェイすべてがカジュアルウォーターに。仕方がないのでそのまま打ちましたが、2回チョロった(汗)。
残り100yの5打目も左のバンカーに叩き込んで、素トリ……。

IMG_7644

食事を挟んで中コースに向かうころには雨のピークは過ぎて、再び小雨程度に。
しかし1番H(Par5)のティーショットはドチーピン。まだフェアウェイのほぼすべてがカジュアルウォーターだったので、今度はアイアンで3回打って4オンさせましたが。しかし3パットで素ダボ。
2番H(Par3)のピンポジションは2段グリーンの下の段。この段差のキツさだと大きめに打って戻ってくることも期待できるので、番手は大きめ。のハズが、ちょいダフってグリーンエッジから転がっていってピン横につくという、予定とまったく逆の展開に(爆)。入りはせずにパー。

IMG_7645

IMG_7648

4番H(Par4)はティーショットは久々にまともな当たり。セカンドショットは池越えのロケーションですが、前日からアイアンの調子は悪くなかったのでそう不安感もなく。ただピン真っ直ぐよりは右手の方がセーフティーなので、そちらを向いて打ったらそのままそこへ乗りましたが(汗)。上りのロングパットを打ちきれずに3パット。

IMG_7649

7番H(Par3)のピンポジションは2段グリーンの上の段。このグリーンは上の段が広くないのでかなり難しい。まずは届かせないとと打ったボールはトップして、グリーンエッジから延々と転がって1ピン左に超ナイスオン(爆)。入るわけではなくパーでしたが。

そして8番H(Par5)はすべてがおかしくなる。ティーショットはダフって左ラフに。セカンドショットはトップしてフェアウェイバンカーに。6オンで素トリ。
最終9番H(Par4)もティーショットをミスして左ラフに。届く距離ではなくなってバンカーに足がかかる3打目もミスして、アプローチが寄ってくれてやっとのボギーで終了でした。


西47/中47の94でした。
OB・ペナルティーエリアに入れたのは無し。かなり珍しい(汗)。
20/19の39パット。3パットは4回。グリーンが難しいコースなので、40パットしなくて良かったなというところですが。
パーオンは6、フェアウェイキープは7/14でした。
前後半で同じスコアだけど、2パー4ボギー2ダボ1トリというのもまったく同じ……。


『デイスターゴルフクラブ』は、コースレイアウトにトリッキーさはないものの、ほとんどのグリーンが強いアンジュレーション。グリーンで苦労するコースですが、実際自分の今回のパット数もその通りに。
とはいえ内容としてはドライバー・FW・UTがとにかくヒドい。ティーショットを打って即パーオン不可能となっていることも多いので、正直つまらない。
前日に引き続いてアイアンはけっこう良かったのですが。まあUT以上のクラブが復調すると今度はアイアンが不調になるのはわかっているものの(爆)。
2日で2ラウンドというのも体力的にギリギリでしたが、今日になって完全に筋肉痛ととんでもない疲労感。雨でだいぶ濡れたのでそれで体調を悪くしたのかもしれませんが。
そしてこの2日間は湿度こそやたらと高かったものの気温はまあまあ。もちろん蒸し暑さはしっかりとありましたが。
ここから3ヶ月くらいは気温も確実に上がるので、ゴルフのペースはかなり落ちそう、というか落とします(汗)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:19Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年06月25日

南市原ゴルフクラブ

昨日は『南市原ゴルフクラブ』へ。以前は天ヶ台というコース名で、アコーディアになってから改名されたハズ。
自分のゴルフ行動圏の中にあるコースながら、行くのは今回が初めて。
午後スルーで12時半スタート。ナイターで明るいうちにスタートして18ホールスルーという経験は何度もあるけれど、午後スルーというのは初めてなような。
コース到着時は小雨が降っていたのですが、スタートするころにはほぼ止んでくれるラッキーな天候。


INコースからスタート。
10番H(Par4)は距離もあって難しいレイアウトながら、ティーショットはまあまあの当たりで左ラフへ。セカンドショットは左足下がりの時点でイヤな予感はしていたものの、傾斜に逆らって引っかけてしまってグリーン左手前に。まったく寄らずに15mほどのパーパットといきなりピンチになったものの、奇跡的にオッケーに寄ってくれてボギースタート。

IMG_7611

11番H(Par4)は距離のない右ドッグレッグのレイアウト。
レイアップするホールだったけれど、自分のFWはまったく信用できないのでドライバーでスライスを打って飛距離を落とそうとしたら、曲がりすぎてカート道路の右まで(汗)。
出すだけになってまたボギー。
12番H(Par3)はパーオンできたもののロングパットになってしまって3パット。
13番H(Par5)はセカンドショットでチョロって4打目がまだ70y。これが1.5mにくっついてくれたものの入らずボギーとまったくパーが取れない。

IMG_7615

14番H(Par4)はフェアウェイ右目に行ってしまいこの位置だと右の木がジャマ。枝に当たってガードバンカーに入れたものの、バンカーショットがくっついてくれてようやくのパーセーブ。

IMG_7616

しかし15番H(Par3)は190yと距離が長いこともさておき、まったく当たらずに変なフックをして池に……。

IMG_7618

16番H(Par4)もフェアウェイバンカーに入れてしまいボギー。

IMG_7624

18番H(Par5)はグリーン手前が池のレイアウト。ティーショットは右のラフに入れてしまったもののセカンドはなんとかまともな当たりができて、残り140yの3打目も乗せられてパーオン。
ピンが一番奥で斜面の頂点のようなところでかなりの上り傾斜。キツい上り傾斜のパットは苦手ながらなんとか届かせられたのだけど、カップを舐めただけでした。


スルーなのでそのままOUTコースへ。
1番H(Par4)はライの悪いアプローチでチャックリして目の前のバンカーに入れてダボというキビしい展開。
2番H(Par4)はフェアウェイキープからのパーオンでパーセーブできましたが。

IMG_7625

3番H(Par3)のティーショットは当たらずにグリーン右手前に。アプローチもたいして寄らなかったけれど、パーパットがとんでもない下りのフックライン。必死の2パット……。

IMG_7626

5番H(Par4)はティーショットを右の林の中に。落下地点はOBではなかったようだけれど見つけられずにその付近から第4打。乗せられなかったもののアプローチがオッケーに寄って必死のダボ。
6番H(Par4)は約300yと短いのだけど、ここで今日初のチーピン。左の林に飛び込んでいって完全にOBと思ったのだけど、真右に跳ね返って右のラフまでいってなんとかセーフ。もちろんボギーですが。

IMG_7627

7番H(Par4)は400yとまあまあ長いものの190y以上打つといきなり狭くなるというレイアウトなので、ここはさすがにUTでティーショット。セカンドショットも同じクラブになりましたが(汗)。

IMG_7628

最終の9番H(Par5)は、18番Hを左右反転させたようなレイアウト。ティーショットはかなりビミョーな当たりでフェアウェイキープはできたものの、セカンドショットはドフックで左のラフへ。
とはいえ残り160yなのでグリーンは狙っていったのですが、どうもボールが浮きすぎている(沈んでいるよりはいいのだけど) のが気になりつつ打ったら、そのままテンプラみたいな当たりで大ショート。
アプローチは寄ったのだけど、入れられずにボギーで終了でした。

IMG_7630

IN45/OUT46の91でした。
OBは1球でペナルティーエリアに入れたのも1球。
18/17の35パット。3パットは1回。
パーオンは3、フェアウェイキープは4/14でした。
後半になるほどに当たりがおかしくなってきて、ティーショットを打って即パーオンがムリになって、延々とボギーでしのぐという内容……。スコア的には前後半でもほぼ同じなのですが、後半の方が内容が圧倒的に悪いという。


『南市原ゴルフクラブ』は緩いアップダウンのある林間コースという印象。
グリーンもアンジュレーションがあるし、コースレイアウト自体の難易度も高い。グリーンはもっと良い状態で出来そうですが、まあ暑くなってくる時期でもあるので。
そんなに安くはないコースというイメージだったのですが、今回は午後スルーで約5500円。この金額は自分としてはかなり安いと思ったのですが。
いずれ普通のラウンドでもまた行ければと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:31Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年06月11日

グレンオークスカントリークラブ

昨日行った『グレンオークスカントリークラブ』。
2週間前に行った『オーク・ヒルズカントリークラブ』の隣のコース。元々は両方とも同じ系列のゴルフ場だったのらしいのだけど、今はどちらもアコーディアなので繋がりがあるのかはわからず。
で、アコーディアなので今回もチェックインは自動精算機にアコーディアのカードを入れるだけ。感染症対策としても良いし、人を介さずボールペンも持たなくていいというのはさらに良い。


INコースからスタート。非常に良い天気で気温も上昇して8時スタートでもすでに暑い。
10番H(Par4)のティーショットはトップ。ラフでランも出ずグリーンに届く距離ではなかったので、セカンドはアイアンで適当に。残り90yの3打目をシャンク(爆)。右隣のティーイングエリアに行ってしまって、そして打ったら木に当たってほぼ元の位置に。5打目でなんとかグリーンエッジまで持っていって、1.5mが入ってくれてトリスタート……。

IMG_7499

しかし11番H(Par5)のティーショットは良い当たり。クリークがあるのでアイアンで打ったセカンドショットも良い当たり。ショートパットを引っかけてボギーにはしましたが。
12番H(Par4)は距離は短いけれど狭いというレイアウトだったのだけど、良い当たりを何度かしているとイケる気がしてしまって普通に振ってしまった(汗)。振った方がむしろ曲がらないということもあるのか、良い当たりでフェアウェイ真ん中へ。
次の13番H(Par3)もパーオン出来て連続パー。パーオンでパーが続くとやっぱり落ち着ける。

IMG_7501

IMG_7502

その後風が強まってきて、16番H(Par4)は400yと長めなのに強力なアゲインスト。リキみがあったのか、風にもあおられて右隣のホール近くの木の間へ。フェアウェイに出して残り120yをなんとか乗せられたのだけど、この日初の3パットで素ダボ……。
最終18番H(Par5)ではロブショットでOKパーを拾えたりと凌げたところもあったのですが。

IMG_7504

最近ずっとスループレーだったのだけど、今回は久しぶりにランチ休憩あり。この暑さだとやっぱりビールは美味しい。

IMG_7505

後半はさらに風が強まって、しかし風関係なく1番H(Par4)のセカンドショットは6Iでチーピン(汗)。左足下がりの土混じりのライから乗せることも出来ずに素ダボ。前半に続いてまたスタートホールでやらかしてしまった。

IMG_7508

そのあとはフォローのホールとアゲインストのホールが交互に来て苦労していたのだけど、5番H(Par3)のティーショットはフックを打ってしまった上に右からの強力な風にも乗ってしまって、左奥の次のホールのティーイングエリアまで。20y以上はオーバーしてしまっていたので、そもそもクラブ選択が間違っていたよう。ピン方向は木とバンカーとがあったので真っ直ぐは狙えず、なんとかグリーンエッジまで持っていってアプローチ寄らずの素ダボ。

IMG_7509

そして6番H(Par4)はまた強力なアゲインストだったのですが、ティーショットはちょい弾道が上がってしまって風に叩き落とされて左の池に。池の横から打った3打目はシャンクして右のOBに。打ち直した5打目はシャンクにビビってフェースがかぶってしまって、ピンが右端にも関わらずグリーン左目に。約25mを当然の3パットでダブルパーの+4……。

IMG_7510

8番H(Par3)はグリーン左のバンカーに入れて、ゴルフ場の多くで今はバンカーは感染症対策でバンカーレーキに触れずに足で直すだけでも良いとなっているのですが、このバンカーは足でさえ直されていなくて足跡だらけ。ボールは足跡にかかるビミョーなライだったものの、まあいけるかなと打ったらまったくダメで久しぶりにガードバンカーから1回で出なかった。2回目はOKに寄ってくれてラッキーボギーでしたが。
最終18番H(Par5)はティーショットもセカンドショットも良い当たりだったものの、残り100yをまたシャンクに近いトップをやらかしてボギーで終了でした。

IMG_7511

IN44/OUT49の93でした。強風だったとはいえ、後半3番H以降はパーが取れなかった。
OBは1球でペナルティーエリアに入れたのも1球。どちらも同じホールで(汗)。
16/17の33パット。3パットは2回。
パーオンは3、フェアウェイキープは7/14でした。
ショットの調子は良かった方なのですがショートアイアンかウェッジでやらかしたのが多くて、そして1パットでボギー以上というのが3回あったので、耐えてこのスコアという。


『グレンオークスカントリークラブ』は林間コースながらそう圧迫感はないレイアウト。狭いホールもあったけれど、林は関係なくホールの両サイドが斜面だったりとか。
グリーンはやや大きめでアンジュレーションが強い。速度は9フィートと普通の速さだけれど、状態は良い。自分は平日ゴルファーなのでキビしいピンポジションに当たることがほとんどですが、この日もピンポジションはかなり端に切られていて難しかった。
コース全体としてはメンテナンスがきちんとされているゴルフ場という印象でした。


強風だったにも関わらず雲もなく強い日差しでかなり暑くて、この高温多湿だと自分は汗が目に入って(コンタクト)しまってツラい季節になったなと実感。暑いと単純にヤル気がなくなるというのもあるのですが(汗)。
今日梅雨入りしたというのもありますが、今後10月くらいまでは1.5ヶ月に1ラウンド程度が限界かなと……。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:25Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年05月29日

オーク・ヒルズカントリークラブ

昨日行った『オーク・ヒルズカントリークラブ』。
先月の『スカイウェイカントリークラブ』での激打ちから丸1ヶ月開いて、完全に暑くなる前に行っておいてもいいかと思えたので。『オーク・ヒルズ』へ行くのは初めて。

7:30スタートのスループレイ。家を出るときから半袖でゴルフをやるには良い季節。暑いのがダメな自分にはおそらく良い季節の最終盤(汗)。

IMG_7394

INコーススタート。
前回まったく当たらずに1ラウンドを終えた記憶はまだしっかりと残っていて、とはいえその間に練習場に行ったわけでもなく。家でバット素振りはやっていましたが。

10番H(Par5)のティーショットはまたもカス当たり。左ラフからのセカンドショットでさらにひどい引っかけをして左の林へ。出しきれずにカート道横からの4打目はまだ残り140yとなってしまったのだけどこれがピンの左2mについてくれて、入りはしなかったもののなんとかボギースタート。
11番H(Par3)のティーショットはややトップして右手前のバンカーに入れて、やっぱり今日も当たらない日か???とイヤな感じになってきたところで、12番H(Par4)のティーショットは完璧な当たりでフェアウェイ真ん中。セカンドも良い当たりでピンの右にパーオン。入りはしなかったけど、前回は18番Hまでかかった初パーセーブが3ホール目で出来た(汗)。

IMG_7395

13番H(Par4)は右ドッグレッグで右に打ってしまうと林がジャマ、15番H(Par4)は左ドッグレッグなので左に打ってしまうと林がジャマというロケーションなのに、それぞれ林の方にボールは飛んでいく(爆)。
13番Hはカート道路の上を通してグリーンエッジまで持っていけたものの、15番Hは完全に林の中だったので出すだけ。3オンは出来たもののカップまで12m残ってしまったのをたまたまの超絶距離感でオッケーになってボギー。

IMG_7397

しかし16番H(Par5)はティーショットを右にブン曲げて隣のホールの林の中に。セカンドショットは木に直撃してしまって真左に。3打目でなんとか戻ってこられたものの、池の手前にレイアップのつもりで打った4打目はドローしてしまって飛びすぎて池に……。池の手前からの6打目は特に寄ることもなかったのだけど、5mが入ってくれてナイスダボに。
18番H(Par4)は400y以上あってアゲインストだったのでセカンドショットは花道までしか持っていけなかったのだけど、アプローチは2段グリーンの上までたどり着けず5mほど転がって戻ってきてしまった。そして若干のフックラインだなと打ったパットは、カップ右側の傾斜に気づいていなくてカップ付近から一気に右に転がっていってセカンドパットが8m(爆)。ナイス3パットで素ダボ。


2サムだったので1時間半ほどでハーフ終了してしまい、まだ朝のスタートが終わっていなかったので後半のスタートまでは30分待ち。アプローチ練習場で時間を潰せるのでちょうどいい程度の待ち時間でしたが。


1番H(Par4)では左足下がりのセカンドショットで無理してUTを持ったのがトップしてしまって4オンのダボとしてしまったものの、2番H(Par4)でもアプローチがトップでグリーンを飛び越えてしまったのが次のアプローチはオッケーまで寄ってくれてボギーに抑えられたのは大きかった。

IMG_7399

3番H(Par5)のティーショットは良い当たりでバンカーを越えてフェアウェイに。残り180yのセカンドショットはグリーン左のバンカーに入れてしまったものの、大きなトラブルになることなくバーディーパットが打てているというのは気持ちがラク。

IMG_7400

とはいえ4番H(Par3)はパーオン出来たものの行ってみると2段グリーンの上に乗ってしまっていて、必死の2パットでしたが。

IMG_7401

↑は、7番H(Par5)のフルバックティーのティーイングエリア。ここまで両サイドの木の間隔が狭いところは初めて見た(汗)。自分は左前のレギュラーティーからだったのでまったくのノンプレッシャーでしたが。
ノンプレッシャーのおかげで良い当たりをしてフェアウェイに。3打目はドローしてしまって、ピンが手前なのに左奥の2段グリーンの上に。花道にかけて延々下りで、カップをオーバーしたらグリーンを出ていくのは明らかなロケーションで、当然の3mショートで3パット(爆)。
最終9番H(Par4)はティーショットをミスして右の林がジャマなので2オンはムリな状況に。UTでスライスを打って花道まで持っていって、まあまあ寄ったものの入らずのボギーで終了でした。

IMG_7402

IN44/OUT44の88でした。
OBは無しでペナルティーエリアに入れたのが1球。16/17の33パット。3パットは2回。
パーオンは4、フェアウェイキープは4/14でした。バーディーは取れずの4ダボだったけれど、アプローチでしのいでパーセーブ出来たホールが3つあったのは大きい。
前回はまったく当たらず、結局ラウンド中にまともに当たったのは3回くらいでしたが、今回は3ホール目で良い当たりをしだして、それがそこそこ続いてくれたので不安感が無くなったという感じが。
結局、根拠はなくても自信は大事ということなのかもと(汗)。
楽天GORAでスコア管理をしているのだけど、完全に前回1回だけが台風だったのかケガをしていたのかというようなスコアになってしまった。

1590749306717

『オーク・ヒルズカントリークラブ』は林間コースながらそう圧迫感はなく、大きめかつアンジュレーションのあるグリーンが難しいという印象でした。平日だからなのかもしれませんが、ピンポジションは前後左右に振られているホールが多くて難しかった。
メンテナンスは行き届いている印象で、林間コースなので木は多いのだけど落ち葉が目立つこともなく、芝の状態も良かった。
また行く機会があればと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:39Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年04月27日

スカイウェイカントリークラブ

今日は『スカイウェイカントリークラブ』へ。11年ぶりだった(汗)。

このコースが属するアコーディアは現在スループレーのみ(レストランはクローズ)での営業。そしてこれは現在営業しているゴルフ場ほとんどがそうなっているけれど、着替えやスパイクシューズへの履き替えは駐車場の車内で済ませて、フロントでチェックインをしたらロッカーは使わずにそのままカートへということを推奨。
ロッカーは使わないのだしあまり早く着きすぎても時間を持て余すということでスタート30分前到着を目指して家を出たのですが、予定通りに到着してみると同伴者がクラブハウス前で待っている。
自分がスタート時間をなぜか勘違いしていて、7:38スタートだと思っていたのが7:24のトップスタートだと(爆)。
ということで駐車場でシューズを履き替えてダッシュでクラブハウスに飛び込んでチェックイン。アコーディアのカードがあるので自動精算機ですぐにチェックイン出来て良かった。
スタート時間には間に合ってスタート。

IMG_7235

INコーススタートで10番H(Par4)から。パター練習はもちろん、普段スタート前に必ずやっているストレッチも素振りも今日は出来ず。
まあ当たらなくて当然と打ったティーショットは、左にすっ飛んでフェアウェイバンカーへ。バンカーからはとんでもないフックでまた左にすっ飛んだものの、なんとかボギースタート。
11番H(Par4)のティーショットはドスライスで右へ。斜面を落ちてきたので打てる場所にはあったものの、セカンドショットはトップしてグリーン手前。3パットでダボ。

IMG_7236

12番H(Par3)は距離は長くないもののかなりの打ち下ろしでなかなかのロケーション。
まあ50°のウェッジだしなんとかなるかなと思って打ったのですが、トップして左のバンカーへ。そこから池に入れてまたダボ……。

IMG_7238

ウェッジさえまともに当たらなくてどうやら調子が悪いということには気づきかけていたのですが、13番H(Par5)はセカンドショットからチョロとトップの連続。5打目もトップしてグリーンを飛び越えてトリ。
その後もずっとトップ。17番H(Par4)ではティーショットを右にブン曲げてフェアウェイバンカーの右にまでいったのですが、セカンドショットをトップして目の前のフェアウェイバンカーへ。ウェッジでの4打目でまたトップしてグリーン奥に。とんでもない左足下がりのライからガードバンカーに入れて、久々のダブルパー(+4)。

IMG_7242

2サムなので1時間半ちょいでハーフを終えてしまったのだけど、後半OUTコースへは10分待ち程度でスタート出来るとのこと。9時台はまだまだスタートする組がいるハズなので、予約枠を空けてくれているのか。
ということで9時台前半に後半スタート(汗)。


当たらないのもともかく、ドライバーがスライスばかりだったのでまずはフックを恐れずにつかまえていこうと振った1番H(Par5)のティーショットはやっぱりなのチーピンで左のフェアウェイバンカーへ。セカンドショットはドフックして、朝イチのスタートホールの再現のような……。
相変わらずトップしてばかりだったので、3番H(Par3)はティーアップしていることだし厚い当たりにしたいと振ったら、近年稀に見るレベルの巨ダフりでボールは目の前の池に。
トップの方がまだマシということに……。

 IMG_7243

ちなみにグリーンの速さは9フィートとそこそこの速さながら、コンパクションが高くてかなり硬い。
そして古い設計(悪い意味でなく)の2グリーンなので、グリーンのサイズが小さい。
ということで、自分のようなアマチュアがショートアイアンで打ってもかなりランが出てしまうし、アプローチでも。

IMG_7246

実際のところ7番H(Par5)あたりからちょっとだけショットに復調の気配はあったのですが、グリーンが小さいのでパーオンを逃し、そしてアプローチは延々と転がってグリーンを出ていくという展開も。

IMG_7250

最終の9番H(Par4)のティーショットがドライバーでこの日初めての良い当たり。セカンドショットも良い当たりをしたのだけどちょいつかまってしまってグリーン左奥へ。
アプローチが寄ってくれてパーセーブ。最終ホールでこの日初のパー(爆)。


IN55/OUT48の103でした。
OBは1でペナルティーエリアに入れたのが2球。17/18の35パット。3パットは3回。
パーオンは1、フェアウェイキープは3/14でした。
去年100ジャストというのは2回あったのだけど、それを超える久々の大叩き。
楽天GORAでスコア登録をしているのでここまで打ったのはいつ以来なのだろうと確認してみたら、2012年12月に109というのがあったのでそれ以来の8年ぶりの大叩き。そしてその時はOB8発打っていたので、内容としては今回の方がずっと悪い。


まあ練習もまったくせずに今までそこそこのスコアになっていた方がおかしくて、これが実力なのでしょうが。とはいえさすがに心は折れたし、ショットでまともな当たりをしたのが計3回くらいというのはまったく楽しくない。
これから暑くなるし次回のゴルフは11月くらいでいいかと思うものの、たぶんどこかからお呼びはかかるのでどうしたものか。呼んでもらえるのはありがたいことなのですが。


『スカイウェイカントリークラブ』は距離の長いホールと短いホールがハッキリ分かれているものの、やはり特徴的だったのは小さいグリーンにコンパクションの高さ。
まともな調子のときに回ってみたいとは思いつつ、また機会があれば。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:46Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年04月15日

イーグルレイクゴルフクラブ

今日は半年ぶりに『イーグルレイクゴルフクラブ』へ。

新型コロナウイルスの感染防止への各ゴルフ場の取り組みはそれぞれで、完全クローズとしたゴルフ場もあればアコーディアや東急系のコースはレストランの営業を止めて18Hスループレーでの営業。
そして『イーグルレイク』が属しているPGMは、スループレー推奨もレストランも営業継続というスタンス。
ということで今回はスループレーの予約プランで。
ちなみにほとんどのゴルフ場で共通しているのは、お風呂使用不可(コースによってはシャワーのみ)でロッカーもなるべく使用しないことを推奨。
なので、今回は駐車場でスパイクに履き替えて、フロントでチェックイン(PGMはTカードを渡すだけ)したらそのままカートに向かうということにしました。初めての経験なので、違和感はある。

7時台のスタートにしてはずいぶん駐車場にクルマが多いなとは思いつつ、みんな乗り合わせをやめて1人1台で来ているということもあるのかなと思ったのですが、マスター室前には大量のカートが並んでいたし自分たちの前後も空きはなかったような。


OUTコースからスタート。
1番H(Par4)はレギュラーティーでも420yと長いのでボギーで良しと思ってそしてボギースタートだったのですが、2番H(Par3)3番H(Par4)と連続でパーオン出来てパー。

IMG_7181

陽射しがあって風はほぼ無かったので気温も上がってきて、4番H(Par4)のティーイングエリアで上着を脱いで半袖になって、動きやすくなったしこのまま良い流れでいければと思ったら、脱いでバランスがおかしくなったらしくまったく当たらなくなった(爆)。
ティーショットで右の池に入れてしまったのはともかく、池の横からの3打目はシャンク。

IMG_7182

5番H(Par5)のティーショットもかなりおかしかったけれど、2打目の7Wはチョロ、8Iでシャンク2回。
7番H(Par3)は50°のウェッジで打つ距離なのでパーオンパーセーブ出来たものの、このコース最難関の8番H(Par4)はガードバンカーに入れたのは仕方ないとして、3パットでダボ。
最終9番H(Par5)の3打目はグリーン右側の受け傾斜のカート道路に当たって転がって50yも戻ってきてと、運も無し……。


スループレーなのでそのままINコースに向かうのですが、やっぱり組数は多かったようでまだ前に5組がいる状態。
レストランに入ってビール1杯だけ飲む。

IMG_7184

INコースのスタートホールの10番H(Par4)も距離はまあまあ長い。ティーショットをフェアウェイバンカーに入れてしまったので即レイアップでボギー。
11番H(Par4)はティーグラウンドが普段より前でもともと距離のないホールなのでレイアップなのですが、自分のフェアウェイウッドがまったく信用ならないということでドライバーで(汗)。なんとかスライスで打てたもののちょい曲がりすぎて右ラフへ。とはいえセカンドショットは56°のウェッジ。
5m手前に乗ったのがド真ん中から入ってくれてバーディー。

IMG_7185

バーディーはやっぱり嬉しいので、ここから立て直していきたいなと思った12番H(Par3)は8Iでシャンク……ペナルティーエリアに入れてダボ。

IMG_7186

そして両サイドが池の13番H(Par4)はここはさすがにティーショットは7Wで打ったのですが珍しくちゃんと当たってくれて、大成功のフェアウェイキープ。が、8Iでのセカンドショットをまたシャンク。
14番H(Par4)は折り返しのホールなので右は池に左はOBというレイアウトで、ここもティーショットはレイアップするべきホールなのですが、もうセカンドショットで8Iを持ちたくないという理由でドライバー(爆)。
左のバンカー手前でなんとか止まってくれて、セカンドショットはPW。これが1mにくっついてくれてこの日2つ目のバーディー。
しかしまあ復調とかではなしの完全まぐれだったのは明らかで、続く15番H(Par5)は悪いライだったとはいえセカンドショットをチョロ。4打目はまた8Iになって当然シャンク。
最終18番H(Par5)はフェアウェイバンカーから脱出に2打かかっての素ダボで終了でした。

IMG_7189

OUT47/IN44の91でした。
OBはゼロでペナルティーエリアに入れたのが2球。18/16の34パット。3パットは1回。
パーオンは5、フェアウェイキープは5/14でした。
まぐれバーディーが2つあったのでこのスコアになったけれど、内容的には100くらいという印象……。


イーグルレイクゴルフクラブは、相変わらず激ムズとまではいかなくても難易度の高いコースレイアウトでした。OUTとINそれぞれのスタートホールこそ距離は長めだけれどそれ以外は距離はそう長くない、しかし基本的に狭いという。
グリーンは10フィートの表示で、おそらくそのままそのスピードかなという印象。アンジュレーションがキツいというところはあまり無いのだけれど、これくらいのスピードだと普通に難しい。


そして駐車場のクルマの数とコース内で見えるプレイヤーの数、ハーフターンでの待ち時間からもどうやら枠はほとんど埋まっていたような。
緊急事態宣言が出て以降で営業しているゴルフ場の来場者はだいたい半減というのが聞いているところだったのですが、このコースはまったく違ったよう。
次回行く時にはレストランでハンバーガーを食べていられるような状態になっていればいいのですが。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年03月24日

多古カントリークラブ

昨日は『多古カントリークラブ』へ。なんと7年ぶりだった。

IMG_7055

前日までは気温20℃の日が続いて桜も開花。
しかしこの日に限って気温は10℃。そして北風が強い上に小雨もパラつくというなかなかの引きの強さ(汗)。

IMG_7056

INコースからスタート。
10番H(Par4)のティーショットはビミョーな当たりながら左ラフへ。ビミョーな当たりだったので当然距離は残ってしまったのだけど、ライもビミョーだったセカンドショットはチョロ(汗)。3打目はシャンクしてやっとの4オン。2mが入ってくれてなんとかボギースタート。
11番H(Par4)、12番H(Par4)はパーオン出来てパー。

IMG_7058

自分はその日1日のドライバーがフックかスライスかどちらかの傾向があって、フックの方がアイアンにも悪影響が出るのでどちらかといえばスライスの方がいいのですが、11番H以降はティーショットはスライス。
で、13番H(Par5)のティーショットは最近で一番のスライス(爆)。プッシュアウトスライスで、インパクトの0.3秒後にはOBだとわかったレベル。
とはいえドライバーがスライスの日はスコアはそう大崩れしないというのは相変わらずで、その後のホールはボギーペースで前半終了。

IMG_7060

後半OUTコースの1番H(Par4)のティーショットは朝イチに続いてまたもビミョーな当たり。そして距離の残ったセカンドショットをまたチョロ。今度は3オンは出来たのだけど、3パットでダボに……。
2番H(Par4)はグリーンを外したもののアプローチで凌いでパーセーブ出来たのは良かったのですが。

IMG_7061

5番H(Par5)はグリーン手前からかなり急角度の左ドッグレッグというのはレイアウトで把握したつもりが行ってみるとそれ以上の角度で、3打目はピンが完全に木の向こう側というロケーション。セカンドショットをもっと右目に打たないといけなかった。
頑張ってフックを打ってみたものの曲がりきらず、グリーンの右奥へ。

そして6番H(Par4)はこの日初のドチーピン。セカンドショットもチョロって4オン。2段グリーンの下から3パットでこの日初の素トリ……。
8番H(Par5)のティーショットはこの日一番の当たりも、セカンドショットを右の斜面に落としてボギー。
300yと距離はない9番H(Par4)はセカンドショットが木の後ろというロケーションになりつつ木の上を通せたものの、どうもアゲインストだったようで届かずにグリーン手前のラフに。アプローチは大して寄らずにボギーで終了でした。

IMG_7062

IN43/OUT44の87でした。
OBが1発。17/19の36パット。3パットは2回。
パーオンは5で、パーセーブ以上のホールが6。フェアウェイキープは6/14でした。


『多古カントリークラブ』は、グリーンの更新作業中ということで最近行ったコースの中では一番の重いグリーンスピード。表示は見なかったのだけど、8フィートも出ていなかったかも。
とはいえ、かつてのコーライグリーンなんかはこんなスピードが普通ということもあったハズなので。
アップダウンのあまり無い林間コースというコースレイアウトですが、グリーンに近いところでの急激なドッグレッグというホールもいくつかあったので、多少戦略的な面も。
今回は7年ぶりとかなり久しぶりでしたが、また行ってみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:40Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月27日

小見川東急ゴルフクラブ

約2週間ぶりにまた行った『小見川東急ゴルフクラブ』。
前回と違うのは、こちらがギックリ腰をやったというところですが……とはいえ発症から1週間が経過したあたりでかなり痛みは引いてきた。
立っていたり歩くのは問題なくて、ゴルフのスイングもまあ大丈夫に。一番痛みが出るのがクルマの運転で、家から1時間20分ほどかかるこのコースへの運転はちょっとツラかった(汗)。

IMG_6835

コースに到着したときは腰はバッキバキだったけれど、スタート前に素振りをしてみるとまあ大丈夫そうな感じ。ギックリ腰直後はインパクトからフォロースルーにかけて腰の左側が痛かったのだけど、それもだいぶ治ってきていたので。


今回はOUTコーススタート。1番H(Par4)は左右OBもないのでまずは得意の朝イチチーピンでなければと振ったのだけど、50cmくらい手前からダフった(爆)。自分はドライバーでヒールに当てたりトップはよくやるのですが、こんなダフリ方はたぶん数年ぶりで我ながらビックリした(´ºωº`)
ボールは30yほど転がっただけ。そこからのUTと3打目の9Iは一応当たって、ただピンポジションが一番奥で真ん中に乗っただけだったので15mから3パットでダボスタート。

ただ2番H(Par5)はパーオン出来てパー。このコースで唯一ティーショットが狭い3番H(Par4)はセカンドショットを左にブン曲げてボギーにしたものの、4番H(Par3)、5番H(Par5)、6番H(Par3)と連続パーオン出来てパーセーブ。

IMG_6836

ちなみに天気予報で強い北風という予報になっていたので今シーズン初めて完全防寒の格好で行ったのですが、スタート時はあまり吹いていなかった風は3番Hあたりから強まってきた。
で、このコースはOUTコースもINコースもクラブハウスを背に南に向かってスタートして、途中からは北に向かってクラブハウスへ戻ってくるというのが基本的なレイアウト。ということで北風の今回は、序盤のホールはフォローになることが多く後半のホールはアゲインストになることが多いという。
おかげで上がり3ホールは強力なアゲインストが正面から。
8番H(Par4)は前回はセカンドショットをウェッジで打ててバーディーを取れたのですが、今回のセカンドショットはUT(汗)。ティーショットの当たりの違いもあるとはいえ。UTではライナーを打ちたかったものの、普通に弾道は上がってしまって風に叩き落とされて花道……。

IMG_6837

IMG_6838

後半INコースも当然強風のまま。
とはいえ10番H(Par5)と11番H(Par4)はフォローで、ティーショットは気楽。セカンドショットもアイアンで距離を抑えながらけっこううまく打ててパーオンパーセーブ。
12番H(Par3)以降はアイアンが曲がり出して、パーオン出来ずのボギーが続きましたが。

IMG_6839

ちなみに前回はグリーンのスピードが9.8フィートという表示になっていたものの、一応9フィートは出ているかな???というようなスピード。今回も9.8フィートという表示のままだったのだけれど、朝イチからおそらく11フィート出ていると思われる高速グリーン(爆)。
そしてコンパクションは相変わらず高くて、パンパンのグリーン。ショットもアプローチも前に跳ねていってしまう。
そんなセッティングの中で、15番H(Par4)ではバンカー越えのアプローチをロブショットでOKパーに出来たのはこの日のハイライトだったのですが。

IMG_6841

まあそんなまぐれナイスショットは続かず、16番H(Par5)は強めにドローしたティーショットが強力なアゲインストに叩き落とされて、池の向こうの斜面から転がって戻る入り方で池に入れてダボ。
17番H(Par3)はフォローだったものの風に関係なく左にブン曲げて、寄りそうもないライから乗せられもせずの連続ダボ。
そしてクラブハウスに向かうので強力なアゲインストになる最終18番H(Par4)のティーショットはスライスさせてしまって右のフェアウェイバンカーに。残り180yでアゴも近かったのですが、最後ということでムリをしてみてUTで。カチ上げたボールはやっぱりアゲインストに叩き落とされてまったく飛ばせず、残り70yまでしか持っていけずのボギーで終了でした。

IMG_6843

OUT42/IN44の86でした。
OBはゼロでペナルティーエリア(池)に入れたのが1球。18/17の35パット。3パットは1回。
パーオンは6で、パーセーブ以上のホールが7。フェアウェイキープは7/14でした。


小見川東急ゴルフクラブ』は今回もコンパクションの高いパンパンのグリーン、そして前回とはまったく違う高速グリーンで、どう打つかを考えることの多いコースでした。
ティーショットがノンプレッシャーのホールが多いというのはドライバーを振る練習にもなる。
もちろんこのコンパクションだとグリーンにキャリーしてからのランの距離は長くなるので、ピンポジションを確認してからティーショットをフェアウェイの左右どちらに打つべきかというのもあるのですが、自分にはそんな技術は無い(笑)。
2月ということで食事込み約8000円というプレー料金でしたが、ゴルフシーズンに入る来月以降は料金はかなり上がってしまうハズなのでコースの選択肢からは外れそうですが、いずれまた行ってみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:43Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月18日

太平洋クラブ市原コース

昨日は『太平洋クラブ市原コース』へ。
この2日前に発症したギックリ腰は当然特に回復はせず(汗)。
まずクラブが振れるかどうかだったのでスタート前に珍しくコースの練習場で打ってみると、テークバックからダウンスイングまでは一応大丈夫、インパクトからフィニッシュにかけて骨盤の左側あたりがかなり痛むという状態。
痛みを避けていつものスイングとは違うものになっていたと思うのだけど、意外に数球打つと一応当たるようにはなった。

IMG_6729

コースに向かっているときのクルマの外気温は16℃で、雲もなく快晴の1日。
しかしかなりの強風で、OUTコース1番H(Par5)は左からの強烈な風。このホールのティーショットは右側が即OBなので完全なOB風。当然左の斜面を向いて打ったのですが、逆にチーピンで左のカート道に当たって斜面を上って2番Hの方に行ってしまって、探したのだけれど見つからずにロストボール。
前進ティーから打つことにして、UTはまあまあ当たって残り100y。50°のウェッジも一応当たってくれてグリーンエッジへ。2パットでダボスタート。

2番H(Par4)のティーショットは一応当たってフェアウェイ真ん中へ。ただ、自分では振れているつもりでも実際はやっぱりそうでもないようであまり飛距離は出ておらず、セカンドは残り150y。番手を上げて6Iで打ったら意外に良い当たりでグリーン左奥にパーオン。パーオン出来てちょっとビックリしてしまった(爆)。
ちなみにグリーンに向かっていくと、花道横のラフに朝イチでロストしたボールを発見……。
パーオンはしたもののほぼグリーンの端から端までのロングパットで、3パットでボギー。

3番H(Par3)はグリーン左に外してボギー、4番H(Par4)はティーショットはトップにセカンドショットは巨ダフリで4オンのダボになってしまったものの、これは普段でもある展開。
ギックリ腰の影響はスコアの数字からはわからないような状態。

IMG_6730

5番H(Par4)もティーショットはトップ。池のあるホールで風はフォローだったので結果的には良かったのですが。
残り130yほどだったのでパーオン出来て、カップまでは10m近くはあったものの自分の後ろから2人がパッティングしてラインは完全にわかったので、どうやら初パーが取れそうだと打ったボールはド真ん中から入ってくれてバーディー。初パーより先にバーディーが来た。

IMG_6734

7番H(Par5)もティーショットは怪しかったもののセカンドは残り250yの位置。フェアウェイがベント芝のこのコースで、フルショットにならない70y以下くらいの距離を打つことに良いイメージはまったくないので、レイアップして3打目は残り100y。50°のウェッジで打ったボールはピンの左1.5mにくっついてくれてこの日2つ目のバーディー。
ハーフで2バーディーはかなり久しぶりで、ギックリ腰の状態の方がむしろ良いスコアになるんじゃあとも思えてきましたが(汗)、前半最終の9番H(Par4)のティーショットでフォローに乗って飛びすぎたボールはフェアウェイ右のバンカーまで届いてしまい、バンカーからの残り80yは飛ばしきれずガードバンカーからの3打目をホームランしてのダボで前半終了。

IMG_6737

後半INコースでも風は収まることはなく。
ただだんだん明らかになってきたのが、ショットは意外に大丈夫でアプローチがかなりヤバいという内容(汗)。腰の痛みで上体が起きるのか、ショットは上下でミスするとしたらトップだしアプローチはトップばかり。

IMG_6740

INコースに入ってからはパーオンも出来なくなってボギーの連続になりましたが、14番H(Par4)ではグリーン右手前からのアプローチをトップして乗せられずのダボ。
15番H(Par4)もグリーン右手前に外しましたが、ここは凹んだフェアウェイでチャックリ率90%として有名な場所なので(笑)、パターで打ちました。

1日を通してティーショットでやらかしたのは朝イチのドライバーくらいだったのですが、最終18番H(Par4)のティーショットはこの日最後ということで、もう腰痛がさらに悪化してもいいやと4Wで振りちぎったボールは完全に今日イチの当たりで、フォローの風にも乗って真っ直ぐに池に(爆)。
ティーショットで完全にやりきってしまって、そのままグダグダの本日初のトリ。

IMG_6742

OUT43/IN47の90でした。
OBはゼロで、池(ペナルティーエリア)が1球にロストボールが1球。17/17の34パット。3パットは1回。
パーオンは5で、パーセーブ以上のホールが4。アプローチで凌げたホールは無かった(汗)。9ボギー4ダボ1トリ。フェアウェイキープは9/14でした。

IMG_6746

ギックリ腰に加えてかなりの強風の中のゴルフでしたが、スコアは正直いつもとそんなに変わらないくらい。
むしろハーフ2バーディーは健康体の状態でもあまり出ないので、ギックリ腰の方が良かったのか(爆)。まあ後半INコースではスコア的にも力尽きていますが。
ちなみに腰痛は立っているのと歩くのは大丈夫で、しゃがんだりするのがダメ。
ティーアップはずっと膝をついてだったし、グリーンでラインを読むのにもしゃがむことはせずで。


『太平洋クラブ市原コース』は相変わらずコース全体のメンテナンスが良い状態で、グリーンはそう速くはなかったものの変な転がりをしないという意味でも良い状態でした。
今年もまた行く機会のあるコースのハズですが、まずはギックリ腰が早く治ってくれるといいなと(汗)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:25Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月12日

小見川東急ゴルフクラブ

今日はようやくの2020年初打ちで『小見川東急ゴルフクラブ』へ。初めてのコース。
去年予約を取ったことはあったのですが、そのときは雨でキャンセルに。

IMG_6705

相変わらず練習はしていなくて、去年終わりにラウンドして以来ボールは打っていないしクラブを握るの自体が1ヶ月半ぶり。家の中でバット素振りはしていましたが。
ということで、INコーススタートで10番H(Par5)は不安感しかない今年初のティーショット。
ライナーだったものの一応フェアウェイ真ん中へ。セカンドショットはちょい左足下がりだったのでUTで打ちましたが、これは良い当たり。残り100yを50°のウェッジで打ってピンの左6mほどにパーオン。パーオンして自分が一番ビックリしていた(汗)。
クラブハウスでのグリーンの速度表記は10フィートとなっていて、このラインも下りだったのでかなり警戒して弱めに打ったのだけど意外にボールは走らず1.5mショート……なんとか入ってくれて2020年はパースタート。

まあまぐれだったのは明らかで、続く11番H(Par4)はティーショットをチーピン→セカンドでチョロでダボでしたが。
12番H(Par3)は7Iのティーショットを左にブン曲げたものの、アプローチと2mのパットでなんとか凌いでパーセーブ。
しかしそのあとはボギーかダボ。去年12月あたりではドライバーは怪しいけれどアイアンはけっこう良いという内容だったのが、今日はドライバーがやや怪しくてアイアンが左にブン曲がるという。

IMG_6706

そしてグリーンはやっぱりそんなに速くなかったのだけれど、コンパクションがやたら高くてショットもアプローチも全然止まらなくて前に跳ねていってしまう。
グリーンの形状自体が2段グリーンというのも多かったので、アプローチは本当に難しかった。

IMG_6707

IMG_6708

陽射しもあったので上着は途中で脱げたのだけど、後半はちょっと風が強く。

OUTコースも内容はあまり変わらず。ドライバーはそう悪くないものの、アイアンが曲がる。
まあドライバーであまりやらかさなかったのは、基本的にほとんどのホールが広いというレイアウトに助けられたのですが。

IMG_6709

延々とボギーが続いて、前半INコースが46だったのでまあ目標は90を切ることだなと思っていたのが、7番Hをボギーにしたところでトータルのスコアは+17となってしまってリーチがかかってしまう展開に(爆)。


まずはパーオンしないととドライバーを振った8番H(Par4)のティーショットはフォローの風にも乗ってくれてセカンドショットは残り80yのフェアウェイ真ん中に。まあ左の斜面でハデに跳ねて転がってのこの位置ですが(汗)。
56°のウェッジで打ったセカンドショットはピンに向かってまっすぐ。打ち上げだったのでグリーン面は見えず、距離さえ合っていてくれたらと行ってみるとピンの右50cmのところにボールが。
今年初ラウンドで初バーディーが取れた(笑)。

IMG_6710

スコア的にもトータル+16に戻せて安心したということはまったく無いのですが、最終9番H(Par4)のティーショットは今日イチのドスライス(爆)。
木に当たった音は聞こえて、これは右に跳ねて斜面の下までいっていたらダボコースだなとゲンナリしながら向かうと、木に当たって左に跳ねてくれていて普通に右ラフにボールが。
残りが200y以上あったのとグリーン右手前は池だったのでレイアップ。ダボは避けなければならないので(汗)。
残り80yを乗せて、入らずのボギーでした。

IMG_6712

IN46/OUT43の89でした。
OBはゼロ。17/15の32パット。3パットは1回。
パーオンは3で、パーセーブ以上のホールが4。10ボギー4ダボ(爆)。フェアウェイキープは7/14でした。


小見川東急ゴルフクラブ』は東急系のイメージそのままの広めのコースレイアウト。ティーショットで両サイドが狭いなというのは3番H(Par4)くらいだったような。
グリーンはアンジュレーションはあるものの、やっぱり気になったのはコンパクションの高さ。自分はあまりパーオン出来ませんでしたが同伴のプロゴルファーのショットもやたらと転がってしまっていましたし、自分はアプローチでかなり苦労した。
とはいえ基本的にドライバーは振り回して大丈夫でグリーンに近づくと難易度が上がるという、正統的なコースレイアウトかと。コースの状態もとても良かった印象。
ゴルフシーズンに入るとそれなりの料金になってしまうので、今回のように食事代込みで4桁の料金でラウンド出来るオフシーズンのうちにもう1度行っておいても良いかなと(笑)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:02Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月29日

一の宮カントリー倶楽部

今日は今年最後のゴルフに『一の宮カントリー倶楽部』へ。けっこう行っているコースのつもりが、7年ぶりだった(汗)。
そして自分が土日にプレーするというのはたぶん10年以上ぶりだと思うのですが、7時前にコースに着いてみるとお客が多すぎで驚く。36Hのコースというのはあるにしても、年末の日曜というのはこんな感じなのか。

IMG_6413

西INコース7時半すぎのスタートということでさすがに寒い。気温0℃。
10番H(Par4)は距離は短いながら左が即OBなので、ロースライスを狙っていこうと一応ブンブンと素振りをしてからティーショットを打ったのですが、久々のチョロ(爆)。打ち下ろしなので転がっていってくれてはくれましたが。
11番H(Par4)はまたも左がOBなのですが、今度はそれなりに当たったものの左に真っ直ぐ。木に当たって右に跳ねてなんとかセーフも、セカンドショットはほぼ横に出すだけ。

で、久々にカート(キャディバッグを載せるだけのターフメイト)にGPSのナビもなく、ヤード杭も両サイドに50yごとにあるものの2グリーンなのでグリーンがあるサイドのヤード杭だけ。ピンポジションもピンの真ん中のマークで手前か奥かを判断という表示だったのですが、この3打目が残り何ヤードなのかよくわからず。
グリーンオーバーはOBなのでオーバーはダメだなと打ってみたら全然ショート。アプローチはややオーバーして、下りのパットは2mオーバーしての3パットで素トリ。
OBが絡むかどうかはともかく、トリプルボギーはやっぱりツラい。

で、12番H(Par4)もティーショットは左の斜面。14番H(Par5)は左の崖下へと、ドライバーが左にしかいかない。
ようやくパーセーブ出来たのは15番H(Par4)で、ドライバーがついに右にいったものの曲がりすぎて林の中へ。ただちょうどグリーン方向に木の間が開いていて、グリーンエッジまで持っていけてパターで寄せてパー。
この日初のパーオンは17番H(Par4)でした(汗)。

IMG_6417

IMG_6419

620yとやたらと長い18番H(Par5)は、ティーショットはライナーでフェアウェイ真ん中。ちなみにこの日初のフェアウェイキープ(汗)。
セカンドショットは4Wでけっこう良い当たりも、行ってみるとフェアウェイながら水はけが悪い箇所でランがまったく出ていない。
結局3打目も4Wになってしまって、そして今度は再びライナー。
一応グリーン方向に向かっていったのは見えたのだけれど、どこまで転がったのかはまったく見えず。
で行ってみると、まさかのピンの手前1mに超ナイスオン。真っ直ぐのラインを入れてバーディー。

IMG_6421

復調したのかと思わせておいて、後半OUTコースに入っての1番H(Par4)はドチーピン。隣のホールのフェアウェイ真ん中まで行っていた(汗)。
2番H(Par5)はティーショットは右ラフながら今日2回目の良い当たり。4Wでのセカンドショットもやや右に飛んだもののそこそこ当たって3打目は残り60yほどの位置に。自分がこれだけフェアウェイウッドがちゃんと当たる日はかなり珍しい。
そこから3mにつけられましたが、下りスライスを右に外してしまってパー。
3番H(Par4)は左の崖を警戒しすぎてスライスして右ラフに。まあフックを避けた狙った球筋になってきてはいたのですが。かなりの打ち下ろしのセカンドショットは、左とオーバーはダメなので番手を落としてグリーン右手前なら良しとして実際にそこへ。しかしアプローチがグリーンを飛び越える(汗)。
4番H(Par3)はグリーン右手前エッジに外したのをパターで寄せてパーセーブと、ダボとパーが交互に来る展開(汗)。

IMG_6426

5番H(Par4)はドライバーのけっこうなヒールに当てて、右のフェアウェイバンカーへ。距離的にはまったく気にしていなかったバンカーだったのですが。
アゴが近かったので出すだけ。3打目もショートして乗らず、今度はダボの番になるところを2mが入ってくれて、なんとかボギーでダボ&パーの連鎖解除。

IMG_6427

最近ずっと悪くなかったアイアンが、距離が合わなかったりフックしだしたりというのはあったのですが、6番H(Par3)はちょいショートしたのをエッジからパターで寄せてパーセーブ。
7番H(Par4)はパーオンながら手前10mから2パットでパー。
8番H(Par5)もグリーン左に外したのをパターで寄せてパーセーブ。
最後の9番H(Par4)もグリーン左に外したもののまたまたパターで寄せてパーセーブでした。4番H以降は2m以内が全部入ってくれた。

IMG_6428

西コースIN43/OUT41の84でした。今年最後のラウンドで今年のベストスコアだった(汗)。
OBはゼロ。17/13の30パット。3パットは1回。
パーオンは4で、パーセーブ以上のホールが9。フェアウェイキープはなんと1/14でした(爆)。


『一の宮カントリー倶楽部』は、行く前はあまり距離が長くなく難易度の高くないコースという記憶だったのですが、フェアウェイはあまり幅がないし2グリーンなのでグリーンの大きさも小さい。
林間っぽさのある丘陵コースという設計なので、曲げてしまえば林に入っていくこともあるので。
とはいえ自分は相性は悪くないのか悪くないスコアで回れましたし、今年最後のラウンドでバーディーも取れたので満足。


そして12月は3回のラウンドをしたのですが、すべて良い天気で良い陽気。今日もスタート時こそ寒かったものの、5ホール目で上着が要らなくなるくらい。
後半はちょっと風が吹きましたが、それでも寒いというところまではいかず。
暖冬というのはあるのかもしれませんが、12月の千葉のゴルフ場にそう寒い記憶はないので。


ということで、一緒にラウンドしてくれた人たちのおかげで楽しい記憶の方が多い今年のゴルフでした。
また来年もいろいろなコースに行ってみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:24Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月24日

アバイディングクラブゴルフソサエティ

今日は3年ぶりに『アバイディングクラブゴルフソサエティ』へ。
なぜかアコーディアの系列コースと勘違いしていて、前日にアコーディアのカードを財布の取り出しやすいところに入れ換えていたのだけど、コースに向かう途中の道路沿いの看板で気づいたけれどここはPGM系列だった(汗)。
ということでフロントで出したのはTポイントカード(ヤフーカード)……。

IMG_6379

9時半のスタートというのはあるにしても、12月終わりとは思えないくらいの暖かい1日。
INコーススタートの10番Hのティーショットの前にもう上着は脱いでいた。

IMG_6381

で、1日を通しての内容から振り返ると、ショットの調子はまあまあ良かったもののアプローチとパットでやらかすことが多かったという。
前半INコースはフェアウェイをキープしたのは5ホールで、これは自分としてはあまり無いくらい良い内容。
アイアンも、それなりに芯を食ってちゃんと高さが出てブン曲がっていないという意味で調子が良かったのだけど、それがイコールパーオンというわけにはやっぱりならず。

というか、昔はセーフティーなサイドを狙うようにして外してはいけないサイドは避けるようにという意識がちゃんとあったのですが、練習もしていない最近はセーフティーなサイドを狙ってもまずそこに打てないし、打ててグリーンオンしたところでちょっと距離があるとすぐ3パットだし、だったら上手くいった場合のリターンが大きいということでピンを狙うようにしているのだけど、当然外してはいけないサイドに外すことは多くてそして今日のINコースはそれが頻発した日。
まあそういう設計のコースでもあるのですが。

IMG_6382

ガードバンカーに入れてピンがかなり近いというのも数回あって、10番H(Par4)と1番H(Par4)では抑えすぎて1回で出なかったのはけっこうショック。バンカーショットに苦手意識はないので。
両ホールともに、同じバンカーからの4打目は当然ピンの奥へ(汗)。

IMG_6384

あとはアイアンの番手のジャッジミスも数回。
16番H(Par3)はアゲインストと判断して打ったら、ピンが奥とはいえキャリーでグリーンオーバー。ピンが奥ということはグリーン奥からのアプローチは当然難しい。
18番H(Par5)も7Iでの3打目がピンを15y近くオーバー。2段グリーンの上の段からで当然3パット。

IMG_6386

とはいえアイアンの調子は悪くなかったというのがハマってくれたのが5番H(Par3)で、ピンの左1mちょいに。
奥の、自分よりかすかに遠かったのが先輩のボールで、先に入れて若干のスライスラインを見せてくれたので非常にラクなバーディー。

IMG_6387

IMG_6388

IN50/OUT45の95でした。INコースはショットがまあまあ好調もアプローチとパットでやらかして、OUTコースはドライバーがちょっと怪しくなったもののアプローチとパットは前半よりはかなりマシ。
結局アプローチとパットがスコアに直結するというのがよくわかる。
OBは2発。21/16の37パット。3パットは3回。
パーオンは5で、フェアウェイキープは7/14でした。

IMG_6390

『アバイディングクラブゴルフソサエティ』は相変わらず難易度の高いコースでした。
今日はたまたまティーショットではそう苦労しなかったけれどまあ狭くはあるし、グリーンもスピードはそう速くなかったけれどアンジュレーションはしっかりとある。
一昨日の大雨の影響でカジュアルウォーターになっている箇所もけっこうあったし、バンカーに水たまりがあったりグリーン周りのラフが濡れているので難易度が上がっていた部分も。
しかしクラブハウスを含めたコース全体の雰囲気はけっこう好きなものでもあったりするので、またいずれ行く機会はあると思います。
周りの人に行くコースの候補として挙げると、だいたいイヤな顔はされますが(爆)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:44Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月11日

太平洋クラブ市原コース

今日は8月以来の『太平洋クラブ市原コース』へ。
12月にしては朝からとても暖かくて、7時台中盤という早いスタートにも関わらず最初からインナーと長袖の2枚だけで大丈夫な陽気。


INコースからスタートでしたが、この時期この時間の10番H(Par5)は完全な逆光。ティーショットを打った瞬間ボールを見失ったのですが、幸いフェアウェイど真ん中に。
PWで打った3打目はグリーン左に外してアプローチもたいして寄らなかったものの、5mが入ってラッキーパーセーブスタート。
しかし11番H(Par4)のティーショットはダフって左の斜面へ。直角左ドッグレッグのホールなのでムリせずに短い番手で左目にと打ったらシャンク(爆)。3打目がまだ210y残って、当然の素ダボ。

IMG_6294

12番H(Par3)のティーショットはトップ。しかし池は超えてくれてピンに向かって真っ直ぐ転がっていって、ピンの右奥2mに超ナイスオン(汗)。下りのフックだったので強くは打てず、カップを舐めてパーでしたが。
で、13番H(Par5)からのティーショットは狭いか池が絡むかが続くので、しかしフェアウェイウッドが苦手な自分はここから延々とドライバーのロースライス。ティーアップもしっかり低めで。

IMG_6297

珍しく全部成功して、13番Hはフェアウェイ右目、14番H(Par4)は池の手前20y、17番H(Par4)も残り100yにある2本木の向こうまで打ってしまうと一気にライが悪くなるので木の右手前のフェアウェイ、18番H(Par4)もフェアウェイと、なかなかのコントロール(笑)。

IMG_6300

とはいえイコールパーオンというわけには当然ならなくて、17番Hは超ダフって半分しか飛ばせずに次も乗せられずの素ダボ。18番Hはグリーン手前の池を超える距離がかなり微妙だったのでPWでレイアップしたら、トップして池に入れてのダボ……。

IMG_6302

OUTコースに入って、1番H(Par5)の3打目は6Iで再びトップしながらなんとか手前に乗ったものの、3パットでボギー。
4番H(Par4)はティーショットを一番右のフェアウェイバンカーへ。前半でひたすらスライスを打っていたおかげでちょっとおかしくなってきた(爆)。一応バンカーショットだし上の番手でと打ったらやっぱり左奥にグリーンオーバー。1チャックリで素ダボ。
5番H(Par4)は残り120yからバンカーに入れてゲンナリしつつも、バンカーからパーセーブ出来たのですが。
で、前回8月のこのコースでのラウンドで2番Hのティーショットで足が攣ったことはまったく忘れていなかったのですが、再度来たのが6番H(Par3)のティーショット。トップで切り返したあたりで右足ふくらはぎが攣りかけて、身体は起きてトップしてボールは池に。幸いなんとか攣る手前で堪えられたのですが。
で、3パットでこの日初のトリ……。

7番H(Par5)のティーショットもヒールに当たってロースライスになって怪しい感じ。
で、8番H(Par4)のティーショットは超怪しいハイスライスになってしまって、しかもカート道路に当たって右の斜面へ。セカンドショットはトップしてバンカーレーキに当たって左の凹んだラフへ。残り100yの3打目がフライヤーしてグリーンを20yオーバー……当然素ダボ。
最終9番H(Par4)のティーショットも当たりはまあまあながら弾道はかなり怪しくて右ラフへ。残り120yは乗ってくれて、パーで終了でした。

IMG_6301

IN45/OUT45の90でした。このコースは明らかにINコースの方が難易度が高いですし、ショット内容からいってもOUTコースの方がやらかした感が。
OBはゼロで、ペナルティーエリア(池)に入れたのが2球。17/19の36パット。3パットは3回。
パーオンは7で、フェアウェイキープは8/14でした。 こういう数字は、一応知っているコースのおかげか他コースより良くなるような。


ちなみに今回は身内のコンペで、自分はレギュラーティーから回っていたのですが他のメンバーはPGAトーナメントプロかPGAティーチングプロということでフルバックティーから打っていたのですが、ティーマークが目一杯後ろになっているホールがほぼすべてで距離的にもなかなかだったよう。
11番Hも、このティーマークの位置だと470yのPar4ということで難易度はかなり高い。

IMG_6293

そしてグリーンは9.8フィートとかなり速かった。スタート時は朝露で濡れていたけれどそれでもまあまあ速くて、14番Hあたりから乾いてきてからは本当にしっかりとしたスピードに。
INコースのグリーンはエアレーションされていたけど、変な転がりをせずに速いというのはさすがのコンディション。


もう少しは良いスコアに出来たかなというのはあるのですが、まあ普段の練習もしていないしこの日もスタート前に練習場で打ったりもしていないので。
天候に恵まれて、古くからの先輩たちと楽しくラウンド出来たということで十分だなと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:27Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月21日

東庄ゴルフ倶楽部

昨日は『東庄ゴルフ倶楽部』へ。前回ここに来たのは6年ぶりだったのだけど、今回は5ヶ月ぶり(汗)。

IMG_6199

OUTコーススタートで、1番Hのティーイングエリアに立つ前から風は強い。
朝イチのティーショットは風にまったく関係ないチーピンでしたが。セカンドショット以降もまったく当たらず、チョロ・チョロ・トップという( ꒪⌓꒪)
しかし2番H(Par5)ではなんとかスイングを思い出して、パーオンは出来ずグリーンエッジ近くからのアプローチもたいして寄らなかったものの3mが入ってパーセーブで落ちつけたような。
風は強まる一方で、4番H(Par3)はピンまで155yながら正面からのアゲインストだったので持ったのは5I。グリーンの一番手前になんとか乗ったものの、それでもピンまでは8yほどショートでした。

IMG_6200

2番H以降はショットの調子はそう悪くない感じだったのですが、アプローチとバンカーの距離感がまったくダメな日で、しかもそういうときに限ってバンカーに入りまくりでスコアをどんどん悪くする。
3番H(Par4)ではフェアウェイバンカー、5番H(Par4)はガードバンカーに入れてしかも1回で出ず。6番H(Par4)はフェアウェイバンカーからガードバンカーへのハシゴ。9番H(Par5)もガードバンカーに。
IMG_6203

IMG_6204

後半INコースに入っても風の勢いは変わらず、相変わらず難しいコンディション。
10番H(Par4)はアプローチで大ショートしての3パット、11番H(Par5)はガードバンカーから乗せられず、12番H(Par3)はティーショットでドフックを打ってしまって池に入れての3連続ダボ(´ºωº`)
13番H(Par4)でこの日唯一のバーディートライと言える距離。まあ当然入りませんでしたが。

IMG_6205

14番H(Par4)はティーショットで左の池に入れながらなんとかボギーでしのげたのですが、15番H(Par4)で3パット、16番H(Par3)でアプローチでグリーンオーバーとまたも連続ダボ。

IMG_6206

そして17番H(Par5)と18番H(Par4)はグリーンに向かって打つクラブのジャッジミス。ピンが奥だったのでどちらもグリーンオーバー。
コース全体で前々日の雨でラフが濡れている箇所は多かったのですが18番Hのグリーン奥もそういう場所で、イヤだなぁと思いつつ振ったらチャックリで50cmしかボールが動きませんでした(爆)。

IMG_6208

OUT45/IN50の95。前回とまったく同じスコアだった(汗)。前回は計7回のシャンクデーで今回はノーシャンクだったので内容はまったく違うのですが、スコアは同じという。
OBはゼロで、ペナルティーエリア(池)に入れたのが2球。15/20の35パット。3パットは3回で、INコースでだけ。
パーオンは4で、フェアウェイキープは6/14でした。


『東庄ゴルフ倶楽部』は相変わらずなかなかの高速グリーンで、風の強かったこの日は乾いていってスピードはさらに上がって難しい。平日ということもあってかピンポジションは端に振られていたホールも多かったので、その点でも難易度は高かったような。
グリーン上ではボールマークが目立つことが多くて直せる限りは直していったのですが、残念ながら客層のレベルを示唆しているとは言えそうですが。フェアウェイの状態も含めて芝の状態は悪くないので、コース管理はしっかりと仕事をしている印象。
家からは1時間15分程度かかる場所なので行くのはちょっと大変なのですが、またいずれ行く機会はあると思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:45Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月30日

イーグルレイクゴルフクラブ

今日は3月以来の『イーグルレイクゴルフクラブ』へ。とはいえこのコースのラウンドは今年すでに3回目(汗)。
久しぶりに明け方から濃い霧が出て、7時半のスタート時の視界は250yは無いくらい。カートにナビがついていて前の組のカートの位置はわかるので、定刻通りにスタートしていきましたが。

IMG_6096

今回はOUTスタート。このコースは普通にOUT→INと回った方が良い印象。
スタートホールの1番Hと10番Hはそれぞれ距離のあるPar4なので、どちらも難しいのですが。
今回もセカンドショットはUTの距離が残りつつなんとかグリーンの左まで持っていけたものの、アプローチでグリーンオーバーしてしまってダボスタート。
2番H(Par3)は、ピンがやや奥だったので突っ込んでいこうと9Iで打った球が1mにくっついてバーディー。
ドライバーは上っ面に当たってしかも左という弾道が多かったのですが、それ以外のショットの調子は全体的に良い日でパーオンが続く。距離はそう長くないけれど狭いこのコースで、自分はOBと3パットでスコアを増やすというのがよくあるパターンなので、パーオン出来ても3パットというのはやっぱりありましたが。

IMG_6097

9時前にはさすがに霧も晴れた。

IMG_6098

しかし狭くてしかも距離が長い(レギュラーティーで約400y)の8番H(Par4)には苦手意識もかなりあるのですが、ティーショットはやっぱり左に巻いていったもののカート道右からUTで打った残り185yのセカンドショットは、ピンの右奥2ピンほどの位置について超久しぶりのパーオン。入りはしませんでしたが、このホールではたぶん久しぶりのパーセーブ。
これでやりきった感があったわけではないのですが、最終9番H(Par5)のティーショットはまた左にすっ飛んでフェアウェイバンカーへ。アゴも近かったのでほぼ出すだけ。4オンは出来たのですが3パットしてダボでした(汗)。

IMG_6099

8番Hのやりきった感が継続していたわけでも昼休憩が1時間半あったのも特に関係はないのですが、後半INコースはなかなかにヒドい内容に。
10番H(Par4)はティーショットは良い当たりではないながらフェアウェイにはいったのですが、一応グリーンに届くクラブでとフェアウェイウッドで打ってみたセカンドショットは超ダフって100yほどしか飛ばず(爆)。
先週の大雨か前日の雨の影響どちらかはわかりませんが、コース全般でカジュアルウォーターにギリギリならない程度に水を含んでいる箇所が多くて、でもそれにビビってトップというのもイヤだなと振ったらダフった( ꒪⌓꒪)
3打目がこの日唯一のシャンク気味の当たりでグリーン右の下り斜面へ。アプローチでたぶん数年ぶりのダルマ落としをやってボールは20cmしか動かず(汗)。乗せて3パットで8(+4)……。

IMG_6100

この日のドライバーは基本的に左にしかいっていなかったので、左が即OBの11番H(Par4)は右のOBの方を向いて打ったのですが、それでも強力にドローして左OBへ。
12番H(Par3)は、グリーンの左と奥はOBというロケーションでしかしピンが左奥。135yながらややアゲインストだったのでピンまで届くクラブでということで7Iで打ったのですが、完璧に良い当たりをしたボールはまったく落ちてこなくてピンの奥10yのカート道路を直撃して奥のOBへ(汗)。幅2yほどのカート道路にわざわざ当たらなくても良さそうなものですが。
8Iで打ち直したらピンの右2mに乗ったので、ただの番手選択のミスだった。
そのあとはやや持ち直して、ずっと上っ面に当たりつつ左にすっ飛んでいたドライバーも15番H(Par5)でティーの高さを低くしてみたらなんとかマシな状態に。修正があまりに遅い(爆)。

IMG_6101

OUT42/IN49の91。OBは2発で、ペナルティーエリア(池)に入れたのが1球。19/17の36パットで3パットは3つ。やっぱりこのコースでは30前後のパター数とはならなかった。
パーオンは6で、フェアウェイキープは6/14でした。

IMG_6103

このコースでの自分のスコアはだいたい90台後半なので、今回の91というスコアは悪い数字ではなく。前半が42なのでさすがに80台にはしたいところでしたが(汗)。
まあ今回はバーディーが1つ取れたのと難易度の高い8番Hでパーオンパーセーブが出来たところには満足なので。
自分の家からは40分ほどと行きやすい立地にありますし、コースの戦略性とグリーンのスピードが(真夏以外は)しっかり出ているというところも選択肢に入りやすい点かと。この日のグリーンスピードは9フィートの表示でしたが、ちゃんと数字通りの転がりだったかと。
またそう間隔を空けずに行くと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:58Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月03日

香取カントリークラブ

今日はほぼ1年ぶりの『香取カントリークラブ』へ。

千葉県の先月の台風15号の被害は、房総半島南部と内房方面に外房方面だと山武市のあたりの被害が大きかったようですが、このゴルフ場がある香取市の方も倒木の被害がまあまあ出ていたよう。
コース内で倒れたままになっている木もあったし、奥の方で丸太が山のようになっているところも(汗)。
しかし芝のメンテナンス等はしっかりされていて、ラフに入ってもボールははっきり見えるくらい。
グリーンも9フィートと、秋っぽいコースコンディションになってきた。

IMG_5933

しかし体感の気温はまったく秋らしくなく。
気温は30℃手前と10月にしてはけっこう高いし、湿度も高いので蒸し暑い。
汗かきの自分は相変わらず目に汗が入って難儀したので、真夏のゴルフとそう変わっていなかった感も(汗)。

IMG_5934

自分のゴルフの内容は、最近ではショットの調子が良かった方。
ドライバーのティーショットこそ右へ左へが交互に出たりしましたがそこまでブン曲がっていたわけでもなく、アイアンはすべてドローしてしまっていましたがこれもグリーン左エッジ程度には収まるくらいの曲がりだったので。
ただ、パッティングがかなりヒドい日。
前半INコースでも3パットでのダボが2つありましたが、それ以外のパーパットもまったく入らず。
パーセーブ出来たのはパーオン出来たホール……。

IMG_5935

そして後半OUTコースでは、1番H(Par4)は手前カラーからパターでパーセーブ出来たものの、2番H以降はまったくダメ。
ショットの調子は後半にかけて良くなっていたので、パーオンしなくてもほとんどのホールでカラーからパターで打っていたのですが、寄らず入らずのボギーの繰り返し。
2番H以降は全ホールボギーでした(´ºωº`)

IMG_5936

IN44/OUT44の88。ダボは2つで両方3パットで。珍しくOBはゼロで、ペナルティーエリアに入れたのが1球。19/19の38パットで3パットは4つ。2番H以降は全ホールでカラーかグリーンエッジから3パットしていたような状態だったので、感覚的には45パットくらいですが(爆)。
パーオンは4で、フェアウェイキープは4/14でした。

IMG_5938

もうちょっとだけでもパターが入っていれば80台中盤のスコアになるのですが、まあそういうパターの調子のときは今度はショットが悪くなるものなので、結局帳尻はあってこのへんのスコアになるのか(汗)。
次回のラウンドは未定ですがさすがに暑い季節は終わっていると思うので、その点はちょっと楽しみに出来るかなと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:52Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月19日

房総カントリークラブ房総ゴルフ場

今日は初めての『房総カントリークラブ房総ゴルフ場』へ。
先々週の前回のゴルフは睡眠時間ゼロで体調最悪ゴルフの調子も最悪というラウンドでしたが、今回も前回と同じく友だち2人が前泊。
しかし今回は一応寝られたので体調に問題なし。寝たといっても2〜3時間程度なのですが、やっぱりゼロとはまったく違う。
先々週のような暑さではなかったのも大きいですが。

IMG_5829

台風で昨年の日本プロ開催の看板が剥がれて、パズルのようになっていた(汗)。


東と西の36ホールのコースですが、西のINコースからスタート。
10番H(Par4)のティーショットは朝イチからけっこうちゃんと当たったので、今日はまあ大丈夫かなという予感が。前回は前半は1回もまともに当たらなかったので(汗)。
10番H11番Hとあまり長くないPar4だったのですが、12番H(Par3)は185yといきなり長い。トップしてライナーでなんとか乗りましたが(爆)。

IMG_5832

コースのことは事前にまったく調べないままに行ったのだけど、基本的に距離は短め。Par4は300y台前半のホールが多いので、距離的にはまあまあラク。フェアウェイバンカーかラフに植えてある木でロケーションを狭めている部分もありましたが、印象としてはそんなに狭くはない。
しかしグリーンは古いタイプの2グリーン設計で、かなり小さい。全然パーオン出来ず。逆にロングパットにはほとんどならないので、3パットはしなかったのですが。

IMG_5835

前回のラウンドより体調も良いしゴルフの調子もまあまあというのがわかってきて、気持ちとしてかなりラク。パーかボギーかという展開に。
しかしおかしくなってきたのは17番H(Par5)からで、セカンドショットはレイアップのつもりだったのが残り100yのバンカーへ。そしてそこからガードバンカーに。
18番H(Par4)も距離の短いホールながらティーショットはチーピン気味に左のフェアウェイバンカーへ。やや左ドッグのレイアウトなので木が邪魔になってグリーンは狙えず、これもレイアップのつもりがサブグリーンのガードバンカーへ。残り50yほどをグリーンオーバーして本日初のダボ。

IMG_5840

後半OUTコースに入って、1番H(Par4)もティーショットはチーピン。左のフェアウェイバンカーへ。
2番H(Par4)は赤線に囲われた砂利のあるペナルティーエリア(元々は川だった?)まで届いてしまうということで、この日初のフェアウェイウッドでのティーショット。フックしてしまったのはともかく、アゲインストなのにボールが上がりすぎてしまって左のフェアウェイバンカーへ。
バンカーからの7Iのセカンドショットは、今年一番くらいの当たりが出てパーオン出来たのですが(笑)。
連続4ホールで6回もバンカーに入ることがあるのか???と思いつつ、3番H(Par3)のレイアウトはグリーン左がバンカー。
当然フックしてバンカーでした(爆)。連続5ホールで7回のバンカー。 

IMG_5842

そして4番H(Par5)はティーショットを右の林にロスト。
420yといきなり長いうえにグリーンの手前が池の5番H(Par4)は、普通にボギー。

IMG_5847

6番H(Par4)と7番H(Par5)はまたフェアウェイバンカー絡みで連続ダボとちょっと厳しい展開に。
風が強まった上がり2ホールは逆に集中出来たのか、なんとかパーセーブ出来てラウンド終了でした。

IMG_5849

IN42/OUT45の87。ダボは4つだったけれどトリが無かったのは大きかったかと。ロストが1球。14/14の28パットで3パットはゼロ。パーオンは2(汗)。フェアウェイキープは7/14でした。
数えてみたらバンカーには全部で9回イン……フェアウェイバンカーが6回という。


『房総カントリークラブ房総ゴルフ場』は、途中で書いた通りに全般の距離は短め。Par5はしっかり500y以上ありましたが。
そしてグリーンが小さいのでパーオン出来ずにアプローチという機会は増えるので、そういう点の難易度の高さがあるというレイアウトでした。高さはそうないとはいえ砲台グリーンがほとんどだったというのも。
昨日がけっこうな大雨だったこともありグリーン周りの芝は寝てしまっていたりしたので、自分はウェッジかパターかで迷ったら即パターを選択しましたが。
台風によるコース内の倒木は多かったようなのですがプレーに影響があった倒木はまったく無く、メンテナンスがちゃんとされていたという印象。途中で丸太を積んだコース管理のトラックはかなりの数を見たので、コース内でいったい何本の木が倒れたのかは気になりますが(汗)。
東コースの方とクラブハウスの違う大上ゴルフ場の方もいずれラウンドしてみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:16Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月07日

真名カントリークラブ 真名コース

昨日は『真名カントリークラブ 真名コース』へ。今年の初打ちは隣接している『真名カントリークラブ ゲーリー・プレイヤーコース』でしたが、こちらの真名コースも今回初めて行った。
普通に18ホールのゲーリー・プレイヤーコースと違ってこちらは27ホールのコースで、こぶしコース→つつじコースをプレイ。
そしてベントとコーライの2グリーンでこの日はコーライグリーンの方。コーライのグリーンでパッティングしたのは、10年ぶりくらいな気がする。


が、一緒にラウンドした友だち2人が前日にウチに来て泊まったのですがお開きになったのがまあまあ遅い時間だったのもともかく、見慣れぬ人間がいるのに情緒不安定になったウチのネコが夜中に暴れまわって、下の階で寝た2人の睡眠を妨げるのも申し訳ないので普段ドアを開け放している自分の部屋に閉じ込めて寝ようとするも朝までずっと暴れっぱなし。
起床時間の5時半までまったく寝られず、睡眠時間ゼロでラウンドすることに(死) 。

IMG_5734

2人が練習場で打ちたがったので自分も打ちましたが、全然当たらない(汗)。
そして早いスタート時間にも関わらずあっという間に気温は上がってきて、スタートホールのティーイングエリアですでに汗をかいているという。
コース内でもまったく当たらず、気温が上昇するとさらにおかしくなってきて普段あまりやらないチョロまで出だして、素ダボ素トリを乱発。

IMG_5735

前半は本当に1回もちゃんとした当たりが出ず、久々のハーフ50超えで53。しかもOBは無しでペナルティーエリアに入れたのが1回でこのスコア。

IMG_5737

ランチはバイキングだったけれど、完全に体調不良になって食欲まったく無し……。たったこれだけを食べて終わりでした。

IMG_5738

景色は、真夏ι(´Д`υ)アツィー
最高気温は33℃前後で、湿度も高かった。

IMG_5739

後半は体調不良のスイングにやや慣れたのかパーかダボかというようなボギーペースになって、スコアとしてはやや復調。
とはいえ多少当たるようにはなったものの全般おかしいままで、一応多少はあるゴルフ経験値でごまかしまくったというところですが。

IMG_5741

17番Hを終えてトータルが+25で、最終18番Hがダボでも99。あれこんな内容でも100って切れるのか???という油断はまったく無かったつもりなのですが(目標が低すぎるし)、ティーショットでここ10年くらいで記憶に無い、ボールの上っ面を叩いてのチョロ。
レディースティーより手前からのセカンドショットは植え込みがテイクバックの邪魔になって、ムリに振ったら左の林へ。出して残り100yの4打目をシャンクして終了でした( ꒪⌓꒪)

IMG_5748

こぶし53/つつじ47の100ジャスト。結局ラウンドを通してOBはゼロで、ペナルティーエリア(池)に入れたのが前半の1回だけ。19/16の35パットで3パットは3回。超久しぶりのコーライグリーンは、どうしても遅い重いという先入観があるので実際に打ってみると下りのラインは意外に速かったりして、距離感が全然合わず。
パーオンは1……フェアウェイキープは3/14でした。


『真名カントリークラブ 真名コース』は、芝の刈り入れ等かなりちゃんとされていてメンテナンスは良かった印象。
レイアウトは、『ゲイリー・プレイヤーコース』と違ってアップダウンはほとんど無く全般がフラット。
そしてOBもかなり少ない林間コースでした。もちろん林の奥に入ってしまってもOBではないので、むしろスコアが悪くなるという可能性もありますが(汗)。


とりあえず今回のラウンドは、寝不足からの体調不良でどうしようもなし。忘れることにします(´ºωº`)
この体調不良スイングを身体が憶えていないことだけを願っていますが。
『真名カントリークラブ 真名コース』は自分の家からけっこう近いですし、そう高くない値段のわりにコースとしてかなりちゃんとしているという印象だったので、まともな体調のときにまたラウンドしてみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:05Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月20日

太平洋クラブ市原コース

今日は、今年2月以来の『太平洋クラブ市原コース』へ。
酷暑のこの時期のゴルフは避けていたのだけど、参加せざるを得ない集まりだったので(汗)。


明け方前後に土砂降りになったおかげか、朝起きた瞬間はけっこう涼しくてちょっとだけヤル気になったものの、9時半にスタートしてみるとやっぱり暑かった(爆)。INコースからスタート。

IMG_5624

相変わらず練習は一切していないものの、10番H(Par5)のティーショットはなぜかフェアウェイど真ん中。まあまあ飛距離も出ていた。
セカンドショットはやや右に外れてラフへ。フライヤーに気をつけて振ったPWでの3打目はむしろあまり飛ばなくて手前に乗っただけ。3パットでボギースタート。
直角左ドッグレッグの11番H(Par4)もティーショットはいい当たりながら、真っ直ぐ飛んでしまってセカンドの残り距離は210y。左のOBを最大限に警戒して番手を落として打ったので、グリーンのエッジやや手前まで。ベント芝(洋芝)のアプローチってのは久しぶりにやると本当にイヤだなぁと思いつつ打ったら、やっぱりチャックリで素ダボ。
しかしそのあと4ホールは連続パーセーブ。13番H(Par5)は3打目を左手前のラフに外したのだけれど、フェアウェイではなくラフからのアプローチならなんのプレッシャーも無い(笑)。

IMG_5626

基本的にはショット全般の調子が良いという展開で油断していたわけでもないのですが、16番H(Par3)では8Iでドフック。左に40yくらい曲がった(汗)。そこから奥のバンカーに入れて、再びの素ダボ。

IMG_5629

最終18番H(Par4)はセカンドの残り距離は170yながら池越えのロケーション。ということで番手を上げて、グリーン左エッジの方角は池越えにキャリーの距離がしっかりと必要になってしまうので、悪くて右にミスと唱えながら打ったら、完全な逆球で左に(汗)。番手を上げていたのと強いドローだったので、池は超えてグリーン左奥のラフでしたが。
アプローチはピンの左のカラーに外してしまい、パーパットは強く入りすぎてまたもや素ダボ(汗)。

IMG_5630

後半OUTコースに入って、序盤で本日のハイライトが。
2番H(Par4)のティーショットで、インパクトの3cm手前で右足ふくらはぎが攣った(爆)。
ティーイングエリアでひっくり返っている自分の足首を先輩が曲げてくれて、なんとか立てる程度に復活。
ボールはドスライスながら(当然誰もボールの行方は見ていなかった(笑))なんとかOBにはなっておらず。しかし同じスイングをしたらまた攣りそうだし、なにより右足はまだかなり痛い。
まあ距離がかなり残っていたのでどうせレイアップと恐る恐る打ってみたセカンドショットは、50y先の木に当たって右に跳ねて本日初のOB( ꒪⌓꒪)……この日初のトリがきた。

IMG_5631

そこからすべてがおかしくなって、5番H(Par4)はティーショットを左の池に入れたのはともかく、池の後ろからの3打目はドフックしてグリーン左手前の木に囲まれた窪地へ。そこからバンカーに入れて、再びトリ。

IMG_5633

6番H(Par3)は池越えでしかもけっこうなアゲインストだったので、強く振ってしまってドフックして左隣のホールまで曲がったのはまあいつも通りというところなのですが。ちなみにここでも、悪くて右にミスと唱えながら打っていたのだけれど(汗)。
また右足が攣りそうという不安感は継続ながら一応痛みは治まってきたおかげか、上がり3ホールはなんとかパーかボギーかという展開に出来てラウンド終了。

IMG_5634

IN44/OUT45の89でした。OB1発にペナルティーエリアに1発。17/13の30パットで3パットは1つ。パーオンは5/18で、フェアウェイキープは5/14。
OUTコースよりINコースの方が明らかに難易度の高いこのコースで、INコースの方がスコアが良かったのは初めてかも(汗)。


6〜7年くらい前にラウンド中に足が攣ったことは何度かあって、ただここ数年は起こっていなかったことなので忘れた頃にやってきたという。
自分は大汗かきなので、水分摂取には気をつけていたものの塩分不足になったとかが原因なのかもしれませんが、しかし以前は真冬のラウンドで足が攣ったこともあったので、なにがいけなかったのやら(汗)。
まあ真夏にゴルフの予定を入れた自分への罰ということにしておきます……足が攣ったこと以外は、一緒に回った人たちのおかげで非常に楽しいラウンドだったのですが。
次回は涼しくなってからの10月以降と思っていたのですが、9月前半に次回ラウンドが入ってきそうなことが今日判明(´ºωº`)
その頃には、最高気温27℃以下になってくれていることを全力でお祈りしておきます……。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:53Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月24日

神崎カントリー倶楽部

今日は4月に行って以来3ヶ月ぶりの『神崎(こうざき)カントリー倶楽部』へ。平成最後に行ったコースがここでした。
前回とまったく同じ、8:14スタートの18Hスループレー。

IMG_5415

前回と違うのは、今日は朝イチからすでに暑い( ꒪⌓꒪)
1番H(Par5)の朝イチのティーショットは前回と同じで、ドローして左ラフへ。9Iで林の上に打っていって3打目は残り100yだったので一応パーオン。練習グリーンより速そうに見えたグリーンはやっぱりこの時期に速いことはなくて、1.5mショートしてしまって3パットのボギースタート。
2番H(Par4)のティーショットも前回と同じでチーピンで左にOB。ガードバンカーからの5打目は、ボールの後ろに草が生えているのを気にしたらシャンクした(爆)。
3番H(Par3)も乗らずにボギー。
4番H(Par4)はティーショットを7Wで左にOBと4ホールで着実にスコアを増やして、上がってきた気温とは反比例してヤル気が無くなる(´ºωº`)

IMG_5416

しかしそのあとは5ホール連続でパーセーブ。
パーオンが2ホール続いてくれたのでちょっとだけヤル気が戻って、パーオンせずのホールも当然あったのだけれどアプローチで耐えられた。

IMG_5417

そのままINコースに入って、スコアもともかく内容を良くしたいなと思った途端に、10番H(Par4)のティーショットはチーピン。木の後ろだったけれど上を上手く通せて3打目はフェアウェイから残り110yで乗せられたものの、3パットで素ダボ┐('д')┌
11番H(Par3)はパーオン出来ずのボギー、12番H(Par5)は4打目でシャンク、13番H(Par4)はティーショットを右の谷のペナルティーエリアに落としてのダボと、前半と同じで4ホールでやらかす。
で、5ホール目からは立ち直ったのも前半と同じ(汗)。
とはいえ、距離がまあまああってグリーン手前と左が池の16番H(Par4)は、パーオン出来ずにボギー。

IMG_5418

17番H(Par4)はティーショットを右にOBにしてしまったので、結局前半よりスコアは増えてしまった( ꒪⌓꒪)
18番H(Par5)は8Iでの3打目をハデにフックさせてしまってグリーン左から30yのアプローチだったのだけど、上手く打てたのとグリーンのスライスラインも読み切れていてカップを舐めてのOKパー。終わり方はまあまあ良かった(笑)。


OUT44/IN46の90でした。正直50を切れるかどうかかなというような気持ちでプレーしていたので、90というのはこちらの感覚とはまったく合っていない(汗)。
OBは3発でペナルティーエリアが1発。17/17の34パットで3パットは2つ。パーオンは5/18で、フェアウェイキープは5/14。
パーを取れたのが8ホールだったので他の10ホールで+18というのはほぼダボペースなので、そりゃあ打った感はあるわなというところですが。


自分は、暑いとヤル気が無くなってしまうということもともかく、汗っかきなので汗が眼に入ってコンタクトレンズが沁みて痛かったり視界が霞んでいるということも。
ピントが合っていない状態で打っていることもけっこう多いので、それでまともなショットが出来るわけもなく。
来月に1件ラウンドの予定は入ってしまっているのですが、他は極力予定を入れないようにして復帰は10月以降にしたいかなと(汗)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:18Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月08日

ゴールド木更津カントリークラブ

今日は『ゴールド木更津カントリークラブ』へ。8年ぶりだった(汗)。
天気予報では1日中曇りだったのだけどコースに向かっているときから雨で、スタートする時間になっても止まない。強い霧雨のような雨模様に変わってはきましたが、久々にレインウェアを着てのゴルフということに。

IMG_5340

INコースからスタート。
10番H(Par4)のティーショットはなんとか掴まった球筋で左斜面方向へ。しかし濡れている芝のおかげかまったく跳ねてくれていなくてカート道沿いのキツい傾斜に。番手は9Iだったもののつま先から30cmくらい低い位置のボールにヘッドが届かず(爆)、トップ。
11番H(Par3)はパーオンできてパー。12番H(Par5)は今度はかなりのつま先上がりの右ラフからのセカンドショットを傾斜なりにフックさせてしまい3打目はグリーンまで届く距離では無くなってボギー。

IMG_5341

ちなみに風も強かったのでその点でも難易度は高かったのですが、平日だからかピンポジションはやたらと極端な位置。エッジから2〜3yというホールも多かった(汗)。

IMG_5345

このナビの表示はさすがにおかしいですが、実際に手前エッジから1ピンあるか程度のピンポジションでした。

IMG_5342

そして雨で濡れているにも関わらずかなりの速さのグリーンでパットが大変なのははもちろん、硬くもあるのでアプローチもものすごく気を使う。
そんなセッティングの中でダボまでは打たずアプローチでパーセーブ出来たホールもいくつかあって、けっこう耐えたと言える内容の前半。

IMG_5343

後半のOUTコースに入ってもまだ雨は止まない(汗)。
1番H(Par4)のティーショットはけっこういい当たりが出来て、セカンドショットはフェアウェイから9Iでこれもいい当たりが出来たのですが、落ち側に急失速して手前のバンカーへ……ボールかフェースに付いた水滴などの影響だと思うのですが残念な結果に。
そのあとドライバーのミスが出だして、チーピンやらテンプラ気味やらの当たりが。
そしてOUTコースの方が高台なのか気温が上がってきたからなのか、靄がなかなかスゴいことに(汗)。

IMG_5344

写真に写っている状態より実際は見えていたのですが、ドライバーで打ったボールの落ち側は見えない。
まあ数ホール後には雨も止んで靄も流れていきましたが。

IMG_5346

ミスは繰り返しながらもなんとかボギーまでで耐えていたのですが、打ち下ろしで池が絡む7番H(Par3)ではかなり強いアゲインストだったので、強い球にしなければと打ったらやっぱり強いフック(爆)。
風には負けなかったのでグリーン左のバンカーのそばのラフでしたが、ちょっと強く入ってしまったアプローチは延々と転がってピンをオーバーしてしまってグリーンの外へ。なんとか寄せたものの1.5mが入らず本日初のダボが。

IMG_5350

8番H(Par5)のセカンドショットはグリーン手前がガードバンカーなのでレイアップしたつもりが、強く入ったのとしかもいい当たりをしてしまってそのバンカーへ。まあまあ寄ったものの入らずパー。バンカーは苦手ではないので、最初から悪くてバンカーのつもりで良かった気もしますが。

最終9番H(Par4)はティーショットを左ラフへ。そこそこ平らなライだったのと池越えながらピンまで170yだったのでグリーンを狙ったのですが、どうもボールが浮きすぎているなと思いつつ振ったら、フェースの上っ面寄りに当たってしまって全然飛ばなくて池に……。池の後ろから打った4打目は強く入ってしまってグリーンオーバー。そして寄らず入らずのトリで終了でした。

IMG_5351

IN41/OUT45の86でした。OBは無しで池に1球。パーオンは5つでフェアウェイキープは5/14。17/16の33パットで3パットは無し。
スコアは、9年前と同じだった(爆)。

前回前々回のラウンドで連発したシャンクは今回はなんと1回も出ず。シャンクさえ出なければ一応これくらいのスコアにはなるのかなと(笑)。
しかしシャンクが出る代わりに好調だったドライバーは、今回はイマイチ。OBこそ打たなかったもののフェアウェイキープ率は大幅に下がってしまった。
まあ次回どうなるかはまたコースに出てみないとわからないというところですが。


『ゴールド木更津カントリークラブ』は、相変わらずグリーンの状態が非常に良いコースでした。スピードもともかく、ボールの転がりが良い印象。
グリーンはあまり大きくなくて傾斜もあるので、今日のように雨が降っていなくて乾いていたらかなり大変なことになりそう。
また9年も空かないように(汗)、なるべく早いうちにまた行ってみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:44Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月19日

東庄ゴルフ倶楽部

今日は『東庄ゴルフ倶楽部』へ。6年ぶりだった(汗)。

IMG_5258

前回のラウンドで、ドライバーはフックしないように悪くても右にミスするようにと振っていたらあまり曲がらずにまあまあ飛ぶようになって、しかしショートアイアンとウェッジでシャンクしてしまうというのが多発したのですが、今日もまったく同じ。
というかシャンク率が上がって、出だしから4ホールで4シャンク(汗)。

IMG_5259

ネックに当たってのシャンクではなくてフェースが開いてのシャンクなので、ドライバーではテイクバックからフェースを開いていきつつあまりローテーションしないように開いたままインパクトするようなイメージでスライスを打っているのですが、アイアン以下では開きが過剰で振り遅れてもいるので開いたままインパクトしてしまうのかなと。
ということでアイアン以下ではテイクバックでフェースを開かないように振ってみるものの、今度はヘッドが抜けていかずにフェースが被ったパンチショットみたいになって、左に真っ直ぐ飛んでしまったり。
5番H(Par4)でバンカーからパーセーブ出来たのと6番H(Par4)でパーオン出来たあたりでちょっと落ち着きましたが、シャンクの予感はまったく消えることなく。

IMG_5260

IMG_5262

そしてINコースに入って、11番H(Par5)ではセカンドショットをUTで左にブン曲げてペナルティーエリアへ。これは仕方ないとして、ラフにドロップして打った4打目は、7Iだったのでシャンクしないようフェースが開かないようにと気をつけて振ったら、ラフからヘッドがまったく抜けずに左のOBへ。打ち直した6打目でもヘッドは抜けずにラフに負けて大ショート。ウェッジで打った7打目もヘッドが抜けずにバンカーへ。
15mをなんとか2パットで10。完全にヤル気が無くなる……。

そして今日は陽射しもあって湿度も上がってと、夏になったなという感じのかなり暑い日。
自分は汗かきのせいで汗が目に入って見えなくなって、そういう部分でもかなり苦労する。

ヤル気は失いながらも、12番H(Par3)と13番H(Par4)はパーオン出来て一応連続パー。
その後も、ドライバーは相変わらず好調だったのでOBは出ず、アイアンは全般怪しかったのでパーオンは逃してのボギーが続きましたが、まあこういうスコアの展開自体は一応いつも通りなので。
しかし最終18番H(Par4)では、右ラフからのセカンドショットを最後の最後にシャンクして終了でした。

IMG_5265

OUT46/IN49の95でした。OBは2発にペナルティーエリアに入れたのが1発。16/19の35パット。
ドライバーは相変わらず調子良くスライスなのにまあまあ飛んでいて、フェアウェイキープも前回と同じ14ホール中9ホール。チーピンがゼロだったのはかなり久しぶりかも。
そしてシャンクは計7回でした( ꒪⌓꒪)
正直、スコア以上に内容はかなり悪かったというのが自分の印象。


さてこの状態をどうしていくか。
今のままなら、ドライバーはチーピンはあまり出ずフェアウェイキープ率も高いけれど、アイアン以下がシャンクの危機。
以前のようなら、ドライバーはちょいちょいチーピンでOBも出しつつアイアン以下はまあまあの当たりが出来そう。
どちらの方がいいかと考えてみるものの、まず練習場で練習しなければどうにもならないだろうけど、今日よりどんどん暑くなっていくのに練習場へ行く気力は間違いなく無くなる(爆)。
まず暑い時期はゴルフに行くのも月イチ以下のペースになるはずなので、練習は先送りになりそうな……。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:05Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月04日

市原ゴルフクラブ柿の木台コース

今日は『市原ゴルフクラブ柿の木台コース』へ。この辺りはもう20年近くウロウロしている地域なのですが、初めて行った。
まあ、隣接している『市原ゴルフクラブ市原コース』にも初めて行ったのは去年11月ですが(汗)。

IMG_5166

OUTコースからスタート。
今回は、先輩がレッスンをやっているスクールのコンペの人数合わせで呼ばれたので(汗)、普段あまりない初対面の人たちとのラウンド。コミュニケーションはまったく問題ないのですが、ゴルフ自体はちょい緊張。
1番H(Par4)のティーショットは超久しぶりに朝イチから完璧な当たりで、IPの黄色旗も超えられてフェアウェイ真ん中。セカンドショットは50°のウェッジの距離だったのですが、これがシャンク(爆)。
グリーン右からなんとか寄せてパースタート。

IMG_5167

2番H(Par3)は約30yの打ち下ろし。
打ち下ろしの距離感が正直さっぱりわからないのですが、まあ30yを引けばいいのかなと打ってみたらたまたま距離は合って、ピンの右8mほどにオン。入る距離でもなく2パット。
3番H(Par4)もティーショットは良い当たり。セカンドショットは打ち上げだったので番手を上げて8I。そしてまたシャンク。
どうやら今日はシャンクデーなのか???と思い始め、そしてそれが大正解という( ꒪⌓꒪)
4番H(Par5)のティーショットは右ラフへ。行ってみると見つけられずにロストボール。
前進ティーから打った4打目はともかく、50°のウェッジで打った5打目がまたシャンク(爆)。

そのあとは6番H(Par4)で3パットでボギーにしたものの、一応他に大きなトラブルはなく。

IMG_5168

お昼は珍しく天ぷら蕎麦に。味は上々ながら、やっぱりまったく足りず(汗)。

IMG_5169

INコースのスタートホールの10番H(Par4)は今日初のドチーピン。ずっと気をつけていたので忘れていたわけではないのですが、忘れられないうちにと向こうからやって来た(´ºωº`)
セカンドショットは出すだけで、4オン2パット。
11番H(Par5)の3打目も7Iでシャンク。すべてネックに当たるシャンクではなくてフェースが開いて当たってのシャンクだったので一応グリーンの右手前くらいには落ちるのですが、もちろんスコアにもメンタルにも良いことは無い。
13番H(Par4)でもセカンドショットを池に入れたのはともかく、池の後ろから打った4打目がシャンク。
そして14番H(Par5)ではまた50°のウェッジで打った3打目がシャンクして、これは右の林の中のOBへ(汗)。
INコースはここまでパー無しにパーオンさえ無しでちょっと焦りだしましたが、15番H(Par3)でようやく1ピン手前にパーオン出来て落ち着けたような。まあ入りはしませんでしたが。

IMG_5170

17番H(Par4)でセカンドショットの7Iがフライヤーしてしまってグリーンオーバーしてボギーにしましたが、一応それ以外では大きな破綻はなく。

IMG_5172

OUT42/IN46の88でした。パーオンが6つ。OB・ペナルティーエリアにIN・ロストボールが1球ずつ。16/18の計34パット。
シャンクは計6回で、シャンクが出なければパーかボギー、シャンクが出たらそれ以上というわかりやすい展開でした(汗)。
今回は初対面の人たちとのラウンドということでちょい緊張したのはともかく、チーピン連発はマズいだろうということでドライバーは徹底的にスライス狙い。
おかげでティーショットはかなり安定していて、なぜか距離もまあまあ出ていた。
そしてフェアウェイをキープしたホールは14ホール中9ホールと、自分としてはかつて無いくらいの高いフェアウェイキープ率。たぶんいつもこう打った方が良いよう(汗)。
まあドライバーでは結果が良かったスイングが他の番手ではシャンクの原因となっていたということかもしれないので、なんとも言えませんが。 


『市原ゴルフクラブ柿の木台コース』は、当たり前ながら『市原ゴルフクラブ市原コース』に似たレイアウト。
こちらはそこまで林間コース感はなく、アップダウンもあまりキツくはありませんでしたが。
全体的に距離は短めで、特にPar4は320〜350y程度のホールが多かったので、セカンドショットでは短い番手が持てて気分的にもラク。まあ50°のウェッジを持つことが多くて、そのクラブでシャンク連発でしたが……。
グリーンも、速くは無いものの状態は良いという印象でした。


家からもそんなに遠くない距離にあるコースなので、また行く機会があればと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:05Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月09日

千葉桜の里ゴルフクラブ

昨日は、香取市の『千葉桜の里ゴルフクラブ』へ。このコースへは去年9月に行って以来で、元号が令和に変わってからの初ゴルフ。


OUTコースからスタートで、体調は良くなかったのだけれどショットの調子は悪くない。
もちろんシロートにとってショットの調子が良い=スコアが良い、ではないので、1番H(Par4)ではセカンドショットがやや右に飛んだのがカート道路に当たってしまって右隣のホールへ、2番H(Par4)ではティーショットはフェアウェイ真ん中にいったものの、セカンドショットでは8Iがカス当たりでグリーン右手前のバンカーへ……。
3番H(Par3)はあまり持ちたくない5Iで打ったのだけれど、珍しく良い当たりだったのとドローしてしまってグリーン奥の斜面に突き刺さってしまった(汗)。手前が池ということもあったけれど、フォローを信じてせめて6Iで打つべきだったようで。

IMG_5021

4番Hに5番Hと2つ続くPar5での連続パーでスコアとしてはやっと落ち着けたような。ティーショットセカンドショットのどちらかではミスをしているのだけど、サードショットではショートアイアンで打てたのでそれぞれ一応バーディーパットを打てたのが良かった。

IMG_5023

7番H(Par3)でもバーディーパットを打てたのと、やや距離の長い8番H(Par4)ではセカンドショットは当然ミスってグリーン右の斜面にいったのだけれど、奇跡的に寄ってくれてパーセーブ。
しかし前半最終の9番H(Par4)は、1mのボギーパットを引っかけて素ダボ。

IMG_5026

体調は悪いけれど惰性だけでビールは飲む(汗)。

IMG_5027

INコースに入って、10番H(Par4)もパーオン。しかし7mほどを今日イチのミスパットで大ショートして3パットのボギー。
11番H(Par5)はティーショットは微妙な当たりだったものの、セカンドショットはブン曲がるのに警戒してFWでなく4Uで。残り100yが奇跡的に30cmほどの距離にくっついて、久しぶりのOKバーディー。平成最後ラウンドでのバーディーに続いて、令和最初のラウンドでもバーディーが取れた(笑)。
ただ続く12番H(Par4)ではティーショットが今日初めてのチーピンで、距離もともかくライも悪かったのでさっさとレイアップ。ラフからの残り100yがハデにフライヤーしてグリーンオーバー。アゲインストだったので強く振ってしまったのですが、ボギーオンも出来ずに寄らず入らずの素ダボ。
そしてほぼ直角左ドッグレッグの13番H(Par4)は、悪くてスライスならと打ったドライバーは逆にフック(爆)。谷底の池(ペナルティーエリア)に入ったようで、ボールを探していたついでに前進ティーは使わずに池の横から打ったのだけれど、木に当たって元の場所におかえりなさい(汗)。出して乗せて2パットで今日初のトリ……前進ティーから打てばボギーでは上がれたでしょうが。
反省はしつつ、15番H(Par5)はティーショット以外ミス続きでパーパットは20mあったのだけれど、それが入ってしまってパーセーブ。悪いこと分の帳尻は一応合うのか(汗)。
最終18番H(Par4)は、セカンドショットをグリーン左のバンカーに入れて普通にボギーでした。

IMG_5028

OUT43/IN44の87でした。パーオンが7つ。OBはゼロでペナルティーエリアに1発。17/17の34パットで、3パット1回。
スコアも自分としては十分良いスコアだけれど、バーディーが1つ取れたのがとにかく良かった(笑)。
ちなみにPar3の4ホール合計が+1、Par5の4ホール合計がなんと-1。残るPar4の10ホールで+15というのはどういうことだというのは思いつつ……。


『千葉桜の里ゴルフクラブ』には前回行ったときは4年ぶりだったけれど今回は半年ちょいぶりで、コースレイアウトを覚えていてイメージしやすいということも良かったのかも。
コースレイアウトはややトリッキー系ですが、ティーショットは左右どちらかはセーフというホールがほとんどなので、逃げ道はある。
それより、この日はピンポジションがかなり振られていて、ほどんどがエッジから数yという位置。
エッジから1ピン以上は離してカップを切るというのが暗黙のルールとしてあると思うのですが、エッジから1ピン以下というホールもあって、正直初めて見た(笑)。ルールブックに書いてあることではないので、間違いではないのですが。
ということで9フィートというグリーンの速度はともかく、ピンポジションはほとんどが難しかった。
ずっと極端に振られたピンポジションが最終18番Hではド真ん中だったのですがそこがマウンドの頂点で、最後まで難易度は高いという徹底具合でした(爆)。


自分の家からは50kmほどと近いコースではないですが、料金はリーズナブルでコースの状態も悪くないので、また行く機会があると思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:20Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加