2020年12月10日

続・モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは3年前に買った『ANKER PowerCore10000』というもの1つを持っているのだけど、家ではもちろんクルマではUSBから充電が出来るし、今年に入ってからは電車に乗る機会も少なくなっているしでモバイルバッテリーが無いと困るという機会はあまり無し。
去年の台風での停電のときは役に立ちましたが。


とはいえたまに使うとPD対応でないということでの充電速度の遅さは気になっていて、Amazonで定価5980円が半額セールになっていた、Power Delivery 3.0 / Quick Charge 3.0対応でQi(無線充電)も付いた『AUKEY PB-Y32』というモバイルバッテリーを買ってみた。
ちなみに買ったのは、iPhone 12 Pro Maxを注文するより前のこと。

IMG_8559

IMG_8560

IMG_8561

バッテリー容量は『ANKER PowerCore10000』と同じ10000mAhながら、こちらの方が縦に長い。
しかしこちらはPD給電だけでなくUSB-C - USB-CケーブルでのPD充電にも対応しているので、モバイルバッテリーを充電させるのも速い。
で、USB-Cケーブルで出力すれば自分が所有しているiPad ProもiPhone 12 Pro MaxもPDに対応しているので、家のPD対応ACアダプタで充電するのと当然同じ速度。
やはり速い速度に慣れてしまうと、そちらが基準ということになってしまう。
で、それに比べるとQiでの充電はやはりかなり遅い……ケーブルを持ち歩かなくても充電可能というメリットはあるのですが。


iPhone本体が新しくなったばかりでバッテリーはまったくヘタっていないし、今後もモバイルバッテリーの出番はそう多くないハズですが、万一のときに所持していれば安心というのはあるかなと。
難点を言えば、ケースかポーチのようなものが付属していればさらに良かったですが。
そして、短めのUSB-C - Lightningケーブルがあった方がいいかなという……またビミョーな出費が。  

Posted by toshihiko_watanabe at 20:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月29日

Anker PowerPort Atom III

家のUSB充電する機器には、1年半ほど前に買ったANKERの『PowerPort Speed 4』というACアダプタを使い続けていてポート数は多いしそんなに不満はなかったのですが、今年買ったiPad Pro 12.9インチ(第2世代2017年モデル)はバッテリー容量が10000mAhを超えているということで、バッテリー持ちはもちろん良いのですが充電にもかなりの時間がかかる。
だいたいだけれどバッテリー残量10〜20%台からの満充電までに4〜5時間くらいはかかるような。
iPad Pro 12.9インチとiPhone8Plusは両方ともPower Delivery(高速充電)に対応しているということもあるので、今回同じくAnkerの『PowerPort Atom III』というACアダプタを買ってみました。

IMG_6235

IMG_6236

箱は意外にちょっと大きい印象だったのだけど、アダプタ自体のサイズは『PowerPort Speed 4』とほぼ同じ。

IMG_6237

ちなみにアダプタもともかく、高速充電の前提となるケーブルはちょっと前にUSB-C & Lightning ケーブルを購入済み。
90cmで1500円ちょいとまだまだ高いですが。


とりあえずiPad Pro 12.9インチを充電してみて、バッテリー残量20%から満充電まで2時間半くらい。かなり速くなった印象。
それよりビックリしたのは、シリコン半導体に代わってGaN(窒化ガリウム)を採用したという技術はアダプタのサイズダウンに貢献しただけかと思っていたのだけど、アダプタ自体の発熱がほぼ無いのはまたこの技術のおかげなのかなと。
iPhone8Plusの充電はこれからやってみるのだけど、まあ同じように高速化はしているハズ。
他のデバイスのUSB typeAポートからの充電も低速化しているわけもないので、当面このアダプタで使っていけそう。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:03Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月25日

ANKER PowerPort Speed 4

世の中の人は皆そうなのでしょうが、気がつくとUSB経由で充電する機器に囲まれている状態になってきて、充電の際にケーブルの種類もそうなのだけれど充電器も換えなければならないのがちょっと煩わしくなってくる。
もはやコンセントの形状がUSBになってくれていてもいいくらいにも思うのですが(笑)、まだまだそうはならず。
ということで、ANKERの『PowerPort Speed 4』というACアダプタを買ってみました。

IMG_2414

外箱は、去年買ったモバイルバッテリーの『ANKER PowerCore10000』とほぼ同じデザイン。今回の方が微かに小さいかも。
コンセントプラグは折りたたみ式なので、箱の中身はこれ1つと薄い説明書のみ。

IMG_2416

一番上はQuick Charge 3.0に対応したポートで、充電する機器が対応していれば最大4倍の速さで充電できるということなのだけれど、ウチには対応機器は無かった(爆)。
ということで下の3つのポートを使用することになりそう。
コンセントを占拠するのが1つだけになって、3つの機器が同時に充電出来るだけでも十分なのですが。

まずiPhone6s Plusを充電してみて、バッテリー残量30%から満充電まで2時間半ちょいでした。


ちなみにウチにあるUSBで充電する機器は、

iPhone6s Plus 
iPad Air
Kindle PaperWhite
Bluetooth オーディオレシーバー
PS4  DUALSHOCK4コントローラー

現状この辺り。ニンテンドー3DSもUSBから充電出来るのですが、3DS側が独自のコネクタなので専用USBケーブルが必要で、そのケーブルを持っていない。ダイソーでも売っているらしいのですが(汗)。

とりあえず、USBから充電する機器はこれからも増えこそすれ減りはしないだろうし、このACアダプタを当面使っていくことになりそう。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:21Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月20日

iPhoneのバッテリーの状態

10月に、iPhone6sPlusをiOS11にアップデートしてからバッテリーの消耗が速くなったというのはここでも何度か書きましたが、iOS11.1でちょっと落ち着いたと思ったものの、やっぱりiOS10の頃よりは消耗が速い印象。今はiOS11.2.1になりましたが、使用感は変わらず。
最近は、寝ている間にバッテリーが10%以上減っていることも多くて、まあそれは自分の部屋が起きる頃には室温がひと桁台になっているのが原因でしょうが(汗)。結局、バッテリーは寒さに弱いので。

とりあえず内蔵バッテリーの状態を調べてみようと思って、Mac用無料アプリの『coconutBattery』をインストール。

"coconutBattery"

で、iPhoneをMacにケーブルで接続すると、バッテリーの状態が確認できる。

スクリーンショット_01


2015年9月21日はたしかiPhone6s / 6sPlusの発売日だったような。今日で821日目の使用になるよう。
で、Design capacityという上から2番目の緑色のバーが、バッテリーの今の状態らしい。満充電100%でも、もう80.6%しか使えていないという。
その下のCycle Countというのが充放電回数で、計100%の充電が何回されたか。
0%→100%が1回にカウントされて、40%→100%と60%→100%の2回の充電も、1回でカウント。
60%→100%と70%→100%と70%→100%の3回の充電も、1回にカウントするという数え方だそう。
Appleの設計では、500回の充放電回数でDesign capacityが80%を維持するようになっているらしいのだけれど、自分の329回というのはそれよりもだいぶ劣化が早いよう(汗)。
回数もともかく、2年以上の使用だとこんなものなのかもしれませんが。


とりあえず、バッテリーがそれなりにヘタっていたということを確認して、現状の使用感も仕方がないということなのかなと。
バッテリーの交換は税別8800円ですが、そこまでしてこの機種を使い続けるものかどうか。
iPhone8Plusへの機種変更はずっと検討しているのですが、約10万円という本体代というのはやっぱり高い出費ではあるので、おいおい考えていきます。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:24Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月03日

iOS11.1

一昨日の11月1日にリリースされた、iOS11.1
iPhone6sPlusをiOS10からiOS11にアップデートしてからバッテリーの消耗が速くなったのは気になっていたので、人柱等も気にせずにとっととアップデート。

IMG_1679

で、2日使用してみて、アップデート前よりはバッテリーの消耗はだいぶマシになったような印象。

IMG_1680

使用時間2時間48分・スタンバイ30時間41分でバッテリー残量60%は、体感としてiOS10の頃の感じに近い。


まあもうちょっと継続使用してみないとわかりませんが、これでこの間買ったモバイルバッテリーの必要性はさらに無くなったのかも(笑)。
モバイルバッテリーの時にも貼った、下の記事は合っていたのか。

"iOS11.1ではバッテリー駆動時間が現行iOSより最大4時間ほど延びることが判明"


あと、バッテリーの消耗が速くなってしまってさらに今後バッテリーの劣化も進んでいくのなら、近いうちのiPhone8Plusへの機種変更も考えていましたが、これもとりあえずしばらくいいかなと。
iPhone7以降の防水機能はあまり必要だと思ったことがありませんが、ホームボタンが非稼動式なのとApple Payが使えるのはちょっと良いかなぁとは思っているのですが。
iPhone8Plusは今後1年はずっと同じ値段で、iPhone6sPlusの買い取り or ヤフオク等での売却価格は下がる一方なので、どうせ買い換えるのなら早い方が良いのですが。


ちなみにiOS11.1での大きな変更点は、新しい絵文字や3D Touchを使って画面の左端を押してアプリを切り替えられる機能の復活、ということになっているけれど、AssistiveTouchに大きな変更も。
設定→一般→アクセシビリティ→AssistiveTouchで設定出来るのだけれど、カスタムアクションにシングルタップ・ダブルタップ・長押し・3D Touchと割り当てできるようになって、操作の多様性がかなり増した。
シングルタップでホームボタンの代わり、ダブルタップで今までのAssistiveTouchのメニュー、3D Touchでスクリーンショット、などと物理ボタンを使わなくても色々なことが出来るように。
個人的に、けっこう良い改良点かと思っています。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:12Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月26日

モバイルバッテリー

iPhone6sPlusiOS11にしてからバッテリーの消耗が速くなってしまったのは相変わらずで、今までは丸2日持っていたのが今はせいぜい1.5日ほどに。
ガンガン使うとはたして丸1日持つのかという感じはあるし、クルマではUSBから充電も出来るものの今後電車で外出という機会も当然それなりにあるので、今回初めてモバイルバッテリーを買ってみました。
auで、容量の少ないものをタダでもらったことはあったのですが。

1508485318834

Amazonで上記2つのどちらかで迷ったのだけれど、似たような値段なら容量が大きい方がいいかということでANKERの方で。
AUKEYのものは円筒形でコンパクトなデザインは良かったものの、"ブッラク"という誤字が気になってしまったり(汗)。

CIMG5764

ANKERのPowerCore10000というモデル。モデル名通りに、バッテリー容量は10000mAh。
スマホ本体の重量とほぼ同じ180gあるので、まあまあ重い。
iPhone6sPlusのバッテリー容量は2750mAhだそうなので、3回は満充電出来るハズ。

IMG_1508

届いてからは当然まずはバッテリーの充電をしないといけないのですが、説明書には入力が5V/1Aとなっていたので、ちょうど規格の合うiPhone純正のUSB-ACアダプタ(5W)で充電開始。
iPhone6sPlusの充電にはiPad用の5.2V/2.4AのUSB-ACアダプタ(12W)を使っていて、このモバイルバッテリーの充電にも使えそうな気はするのですが、今回はとりあえずiPhone純正のUSB-ACアダプタで。

充電前にバッテリー残量は25%程度はあったのですが、さすがに10000mAhということで100%の満充電までは6時間ほどかかった。

IMG_1516

さてそんな中、下記のような記事を発見。

"iOS11.1ではバッテリー駆動時間が現行iOSより最大4時間ほど延びることが判明"

iOS10の頃と同じかそれ以上にバッテリーが持つのなら、今回モバイルバッテリーを買った意味は無くなりそうですが(爆)、持っていて損にはならないしそんなに高額な買い物でもなかったのでとりあえずはまあいいかと。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:42Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加