2017年01月15日

カルチョビットA

12日に配信開始された、スマホゲームの『カルチョビットA(アー)』。基本プレイ無料。
3DS版もやったのだけれど(もう5年前(汗))、iPadにダウンロードしてプレイ開始してみた。

IMG_1106

内容は、3DS版とほぼ同じ。
クラブチームの監督になり、選手の契約、特訓に戦術の指示、そして試合中の選手交代や戦術の変更でチームを勝利に導き、リーグで優勝&昇格、カップ戦の勝利を目指すといった内容。
あくまで監督なので試合中に選手の操作はまったく出来ず、基本見守るだけというところが変わったゲームと言えるかと。

IMG_1103 IMG_1104

3DS版には無かった、引きのカメラアングルがかなり良い。
ボールを持っていない選手の動きがとてもわかりやすい。
可能ならば、3DS版にも今からソフトウェアアップデートで追加してもらえないかと……。

IMG_1105 IMG_1108

最初にチームがいるフレッシュリーグとひとつ上のリーグのステップリーグまでが無料プレイで、そこから上のN2・N1リーグ(J2・J1に相当)以降は1200円の課金になるというシステム。
ステップリーグまででもけっこう長い時間プレイできると思うので、このゲームに合うか合わないかは十分確認出来てから課金するかしないかになるんじゃないかと。


ちなみに即課金しても良かったのですが、どんなんだっけかと3DSで久しぶりにソフトを起動させたら、そのまま再開となってしまった……今回の『カルチョビットA』をiPadでプレイした方がはるかに大画面で出来るのだけれど、ゲームの面白さというのは画面の大きさには関係ないらしいことを再確認(汗)。
そして2画面というのも、こういうリアルタイムでどんどん進行していくゲームには意味があることだなと。

IMG_0341

IMG_0338

とりあえずしばらく3DS版をやってから帰ってくる予定……。  

Posted by toshihiko_watanabe at 22:10Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年07月22日

ポケットサッカーリーグ カルチョビット

久しぶりに買ったゲーム、ニンテンドー3DS用『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』。

IMG_2171

サッカーのクラブチームを率いて上のリーグを目指し、世界的なカップ戦の制覇も目指すというゲーム。
自分の好きな市町村を本拠地に出来てそこから世界を目指せるというのは、チーム名だけなはずなのに地域密着感があって良い


1年目は順調に地域リーグのフレッシュリーグを優勝して、JFL的な位置のステップリーグに昇格するも、シーズン前半がまったく勝てなくてリーグ3位で終了。
3年目は選手の成長により順調に勝ち点を積み重ねて、来年はJ2的な位置のN2リーグに昇格出来るかといった現在。

IMG_2164

このゲームの特徴としては、あえて8ビット的なグラフィックで表現されたちょこまかとプレーする選手達。
しかし個々の能力アップとチームとしての戦術の練度が上がると明らかに動きが良くなっていくという。

IMG_2168

IMG_2165

選手の成長は、試合中に見つかる課題がカードとしてもらえるので、それを選手に与えていくシステム。
このおかげで、特に序盤に数多くなる負け試合に意味がある。
試合の状況は飛ばしたり早送りが出来ないので、普通に考えれば負け試合を観ているだけってのは退屈なんですが、ちゃんと内容を観ていると色々チームとしての問題点が見えてくるという。

ちなみにカードを取得したときの監督(自分)はだいたいキレているよう(笑)。

IMG_2170

IMG_2154

DSの上下2画面は、上画面で試合の様子、下画面でベンチの様子やフィールドでの選手達の動くなどが見られて非常に意味がある。
3D映像は別に無くても成立しているとは思いますが(笑)、劇的なシュートを決めた映像が3Dで見られるのはオプションとしてこれはこれで良い。
試合を止めることは出来ないので、選手交代も手早く決めないと時間がどんどん過ぎていくのはなかなかリアル。

ただプレーが切れないことが多いので、選手交代を指示してから実際にフィールドに入るのが20分後とかいう場合も多々あるのはちょっとなんだかなぁなんですが(汗)。


ネットとの連動もなかなか積極的で、『日刊カルチョビットweb』ではネット対戦での全国ランキングやアップロード出来るゴールシーンがランダムに再生されていて面白い。

自分のチームのゴールシーンがアップロード出来るっていうのはこれはかなり良いんじゃないかと。
↓モバイルだと再生不可かも。





このゴールシーンのビデオが、ゲームをやっている人とそうでない人にはまったく違って見えるだろうっていう感覚は面白い。


ファミコン的なグラフィックな選手達が、成長を動きとして表現してプレーしているのは、実なリアルなグラフィックよりも感情移入出来るのかも。
今のところ非常に面白いゲームだと思いますし、当分はやっていると思います。
おかげであまりバッテリーの持たない3DSは、家ではアダプタにつなぎっぱなしっていうことが多くなった(笑)。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:58Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加