2021年04月12日

2021 マスターズ

今年は例年通りに4月に開催された2021年のマスターズトーナメント。
自分は土日は早朝から仕事に行っているので毎年ちゃんと見られるのは最終日だけなのだけど、今回は松山英樹選手が首位で最終組ということで、日本時間3時40分のスタートに合わせて22時に寝て午前3時に起きた。

IMG_9676

IMG_9677

4打差からのスタートが一時5打差に広がるものの、バックナインはオーバーパーで見ているこちらもハラハラしかしない。
しかし4打の貯金はあとを追う選手たちにプレッシャーにもなったようで、最終的には1打差で逃げ切り松山英樹選手が日本人初の男子メジャー大会勝利、日本人アジア人初のマスターズ勝利。

IMG_9680

IMG_9681

実況のTBS小笠原アナウンサーと解説の中嶋常幸プロと宮里優作プロの3人がウイニングパットのあとに泣いていたのが話題になっているけれど、自分も同じかやや早いタイミングで泣いてしまった。
正直自分でも意外だったのだけど、思った以上に感極まってしまって。



歴代のマスターズ優勝者。
自分がテレビ中継を見だしたのがたぶんホセ・マリア・オラサバルが勝った1999年から。
タイガー・ウッズの2連覇や、マイク・ウィアーとフィル・ミケルソンのレフティー2連勝(2003〜2004年)はハッキリ覚えている。
2005年はタイガー・ウッズが16番H(Par3)で伝説のチップインを見せた年だけど、実はその後スコアを落としてプレーオフで勝っての大会4勝目。競り負けたクリス・ディマルコは飛距離はタイガーに負けるものの、圧倒的な小技の巧さと当時はまだ珍しかったパターのクロウグリップが印象的だった選手。

そういう記憶からも男子ゴルフの4大メジャー大会というのは、タイガーすごいミケルソンすごいアーニー・エルスすごいビジェイ・シンすごいアダム・スコットすごいバッバ・ワトソンすごいジョーダン・スピースすごいブライソン・デシャンボーすごいとなっても、主役はあくまでバケモノ揃いの外国人選手たち。
正直自分が見てきた20数年の間で日本人選手で惜しかったということもほとんど無かったし、テレビ中継画面の左上のテロップで「◯◯◯◯初の日本人メジャー制覇へ!」と出ていても、煽りすぎで逆に虚しいだろうというのも。


史上初めての、4ラウンドを終えて日本人が一番上にいるリーダーズボード。

スクリーンショット 2021-04-12 17.41.44

そんな今までの経緯があっての日本人初のマスターズ制覇。
プロゴルフの試合というのはワールドカップ以外はほぼ個人競技で、この勝利は松山英樹選手個人(と周囲のスタッフ)の栄誉なのだけど、個人的にナショナリズムにつながるような日本人としての嬉しさがあったというのは思ってもみなかった感情だったなと。


「日本人にはメジャーは勝てない」という歴史と事実は払拭されたし、松山選手の優勝後のインタビューでも言っていたけど今の現役の日本人選手はもとよりこれに影響された若い選手が5年後10年後にメジャー大会で活躍してくることも期待出来るんじゃないかと。
2017年9月に桐生祥秀選手が日本人で初めて100m10秒の壁を破って9秒98を出したあと、サニブラウン・アブデル・ハキーム選手が2019年6月に9秒97、小池祐貴選手が2019年7月に9秒98を出していったように。


なにはともあれ松山英樹選手の栄誉を讃えたいと。
今年のメジャー大会はあと3試合あるし、彼はまだ29歳なので男子プロゴルファーの選手寿命の長さを考えればまだまだ新しい栄誉が待っていると思うので。

   

Posted by toshihiko_watanabe at 22:38Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月24日

南総カントリークラブ

今日は初めての『南総カントリークラブ』へ。
ここ最近は雨の日もちょいちょいあったけど、今日の天気予報は最高気温20℃まで上がる絶好のゴルフ日和という予報で、クラブハウスからコースに出るときもポロシャツの上にパーカーという程度。
自分はラウンド中に上着を脱ぐといったんおかしくなるので、スタート前に半袖ポロシャツ1枚という格好に。風はそこそこ強く吹いていたのですが、暑がりの自分はどうせ歩いていたら暑くなるので。

IMG_9517

西コースでOUTコーススタート。
1番H(Par5)のティーショットはトップ。打ち下ろしなのでそこそこ前に行ってくれて良かった。しかし2打目3打目とUTでチョロ。4打目はまだ140yあったのだけどなんとか乗せられて2パットボギースタート。

IMG_9518

2番H(Par4)のティーショットはチーピン。自分はチーピンは不調のサインなので、スタートホールのチョロ連発と合わせてちょっとヤバい感が。2打目は左の斜面から横に出すだけで、3打目も乗せられずのダボ。

IMG_9519

IMG_9520

3番H(Par5)は左からのけっこうなアゲインスト。ティーショットの当たりはまあまあも叩き落とされて、2打目も3打目もUT。なんとか乗せられたものの10mを3mショートさせて3パットボギー。

IMG_9530

ちなみにマスター室前に掲示されていたグリーンのスピードは8.4フィートで、 最近行ったコースの中では一番遅い。とはいえグリーンのメンテナンスはものすごくちゃんとしていて、変な転がりをしない重いグリーンというのもまた良いとも思うのですが。


4番H(Par4)は打ち下ろしの距離感がよくわからないままにティーショットを打ったのだけどなんとかフェアウェイキープ。ガードバンカーに叩き込んだものの上手く打ててOKパー。

IMG_9522

5番H(Par4)も途中から打ち下ろしになっていてティーショットの時点ではコースをよく把握出来ず。適当に打ったらたまたまフェアウェイにあってくれて、残り110yのセカンドショットは左からのややフォローと判断して打ったら、打ったあとにいきなりアゲインストに変わってボールは叩き落とされ、ガードバンカーに目玉に……。

IMG_9523

前のホールではバンカーから上手く打てたけれどこれはムリ。出せずにもう1度バンカーショットになって、次は2mに寄せられたものの入れられずのダボ。

9番H(Par4)もよくわからないままにティーショットを打って、行ってみると妙に凹んだラフに。ポットバンカーを潰した跡なのかなという感じでしたが。なんとかパーオン出来てパーセーブで前半終了。

IMG_9531

IMG_9533

後半INコースも風は止まず。10番H(Par5)のティーショットは風関係ないドチーピンでしたが。2打目は右にすっ飛ばしてしまい、OB杭ギリギリの斜面に止まったボールを打ったら枝に当たって跳ね返ってきて結局10y程度左前に出ただけ。残り220yをグリーンエッジまで持っていけて、アプローチで凌いで必死のボギー。

IMG_9536

11番H(Par4)も左にすっ飛ばしたもののフェアウェイバンカーは超えてくれていて、2打目はフォローを気にしつつなんとか上手く打ててピンの3m手前にパーオン。今日イチのバーディーチャンスだったけれど入らず。

IMG_9537

13番H(Par4)はティーショットはチーピン、2打目は7Iをカス当たりでガードバンカー。ちょっと距離があったので乗せられず、アプローチで凌いでなんとかボギー。

14番H(Par4)はフェアウェイバンカーを避けるためにレイアップだったのだけどスライスになってしまって右の斜面の一番下に。なんとか戻したものの残り100yの3打目は風を読み違えたようでショート。アプローチでOKに寄ってくれてここもいっぱいいっぱいのボギー。

IMG_9538

15番H(Par5)はティーショットがテンプラ気味も右ラフからの7Wの2打目はまあまあの当たり。しかし3打目は175yも残っていて、5Iで打ったボールは右にすっ飛んで木に当たって下に。残り30yのアプローチは、ピンがエッジから近かったので高く上げて止めたいなと打ったらなんとか上手く打ててOKパー。
16番H(Par3)は190yと今日イチで長いPar3。ピンに向かって真っ直ぐには打てたものの届かず。アプローチは3mオーバーしたけれどそれをなんとか入れてパーセーブ。


4ホール連続で1パットでほとんどがボギーなので凌ぎ切れてはいないのだけど、ダボでないというのはまあまあ大きい。

IMG_9539

で、17番H(Par4)のティーショットはプッシュアウトスライス。当たった瞬間にこれはダメだなという感触の。右にOBで、5打目のアプローチも左奥にオーバーさせてしまって本日初のトリ。

IMG_9540

最終18番H(Par4)のティーショットはビミョーな当たりも右ラフのなんとかグリーンは見える位置。5Iで打った2打目は左にすっ飛ばしてしまってアプローチはたいして寄らずのボギーで終了でした。


OUT44/IN44の88でした。
OBは1発。18/14の32パット、3パットは3つ。
パーオンは5。フェアウェイキープは3/14。

スクリーンショット 2021-03-24 18.56.12

『南総カントリークラブ』は、プレー料金もやや高めということもあってかコースメンテナンスはとても良かった印象。グリーンも速度こそ遅かったとはいえ変な転がりをするところは無かったので。
珍しくアプローチでOKになったことも多かったのですが、メンテナンスがきちんとしているおかげでグリーン周りのライが良かったおかげかと。
コースレイアウトはブラインドホールが多いのも含めてけっこうトリッキー。
西コースに、『ニュー南総』も行ったことがないのでいずれラウンドする機会があれば。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:18Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月16日

太平洋クラブ市原コース

今日は去年12月以来の『太平洋クラブ市原コース』へ。

天気予報では晴れで気温も20℃を超えるけれど5m程度の風が吹くという予報。
しかし10時過ぎのスタートのときにすでに5mどころではない強風。そしてそれが強まっていったわけですが。とはいえ予報通りに気温は高かったのでずっと半袖でプレー出来たものの。

IMG_9431

OUTスタートで1番H(Par5)のティーショットはトップ。フェアウェイ手前までしかいかなかった(汗)。
いきなりパーオンはムリになったのでセカンドサードと適当に打って、残り100yの4打目は右手前のエッジに外したもののパターで寄せてボギースタート。

2番H(Par4)のティーショットもトップだったけれど今度はロフト6°程度には上がってくれて(爆)、なんとかフェアウェイバンカーは超えてセカンドは残り160y。5Iで打ったセカンドショットは、当たらなかった上にアゲインストに叩き落とされて右手前のガードバンカーの手前。バンカーを超えてすぐピンだったので高さで止めるしかなかったものの、ショートをビビってフェースが閉じてしまってグリーンオーバーでダボ。

3番H(Par3)もかなりのアゲインストで165yをUTで打つことに。なんとか乗ってくれてパー。

IMG_9435

5番H(Par4)は逆に強力なフォローだったのでまあ右ラフでいいやとその通りに右ラフに。セカンドは残り110yだったのだけど、トップして左のガードバンカーに。足がバンカーの外というライで、飛ばしきれずにまたダボ。

IMG_9436

6番H(Par3)のティーショットは当たりが微妙だったのとアゲインストに叩き落とされて池に。池の後ろから打った3打目はピンまで6mとたいして寄らなかったのだけど、これが入ってくれて超ナイスボギー。

IMG_9438

7番H(Par5)は3打目を残り100y以下にしたくないのでセカンドショットはいつもはレイアップなのだけど、せっかくフォローだからということで普通にFWで打つことに。相変わらずのFWのヘタさで当たりはビミョーだったけれど一応そこそこ転がって残りは60y。ベント芝でフルショットしない距離を打つのは正直ものすごく苦手なのだけど、今回はなんとか上手くいってピン方向へ。バンカーの向こうでグリーン面は見えていなかったのだけど、行ってみるとカップの奥30cmのところにボールがあってOKバーディー。

しかし8番H(Par4)は右のフェアウェイバンカーに叩き込んで、セカンドショットは上手くハーフトップで打てたもののグリーンオーバー。左足下りのアプローチを乗せられずに素ダボ。

IMG_9442

9番H(Par4)も左のフェアウェイバンカーに叩き込んで、セカンドショットはまたグリーンオーバー。アプローチはグリーン面は下りだったもののアゲインストなので止まってくれそうな感じがあって、突っ込んで打ててピンの向こう1mに寄せられてパーセーブ。

IMG_9451

後半INコースに入っても風が収まる気配もなく、10番H(Par5)ではティーショットとセカンドショット以降が風の方向がまったく違うという難度の高さに。3打目でグリーンの左カラーに持っていってなんとかパーセーブでしたが。

11番H(Par4)は超アゲインスト、ティーショットは捉まえきれずに右目に。セカンドは届かない距離なので適当に打って、残り50yの3打目は強いフォローを気にしながら抑えて打ったら普通に届かず(爆)。パターで打ったけれど寄らず入らずのダボ。

IMG_9453

13番H(Par5)は右のガードバンカーへ。右のOBにいかずに止まってくれたといえるのだけど、ボールはバンカー右奥の傾斜。目の前がOBだしその先は今度は左がOBなのでとにかくトップで曲がらないようにと打ったら、ボールの上っ面を叩いてチョロ。バンカーは出たのだけど、砂だらけのラフからまたチョロ。次もトップして残り70yの6打目をまたトップしてグリーン奥へと完全におかしくなる。本日初の素トリ。

IMG_9454

14番H(Par4)は強力なフォローだったのだけどティーショットは抑えすぎてしまってセカンドの残り距離は190y。左足下りだしライが悪いなと思いつつUTで打ったら、案の定まったく当たらずに池に……。

15番H(Par4)は逆に超アゲインスト。セカンドショットは叩き落とされて、例によってグリーン右手前の非常にライの悪い凹んだフェアウェイに。ここにはチャックリの思い出しかないので、いつも通りにパターで。ピンは左奥で25mくらいあったのだけど、なぜか今回も2mほどには寄る。下りスライス風はフォローという難易度の高さで、入りはしませんでしたが。

IMG_9455

IMG_9457

17番H(Par4)はフォローだったのでドライバーで打てばセカンドの距離はかなり短くなりそうだったけど、ここは2本木の向こうまで打つとフルショットできない距離になってチャックリというパターンが目に見えているので、ティーショットは7Wで。しかし今日イチの当たりだったのとフォローの風にも完全に乗ってしまって、2本木の左のフェアウェイにキャリーしたボールはそのまま転がっていってしまった。
行ってみるとフェアウェイの左足下りのライ。一番避けたいシチュエーションに。残り80yのセカンドショットは、やっぱりダフって半分も飛ばせず。3打目はフェースを刺していってグリーンの一番奥に。下りの超フックなので右4mくらいを狙って打ったパットは、ラインは合っていたもののアゲインストで減速されてしまって2mショート。ボギーパットはカップに蹴られて、3パットでダボ。

IMG_9461

最終18番H(Par4)はFWで右にブン曲げてしまい、傾斜からの残り230yの池越えなので即レイアップ。残り100yの3打目は3mについたものの、再びカップに蹴られてボギーで終了でした。


OUT44/IN48の92でした。
OBは無しで池に入れたのが2発。14/19の33パット、3パットは2。
パーオンは4。フェアウェイキープは6/14。

スクリーンショット 2021-03-16 20.29.34

今日はなんといっても風。ほぼすべてのショットで前後左右に持っていかれたし、パターも少なからず影響を受けた。スライスなのに右からの風であまり曲がらなかったり下りだけどアゲインストであまり走らなかったり、それぞれその逆も。グリーンが速いから起こることでもあるのでしょうが。
グリーンの速度は9フィートという表示になっていたけれど、朝からそれより速度が出ていたような。風が吹いて乾いてさらに速度は上がったし。コンパクションも高くて深いボールマークもつかないくらいで、強風でなくても難易度は高い状態だったように思いますが。
ピンポジションも平日ピンポジで難しめだった。


世の中のゴルフ場の中で自分が一番熟知しているのはこのコースなのですが、しかし良いスコアはなかなか出ない。毎回結局これくらいのスコアになっているし。
知りすぎていてスコアが出ないというのもあるのかもしれないですが、しかしもうちょっとなんとか出来たハズと思うことが一番多いのもこのコース。
また今年も行く機会はあると思うので、そのときにまた頑張ってみようかと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:04Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月05日

CPGカントリークラブ

今日は『CPGカントリークラブ』へ。自分の行動圏にあるコースだけど、なぜか今まで行く機会が無くて今回が初めて。
天気予報は曇りだったものの気温が低くない予報だったので、家を出る前にタートルネックかインナーとポロシャツかとさんざん悩んだ末にポロシャツで。


OUTスタート。
1番H(Par5)のティーショットはスライスして右へ。自分としては朝イチチーピンが明らかな不調のサインなので、スライスは正直ありがたい(汗)。隣接ホールとの間にあるネットにかかるところまでいっていたので救済を受けてUT→9Iでパーオン出来てパー。

IMG_9368

2番H(Par4)のティーショットはフェアウェイ真ん中で、非常に平和なパーオンパー。

IMG_9369

で、暑くなってきたので3番H(Par3)のティーイングエリア横にある避雷小屋でインナーを脱いで、半袖ポロシャツになってから打ったティーショットは、シャンク(爆)。自分は上着やインナーを脱いだ直後はだいたい当たらなくなるのですが、シャンクはちょっと頭になかった。グリーン右手前からのアプローチはたいして寄らずボギー。

4番H(Par4)、5番H(Par4)は連続ボギー。5番Hはグリーン右手前に外して超打ち上げのアプローチを大オーバーさせたものの、奥のカラーからの20mを2パットでボギーで凌げたのは大きかったのだけど。

6番H(Par4)は距離は短いものの打ち上げでどこを狙えばいいのかよくわからないレイアウト。テキトーに打ってみたら花道手前にボールがあって、残り50yを2mにつけてそれが入ってくれてバーディー。

IMG_9372

打ち上げの8番H(Par4)はティーショットをトップしてセカンドはまったく届かない距離。3オンで仕方がないとUTで打ったらチョロった(汗)。3打目でガードバンカーに叩き込んで素ダボ。

IMG_9373

9番H(Par5)のティーショットはスライスで右だったものの木に当たって真下に。UTのセカンドはトップしたけれどまあまあ転がってくれて3打目は残り130y。アゲインストだったので8Iで打ったら2mについてくれてこれが入ってバーディー。

FEC6D7C3-3FCA-4699-95FF-E45B867CCA6B

IMG_9375

10番H(Par5)のティーショットはやや右に。目の前が谷(ラフ)なのでフェアウェイウッドが得意でない自分としてはチョロったらマズいなと迷うところだったのだけど、当たれば3打目をアプローチに出来るしということで打ったらドチーピン。幸い左の林には入らず普通に打てるところだったので良かったけれど、これだったら7Iで打てば良かったという。残り110yながらアゲインストなのかどうかかなり迷ったのだけど、アゲインストではなさそうということでPWで。ピンの右手前5mについて、これも入ってくれて連続バーディー。

11番H(Par3)のティーショットはトップしてしまって3連続バーディー(アマチュアの3連続バーディーとホールインワンは同じ確率だとか)の夢は消えたのだけど、手前のグリーンエッジからのアプローチはカップを舐めてOKパー。アプローチでOKにまで寄ったのはけっこう久しぶりな気が(汗)。

12番H(Par4)は突如雨。ポツポツから一時傘をさすほどにまで。雨に関係なくティーショットをトップさせてセカンド届かずの3オンボギーでしたが。

13番H(Par4)はナビのレイアウトではよくわからなかったのだけど、セカンドからがものすごい打ち下ろし。番手を落としても転がって乗るんじゃあと打ったけれど、普通にグリーン手前にショート。花道だったけれど土が見えているライの悪い場所で、チャックリはイヤだなと打ったらトップしてグリーン奥に消えていった……。

IMG_9378

15番H(Par3)は手前のガードバンカーに入れて、バンカーショットはちょっと強く入ってしまってグリーンオーバー。アプローチもキャリーした場所で引っかかって止まってしまって、下りの5mという絶望的なボギーパット……がなぜか入ってくれて超ナイスボギー。

IMG_9380

16番H(Par5)は平穏にパーオン。バーディーパットは3mだったのだけど、届かなかった。
17番H(Par4)はまたナビのコースレイアウトではよく把握出来ず。雑にドライバーで打ったら左にすっ飛んで、木に当たって右手前に。で、行ってみるとセカンドは打ち下ろし。木が邪魔なので残り120yを6Iで低めにと打ったら、チョロった(爆)。3打目は上手くいって乗ってなんとかボギー。

IMG_9382

最終18番H(Par4)は左ラフからの残り180yのセカンドショットはグリーン右手前のバンカー方向に飛んだのですが、行ってみるとバンカーの手前、松の真後ろ。
松の下はバンカー越えでもあるので、上からの方がアリか???とロブショットを狙ったものの、上げきれずに枝に当たって戻ってきてしまった。今度は松の下に打つしかなくなって、なんとか乗せられたものの5mのボギーパットは届かずに素ダボで終了。


OUT40/IN43の83でした。
OBはゼロ、というかこのコースはOBではなく1ペナなのですが。とはいえ幸いペナルティーエリアに入ることもなく。15/15の30パットで3パットはゼロ。
パーオンは6、フェアウェイキープは7/14。
まず3バーディーは嬉しいし、パーオンも6つくらい出来ていると楽しい。12ホール目以降でパーを取れたのはPar5の1ホールだけだったので、スコアが崩れていくのはちょっとツラかったですが。

スクリーンショット 2021-03-05 16.47.36

『CPGカントリークラブ』は、アップダウンがありつつそう狭くない林間と丘陵の間というようなコース設計。カートのナビでは把握出来ないセカンド以降の打ち下ろしがあったりで、2度目に行くとまた違うのかなというところも。
グリーンはあまり大きくなく全般アンジュレーションがあるものの、芝がハゲていたりボコボコになっている箇所が多かった。パブリックっぽいといえばそうなのですが。
INコースのPar4は長いホールが多かったもののPar5は4ホールすべて距離はあまり長くなかったので、ロングヒッターなら2オンでバーディー以下ということもありそう。
今回レイアウトを知らずに回っていてもし知っていればという面はあったので、次回生かせれば。もちろん知っていたが故にということも当然あるのですが。
自分の行動権にあるコースということもあるので、また行く機会があればと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:38Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月19日

小見川東急ゴルフクラブ

今日は1年ぶりに『小見川東急ゴルフクラブ』へ。
家の方はここ数日吹き荒れていた強風も収まるという天気予報だったのだけど、去年2月に2回このコースに来て分かったのは、利根川沿いなので風が吹きやすい立地ということ。
8時スタートのスループレーだったのだけど、スタートの時間に合わせたように風が吹き出す(汗)。

IMG_9227

INコーススタートで10番H(Par5)のティーショットはまあまあの当たり。2打目は、朝イチからフェアウェイウッドを持ってミスしたくないなとUTで打ったら、チョロった。残り190yの3打目も同じクラブで打って、グリーン右ラフに外してアプローチがまあまあ寄ってくれてのパースタート。
11番H(Par4)はガードバンカーに入れて、12番H(Par3)は左にブン曲げてそれぞれボギー。Par3は最近パーオン率がかなり高かったので、9Iで乗せられなかったのはちょっとショックだったのですが。
そして13番H(Par4)の2打目はフェアウェイからPWだったのですが、これをチョロって目の前のガードバンカーに。どうやら調子がものすごく悪い日らしいということに気づく(爆)。14番H(Par4)ではようやくパーオンパーを取れたものの。

IMG_9230

IMG_9231

16番H(Par5)は強力なアゲインストだったのですが、久々に右から右へのドスライスでOB。

IMG_9234

18番H(Par4)もアゲインストで、今度は左に真っ直ぐの球を打ってしまって池に。

IMG_9235

スループレーなのでそのままOUTコースへ。

1番H(Par4)はパーオン出来たものの3パット。
2番H(Par5)はフェアウェイウッドとUTでチョロ1回ずつ。ガードバンカーからの5打目はグリーンを飛び越えてダボ。3番H(Par4)も2打目をチョロ。
そして5番H(Par5)では2打目を引っかけて左のOBに……。

IMG_9239

IMG_9241

7番H(Par4)はガードバンカーに入れて、今日はバンカーからはオーバーばかりだったのでピンは近いし飛ばしたくないなと思って振ったら、飛ばなすぎて出なかった(汗)。当然2回目のバンカーショットはピンの奥に。

IMG_9245

8番H(Par4)はパーオン出来てこの日1番近い2mのバーディーパットだったもののカスりもせず。今日の入る可能性のある距離のバーディーパットはすべて下りだったので、チャンスとしては確率が低かった。

IMG_9246

最終9番H(Par4)のティーショットはこの日1番の当たりで2打目は9Iの距離だったものの、アドレスに入ったら強まったアゲインストにビビってフェースがかぶってしまってグリーン左奥へ。
左足下りのライにグリーン面は下り傾斜とどう打っても寄らなそうなシチュエーションでしたが、そのまま傾斜を転がっていってグリーンオーバーして乗せられずのダボで終了でした。


IN46/OUT47の93でした。
OBが2発、ペナルティーエリア(池)に入れたのが1球。17/18の35パットで3パットは1。
パーオンは3、フェアウェイキープは7/14。
パーオン率に表れているけれど、スコア以上に内容はかなり悪い。Par3も最近は4ホールのうち2つか3つはパーオン出来ていたのが今日はパーオンゼロ。

スクリーンショット 2021-02-19 19.32.16

『小見川東急ゴルフクラブ』はさすが東急のコースというか、10フィートの速度がしっかりと出ているグリーンコンディション、そしてほぼ平らな場所が無いくらいアンジュレーションのあるグリーンなので難しい。コースレイアウト自体はほとんどのホールのティーショットを広く使えるので、難易度がそこまで高いという感じでもないのですが。とはいえフェアウェイもアンジュレーションがあって、平らな場所にいくかは運次第というところも。
自分では打たないとはいえ、レディースティーがラフを削っただけのような状態でずいぶん貧相なのは気になりましたが。


とりあえず今日の不調が一過性のものなのか完全に不調期に入ったのか。
ここ2週間くらい左肘に違和感があるのが原因なのかどうかもよく分かっていませんが、次回のラウンドではなんとかなれば良いなと。相変わらず練習する気もないので、定期的にこういうバチが当たるようなことはあるのでしょうが(汗)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:05Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月09日

加茂ゴルフ倶楽部

今日は『加茂ゴルフ倶楽部』へ。2014年5月に行って以来なので、7年ぶり。
家の方でも珍しく明け方に暴風となっていたのだけど、コースに着いても強風のまま。雲はまったく無く陽射しはずっとあったのですが、気温が低いままで風が強いので普通に寒い。

IMG_9179D

OUTコーススタートで1番HはPar5。相変わらず練習はまったくしていないしコースの練習場にさえ行っていないので朝イチのショットには不安しかないのですが、一応狙った左斜面の方に飛んでくれてフェアウェイに。
フェアウェイウッドに自信がないので2打目はUTで打ったのだけどかなり妙な当たり。右ラフにすっ飛んで、3打目は170yも残ってしまった。これも朝から長いアイアンは持ちたくないのでUTで軽めに、と思ったらトップして延々と転がっていってピンの左3mに。これが入ってしまって超久々のおはようバーディー。

2番H(Par4)はティーショットがまったく当たらず、350yくらいでフォローだったのに残りは160y。アイアンがまたトップして、これも転がって乗った(汗)。これは8m近くあったのでなんとか寄せてパー。
3番H(Par3)は乗せられたものの、上りのファーストパットを打ちきれずに3パット。
とはいえスタートから3ホールでイーブンパーはかつてない立ち上がりなのですが、4番H(Par4)でアプローチをオーバーして下りのファーストパットを大オーバーさせての3パットのダボで雲行きが怪しく。

IMG_9182D

5番H(Par4)はパーオン出来たもののまた3パット。
6番H(Par4)はこの日初のドチーピン。左隣のホールに落として1回で戻せず、残り170yの4打目をカラーまで持っていっての必死のダボ。

IMG_9183D

7番H(Par3)は右に外して、排水溝の近くのペタペタのライからバンカーへ。ここも3パットしてついに素トリが。
かなりゲンナリしてきていたのですが、8番H(Par5)はティーショットもセカンドも良い当たり。3打目は残り70yで、これがピンの右1.5mにくっついてくれてバーディー。下りのフックで簡単ではなかったですが。

IMG_9184D

前半最終の9番H(Par4)は、セカンドショットが前方の上の木の枝が邪魔になるロケーションになってしまい、残り100yながら7Iで。グリーン左奥に外してアプローチはたいして寄らずのボギーでした。

IMG_9185D

IMG_9186D

後半INコースに入って、10番H(Par4)はティーショットセカンドショットと良い当たり。しかしグリーンオーバー。フォローとはいえ残り155yで8Iを持つ勇気はなかった(汗)。芝がペタペタだったのでパターで打ったのですがたいして寄らず、下りのファーストパットをオーバーさせて3パット。
11番H(Par5)は600y近くとかなり長く、残り180yの3打目を右のガードバンカーに叩き込んで普通にボギー。
12番H(Par4)は再びのドチーピンで左にOB。

IMG_9189X

そして13番H(Par4)はティーショットは良い当たりだったのだけど、池越えのセカンドショットがカス当たりで池に。池の手前にドロップしたらディボットに入ってまったく飛ばせずに再び池。再びドロップしたらまたディボットに入って、また池に……。8打目をピン奥に乗せて2パットの10(+6)。
次の14番H(Par3)も3パットでボギーにしたのだけど、ティーショットは良い当たりが出来ていたので気持ちはちょい立て直せた。

IMG_9190D

ここから3ホールはパーオンパー。17番H(Par4)はピンの右2mにつけられたのだけど入らず。
最終18番H(Par5)の3打目は残り90yながら木越えなのを意識したら厚く入りすぎてまったく飛ばせずに大ショート。アプローチはたいして寄らずに2パットボギーで終了でした。

IMG_9191X

OUT44/IN49の93でした。
OBが1発、ペナルティーエリア(池)に入れたのが3球。19/20の39パット。3パットは6で、総パット数とともにかなりヒドい。
パーオンは9にフェアウェイキープは11/14と、それぞれかつてないくらいに良い数字。強風だったにもかかわらずショットの調子はかなり良かったと思うのだけど、それがこのスコアになるというのはやっぱりゴルフはパッティングなのだなと。

スクリーンショット 2021-02-09 19.27.40

『加茂ゴルフ倶楽部』は、コースレイアウトはものすごく難易度が高いというわけではないものの、大きくなくそしてアンジュレーションがしっかりあるグリーンで苦労するという印象でした。7年前の前回はこういう印象ではなかったような気がするものの(汗)。
ナビが無くカートも自分で運転してというのは最近ではかなり珍しい。自分としてはナビは無くてもいいけど、カートはリモコンの方がやっぱり良いかなと。
コースメンテナンスの部分は、季節的なものもあるけれどフェアウェイもグリーンも状態は良かった。次回はまた7年後とかにならないといいなと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:42Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月07日

香取カントリークラブ

今日は初打ちに『香取カントリークラブ』へ。去年は2回行ってそして前回が11月だったので、行くペースが多くなっていますが(汗)。


前日夕方に小雨がパラついて、朝に家を出るときは路面凍結を覚悟していたのだけど気温は2℃。氷点下ではなかった。
コースに着いても同じで、この時期にしては珍しくグリーンの凍結は無し。
そして8時ちょい前のスタート時は当然上着を着ていたものの途中で陽射しも出てきてかなり暖かく。
これは予想外に良いゴルフ日和だとなったのですが。


INコーススタートで、今年1発目のティーショットはフックだったものの左斜面で跳ね返ってきてくれてカート道上に。ドロップして、直角左ドッグレッグのホールなので斜面越えだったけれど7Iで良い当たりが出来て今年初パーオンでパー。なかなか幸先が良い。
11番H(Par3)はピンに向かって真っ直ぐ飛んでくれたもののピンをややオーバー。6mほどのバーディーパットだったけれど入らずパー。

12番H(Par4)はティーショットはまあまあもセカンドをチョロ。残り50yの3打目をトップしてグリーン奥に。本日というか今年初の大ピンチ。
左足下りで芝は薄くピンは2段グリーンの下の段とまったく寄る要素は無かったのですが、なんとか低く弱く出せたボールはトロトロと転がっていってカップの左1mに。入ってくれて超ナイスボギー。

しかし13番H(Par4)のセカンドショットはボールはラフ足はバンカー内というフックしやすい状況で、左サイドのOBを気にしたら思いっきりフェースが開いて右のペナルティーエリアへ。普通に今年初ダボが来た。

IMG_8894

14番H(Par5)は3打目の残り100yからのバンカーショットをダフってしまったものの、アプローチを2mに寄せてパーセーブ。
15番H(Par3)は1つ大きい番手でカットしてスライスを狙ったものの薄い当たり。しかし落ちた場所が良くて右前に跳ねて、カップを舐めて2mに。入ってくれて今年初バーディー。

IMG_8895

16番H(Par4)はレイアップか迷ったものの結局ドライバーでスライスで。右ラフからのセカンドショットはエッジまでしかいかなかったものの、パターで寄せてパーセーブ。

IMG_8896D

17番H(Par4)もレイアップか迷ったものの、ここもドライバーで左を向いてスライス。カート道の右だったけれどなんとか木は邪魔にならず。クラブの間の距離だったので上の番手で抑えて打ったものの、抑えすぎてガードバンカーを越えただけ。パターで打って2mに寄ったもののここは入らず。
18番H(Par5)は平穏無事にパーオンパーセーブで前半終了。

IMG_8897

スルーなのでそのままOUTコースへ。前に2組いたのでそのままスタートは出来ませんでしたが、2サムが多い(割増料金が無い)のと緊急事態宣言発令を前にして組数もそこまで多くなかったのか、あまり長い時間待たずに済んだ。


1番H(Par4)は2mについたものの入らず。
直角左ドッグレッグの2番H(Par4)はティーショットは7Wで左を狙ったものの、逆に右にすっ飛んでしまって斜面を転がり落ちてきてカート道に。一応グリーンは狙ったもののカス当たりで20yショート。2mに寄せて入ってくれてパーセーブ。

3番H(Par3)でちょっと風が強まり出す。このホールはアゲインスト。ティーマークも前回までよりは後ろ目で距離が長くなって難しい。アゲインストということで強い球を打ちたがってしまってグリーン左に。これも2mのパーパットとなってしまったけれどなんとか入ってくれてパーセーブ。

IMG_8900

4番H(Par4)で、天気予報通りに完全に暴風になってくる。
ティーショットはフォローだったのでまだ気が楽だったけれど、フェアウェイの3本木の一番左の木に向かっていってちょいビビる。左にキックしてくれて普通に打てるポジションでしたが。セカンドショットは完全に風に乗ってしまってグリーンオーバー。とはいえパターで打てるところだったので、たいして寄らなかったものの入ってくれてのパーセーブ。

IMG_8901D

5番H(Par5)は先に打った先輩のボールがちょいドロー回転だったとたんに右ラフの上から真左に持っていかれて、左ラフへ。それを見た自分は当然右OBに向かって打つことに(汗)。それでも風で持っていかれてフェアウェイ真ん中でしたが。セカンド以降は基本的には右からの風だったけれどフォローになったり方向が変わる瞬間もあって、3打目は風が変わったせいかエッジから5yほどショート。1mちょいに寄ってくれてパーセーブ。

6番H(Par3)は左からの強力なアゲインスト。本当に4番H以降いきなりハードモードになってツラい(汗)。
UTだと吹かしたら終わりだなと打ったらそのまま吹かしてしまって風に持っていかれて右OBへ……。打ち直しはトップしてくれて乗ったのでナイスダボでしたが。

IMG_8902

暴風でグリーン上は落ち葉だらけに。


7番H(Par4)は今度はフォローで、ティーショットはまあまあもセカンドショットは残り180y。ピンは奥でエッジから30yあったものの、とはいえ超強力なフォローだったのでこれは手前エッジまでしか打てないだろうと、エッジまでを打つつもりで7Iで。エッジ手前に落ちたボールはとんでもなく転がっていって、ピンの手前5mに。先輩がちょい後ろから先に打ってくれてラインがわかったおかげで、ド真ん中から入ってくれてバーディー。この暴風の中まさかバーディーが取れるとは思っていなかったので嬉しい(笑)。

IMG_8904

8番H(Par4)はまた風がひっくり返って左からの超アゲインスト。打ち下ろしということもあるのでやや低めにティーアップしてボールが浮かないようにティーショット。けっこう上手く打てたものの、落ちぎわで枝に当たってしまって左のフェアウェイバンカーに。アゴに近くて即レイアップで。PWをフェースをかぶせて打ったショットは、ガードバンカーの左までいってしまって全然レイアップ出来ていなかった(汗)。
カート道左からの左足下がりのアプローチはまったく寄る予感はしなかったけれど、低くやや強めに出たボールは暴風で飛んできた葉っぱに当たってカップの奥2mで止まってくれた(爆)。入ってくれてまさかのパーセーブ。

IMG_8905

最終9番H(Par5)はこの日初のドチーピン。左の林に入って出すだけ。そして4打目の、残り80y・池越え・エッジから6y・超フォロー・眼が乾いてピントが微妙といろいろ考えていたら、巨ダフリ(爆)。
5打目はフェースがかぶって強く入ってグリーン左奥に外して、この日(今年)初の素トリで終了でした。

IMG_8907D

今回も食事付きのスループレープランなので、ラウンド終了後に食事。


IN39/OUT40の79でした。
今までの自己ベストスコアが81だったので、新年初打ちでベストスコアを2打更新してしまった(汗)。人生初の70台のスコア。
OBとペナルティーエリアに入れたのが1球ずつ。14/12の26パット。3パットはゼロ。2m以下はほとんど入ってくれて、1パットが計10。正直、帰りに死ぬんじゃないかと思うくらい入ってくれた(汗)。とはいえ17番Hのパーパットと1番Hのバーディーパットは同じ2mながら外しているのですが。
パーオンは6。フェアウェイキープは6/14。

スクリーンショット 2021-01-07 21.13.44

正直ラウンド前は自己ベスト更新などまったく考えていなくて、今年初ラウンドだしまずはなんとか90前後で回れればいいかな程度。
振り返ってみれば大きかったのは、アプローチでトップした12番Hをボギーで凌げたところでしたが。
パーオン率もフェアウェイキープ率も特段良いわけでもなく、結局スコアを大きく左右するのはパットなのだなということを実感したラウンドでした。


新年初打ちでいきなり自己ベストスコアとなってしまいましたが、これで次回が78以下のスコアになることもまずないだろうし、ベストスコア更新にはまた長い時間がかかるかもしくは一生出来ないのだろうなというのはよく考えるとちょっとツラい(汗)。
とはいえこの年齢でもベストスコアが更新出来るというのはゴルフとは良いものだなと思うところもあるし、自分はクラブを握るのも1ヶ月ぶりだし練習もまったくしていないのに、ちゃんと目標を持って練習したりスクールに通ったりしてゴルフに対して真摯に打ち込んでいる人に対してはなんだか申し訳ないなと思うところもあるのですが。
次回以降も謙虚にやっていこうと思います……。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:29Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月12日

太平洋クラブ市原コース

昨日は今年最後のゴルフで2月以来の『太平洋クラブ市原コース』へ。

普段は特に目標スコアはなくて、前半が終わってか上がり3ホールあたりになってからなんとかこの辺のスコアにはしたいなという程度の目標スコアをつくるのですが、今回は88以下で回りたいなと。
88以下ならば今年の平均スコアが90を切るということが判明したので(汗)。

IMG_8699

ということで靄で白っぽいのと完全な逆光という状況の中、INコーススタート。
10番H(Par5)のティーショットは一応当たったのだけど、逆光で自分ではまったくボールが確認できず。
他の人によれば左にすっ飛んだということだったのでどうやらチーピンだったよう。探したのだけど見つけられず、おはようロストボールでダボスタート。
11番H(Par4)のティーショットはこれはちゃんと見えて、トップ(汗)。しかしコースなりの傾斜で良いところまで転がってくれて、セカンド地点は残り170yのフェアウェイの平らなライ。パーオン出来てパー。このホールをパーオン出来たのは10年ぶりどころじゃない気がする。
しかし12番H(Par3)は左にブン曲げて池に。13番H(Par5)はセカンドショットを右にOBと連続ダボ……。

IMG_8702

15番H(Par4)は左ラフからのセカンドショットを飛ばしきれずグリーンエッジから戻ってきてしまってグリーン右手前の凹んだフェアウェイに。たしか前回もここから3打目を打ったような。
洋芝(ベント)で水捌けが悪い地帯という日本屈指のチャックリゾーンなのはよーく知っているので、グリーンエッジまでさえ10y以上あったけどパターで。1ピンに寄せられたものの入れられずボギー。
16番H(Par3)はパーオンながらロングパットになったのをなんとか凌いでパーセーブ。

IMG_8705

17番H(Par4)は2本木の向こう側まで打つと100y以下の洋芝で難しくなるのは知っているので、木の手前にレイアップ。木の左に打ったつもりが木の右からのセカンドショットでしたが……。
ピンの2m左につくも、超下りのスライスライン。ラインはわかったのでタッチが合うかどうかで3パットもありえたものの、入ってくれてバーディー。

IMG_8707

18番H(Par4)のティーショットは、前回はフォローで池に入れたものの今回はややアゲインストだったし気温も低いのでそんなに飛ばないだろうと同じく4Wで。まあまあ当たってしまったものの池の手前で、ピンまでは残り160y。セカンドショットはちょいダフってしまって池に……。

IMG_8709

IMG_8710

とりあえず天気予報よりも陽射しがあって寒くなかったし、風もたいして吹かず。ゴルフ日和としては絶好としか言いようのない気候。


INコースは45だったので、後半OUTコースは43以下が目標スコア。このコースはINコースの方が難しいので、普通にやれれば可能なスコアというところですが。
しかし1番H(Par5)はアプローチで本日初のチャックリをやってダボ。
2番H(Par4)、3番H(Par3)とガードバンカーに入れてボギー。

IMG_8711

4番H(Par4)はセカンドショットを打ってグリーン左のエッジだったものの、下りのスライスをパターでも寄せきれずにボギー。
 
IMG_8714

IMG_8715

5番H(Par4)はややアゲインストだったのでティーショットはドライバーで。完全に今日イチの当たりが出て、池の3y手前までいってしまった(汗)。そしてセカンドをダフってまた乗せられず、アプローチはチャックリにビビってピンの奥へ。またまたのボギー。
この時点で後半は6オーバーになって、ほぼリーチがかかった状態。


そして6番H(Par3)はティーショットをフックさせて池に入れてダボ。8オーバーになって、リーチどころかバーディーが必要ということに(爆)。
7番H(Par5)のティーショットはそんな心境で良い当たりが出るわけもなく、今日初のダフりでチョロ。セカンドサードと適当に打ってしまって、4打目は残り60yといかにもチャックリしそうな距離。普段だったらセカンドショットをレイアップして残り100y以上になるようにするのですが。
で、当然チャックリして乗せられず、エッジまで10yくらいあったもののパターで。まあまあ寄って入ってのボギー。

IMG_8717

上がり2ホールが連続バーディーなら7オーバーに戻せるものの、どう考えてもムリ。
諦めモードに入った8番H(Par4)はティーショットセカンドショットと良くて、ピンの左手前5mの位置に。
バーディーチャンスではあるので一応真剣にラインは読んでみたもののそれで入るわけでもなく。これが後半の初パーというのがすべて。

IMG_8719

9番H(Par4)はティーショットは右ラフにいって、セカンドショットでフックさせてグリーン左手前のフェアウェイに。またチャックリをビビってのピンオーバーでボギーで終了でした。

スクリーンショット 2020-12-12 19.53.35

IN45/OUT46の91でした。
OBが1、ロストが1、池が3。16/17の33パット。3パットはなし。
パーオンは4。フェアウェイキープは6/14。

スクリーンショット 2020-12-12 19.52.05

目標の88には及ばず、年間の平均スコアは90.1ということに。
まあよく知っているとはいえ簡単なコースでもないということもよく知っていたし、知っているほどスコアが出にくいコースでもあるので。

スクリーンショット 2020-12-12 19.52.49

今年は計16ラウンド。
平均スコアとしては、4月の『スカイウェイカントリークラブ』で103を打っているのが足を引っ張ったような……あのときは本当に1日を通してまったく当たらなかった。


とりあえずこれで今年のゴルフは終わり。
今回は身内でのコンペだったのですが、仕事で予定が合わなかったという人もともかく体調不良で不参加という人も数人いたりだったので、ゴルフにはお金と友人と健康の3つに余裕がないと出来ないというのは年々本当に痛感する。
来年もゴルフが出来る環境でいられたらいいなぁと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:19Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年11月26日

フレンドシップカントリークラブ

昨日は茨城県常総市にある『フレンドシップカントリークラブ』へ。
ティーチングプロの先輩にスクールのコンペの人数合わせで呼ばれて、安請け合いしたあとにコースを聞いたら茨城だったという(汗)。
ナビではコースまで1時間40分となっていたものの京葉道での渋滞と常磐道谷和原ICを出るのにえらい時間がかかって、結局コースまでは2時間20分かかった。
行ったことのない場所だったし渋滞があったら2時間半はかかるかもとは一応想定していたので、それでもスタート1時間前の到着でしたが。
時間はあったので、スタートまでアプローチ練習が久しぶりにしっかり出来た。

IMG_8563

スタート前に雨が再び降り出してかなりゲンナリしたものの、OUTコーススタートで1番H(Par4)から。400yちょいといきなりけっこう長い。
ティーショットは左方向にトップ。ラフに引っかかってまったく距離は出ず、UT→UTでグリーン左のガードバンカーに叩き込んで1mに寄せて必死のボギースタート(汗)。朝イチからかなりツラい。

IMG_8564

次のホール以降もパーオンを逃してのパーパット入らずの繰り返し。ドライバーがスライスだったので、自分としては極端に調子が悪い感じではなかったものの。

IMG_8566

しかし曲がるということは林間コースでいいことではなく5番H(Par4)ではついにティーショットを右の林に入れて、スライスをかければグリーン方向にいくかなと打ってみたらほとんど曲がらずにグリーン左奥の林の中に。幸いピン方向は開いていたので、乗せてパーパットが入らずでしたが。
6番H(Par3)と7番H(Par5)もパーオン出来なかったものの、アプローチで凌げてようやくのパーセーブ。
8番H(Par4)はそろそろドライバーで掴まえたほうがいいかと振ってみたら、やっぱりの左の林へ。出して乗せてパーパット入らず。
前半最終の9番H(Par3)はアプローチで凌げてパーセーブ出来ましたが。

IMG_8568

IMG_8570

前半は雨が降ったり止んだりでしたが、後半もスタートしたらまた雨が降り出す。
パーオン出来ずのボギーが2つ続いて、12番H(Par3)でグリーンオーバーしたあとにアプローチが寄ってくれてパーセーブ。

IMG_8574

しかし13番H(Par5)で左足下がりのセカンドショットを右にすっ飛ばして、ボールは林からやや跳ね返ってきてくれたものの3打目は普通に打ったら上の枝に当たるロケーション。トップさせようと打ったら普通に当たってしまって即枝に当たって10yしか進まず。4打目はトップ出来たものの残り100yの5打目がこの日初のシャンク(爆)。
6打目のアプローチもグリーンを転がってオーバーしてしまい、アプローチはそこそこだったもののパターは入ってくれて必死の素トリ……。
14番H(Par4)はアプローチで凌いでパーセーブ出来て、15番H(Par3)でこの日初のパーオン。7Iでのティーショットはトップだったのですが(汗)。
で、16番H(Par5)の3打目はちょいダフってショートしてしまったものの、残り30yのアプローチが2バウンドで入ってくれてチップインバーディー。チップインは超久しぶりで嬉しい。
とはいえ17番H(Par4)ではアプローチがグリーンオーバーしてしまってダボ。

IMG_8575

最終18番H(Par4)は左がOBなのでスライスでいいやと打ったティーショットは右の林の中へ。出したボールはちょい飛びすぎて左ラフだったのですが、目の前に木が。レイアウトをまったく把握出来ていなかった。
右のサブグリーンの方に打って4オンで仕方なしと打ったらシャンク……まあ4オンには違いなかったのですが。2ホール連続の素ダボで終了。

IMG_8576

OUT42/IN44の86でした。
OBとペナルティーエリアに入れたのはゼロ。コース内にOBはほとんど無かったし、Par3などで池があってもグリーンとだいぶ離れているというレイアウトが多かったので。
14/13の27パット。3パットはなし。
パーオンはなんと1。フェアウェイキープは3/14。
ボギーパットとトリパットも含めて1パットが7つに0パット(チップイン)もあったので、アプローチで凌げた1日というところですが。朝イチでアプローチ練習が出来たおかげかも(汗)。


『フレンドシップカントリークラブ』はアップダウンのない超フラットなコースレイアウト。千葉には実はここまで平らなコースというのはほとんど無いので新鮮な感覚が。
狭くはないものの完全な林間コースなので曲がるとツラい。
2グリーンながらグリーンは大きかったり小さかったりとまちまち。9.2フィートという表示のわりには速かった印象なのと、土壌のせいなのかグリーンがけっこう硬かった。
あとは平日だったからなのか雨だったからなのか(大雨の予報ではなかった)ピンポジションがかなり振られていて、エッジから4yだったり22y(奥から5y程度)という場所が多かったので難易度は高かったような。
1日を通して雨は降ったり止んだりながら降っている時間のほうが長かったので、次にラウンドする機会があったら晴れの日に回ってみたいなぁと。

IMG_8577

帰りも当然それなりの時間がかかって、今日は長時間の運転のおかげでかなり腰がヤバい。
まあ県外でのゴルフの機会もそう多いわけではないし、たまにはいいかと。
次回のゴルフの予定は来月半ばで今のところそれが年内最後の予定ですが、とりあえず朝のアプローチ練習はちゃんとしておこうと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:12Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年11月12日

香取カントリークラブ

今日は『香取カントリークラブ』へ。このコースへは1ヶ月半ぶりなので、久しぶり感はまったく無し(汗)。
前回と同じで、18ホールスループレーでラウンド終了後に食事という。やっぱりちょっと変な感じはしつつ、INコースからスタート。


自分の朝イチのティーショットは良いか悪いか半々くらいの確率だけど、この日は良い当たりの方。ドローが強くて左ラフでしたが。斜面越えのセカンドをトップしてボギースタート。
11番H(Par3)は7Iで打ったティーショットはドフック。アプローチはトップ……。
12番H(Par4)のティーショットはちょいテンプラ気味で残り距離は180y。UTで打ったセカンドショットはグリーン右に。アプローチはまあまあながらパターが入ってくれてパーセーブ。

IMG_8500

UTで良い当たりが出来たのもあって、今日は当たってくれる日かなという感覚が。
とはいえそれがそのままパーオンにつながるわけでもなくて、またボギーが続きましたが。

IMG_8502

池越えの15番H(Par3)はピンまでの距離がアイアンの番手の間だったので、上の番手でパンチショットで打つことに。
これが成功してピンに向かって真っ直ぐ、カップの左2mに。入ってくれてバーディー。
 

バーディーが取れるとやっぱり楽しい。
16番H(Par4)もパーオンパーセーブ出来て、17番H(Par4)へ。

IMG_8503

このホールは距離が短いので、ドライバーで良い当たりをするとセカンドショットが微妙な距離になるのは容易に想像出来るので、セカンドがフルショット出来る距離になるようにレイアップするかけっこう悩む。
で、結局はドライバーを選択してこの日1番の当たり。セカンドの残り距離は55yというやっぱり微妙な距離になった上に左足上がりで、ウェッジで抑えて打ったつもりがフェースが芝に刺さっていって目の前のバンカーを越えられず(爆)。
まあティーショットでレイアップを選択したとして、スコアが良くなったかどうかはわからないのですが。

IMG_8504

スルーなのでそのままOUTコースとなるのだけど、前回と同じように待ち時間が約30分ある。前の組が4サムで前半は普通に2時間ちょいかかったので、前半のラウンドが速すぎたわけでもなく。
これくらいの待ち時間になってしまうと、スルーの意味はあまり無いようにも思いますが(汗)。


1番H(Par4)のティーショットも良い当たり。基本的に今日は調子が良い。とはいえセカンドショットは風がフォローかどうかで悩んでフォローの方に張って下の番手にしたものの、無意識に飛ばそうとしてしまってフックさせて左でしたが。
直角左ドッグレッグの2番H(Par4)は、狙ったところよりは右目なものの7Wで良い当たりが出来てフェアウェイに。自分がFWが当たっている日は間違いなく調子の良い日ということで、だいぶ自信になる。
しかしセカンドショットは、前回このホールでシャンクしてOBにしたのを思い出して巨ダフり(汗)。前回から1ヶ月半だとまったく忘れられていない。
3番H(Par3)はまた上の番手でパンチショットでパーオン。ピンの右手前5mでこれは入らず。

IMG_8508

5番H(Par5)はドライバーでのティーショット、7Wでのセカンドショット、50°でのサードショットとすべて良い当たり。3mのバーディーパットは入らなかったものの、こういう当たりが続いていると楽しい。
この日最後のPar3の6番Hのティーショットも当然パンチショット。ピンの奥3mからの下りのバーディーパットは、パンチが入ってしまってオーバーして3パットでしたが。

IMG_8509

7番H(Par4)のティーショットは打った瞬間左に飛び出してしまって、木に当たって跳ね返ってレディースティーの前に(汗)。
頑張って3オンを目指そうとUTで打ったセカンドショットは良い当たりが出来て、9Iでの3打目も良い当たりでグリーンオン。さすがに入りはせずボギーだったものの、レディースティーからティーアップせずにパーが取れていると考えれば上出来も良いところ。アマチュアのゴルフはこういう思考が大事だなと。

IMG_8510

8番H(Par4)はティーショットにPWでのセカンドショットも良い当たりでピンの手前5mに。バーディーパットはちょいパンチが入って1.5mオーバーしたのでちょいピンチでしたが、今日は入ってくれた。

IMG_8511

最終9番H(Par5)もティーショットセカンドショットと良い当たり。池越えでちょい左足下がりややアゲインストの3打目を6Iで打つか7Iで打つかで悩んで、持ったのは7I。6Iだとミスショットの確率が上がるというのもあったのですが。
で、やるだろうなと思った通りに飛ばしにいってしまってフックさせて左方向に。グリーンエッジに当たって縦に跳ねたボールは手前に転がって戻ってしまって池に。この日初のダボで終了。


IN41/OUT43の84でした。今年ここまでのベストスコアだった。
OBはゼロでペナルティーエリアに入れたのが1。14/19の33パット。3パットは1回。
パーオンは6。フェアウェイキープは8/14。

IMG_8513

で、ラウンド終了後に食事をしてコースを出るという。やっぱり妙な感じがしてしまう(汗)。


スコアが良かったのもともかく、調子が良くて良い当たりが続いたというのが楽しい。
もちろん調子が良い=良いスコアとはならないし、グリーン周りの難易度が高いコースならさらに関係ないスコアにはなるのですが。
とはいえ良い当たりが続いたというのは自信にもなる。知り合いのプロがよく言っていたのですが「根拠はなくても自信は大事」だと(笑)。
今のところ年内のゴルフはあと1回の予定なのですが、この調子が次回も続いていたら良いなぁと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:36Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年10月15日

ゴールド木更津カントリークラブ

今日は1年ちょいぶりに『ゴールド木更津カントリークラブ』へ。

IMG_8331

前日まで何度天気予報を確認しても、雨。自分としてはまったくヤル気になれなかったのだけど、一緒に回る先輩が練習でコースでボールを打ちたいということで強行することに。

IMG_8336

7時半スタートの18Hスループレー。スタート時はまだ小雨だったのだけど天気予報通りならすぐ降りだすのだろうということで、最初からレインウェアは着てスタート。
動きにくさとヤル気のなさのわりには朝イチのティーショットは意外にちゃんと当たったのだけど、左足上がりのフェアウェイからのアプローチをチャックリでダボスタート……。
続く2番H(Par4)のセカンドショットはチョロ。3番H(Par5)はセカンドショットを左にOB。

IMG_8339

5番H(Par4)はセカンドをシャンクして3打目でダフって4オン。しかも2段グリーンの下の段に載せてしまって3パットで素トリと、5ホールで10オーバーと完全にヤル気がなくなる。

IMG_8341

IMG_8342

一応6番H(Par4)と7番H(Par3)でようやくパーオンパーセーブ出来て落ち着けたのですが。
しかし距離の短い8番H(Par5)では、一応2オンを狙いつつバンカーは苦手ではないのでガードバンカーに入れてもいいやと打ったボールはバンカーへ。ピンまで約20yと微妙に距離はあるもののバンカーを出てピンの手前に乗ればバーディチャンスだし、ホームランさえなければオッケーと打ったバンカーショットは、まったく予想もしていなかったシャンク(爆)。
グリーンの一番右奥に乗ってしまって、ピンまでの距離は30m。バンカーショットより遠くなってしまった。当然の3パット。

IMG_8344

スルーなのでそのまま後半INコースへ。
正直ショットの調子はけっこう良い日で、ドライバーはフェードと言えるような薄いスライスでけっこうフェアウェイキープ出来ていたし、調子が悪いと左にブン曲がるアイアンはむしろミスったときにはやや右にまっすぐ飛んでいくという具合。
このコースのグリーンは今日も11フィートという高速グリーンでしたが、雨で濡れているので当然11フィートそのままの速度は出ていなくて、しかし速いという思い込みがあるのでアプローチとパターで苦労してしまうという。

IMG_8345

後半に入って雨に加えて風も強まってきたものの、なんとかボギーペース。Par3は2ホールともパーオンパーセーブ出来た。
しかし距離の短い16番H(Par4)では、セカンドショットが木の枝にかかる位置に↓。

IMG_8347

56°のウェッジで打つ距離だったのですがロフトそのままの弾道で枝に当たるかギリギリで、フェースをちょい開いてトップしないように厚い当たりをと振ったら、ダフった(汗)。
アプローチではバンカー越えにビビってしまってフェースが閉じてグリーンオーバー。素ダボ。

IMG_8348

IMG_8349

最終18番H(Par4)は超アゲインスト。セカンドショットは残り140yだったのだけど、風は強いしグリーン手前は池ということで持ったのは6I。
アドレスに入ったらさらに風が強くなって、とにかく強い球を打たねばと思ってしまってガッツリ掴まえてしまってボールはグリーン左奥へ。アプローチでダフって乗せられず再びの素ダボピンチになったのですが、次のアプローチは寄ってくれてボギーで終了でした。


OUT48/IN44の92でした。最初の5ホールで10オーバーまでいっていたので100いくつになるのかとゲンナリしていたのだけど、終わってみたらだいたいいつものスコアだった。
OBは1。21/17の38パット。3パットは3回ですべてOUTコースで。
パーオンは5。フェアウェイキープは10/14。自分としてはかつてないくらい高いフェアウェイキープ率で、ドライバーの調子は良い日だった。


『ゴールド木更津カントリークラブ』は相変わらずの高速グリーンとアンジュレーション、トリッキーな部分もあるグリーン周りが印象的なコースでした。
雨で濡れていたので11フィートしっかり出ていたわけではないのですが、逆に濡れていたおかげで大事故にならずに済んだパッティングもあったハズ。
1年ちょい前に行ったときも小雨ながら雨で、晴れている日にプレー出来たのは最初に行った10年前だけ。
次回は晴れているコンディションでプレーしたいなぁと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:56Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年09月28日

香取カントリークラブ

今日は2ヶ月ぶりのゴルフで『香取カントリークラブ』へ。このコースへ行くのはほぼ1年ぶり。
7時半過ぎのスタートで18ホールスループレー。しかし食事付きというプランで、食事はラウンド終了してから。
こういうのは初めてだしちょっと妙な感じがしつつ、OUTコースからスタート。


自分は暑いのが苦手なのでここ2ヶ月はゴルフのお誘いもお断りしていたし、ボールを打った数もゼロ。数日前から家でバットで素振りはしていましたが。
当然不安感しかない1番H(Par4)はなぜか良い当たりが2回出てパーオンでパー。打ってちょっとびっくりしてしまった。
しかし2番H(Par4)のUTで打ったティーショットは右にスッポ抜け。斜面を落ちてきてくれて打てる場所にはありましたが。セカンドショットも右に真っ直ぐ飛んでしまってOB。打ち直しはシャンクでもっと救いようのないOB(汗)。
で、3番H(Par3)はシャンクにビビってフェースを返してしまってグリーン左へ……左はOBが浅いのでそれはそれでちょい危ないのですが。

IMG_8246

4番H(Par4)と5番H(Par5)で続けてパーオンパーセーブ出来てようやく落ち着けたような。

IMG_8247

IMG_8249

とはいえその後もボギーペースがやっと。8番H(Par4)で右斜面からの残り150yを乗せられたのにファーストパットでパンチが入ってオーバーして3パットにしたのは痛かったですが。

IMG_8250

スルーなのでそのままINコースへ。1時間40分ほどでOUTコースを回ってきてしまったので、30分ほど待つことにはなりましたが。


ちなみに前日までは雨か曇りという天気が続いていたのが、天気予報では今日はようやく秋空で爽やかな陽気と言っていたものの、朝から湿度が高いし気温もまあまあ上がってきて普通に暑い。
まだ9月ということでこんなものか。


10番H(Par4)のティーショットはこの日初のチーピン。セカンドショットは左の斜面越えになって、フックをかければグリーン方向に向かうかということで打ってみたら、ほんの微かにしかかからずにグリーン右手前に。
12番H(Par4)はティーショットがテンプラ気味の当たりで残り距離は約190y。セカンドショットはUTなのにシャンクのような当たりで右ラフへ。3打目もダフってしまってこの日初の素ダボ。

IMG_8253

IMG_8254

14番H(Par5)と15番H(Par3)はパーオンパーセーブが出来たものの、距離の短い16番H(Par4)はティーショットを大きく左に曲げてOB……。2019年からの新ルールということで左斜面から4打目を打ったら1ピンの距離についてくれて、OBでボギーとなんとか堪えられたのですが。


ここでスコアを確認してみたら14オーバーだったので、残り2ホールで3オーバーまでなら90は切れるという状況。

IMG_8255

17番H(Par4)はティーショットは右にブン曲がりながらも距離はまあまあ出てくれていたので、池を越えて残りは約50y。しかしけっこうな左足上がりで良いライではなかったので、アプローチショットとして56°ではなく50°のウェッジを選択。普通に当たってしまって2段グリーンの上の段へ。段の下りに入るまでを打ってあとは加速してどこまで転がるかとパッティングしたボールは、意外に加速せずに2mショート……3パットでボギー。

IMG_8256

18番H(Par5)のティーショットはこの日で一番まともな当たりでフェアウェイに。しかしフェアウェイウッドで打ったセカンドショットは右にスッ飛んでハザードエリアに。4打目はダフって5打目はトップ。アプローチもたいして寄らずに、2mのダボパットが入る感じでもなく。
トリプルボギーで終了でした。


OUT45/IN45の90でした。
OBは3でペナルティーエリアに入れたのが1。18/17の35パット。3パットは2回。
パーオンは5。フェアウェイキープは4/14。

IMG_8257

で、ラウンド終了してからの食事はやっぱり妙な感じだった(爆)。このあとすぐにコースを出るのでビールも飲めず。


『香取カントリークラブ』は1年ぶりだとコースレイアウトもしっかり覚えていて、やっぱりそんなに距離の長くない林間コースというレイアウト。13番H(Par4)とPar3の4ホールは距離が長めですが。
とはいえそういったコースレイアウトとコンディションが特に関係ないこちらの調子。練習をまったくしていないので当たり前ですが。
今日はこちらが思っていたよりは暑い1日だったものの、後半にかけて一応天気予報通りに空気は乾いてきて秋めいた感じも若干。
この陽気ならば今後はゴルフの予定を入れていこうと思いつつ、練習場に行って打つまではしないにしても(汗)家での素振りはちゃんとやるようにしておこうかなと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:05Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年07月31日

成田の森カントリークラブ

昨日は5年ぶりに『成田の森カントリークラブ』へ。成田の森というコース名ながら所在地は香取市ですが。
ここ数日は涼しくて、この日も家を出る時点での外気温が20℃ほど。プレー中も23℃程度と快適な気温。まあ霧雨のような小雨が降っている時間は長くて、湿度はそれなりに高かったのですが。
とはいえ自分としては、高い気温と高い湿度で汗が止まらなくなって目に汗が入って焦点が合わないままボールを打つというのが一番イヤなので、7月の終わりにこの気温は非常にありがたい。


INコースのトップスタート。
10番H(Par5)のティーショットは、チョロ(汗)。アイアンで打ったセカンドもチョロ、3打目はトップ。残り120yからの4打目もカス当たりで乗せられず……。
11番H(Par3)のティーショットも9Iでティーアップしているのに妙な当たり。グリーンエッジからのアプローチが寄ってくれてパーセーブ出来ましたが。
12番H(Par4)のティーショットはトップ。セカンドショットでまたチョロ。残り120yの3打目は2mにくっついてくれたものの入れられず。
13番H(Par3)のティーショットもトップ。グリーン奥からのアプローチが寄ってくれてこのPar3もパーセーブ。

IMG_7805

しかし14番H(Par4)のティーショットはチョロって残り70yの3打目はトップと、ヒドい展開は続く(汗)。
15番H(Par4)のティーショットでこの日初めて良い当たりをして、セカンドショットも良い当たり。良い当たりすぎてグリーン奥のエッジまでいってしまいましたが……。

IMG_7807

一応これでようやく落ち着けて、次の16番H(Par5)はティーショットを右にOBにしたものの、17番H(Par4)と18番H(Par4)は連続でパーオン出来てパー。

IMG_7808

IMG_7809

後半OUTコースも1番H(Par4)2番H(Par4)と4ホール連続でパーオンパー。17番Hと1番Hのセカンドショットはあまり打ちたくない5Iで打ったにも関わらず。5Iを持ってトラブルにならないほうが珍しいのに(爆)。

IMG_7810

5Iで良い当たりを出来ているので油断したとかはまったく無いのだけど、3番H(Par3)のティーショットは7Iでチョロ。3パットで素ダボ……。

IMG_7811

そして距離の長い5番H(Par4)では、ティーショットをチーピンで左の林の中へ。出して3打目をチョロ、残り100yの5打目をトップしてグリーンオーバー。グリーン奥からのアプローチはシャンクでグリーンオンと散々なダブルパー。
6番H(Par5)はティーショットもセカンドショットも良い当たりを出来たものの、残り70yの3打目をチョロってボギー。

IMG_7813

8番H(Par3)のティーショットは8Iの距離ながら、かなり妙な当たりでグリーン右手前に15y近くショート。
最終9番H(Par5)はティーショットセカンドショット3打目とすべて良い当たりで、ピンの左奥3mに。これも入れられずにこの日はノーバーディーで終了。

IMG_7814

IN42/OUT45の87でした。
OBは1。15/18の33パット。3パットは1回。
パーオンは5。フェアウェイキープは4/14。

最終ホールが良い当たりが続いて終わったのでラウンド後の感触はそこまで悪くないのですが、良い当たりかチョロかトップしか出なかったというのは今まであまり無い経験。たぶん9回くらいチョロったハズ。
アプローチでしのげたホールが4ホールあって、パーセーブしたホールは計9つ。他の9ホールで+15というのは。
当たりさえすればブン曲がることはなかったのでOBは増やさずにすみましたが、とりあえずこうなった原因が特にわかっていないのは問題かと。


『成田の森カントリークラブ』は、あまり狭くない林間コースというレイアウト。アップダウンもあまりキツくない。
ベントとコーライの昔の2グリーンというレイアウトなので、グリーンが小さいというのは難易度を上げているところ。パーオン出来さえすればバーディーチャンスになる可能性は高くなりますが。
この日は雨予報への対応でなのか、ほとんどのホールで奥めか傾斜にカップが切ってあったので、その点も難易度は高くなっていましたが(汗)。
クラブハウスのつくりが豪華だったりプール(今は使われていない)があったりとバブル期のコースという印象を受けますが、今はリーズナブルな料金でプレー出来るコース。
また行くと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:18Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年06月26日

デイスターゴルフクラブ

昨日は『デイスターゴルフクラブ』へ。一昨日の『南市原ゴルフクラブ』での午後スルーに続いて、2日で2ラウンド(汗)。
このムチャなスケジュールになったのは友だち2人が泊まりで来たからなのですが、一昨日の晩は見慣れぬ人間に警戒したネコが騒ぐし明け方にデカい地震があったりでほとんど寝られず。地震は目覚ましを設定した時刻のちょい前だったのでそんなに関係ないものの。

トップスタートの予約だったのですが、コースに向かっているときからどしゃ降り。
雨雲レーダーを見たら少し時間が経てば雨のピークは過ぎそうだったので、マスター室にお願いしてスタートを1時間遅らせてもらうことに。

IMG_7634

なんとか小雨くらいにはなってくれて、西コースからスタート。


1番H(Par4)のティーショットはビミョーな当たりで左のフェアウェイバンカーへ。前日のゴルフでの筋肉痛が両腕に出ていたので、一応当たってくれただけ良かったですが。フェアウェイバンカーからはちょいダフってしまって乗せられずボギースタート。

IMG_7635

2番H(Par3)はパーオン。しかし寄ったわけでもなく、濡れたグリーンの上りのロングパットを打ちきれず2mショート。3パットでボギー。
3番H(Par4)は朝イチのティーショットのようなビミョーな当たりで左の木に当たってそのまま下へ。ギリギリOBでなかったのは良かったのだけど、いったんフェアウェイに戻すだけ。残り120yを乗せられたものの、3パットで素ダボ……。
4番H(Par4)は右のフェアウェイ(左右二手に分かれている) をキープできて、ようやくのパーオンパー。

IMG_7636

6番H(Par5)はティーショットもセカンドショットもようやくまあまあの当たり。前日からずっと調子の良かったアイアンがちょいフックしてしまいパーオンは逃して、アプローチはまあまあ寄ったものの入らず。

IMG_7639

7番H(Par3)のピンポジションは2段グリーンの上の段。手前ならけっこうラクだったのですが(汗)。なんとかピンのある段まで打たねばと番手は上げたものの、段を上りきる2yほど手前にキャリーしてボールはそのまま5mほど戻ってきてしまった。2段グリーンの15mを必死の2パット。

で、8番H(Par4)のティーイングエリアで再びのどしゃ降りに。あっという間にズボンの色が変わった。
ここまでも雨は止んでいたわけではないのでグリップはちょいちょい滑っていたのですが、このどしゃ降りでグリップは滑りまくりに。
ティーショットはチーピンで左の崖下に。なんとか戻して、しかしグリーンに届く距離ではなかったので4オンのダボ。

IMG_7643

前半最終の9番H(Par5)もティーショットこそなんとかフェアウェイキープは出来たものの、ずっとカジュアルウォーターでボールを動かしながら対処していたのがついにフェアウェイすべてがカジュアルウォーターに。仕方がないのでそのまま打ちましたが、2回チョロった(汗)。
残り100yの5打目も左のバンカーに叩き込んで、素トリ……。

IMG_7644

食事を挟んで中コースに向かうころには雨のピークは過ぎて、再び小雨程度に。
しかし1番H(Par5)のティーショットはドチーピン。まだフェアウェイのほぼすべてがカジュアルウォーターだったので、今度はアイアンで3回打って4オンさせましたが。しかし3パットで素ダボ。
2番H(Par3)のピンポジションは2段グリーンの下の段。この段差のキツさだと大きめに打って戻ってくることも期待できるので、番手は大きめ。のハズが、ちょいダフってグリーンエッジから転がっていってピン横につくという、予定とまったく逆の展開に(爆)。入りはせずにパー。

IMG_7645

IMG_7648

4番H(Par4)はティーショットは久々にまともな当たり。セカンドショットは池越えのロケーションですが、前日からアイアンの調子は悪くなかったのでそう不安感もなく。ただピン真っ直ぐよりは右手の方がセーフティーなので、そちらを向いて打ったらそのままそこへ乗りましたが(汗)。上りのロングパットを打ちきれずに3パット。

IMG_7649

7番H(Par3)のピンポジションは2段グリーンの上の段。このグリーンは上の段が広くないのでかなり難しい。まずは届かせないとと打ったボールはトップして、グリーンエッジから延々と転がって1ピン左に超ナイスオン(爆)。入るわけではなくパーでしたが。

そして8番H(Par5)はすべてがおかしくなる。ティーショットはダフって左ラフに。セカンドショットはトップしてフェアウェイバンカーに。6オンで素トリ。
最終9番H(Par4)もティーショットをミスして左ラフに。届く距離ではなくなってバンカーに足がかかる3打目もミスして、アプローチが寄ってくれてやっとのボギーで終了でした。


西47/中47の94でした。
OB・ペナルティーエリアに入れたのは無し。かなり珍しい(汗)。
20/19の39パット。3パットは4回。グリーンが難しいコースなので、40パットしなくて良かったなというところですが。
パーオンは6、フェアウェイキープは7/14でした。
前後半で同じスコアだけど、2パー4ボギー2ダボ1トリというのもまったく同じ……。


『デイスターゴルフクラブ』は、コースレイアウトにトリッキーさはないものの、ほとんどのグリーンが強いアンジュレーション。グリーンで苦労するコースですが、実際自分の今回のパット数もその通りに。
とはいえ内容としてはドライバー・FW・UTがとにかくヒドい。ティーショットを打って即パーオン不可能となっていることも多いので、正直つまらない。
前日に引き続いてアイアンはけっこう良かったのですが。まあUT以上のクラブが復調すると今度はアイアンが不調になるのはわかっているものの(爆)。
2日で2ラウンドというのも体力的にギリギリでしたが、今日になって完全に筋肉痛ととんでもない疲労感。雨でだいぶ濡れたのでそれで体調を悪くしたのかもしれませんが。
そしてこの2日間は湿度こそやたらと高かったものの気温はまあまあ。もちろん蒸し暑さはしっかりとありましたが。
ここから3ヶ月くらいは気温も確実に上がるので、ゴルフのペースはかなり落ちそう、というか落とします(汗)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:19Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年06月25日

南市原ゴルフクラブ

昨日は『南市原ゴルフクラブ』へ。以前は天ヶ台というコース名で、アコーディアになってから改名されたハズ。
自分のゴルフ行動圏の中にあるコースながら、行くのは今回が初めて。
午後スルーで12時半スタート。ナイターで明るいうちにスタートして18ホールスルーという経験は何度もあるけれど、午後スルーというのは初めてなような。
コース到着時は小雨が降っていたのですが、スタートするころにはほぼ止んでくれるラッキーな天候。


INコースからスタート。
10番H(Par4)は距離もあって難しいレイアウトながら、ティーショットはまあまあの当たりで左ラフへ。セカンドショットは左足下がりの時点でイヤな予感はしていたものの、傾斜に逆らって引っかけてしまってグリーン左手前に。まったく寄らずに15mほどのパーパットといきなりピンチになったものの、奇跡的にオッケーに寄ってくれてボギースタート。

IMG_7611

11番H(Par4)は距離のない右ドッグレッグのレイアウト。
レイアップするホールだったけれど、自分のFWはまったく信用できないのでドライバーでスライスを打って飛距離を落とそうとしたら、曲がりすぎてカート道路の右まで(汗)。
出すだけになってまたボギー。
12番H(Par3)はパーオンできたもののロングパットになってしまって3パット。
13番H(Par5)はセカンドショットでチョロって4打目がまだ70y。これが1.5mにくっついてくれたものの入らずボギーとまったくパーが取れない。

IMG_7615

14番H(Par4)はフェアウェイ右目に行ってしまいこの位置だと右の木がジャマ。枝に当たってガードバンカーに入れたものの、バンカーショットがくっついてくれてようやくのパーセーブ。

IMG_7616

しかし15番H(Par3)は190yと距離が長いこともさておき、まったく当たらずに変なフックをして池に……。

IMG_7618

16番H(Par4)もフェアウェイバンカーに入れてしまいボギー。

IMG_7624

18番H(Par5)はグリーン手前が池のレイアウト。ティーショットは右のラフに入れてしまったもののセカンドはなんとかまともな当たりができて、残り140yの3打目も乗せられてパーオン。
ピンが一番奥で斜面の頂点のようなところでかなりの上り傾斜。キツい上り傾斜のパットは苦手ながらなんとか届かせられたのだけど、カップを舐めただけでした。


スルーなのでそのままOUTコースへ。
1番H(Par4)はライの悪いアプローチでチャックリして目の前のバンカーに入れてダボというキビしい展開。
2番H(Par4)はフェアウェイキープからのパーオンでパーセーブできましたが。

IMG_7625

3番H(Par3)のティーショットは当たらずにグリーン右手前に。アプローチもたいして寄らなかったけれど、パーパットがとんでもない下りのフックライン。必死の2パット……。

IMG_7626

5番H(Par4)はティーショットを右の林の中に。落下地点はOBではなかったようだけれど見つけられずにその付近から第4打。乗せられなかったもののアプローチがオッケーに寄って必死のダボ。
6番H(Par4)は約300yと短いのだけど、ここで今日初のチーピン。左の林に飛び込んでいって完全にOBと思ったのだけど、真右に跳ね返って右のラフまでいってなんとかセーフ。もちろんボギーですが。

IMG_7627

7番H(Par4)は400yとまあまあ長いものの190y以上打つといきなり狭くなるというレイアウトなので、ここはさすがにUTでティーショット。セカンドショットも同じクラブになりましたが(汗)。

IMG_7628

最終の9番H(Par5)は、18番Hを左右反転させたようなレイアウト。ティーショットはかなりビミョーな当たりでフェアウェイキープはできたものの、セカンドショットはドフックで左のラフへ。
とはいえ残り160yなのでグリーンは狙っていったのですが、どうもボールが浮きすぎている(沈んでいるよりはいいのだけど) のが気になりつつ打ったら、そのままテンプラみたいな当たりで大ショート。
アプローチは寄ったのだけど、入れられずにボギーで終了でした。

IMG_7630

IN45/OUT46の91でした。
OBは1球でペナルティーエリアに入れたのも1球。
18/17の35パット。3パットは1回。
パーオンは3、フェアウェイキープは4/14でした。
後半になるほどに当たりがおかしくなってきて、ティーショットを打って即パーオンがムリになって、延々とボギーでしのぐという内容……。スコア的には前後半でもほぼ同じなのですが、後半の方が内容が圧倒的に悪いという。


『南市原ゴルフクラブ』は緩いアップダウンのある林間コースという印象。
グリーンもアンジュレーションがあるし、コースレイアウト自体の難易度も高い。グリーンはもっと良い状態で出来そうですが、まあ暑くなってくる時期でもあるので。
そんなに安くはないコースというイメージだったのですが、今回は午後スルーで約5500円。この金額は自分としてはかなり安いと思ったのですが。
いずれ普通のラウンドでもまた行ければと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:31Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年06月11日

グレンオークスカントリークラブ

昨日行った『グレンオークスカントリークラブ』。
2週間前に行った『オーク・ヒルズカントリークラブ』の隣のコース。元々は両方とも同じ系列のゴルフ場だったのらしいのだけど、今はどちらもアコーディアなので繋がりがあるのかはわからず。
で、アコーディアなので今回もチェックインは自動精算機にアコーディアのカードを入れるだけ。感染症対策としても良いし、人を介さずボールペンも持たなくていいというのはさらに良い。


INコースからスタート。非常に良い天気で気温も上昇して8時スタートでもすでに暑い。
10番H(Par4)のティーショットはトップ。ラフでランも出ずグリーンに届く距離ではなかったので、セカンドはアイアンで適当に。残り90yの3打目をシャンク(爆)。右隣のティーイングエリアに行ってしまって、そして打ったら木に当たってほぼ元の位置に。5打目でなんとかグリーンエッジまで持っていって、1.5mが入ってくれてトリスタート……。

IMG_7499

しかし11番H(Par5)のティーショットは良い当たり。クリークがあるのでアイアンで打ったセカンドショットも良い当たり。ショートパットを引っかけてボギーにはしましたが。
12番H(Par4)は距離は短いけれど狭いというレイアウトだったのだけど、良い当たりを何度かしているとイケる気がしてしまって普通に振ってしまった(汗)。振った方がむしろ曲がらないということもあるのか、良い当たりでフェアウェイ真ん中へ。
次の13番H(Par3)もパーオン出来て連続パー。パーオンでパーが続くとやっぱり落ち着ける。

IMG_7501

IMG_7502

その後風が強まってきて、16番H(Par4)は400yと長めなのに強力なアゲインスト。リキみがあったのか、風にもあおられて右隣のホール近くの木の間へ。フェアウェイに出して残り120yをなんとか乗せられたのだけど、この日初の3パットで素ダボ……。
最終18番H(Par5)ではロブショットでOKパーを拾えたりと凌げたところもあったのですが。

IMG_7504

最近ずっとスループレーだったのだけど、今回は久しぶりにランチ休憩あり。この暑さだとやっぱりビールは美味しい。

IMG_7505

後半はさらに風が強まって、しかし風関係なく1番H(Par4)のセカンドショットは6Iでチーピン(汗)。左足下がりの土混じりのライから乗せることも出来ずに素ダボ。前半に続いてまたスタートホールでやらかしてしまった。

IMG_7508

そのあとはフォローのホールとアゲインストのホールが交互に来て苦労していたのだけど、5番H(Par3)のティーショットはフックを打ってしまった上に右からの強力な風にも乗ってしまって、左奥の次のホールのティーイングエリアまで。20y以上はオーバーしてしまっていたので、そもそもクラブ選択が間違っていたよう。ピン方向は木とバンカーとがあったので真っ直ぐは狙えず、なんとかグリーンエッジまで持っていってアプローチ寄らずの素ダボ。

IMG_7509

そして6番H(Par4)はまた強力なアゲインストだったのですが、ティーショットはちょい弾道が上がってしまって風に叩き落とされて左の池に。池の横から打った3打目はシャンクして右のOBに。打ち直した5打目はシャンクにビビってフェースがかぶってしまって、ピンが右端にも関わらずグリーン左目に。約25mを当然の3パットでダブルパーの+4……。

IMG_7510

8番H(Par3)はグリーン左のバンカーに入れて、ゴルフ場の多くで今はバンカーは感染症対策でバンカーレーキに触れずに足で直すだけでも良いとなっているのですが、このバンカーは足でさえ直されていなくて足跡だらけ。ボールは足跡にかかるビミョーなライだったものの、まあいけるかなと打ったらまったくダメで久しぶりにガードバンカーから1回で出なかった。2回目はOKに寄ってくれてラッキーボギーでしたが。
最終18番H(Par5)はティーショットもセカンドショットも良い当たりだったものの、残り100yをまたシャンクに近いトップをやらかしてボギーで終了でした。

IMG_7511

IN44/OUT49の93でした。強風だったとはいえ、後半3番H以降はパーが取れなかった。
OBは1球でペナルティーエリアに入れたのも1球。どちらも同じホールで(汗)。
16/17の33パット。3パットは2回。
パーオンは3、フェアウェイキープは7/14でした。
ショットの調子は良かった方なのですがショートアイアンかウェッジでやらかしたのが多くて、そして1パットでボギー以上というのが3回あったので、耐えてこのスコアという。


『グレンオークスカントリークラブ』は林間コースながらそう圧迫感はないレイアウト。狭いホールもあったけれど、林は関係なくホールの両サイドが斜面だったりとか。
グリーンはやや大きめでアンジュレーションが強い。速度は9フィートと普通の速さだけれど、状態は良い。自分は平日ゴルファーなのでキビしいピンポジションに当たることがほとんどですが、この日もピンポジションはかなり端に切られていて難しかった。
コース全体としてはメンテナンスがきちんとされているゴルフ場という印象でした。


強風だったにも関わらず雲もなく強い日差しでかなり暑くて、この高温多湿だと自分は汗が目に入って(コンタクト)しまってツラい季節になったなと実感。暑いと単純にヤル気がなくなるというのもあるのですが(汗)。
今日梅雨入りしたというのもありますが、今後10月くらいまでは1.5ヶ月に1ラウンド程度が限界かなと……。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:25Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年05月29日

オーク・ヒルズカントリークラブ

昨日行った『オーク・ヒルズカントリークラブ』。
先月の『スカイウェイカントリークラブ』での激打ちから丸1ヶ月開いて、完全に暑くなる前に行っておいてもいいかと思えたので。『オーク・ヒルズ』へ行くのは初めて。

7:30スタートのスループレイ。家を出るときから半袖でゴルフをやるには良い季節。暑いのがダメな自分にはおそらく良い季節の最終盤(汗)。

IMG_7394

INコーススタート。
前回まったく当たらずに1ラウンドを終えた記憶はまだしっかりと残っていて、とはいえその間に練習場に行ったわけでもなく。家でバット素振りはやっていましたが。

10番H(Par5)のティーショットはまたもカス当たり。左ラフからのセカンドショットでさらにひどい引っかけをして左の林へ。出しきれずにカート道横からの4打目はまだ残り140yとなってしまったのだけどこれがピンの左2mについてくれて、入りはしなかったもののなんとかボギースタート。
11番H(Par3)のティーショットはややトップして右手前のバンカーに入れて、やっぱり今日も当たらない日か???とイヤな感じになってきたところで、12番H(Par4)のティーショットは完璧な当たりでフェアウェイ真ん中。セカンドも良い当たりでピンの右にパーオン。入りはしなかったけど、前回は18番Hまでかかった初パーセーブが3ホール目で出来た(汗)。

IMG_7395

13番H(Par4)は右ドッグレッグで右に打ってしまうと林がジャマ、15番H(Par4)は左ドッグレッグなので左に打ってしまうと林がジャマというロケーションなのに、それぞれ林の方にボールは飛んでいく(爆)。
13番Hはカート道路の上を通してグリーンエッジまで持っていけたものの、15番Hは完全に林の中だったので出すだけ。3オンは出来たもののカップまで12m残ってしまったのをたまたまの超絶距離感でオッケーになってボギー。

IMG_7397

しかし16番H(Par5)はティーショットを右にブン曲げて隣のホールの林の中に。セカンドショットは木に直撃してしまって真左に。3打目でなんとか戻ってこられたものの、池の手前にレイアップのつもりで打った4打目はドローしてしまって飛びすぎて池に……。池の手前からの6打目は特に寄ることもなかったのだけど、5mが入ってくれてナイスダボに。
18番H(Par4)は400y以上あってアゲインストだったのでセカンドショットは花道までしか持っていけなかったのだけど、アプローチは2段グリーンの上までたどり着けず5mほど転がって戻ってきてしまった。そして若干のフックラインだなと打ったパットは、カップ右側の傾斜に気づいていなくてカップ付近から一気に右に転がっていってセカンドパットが8m(爆)。ナイス3パットで素ダボ。


2サムだったので1時間半ほどでハーフ終了してしまい、まだ朝のスタートが終わっていなかったので後半のスタートまでは30分待ち。アプローチ練習場で時間を潰せるのでちょうどいい程度の待ち時間でしたが。


1番H(Par4)では左足下がりのセカンドショットで無理してUTを持ったのがトップしてしまって4オンのダボとしてしまったものの、2番H(Par4)でもアプローチがトップでグリーンを飛び越えてしまったのが次のアプローチはオッケーまで寄ってくれてボギーに抑えられたのは大きかった。

IMG_7399

3番H(Par5)のティーショットは良い当たりでバンカーを越えてフェアウェイに。残り180yのセカンドショットはグリーン左のバンカーに入れてしまったものの、大きなトラブルになることなくバーディーパットが打てているというのは気持ちがラク。

IMG_7400

とはいえ4番H(Par3)はパーオン出来たものの行ってみると2段グリーンの上に乗ってしまっていて、必死の2パットでしたが。

IMG_7401

↑は、7番H(Par5)のフルバックティーのティーイングエリア。ここまで両サイドの木の間隔が狭いところは初めて見た(汗)。自分は左前のレギュラーティーからだったのでまったくのノンプレッシャーでしたが。
ノンプレッシャーのおかげで良い当たりをしてフェアウェイに。3打目はドローしてしまって、ピンが手前なのに左奥の2段グリーンの上に。花道にかけて延々下りで、カップをオーバーしたらグリーンを出ていくのは明らかなロケーションで、当然の3mショートで3パット(爆)。
最終9番H(Par4)はティーショットをミスして右の林がジャマなので2オンはムリな状況に。UTでスライスを打って花道まで持っていって、まあまあ寄ったものの入らずのボギーで終了でした。

IMG_7402

IN44/OUT44の88でした。
OBは無しでペナルティーエリアに入れたのが1球。16/17の33パット。3パットは2回。
パーオンは4、フェアウェイキープは4/14でした。バーディーは取れずの4ダボだったけれど、アプローチでしのいでパーセーブ出来たホールが3つあったのは大きい。
前回はまったく当たらず、結局ラウンド中にまともに当たったのは3回くらいでしたが、今回は3ホール目で良い当たりをしだして、それがそこそこ続いてくれたので不安感が無くなったという感じが。
結局、根拠はなくても自信は大事ということなのかもと(汗)。
楽天GORAでスコア管理をしているのだけど、完全に前回1回だけが台風だったのかケガをしていたのかというようなスコアになってしまった。

1590749306717

『オーク・ヒルズカントリークラブ』は林間コースながらそう圧迫感はなく、大きめかつアンジュレーションのあるグリーンが難しいという印象でした。平日だからなのかもしれませんが、ピンポジションは前後左右に振られているホールが多くて難しかった。
メンテナンスは行き届いている印象で、林間コースなので木は多いのだけど落ち葉が目立つこともなく、芝の状態も良かった。
また行く機会があればと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:39Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年04月27日

スカイウェイカントリークラブ

今日は『スカイウェイカントリークラブ』へ。11年ぶりだった(汗)。

このコースが属するアコーディアは現在スループレーのみ(レストランはクローズ)での営業。そしてこれは現在営業しているゴルフ場ほとんどがそうなっているけれど、着替えやスパイクシューズへの履き替えは駐車場の車内で済ませて、フロントでチェックインをしたらロッカーは使わずにそのままカートへということを推奨。
ロッカーは使わないのだしあまり早く着きすぎても時間を持て余すということでスタート30分前到着を目指して家を出たのですが、予定通りに到着してみると同伴者がクラブハウス前で待っている。
自分がスタート時間をなぜか勘違いしていて、7:38スタートだと思っていたのが7:24のトップスタートだと(爆)。
ということで駐車場でシューズを履き替えてダッシュでクラブハウスに飛び込んでチェックイン。アコーディアのカードがあるので自動精算機ですぐにチェックイン出来て良かった。
スタート時間には間に合ってスタート。

IMG_7235

INコーススタートで10番H(Par4)から。パター練習はもちろん、普段スタート前に必ずやっているストレッチも素振りも今日は出来ず。
まあ当たらなくて当然と打ったティーショットは、左にすっ飛んでフェアウェイバンカーへ。バンカーからはとんでもないフックでまた左にすっ飛んだものの、なんとかボギースタート。
11番H(Par4)のティーショットはドスライスで右へ。斜面を落ちてきたので打てる場所にはあったものの、セカンドショットはトップしてグリーン手前。3パットでダボ。

IMG_7236

12番H(Par3)は距離は長くないもののかなりの打ち下ろしでなかなかのロケーション。
まあ50°のウェッジだしなんとかなるかなと思って打ったのですが、トップして左のバンカーへ。そこから池に入れてまたダボ……。

IMG_7238

ウェッジさえまともに当たらなくてどうやら調子が悪いということには気づきかけていたのですが、13番H(Par5)はセカンドショットからチョロとトップの連続。5打目もトップしてグリーンを飛び越えてトリ。
その後もずっとトップ。17番H(Par4)ではティーショットを右にブン曲げてフェアウェイバンカーの右にまでいったのですが、セカンドショットをトップして目の前のフェアウェイバンカーへ。ウェッジでの4打目でまたトップしてグリーン奥に。とんでもない左足下がりのライからガードバンカーに入れて、久々のダブルパー(+4)。

IMG_7242

2サムなので1時間半ちょいでハーフを終えてしまったのだけど、後半OUTコースへは10分待ち程度でスタート出来るとのこと。9時台はまだまだスタートする組がいるハズなので、予約枠を空けてくれているのか。
ということで9時台前半に後半スタート(汗)。


当たらないのもともかく、ドライバーがスライスばかりだったのでまずはフックを恐れずにつかまえていこうと振った1番H(Par5)のティーショットはやっぱりなのチーピンで左のフェアウェイバンカーへ。セカンドショットはドフックして、朝イチのスタートホールの再現のような……。
相変わらずトップしてばかりだったので、3番H(Par3)はティーアップしていることだし厚い当たりにしたいと振ったら、近年稀に見るレベルの巨ダフりでボールは目の前の池に。
トップの方がまだマシということに……。

 IMG_7243

ちなみにグリーンの速さは9フィートとそこそこの速さながら、コンパクションが高くてかなり硬い。
そして古い設計(悪い意味でなく)の2グリーンなので、グリーンのサイズが小さい。
ということで、自分のようなアマチュアがショートアイアンで打ってもかなりランが出てしまうし、アプローチでも。

IMG_7246

実際のところ7番H(Par5)あたりからちょっとだけショットに復調の気配はあったのですが、グリーンが小さいのでパーオンを逃し、そしてアプローチは延々と転がってグリーンを出ていくという展開も。

IMG_7250

最終の9番H(Par4)のティーショットがドライバーでこの日初めての良い当たり。セカンドショットも良い当たりをしたのだけどちょいつかまってしまってグリーン左奥へ。
アプローチが寄ってくれてパーセーブ。最終ホールでこの日初のパー(爆)。


IN55/OUT48の103でした。
OBは1でペナルティーエリアに入れたのが2球。17/18の35パット。3パットは3回。
パーオンは1、フェアウェイキープは3/14でした。
去年100ジャストというのは2回あったのだけど、それを超える久々の大叩き。
楽天GORAでスコア登録をしているのでここまで打ったのはいつ以来なのだろうと確認してみたら、2012年12月に109というのがあったのでそれ以来の8年ぶりの大叩き。そしてその時はOB8発打っていたので、内容としては今回の方がずっと悪い。


まあ練習もまったくせずに今までそこそこのスコアになっていた方がおかしくて、これが実力なのでしょうが。とはいえさすがに心は折れたし、ショットでまともな当たりをしたのが計3回くらいというのはまったく楽しくない。
これから暑くなるし次回のゴルフは11月くらいでいいかと思うものの、たぶんどこかからお呼びはかかるのでどうしたものか。呼んでもらえるのはありがたいことなのですが。


『スカイウェイカントリークラブ』は距離の長いホールと短いホールがハッキリ分かれているものの、やはり特徴的だったのは小さいグリーンにコンパクションの高さ。
まともな調子のときに回ってみたいとは思いつつ、また機会があれば。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:46Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年04月15日

イーグルレイクゴルフクラブ

今日は半年ぶりに『イーグルレイクゴルフクラブ』へ。

新型コロナウイルスの感染防止への各ゴルフ場の取り組みはそれぞれで、完全クローズとしたゴルフ場もあればアコーディアや東急系のコースはレストランの営業を止めて18Hスループレーでの営業。
そして『イーグルレイク』が属しているPGMは、スループレー推奨もレストランも営業継続というスタンス。
ということで今回はスループレーの予約プランで。
ちなみにほとんどのゴルフ場で共通しているのは、お風呂使用不可(コースによってはシャワーのみ)でロッカーもなるべく使用しないことを推奨。
なので、今回は駐車場でスパイクに履き替えて、フロントでチェックイン(PGMはTカードを渡すだけ)したらそのままカートに向かうということにしました。初めての経験なので、違和感はある。

7時台のスタートにしてはずいぶん駐車場にクルマが多いなとは思いつつ、みんな乗り合わせをやめて1人1台で来ているということもあるのかなと思ったのですが、マスター室前には大量のカートが並んでいたし自分たちの前後も空きはなかったような。


OUTコースからスタート。
1番H(Par4)はレギュラーティーでも420yと長いのでボギーで良しと思ってそしてボギースタートだったのですが、2番H(Par3)3番H(Par4)と連続でパーオン出来てパー。

IMG_7181

陽射しがあって風はほぼ無かったので気温も上がってきて、4番H(Par4)のティーイングエリアで上着を脱いで半袖になって、動きやすくなったしこのまま良い流れでいければと思ったら、脱いでバランスがおかしくなったらしくまったく当たらなくなった(爆)。
ティーショットで右の池に入れてしまったのはともかく、池の横からの3打目はシャンク。

IMG_7182

5番H(Par5)のティーショットもかなりおかしかったけれど、2打目の7Wはチョロ、8Iでシャンク2回。
7番H(Par3)は50°のウェッジで打つ距離なのでパーオンパーセーブ出来たものの、このコース最難関の8番H(Par4)はガードバンカーに入れたのは仕方ないとして、3パットでダボ。
最終9番H(Par5)の3打目はグリーン右側の受け傾斜のカート道路に当たって転がって50yも戻ってきてと、運も無し……。


スループレーなのでそのままINコースに向かうのですが、やっぱり組数は多かったようでまだ前に5組がいる状態。
レストランに入ってビール1杯だけ飲む。

IMG_7184

INコースのスタートホールの10番H(Par4)も距離はまあまあ長い。ティーショットをフェアウェイバンカーに入れてしまったので即レイアップでボギー。
11番H(Par4)はティーグラウンドが普段より前でもともと距離のないホールなのでレイアップなのですが、自分のフェアウェイウッドがまったく信用ならないということでドライバーで(汗)。なんとかスライスで打てたもののちょい曲がりすぎて右ラフへ。とはいえセカンドショットは56°のウェッジ。
5m手前に乗ったのがド真ん中から入ってくれてバーディー。

IMG_7185

バーディーはやっぱり嬉しいので、ここから立て直していきたいなと思った12番H(Par3)は8Iでシャンク……ペナルティーエリアに入れてダボ。

IMG_7186

そして両サイドが池の13番H(Par4)はここはさすがにティーショットは7Wで打ったのですが珍しくちゃんと当たってくれて、大成功のフェアウェイキープ。が、8Iでのセカンドショットをまたシャンク。
14番H(Par4)は折り返しのホールなので右は池に左はOBというレイアウトで、ここもティーショットはレイアップするべきホールなのですが、もうセカンドショットで8Iを持ちたくないという理由でドライバー(爆)。
左のバンカー手前でなんとか止まってくれて、セカンドショットはPW。これが1mにくっついてくれてこの日2つ目のバーディー。
しかしまあ復調とかではなしの完全まぐれだったのは明らかで、続く15番H(Par5)は悪いライだったとはいえセカンドショットをチョロ。4打目はまた8Iになって当然シャンク。
最終18番H(Par5)はフェアウェイバンカーから脱出に2打かかっての素ダボで終了でした。

IMG_7189

OUT47/IN44の91でした。
OBはゼロでペナルティーエリアに入れたのが2球。18/16の34パット。3パットは1回。
パーオンは5、フェアウェイキープは5/14でした。
まぐれバーディーが2つあったのでこのスコアになったけれど、内容的には100くらいという印象……。


イーグルレイクゴルフクラブは、相変わらず激ムズとまではいかなくても難易度の高いコースレイアウトでした。OUTとINそれぞれのスタートホールこそ距離は長めだけれどそれ以外は距離はそう長くない、しかし基本的に狭いという。
グリーンは10フィートの表示で、おそらくそのままそのスピードかなという印象。アンジュレーションがキツいというところはあまり無いのだけれど、これくらいのスピードだと普通に難しい。


そして駐車場のクルマの数とコース内で見えるプレイヤーの数、ハーフターンでの待ち時間からもどうやら枠はほとんど埋まっていたような。
緊急事態宣言が出て以降で営業しているゴルフ場の来場者はだいたい半減というのが聞いているところだったのですが、このコースはまったく違ったよう。
次回行く時にはレストランでハンバーガーを食べていられるような状態になっていればいいのですが。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年03月24日

多古カントリークラブ

昨日は『多古カントリークラブ』へ。なんと7年ぶりだった。

IMG_7055

前日までは気温20℃の日が続いて桜も開花。
しかしこの日に限って気温は10℃。そして北風が強い上に小雨もパラつくというなかなかの引きの強さ(汗)。

IMG_7056

INコースからスタート。
10番H(Par4)のティーショットはビミョーな当たりながら左ラフへ。ビミョーな当たりだったので当然距離は残ってしまったのだけど、ライもビミョーだったセカンドショットはチョロ(汗)。3打目はシャンクしてやっとの4オン。2mが入ってくれてなんとかボギースタート。
11番H(Par4)、12番H(Par4)はパーオン出来てパー。

IMG_7058

自分はその日1日のドライバーがフックかスライスかどちらかの傾向があって、フックの方がアイアンにも悪影響が出るのでどちらかといえばスライスの方がいいのですが、11番H以降はティーショットはスライス。
で、13番H(Par5)のティーショットは最近で一番のスライス(爆)。プッシュアウトスライスで、インパクトの0.3秒後にはOBだとわかったレベル。
とはいえドライバーがスライスの日はスコアはそう大崩れしないというのは相変わらずで、その後のホールはボギーペースで前半終了。

IMG_7060

後半OUTコースの1番H(Par4)のティーショットは朝イチに続いてまたもビミョーな当たり。そして距離の残ったセカンドショットをまたチョロ。今度は3オンは出来たのだけど、3パットでダボに……。
2番H(Par4)はグリーンを外したもののアプローチで凌いでパーセーブ出来たのは良かったのですが。

IMG_7061

5番H(Par5)はグリーン手前からかなり急角度の左ドッグレッグというのはレイアウトで把握したつもりが行ってみるとそれ以上の角度で、3打目はピンが完全に木の向こう側というロケーション。セカンドショットをもっと右目に打たないといけなかった。
頑張ってフックを打ってみたものの曲がりきらず、グリーンの右奥へ。

そして6番H(Par4)はこの日初のドチーピン。セカンドショットもチョロって4オン。2段グリーンの下から3パットでこの日初の素トリ……。
8番H(Par5)のティーショットはこの日一番の当たりも、セカンドショットを右の斜面に落としてボギー。
300yと距離はない9番H(Par4)はセカンドショットが木の後ろというロケーションになりつつ木の上を通せたものの、どうもアゲインストだったようで届かずにグリーン手前のラフに。アプローチは大して寄らずにボギーで終了でした。

IMG_7062

IN43/OUT44の87でした。
OBが1発。17/19の36パット。3パットは2回。
パーオンは5で、パーセーブ以上のホールが6。フェアウェイキープは6/14でした。


『多古カントリークラブ』は、グリーンの更新作業中ということで最近行ったコースの中では一番の重いグリーンスピード。表示は見なかったのだけど、8フィートも出ていなかったかも。
とはいえ、かつてのコーライグリーンなんかはこんなスピードが普通ということもあったハズなので。
アップダウンのあまり無い林間コースというコースレイアウトですが、グリーンに近いところでの急激なドッグレッグというホールもいくつかあったので、多少戦略的な面も。
今回は7年ぶりとかなり久しぶりでしたが、また行ってみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:40Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月27日

小見川東急ゴルフクラブ

約2週間ぶりにまた行った『小見川東急ゴルフクラブ』。
前回と違うのは、こちらがギックリ腰をやったというところですが……とはいえ発症から1週間が経過したあたりでかなり痛みは引いてきた。
立っていたり歩くのは問題なくて、ゴルフのスイングもまあ大丈夫に。一番痛みが出るのがクルマの運転で、家から1時間20分ほどかかるこのコースへの運転はちょっとツラかった(汗)。

IMG_6835

コースに到着したときは腰はバッキバキだったけれど、スタート前に素振りをしてみるとまあ大丈夫そうな感じ。ギックリ腰直後はインパクトからフォロースルーにかけて腰の左側が痛かったのだけど、それもだいぶ治ってきていたので。


今回はOUTコーススタート。1番H(Par4)は左右OBもないのでまずは得意の朝イチチーピンでなければと振ったのだけど、50cmくらい手前からダフった(爆)。自分はドライバーでヒールに当てたりトップはよくやるのですが、こんなダフリ方はたぶん数年ぶりで我ながらビックリした(´ºωº`)
ボールは30yほど転がっただけ。そこからのUTと3打目の9Iは一応当たって、ただピンポジションが一番奥で真ん中に乗っただけだったので15mから3パットでダボスタート。

ただ2番H(Par5)はパーオン出来てパー。このコースで唯一ティーショットが狭い3番H(Par4)はセカンドショットを左にブン曲げてボギーにしたものの、4番H(Par3)、5番H(Par5)、6番H(Par3)と連続パーオン出来てパーセーブ。

IMG_6836

ちなみに天気予報で強い北風という予報になっていたので今シーズン初めて完全防寒の格好で行ったのですが、スタート時はあまり吹いていなかった風は3番Hあたりから強まってきた。
で、このコースはOUTコースもINコースもクラブハウスを背に南に向かってスタートして、途中からは北に向かってクラブハウスへ戻ってくるというのが基本的なレイアウト。ということで北風の今回は、序盤のホールはフォローになることが多く後半のホールはアゲインストになることが多いという。
おかげで上がり3ホールは強力なアゲインストが正面から。
8番H(Par4)は前回はセカンドショットをウェッジで打ててバーディーを取れたのですが、今回のセカンドショットはUT(汗)。ティーショットの当たりの違いもあるとはいえ。UTではライナーを打ちたかったものの、普通に弾道は上がってしまって風に叩き落とされて花道……。

IMG_6837

IMG_6838

後半INコースも当然強風のまま。
とはいえ10番H(Par5)と11番H(Par4)はフォローで、ティーショットは気楽。セカンドショットもアイアンで距離を抑えながらけっこううまく打ててパーオンパーセーブ。
12番H(Par3)以降はアイアンが曲がり出して、パーオン出来ずのボギーが続きましたが。

IMG_6839

ちなみに前回はグリーンのスピードが9.8フィートという表示になっていたものの、一応9フィートは出ているかな???というようなスピード。今回も9.8フィートという表示のままだったのだけれど、朝イチからおそらく11フィート出ていると思われる高速グリーン(爆)。
そしてコンパクションは相変わらず高くて、パンパンのグリーン。ショットもアプローチも前に跳ねていってしまう。
そんなセッティングの中で、15番H(Par4)ではバンカー越えのアプローチをロブショットでOKパーに出来たのはこの日のハイライトだったのですが。

IMG_6841

まあそんなまぐれナイスショットは続かず、16番H(Par5)は強めにドローしたティーショットが強力なアゲインストに叩き落とされて、池の向こうの斜面から転がって戻る入り方で池に入れてダボ。
17番H(Par3)はフォローだったものの風に関係なく左にブン曲げて、寄りそうもないライから乗せられもせずの連続ダボ。
そしてクラブハウスに向かうので強力なアゲインストになる最終18番H(Par4)のティーショットはスライスさせてしまって右のフェアウェイバンカーに。残り180yでアゴも近かったのですが、最後ということでムリをしてみてUTで。カチ上げたボールはやっぱりアゲインストに叩き落とされてまったく飛ばせず、残り70yまでしか持っていけずのボギーで終了でした。

IMG_6843

OUT42/IN44の86でした。
OBはゼロでペナルティーエリア(池)に入れたのが1球。18/17の35パット。3パットは1回。
パーオンは6で、パーセーブ以上のホールが7。フェアウェイキープは7/14でした。


小見川東急ゴルフクラブ』は今回もコンパクションの高いパンパンのグリーン、そして前回とはまったく違う高速グリーンで、どう打つかを考えることの多いコースでした。
ティーショットがノンプレッシャーのホールが多いというのはドライバーを振る練習にもなる。
もちろんこのコンパクションだとグリーンにキャリーしてからのランの距離は長くなるので、ピンポジションを確認してからティーショットをフェアウェイの左右どちらに打つべきかというのもあるのですが、自分にはそんな技術は無い(笑)。
2月ということで食事込み約8000円というプレー料金でしたが、ゴルフシーズンに入る来月以降は料金はかなり上がってしまうハズなのでコースの選択肢からは外れそうですが、いずれまた行ってみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:43Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月18日

太平洋クラブ市原コース

昨日は『太平洋クラブ市原コース』へ。
この2日前に発症したギックリ腰は当然特に回復はせず(汗)。
まずクラブが振れるかどうかだったのでスタート前に珍しくコースの練習場で打ってみると、テークバックからダウンスイングまでは一応大丈夫、インパクトからフィニッシュにかけて骨盤の左側あたりがかなり痛むという状態。
痛みを避けていつものスイングとは違うものになっていたと思うのだけど、意外に数球打つと一応当たるようにはなった。

IMG_6729

コースに向かっているときのクルマの外気温は16℃で、雲もなく快晴の1日。
しかしかなりの強風で、OUTコース1番H(Par5)は左からの強烈な風。このホールのティーショットは右側が即OBなので完全なOB風。当然左の斜面を向いて打ったのですが、逆にチーピンで左のカート道に当たって斜面を上って2番Hの方に行ってしまって、探したのだけれど見つからずにロストボール。
前進ティーから打つことにして、UTはまあまあ当たって残り100y。50°のウェッジも一応当たってくれてグリーンエッジへ。2パットでダボスタート。

2番H(Par4)のティーショットは一応当たってフェアウェイ真ん中へ。ただ、自分では振れているつもりでも実際はやっぱりそうでもないようであまり飛距離は出ておらず、セカンドは残り150y。番手を上げて6Iで打ったら意外に良い当たりでグリーン左奥にパーオン。パーオン出来てちょっとビックリしてしまった(爆)。
ちなみにグリーンに向かっていくと、花道横のラフに朝イチでロストしたボールを発見……。
パーオンはしたもののほぼグリーンの端から端までのロングパットで、3パットでボギー。

3番H(Par3)はグリーン左に外してボギー、4番H(Par4)はティーショットはトップにセカンドショットは巨ダフリで4オンのダボになってしまったものの、これは普段でもある展開。
ギックリ腰の影響はスコアの数字からはわからないような状態。

IMG_6730

5番H(Par4)もティーショットはトップ。池のあるホールで風はフォローだったので結果的には良かったのですが。
残り130yほどだったのでパーオン出来て、カップまでは10m近くはあったものの自分の後ろから2人がパッティングしてラインは完全にわかったので、どうやら初パーが取れそうだと打ったボールはド真ん中から入ってくれてバーディー。初パーより先にバーディーが来た。

IMG_6734

7番H(Par5)もティーショットは怪しかったもののセカンドは残り250yの位置。フェアウェイがベント芝のこのコースで、フルショットにならない70y以下くらいの距離を打つことに良いイメージはまったくないので、レイアップして3打目は残り100y。50°のウェッジで打ったボールはピンの左1.5mにくっついてくれてこの日2つ目のバーディー。
ハーフで2バーディーはかなり久しぶりで、ギックリ腰の状態の方がむしろ良いスコアになるんじゃあとも思えてきましたが(汗)、前半最終の9番H(Par4)のティーショットでフォローに乗って飛びすぎたボールはフェアウェイ右のバンカーまで届いてしまい、バンカーからの残り80yは飛ばしきれずガードバンカーからの3打目をホームランしてのダボで前半終了。

IMG_6737

後半INコースでも風は収まることはなく。
ただだんだん明らかになってきたのが、ショットは意外に大丈夫でアプローチがかなりヤバいという内容(汗)。腰の痛みで上体が起きるのか、ショットは上下でミスするとしたらトップだしアプローチはトップばかり。

IMG_6740

INコースに入ってからはパーオンも出来なくなってボギーの連続になりましたが、14番H(Par4)ではグリーン右手前からのアプローチをトップして乗せられずのダボ。
15番H(Par4)もグリーン右手前に外しましたが、ここは凹んだフェアウェイでチャックリ率90%として有名な場所なので(笑)、パターで打ちました。

1日を通してティーショットでやらかしたのは朝イチのドライバーくらいだったのですが、最終18番H(Par4)のティーショットはこの日最後ということで、もう腰痛がさらに悪化してもいいやと4Wで振りちぎったボールは完全に今日イチの当たりで、フォローの風にも乗って真っ直ぐに池に(爆)。
ティーショットで完全にやりきってしまって、そのままグダグダの本日初のトリ。

IMG_6742

OUT43/IN47の90でした。
OBはゼロで、池(ペナルティーエリア)が1球にロストボールが1球。17/17の34パット。3パットは1回。
パーオンは5で、パーセーブ以上のホールが4。アプローチで凌げたホールは無かった(汗)。9ボギー4ダボ1トリ。フェアウェイキープは9/14でした。

IMG_6746

ギックリ腰に加えてかなりの強風の中のゴルフでしたが、スコアは正直いつもとそんなに変わらないくらい。
むしろハーフ2バーディーは健康体の状態でもあまり出ないので、ギックリ腰の方が良かったのか(爆)。まあ後半INコースではスコア的にも力尽きていますが。
ちなみに腰痛は立っているのと歩くのは大丈夫で、しゃがんだりするのがダメ。
ティーアップはずっと膝をついてだったし、グリーンでラインを読むのにもしゃがむことはせずで。


『太平洋クラブ市原コース』は相変わらずコース全体のメンテナンスが良い状態で、グリーンはそう速くはなかったものの変な転がりをしないという意味でも良い状態でした。
今年もまた行く機会のあるコースのハズですが、まずはギックリ腰が早く治ってくれるといいなと(汗)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:25Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月12日

小見川東急ゴルフクラブ

今日はようやくの2020年初打ちで『小見川東急ゴルフクラブ』へ。初めてのコース。
去年予約を取ったことはあったのですが、そのときは雨でキャンセルに。

IMG_6705

相変わらず練習はしていなくて、去年終わりにラウンドして以来ボールは打っていないしクラブを握るの自体が1ヶ月半ぶり。家の中でバット素振りはしていましたが。
ということで、INコーススタートで10番H(Par5)は不安感しかない今年初のティーショット。
ライナーだったものの一応フェアウェイ真ん中へ。セカンドショットはちょい左足下がりだったのでUTで打ちましたが、これは良い当たり。残り100yを50°のウェッジで打ってピンの左6mほどにパーオン。パーオンして自分が一番ビックリしていた(汗)。
クラブハウスでのグリーンの速度表記は10フィートとなっていて、このラインも下りだったのでかなり警戒して弱めに打ったのだけど意外にボールは走らず1.5mショート……なんとか入ってくれて2020年はパースタート。

まあまぐれだったのは明らかで、続く11番H(Par4)はティーショットをチーピン→セカンドでチョロでダボでしたが。
12番H(Par3)は7Iのティーショットを左にブン曲げたものの、アプローチと2mのパットでなんとか凌いでパーセーブ。
しかしそのあとはボギーかダボ。去年12月あたりではドライバーは怪しいけれどアイアンはけっこう良いという内容だったのが、今日はドライバーがやや怪しくてアイアンが左にブン曲がるという。

IMG_6706

そしてグリーンはやっぱりそんなに速くなかったのだけれど、コンパクションがやたら高くてショットもアプローチも全然止まらなくて前に跳ねていってしまう。
グリーンの形状自体が2段グリーンというのも多かったので、アプローチは本当に難しかった。

IMG_6707

IMG_6708

陽射しもあったので上着は途中で脱げたのだけど、後半はちょっと風が強く。

OUTコースも内容はあまり変わらず。ドライバーはそう悪くないものの、アイアンが曲がる。
まあドライバーであまりやらかさなかったのは、基本的にほとんどのホールが広いというレイアウトに助けられたのですが。

IMG_6709

延々とボギーが続いて、前半INコースが46だったのでまあ目標は90を切ることだなと思っていたのが、7番Hをボギーにしたところでトータルのスコアは+17となってしまってリーチがかかってしまう展開に(爆)。


まずはパーオンしないととドライバーを振った8番H(Par4)のティーショットはフォローの風にも乗ってくれてセカンドショットは残り80yのフェアウェイ真ん中に。まあ左の斜面でハデに跳ねて転がってのこの位置ですが(汗)。
56°のウェッジで打ったセカンドショットはピンに向かってまっすぐ。打ち上げだったのでグリーン面は見えず、距離さえ合っていてくれたらと行ってみるとピンの右50cmのところにボールが。
今年初ラウンドで初バーディーが取れた(笑)。

IMG_6710

スコア的にもトータル+16に戻せて安心したということはまったく無いのですが、最終9番H(Par4)のティーショットは今日イチのドスライス(爆)。
木に当たった音は聞こえて、これは右に跳ねて斜面の下までいっていたらダボコースだなとゲンナリしながら向かうと、木に当たって左に跳ねてくれていて普通に右ラフにボールが。
残りが200y以上あったのとグリーン右手前は池だったのでレイアップ。ダボは避けなければならないので(汗)。
残り80yを乗せて、入らずのボギーでした。

IMG_6712

IN46/OUT43の89でした。
OBはゼロ。17/15の32パット。3パットは1回。
パーオンは3で、パーセーブ以上のホールが4。10ボギー4ダボ(爆)。フェアウェイキープは7/14でした。


小見川東急ゴルフクラブ』は東急系のイメージそのままの広めのコースレイアウト。ティーショットで両サイドが狭いなというのは3番H(Par4)くらいだったような。
グリーンはアンジュレーションはあるものの、やっぱり気になったのはコンパクションの高さ。自分はあまりパーオン出来ませんでしたが同伴のプロゴルファーのショットもやたらと転がってしまっていましたし、自分はアプローチでかなり苦労した。
とはいえ基本的にドライバーは振り回して大丈夫でグリーンに近づくと難易度が上がるという、正統的なコースレイアウトかと。コースの状態もとても良かった印象。
ゴルフシーズンに入るとそれなりの料金になってしまうので、今回のように食事代込みで4桁の料金でラウンド出来るオフシーズンのうちにもう1度行っておいても良いかなと(笑)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:02Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月29日

一の宮カントリー倶楽部

今日は今年最後のゴルフに『一の宮カントリー倶楽部』へ。けっこう行っているコースのつもりが、7年ぶりだった(汗)。
そして自分が土日にプレーするというのはたぶん10年以上ぶりだと思うのですが、7時前にコースに着いてみるとお客が多すぎで驚く。36Hのコースというのはあるにしても、年末の日曜というのはこんな感じなのか。

IMG_6413

西INコース7時半すぎのスタートということでさすがに寒い。気温0℃。
10番H(Par4)は距離は短いながら左が即OBなので、ロースライスを狙っていこうと一応ブンブンと素振りをしてからティーショットを打ったのですが、久々のチョロ(爆)。打ち下ろしなので転がっていってくれてはくれましたが。
11番H(Par4)はまたも左がOBなのですが、今度はそれなりに当たったものの左に真っ直ぐ。木に当たって右に跳ねてなんとかセーフも、セカンドショットはほぼ横に出すだけ。

で、久々にカート(キャディバッグを載せるだけのターフメイト)にGPSのナビもなく、ヤード杭も両サイドに50yごとにあるものの2グリーンなのでグリーンがあるサイドのヤード杭だけ。ピンポジションもピンの真ん中のマークで手前か奥かを判断という表示だったのですが、この3打目が残り何ヤードなのかよくわからず。
グリーンオーバーはOBなのでオーバーはダメだなと打ってみたら全然ショート。アプローチはややオーバーして、下りのパットは2mオーバーしての3パットで素トリ。
OBが絡むかどうかはともかく、トリプルボギーはやっぱりツラい。

で、12番H(Par4)もティーショットは左の斜面。14番H(Par5)は左の崖下へと、ドライバーが左にしかいかない。
ようやくパーセーブ出来たのは15番H(Par4)で、ドライバーがついに右にいったものの曲がりすぎて林の中へ。ただちょうどグリーン方向に木の間が開いていて、グリーンエッジまで持っていけてパターで寄せてパー。
この日初のパーオンは17番H(Par4)でした(汗)。

IMG_6417

IMG_6419

620yとやたらと長い18番H(Par5)は、ティーショットはライナーでフェアウェイ真ん中。ちなみにこの日初のフェアウェイキープ(汗)。
セカンドショットは4Wでけっこう良い当たりも、行ってみるとフェアウェイながら水はけが悪い箇所でランがまったく出ていない。
結局3打目も4Wになってしまって、そして今度は再びライナー。
一応グリーン方向に向かっていったのは見えたのだけれど、どこまで転がったのかはまったく見えず。
で行ってみると、まさかのピンの手前1mに超ナイスオン。真っ直ぐのラインを入れてバーディー。

IMG_6421

復調したのかと思わせておいて、後半OUTコースに入っての1番H(Par4)はドチーピン。隣のホールのフェアウェイ真ん中まで行っていた(汗)。
2番H(Par5)はティーショットは右ラフながら今日2回目の良い当たり。4Wでのセカンドショットもやや右に飛んだもののそこそこ当たって3打目は残り60yほどの位置に。自分がこれだけフェアウェイウッドがちゃんと当たる日はかなり珍しい。
そこから3mにつけられましたが、下りスライスを右に外してしまってパー。
3番H(Par4)は左の崖を警戒しすぎてスライスして右ラフに。まあフックを避けた狙った球筋になってきてはいたのですが。かなりの打ち下ろしのセカンドショットは、左とオーバーはダメなので番手を落としてグリーン右手前なら良しとして実際にそこへ。しかしアプローチがグリーンを飛び越える(汗)。
4番H(Par3)はグリーン右手前エッジに外したのをパターで寄せてパーセーブと、ダボとパーが交互に来る展開(汗)。

IMG_6426

5番H(Par4)はドライバーのけっこうなヒールに当てて、右のフェアウェイバンカーへ。距離的にはまったく気にしていなかったバンカーだったのですが。
アゴが近かったので出すだけ。3打目もショートして乗らず、今度はダボの番になるところを2mが入ってくれて、なんとかボギーでダボ&パーの連鎖解除。

IMG_6427

最近ずっと悪くなかったアイアンが、距離が合わなかったりフックしだしたりというのはあったのですが、6番H(Par3)はちょいショートしたのをエッジからパターで寄せてパーセーブ。
7番H(Par4)はパーオンながら手前10mから2パットでパー。
8番H(Par5)もグリーン左に外したのをパターで寄せてパーセーブ。
最後の9番H(Par4)もグリーン左に外したもののまたまたパターで寄せてパーセーブでした。4番H以降は2m以内が全部入ってくれた。

IMG_6428

西コースIN43/OUT41の84でした。今年最後のラウンドで今年のベストスコアだった(汗)。
OBはゼロ。17/13の30パット。3パットは1回。
パーオンは4で、パーセーブ以上のホールが9。フェアウェイキープはなんと1/14でした(爆)。


『一の宮カントリー倶楽部』は、行く前はあまり距離が長くなく難易度の高くないコースという記憶だったのですが、フェアウェイはあまり幅がないし2グリーンなのでグリーンの大きさも小さい。
林間っぽさのある丘陵コースという設計なので、曲げてしまえば林に入っていくこともあるので。
とはいえ自分は相性は悪くないのか悪くないスコアで回れましたし、今年最後のラウンドでバーディーも取れたので満足。


そして12月は3回のラウンドをしたのですが、すべて良い天気で良い陽気。今日もスタート時こそ寒かったものの、5ホール目で上着が要らなくなるくらい。
後半はちょっと風が吹きましたが、それでも寒いというところまではいかず。
暖冬というのはあるのかもしれませんが、12月の千葉のゴルフ場にそう寒い記憶はないので。


ということで、一緒にラウンドしてくれた人たちのおかげで楽しい記憶の方が多い今年のゴルフでした。
また来年もいろいろなコースに行ってみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:24Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月24日

アバイディングクラブゴルフソサエティ

今日は3年ぶりに『アバイディングクラブゴルフソサエティ』へ。
なぜかアコーディアの系列コースと勘違いしていて、前日にアコーディアのカードを財布の取り出しやすいところに入れ換えていたのだけど、コースに向かう途中の道路沿いの看板で気づいたけれどここはPGM系列だった(汗)。
ということでフロントで出したのはTポイントカード(ヤフーカード)……。

IMG_6379

9時半のスタートというのはあるにしても、12月終わりとは思えないくらいの暖かい1日。
INコーススタートの10番Hのティーショットの前にもう上着は脱いでいた。

IMG_6381

で、1日を通しての内容から振り返ると、ショットの調子はまあまあ良かったもののアプローチとパットでやらかすことが多かったという。
前半INコースはフェアウェイをキープしたのは5ホールで、これは自分としてはあまり無いくらい良い内容。
アイアンも、それなりに芯を食ってちゃんと高さが出てブン曲がっていないという意味で調子が良かったのだけど、それがイコールパーオンというわけにはやっぱりならず。

というか、昔はセーフティーなサイドを狙うようにして外してはいけないサイドは避けるようにという意識がちゃんとあったのですが、練習もしていない最近はセーフティーなサイドを狙ってもまずそこに打てないし、打ててグリーンオンしたところでちょっと距離があるとすぐ3パットだし、だったら上手くいった場合のリターンが大きいということでピンを狙うようにしているのだけど、当然外してはいけないサイドに外すことは多くてそして今日のINコースはそれが頻発した日。
まあそういう設計のコースでもあるのですが。

IMG_6382

ガードバンカーに入れてピンがかなり近いというのも数回あって、10番H(Par4)と1番H(Par4)では抑えすぎて1回で出なかったのはけっこうショック。バンカーショットに苦手意識はないので。
両ホールともに、同じバンカーからの4打目は当然ピンの奥へ(汗)。

IMG_6384

あとはアイアンの番手のジャッジミスも数回。
16番H(Par3)はアゲインストと判断して打ったら、ピンが奥とはいえキャリーでグリーンオーバー。ピンが奥ということはグリーン奥からのアプローチは当然難しい。
18番H(Par5)も7Iでの3打目がピンを15y近くオーバー。2段グリーンの上の段からで当然3パット。

IMG_6386

とはいえアイアンの調子は悪くなかったというのがハマってくれたのが5番H(Par3)で、ピンの左1mちょいに。
奥の、自分よりかすかに遠かったのが先輩のボールで、先に入れて若干のスライスラインを見せてくれたので非常にラクなバーディー。

IMG_6387

IMG_6388

IN50/OUT45の95でした。INコースはショットがまあまあ好調もアプローチとパットでやらかして、OUTコースはドライバーがちょっと怪しくなったもののアプローチとパットは前半よりはかなりマシ。
結局アプローチとパットがスコアに直結するというのがよくわかる。
OBは2発。21/16の37パット。3パットは3回。
パーオンは5で、フェアウェイキープは7/14でした。

IMG_6390

『アバイディングクラブゴルフソサエティ』は相変わらず難易度の高いコースでした。
今日はたまたまティーショットではそう苦労しなかったけれどまあ狭くはあるし、グリーンもスピードはそう速くなかったけれどアンジュレーションはしっかりとある。
一昨日の大雨の影響でカジュアルウォーターになっている箇所もけっこうあったし、バンカーに水たまりがあったりグリーン周りのラフが濡れているので難易度が上がっていた部分も。
しかしクラブハウスを含めたコース全体の雰囲気はけっこう好きなものでもあったりするので、またいずれ行く機会はあると思います。
周りの人に行くコースの候補として挙げると、だいたいイヤな顔はされますが(爆)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:44Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加