2016年11月29日

Yes LIVE@Bunkamuraオーチャードホール

昨日28日は、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで『YES(イエス)』のコンサートを観戦。

IMG_0127

YESの来日は2年ぶりで、こちらも観るのはその2年前の東京ドームシティホール以来
去年ベーシストのChris Squire(クリス・スクワイア)が亡くなって、もうYESの演奏を観る意味もないかとも思ったのですが、友だちが誘ってくれたので。

IMG_0129

来場者全員に配られていたクリアケース。

IMG_0133

今年の夏以降にドラマーのAlan White(アラン・ホワイト)が健康上の問題からアメリカツアーには不参加になって、代役のドラマーとしてWorld TradeやASIAのメンバーだったJay Schellen(ジェイ・シェレン)が参加しているということは聞いていたのですが、今回の日本ツアーからJay Schellenもツアーには帯同しつつAlan Whiteが復帰との情報。
しかしステージにいたのはJay Schellen。その辺の説明は現地ではまったくなかったのですが。

IMG_0134

IMG_0135

ちなみにクリアケースに挟まれていたフライヤーには、
「『Tales From Topographic Oceans(海洋地形学の物語)(1973年)』より2曲を完全再現。ライヴ盤の『Yessongs(1973年)』からのベストセレクション!」
と謳っていたものの、1曲目から3曲目までは『Drama(1980年)』からの3曲……バンドとウドーの間の意思疎通が出来ていなかったのか(笑)。

IMG_0136

セットリスト

1. Machine Messiah
2. White Car
3. Tempus Fugit
4. I've Seen All Good People
5. Perpetual Change
6. And You And I
7. Heart of The Sunrise

20分休憩

8. The Revealing Science of God (Dance of The Down)
9. Leaves of Green('The Ancient' (Giants Under the Sun)からの抜粋)
10. Ritual (Nous Sommes Du Soleil)

アンコール
11. Roundabout
12. Starship Trooper



あとから調べてみたら自分はJay Schellenのドラムは、World TradeにASIAのアルバムではもちろんBilly SherwoodのソロアルバムだったりChris SquireとBilly SherwoodのプロジェクトのConspiracyのアルバムでも聴いてきていたよう。
彼も56歳と若くはないのだけれど、さすがに今のAlan Whiteとはパワーが違って前回観た時に気になったドラムの問題が一気に解決した感。
YESのドラマーとしてベストなのかはわかりませんが、少なくとも現在のYESには良い人選だったのではないかと。

Alan Whiteは「Ritual (Nous Sommes Du Soleil)」の終盤からJay Schellenと入れ替わって、そのままアンコール2曲もプレイ。
しかしそれ以前の曲と比べると、明らかにバンドのサウンドがパワーダウンしてしまった印象でしたが……。



個人的には、今回観られて良かったなと思ってまた全編本当にすばらしかったのは、Billy Sherwood(ビリー・シャーウッド)。
彼は、1980年代後半に再度ボーカリスト不在になったYESにボーカリスト候補として関わったのがYESとの歩みの始まりのはずですが、1994年のTalkツアーではサポートとして参加。自分はこの時に武道館で観たのですが。
そして『Open Your Eyes(1997年)』から、キーボーディスト/ギタリストとしてついに正式メンバーに。
Igor Khoroshev(イゴール・コロシェフ)が正式なキーボーディストとして参加した『The Ladder(1999年)』ではギタリスト並びにソングライターとしてYESを支え、しかしその後脱退したというのが彼のYESのメンバーとしてのキャリア。

で、去年病気でツアーに不参加になったChris Squireの代役として、今度はベーシストとしてツアーに参加。そのままChris Squireが亡くなってしまったので、ベーシストとしてYESに再度正式メンバー入りしたというのは、よく考えるとなかなかとんでもない変遷。
実は生前のChris Squireの思惑通りだったりするのかもとさえ思えますが。

弾いているベースギターはリッケンバッカーではないものの、機材はまったく同じなのか???と思うほどChris Squireに近いサウンド。ビッグマフやらブラスマスターやらを引き継いでいるのかもしれませんが。
彼がYESのベーシストに収まったことは、実際の演奏を観て文句をつけることは出来ないのではないかと。コーラスはChris Squireとはまた声質が違うのですが、Billy Sherwoodはリードボーカルも取れるレベルのボーカリストでもあるし、曲にマイナスになることはなかった印象。

「And You And I」の中盤以降でChris Squireが吹いていたハーモニカのパートは、やっぱりBilly Sherwoodがハーモニカを吹いていて、ここはちょっと感無量になった瞬間。



第2部の『Tales From Topographic Oceans(海洋地形学の物語)』からの長尺曲2曲(1曲約20分ずつ)には圧倒感はありましたし、行く前の期待の低さということはあるにしてもまあまあ満足。
というか、今回強く思ったのは、YESというバンドは本当にメンバーを入れ替えながらずっと続いていくのかもしれないという感触。
今回にしてもオリジナルメンバーはついに誰もいなくなったけれど、YESというバンドのメンバーである限りYESらしい演奏をしてしまう(笑)ようにも思うし、10年後も30年後もひょっとしたらYESはツアーを続けているのではと思ってしまいました。

IMG_0137

ちなみに、来日公演も決まってフライヤーも出来ていた、元YESメンバーが組んだアンダーソン, ラビン&ウェイクマンのARW。
Jon Anderson(もう72歳!)は年齢もあってパフォーマンスが不安だけど、Trevor RabinとRick Wakemanはそんなに弾けなくなっているとも思えないし、さて観に行くかどうしようかと。
しばらく考えてみます……。

IMG_0149
  

Posted by toshihiko_watanabe at 22:10Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月09日

Yes / Heaven & Earth

先月発売された、Yes(イエス)の3年ぶりのスタジオアルバム『Heaven & Earth(2014年)』。

IMG_0990

相変わらずジャケットはRoger Dean(ロジャー・ディーン)によるもの。

IMG_0992

IMG_0993

ボーカルは、結局前作の『Fly From Here(2011年)』のみの参加となってしまったBenoît David(ベノワ・ディヴィッド)と入れ替わって加入したJon Davison(ジョン・デイヴィソン)。
Benoît Davidは、1980年に在籍したTrevor Horn(トレバー・ホーン)に近い声質だったことからの、『Drama(1980年)』に収録されなかった曲を焼き直した『Fly From Here』の制作ということもあったと思うのですが、Jon Davisonの声質は、初代のボーカルのJon Anderson(ジョン・アンダーソン)寄りの印象。


ボーカルの声質のおかげでYesとしてそんなに違和感なく聴けるという面はありますが、曲の方はちょっと残念なものがほとんどという印象。
アルバム全般が緩い感じなのですが、「Believe Again」「In A World of Our Own」と曲の中間部の緊張感の無さすぎな箇所は気になるし、特に「In A World of Our Own」の中間部分のリズム的なアイデアが尽きてしかもそのままにしてしまったようなところはちょっと絶望を覚えたり(汗)。
あと、ドラムのサウンドがあまりに弱々しい印象なのも。Alan White(アラン・ホワイト)の叩き方にすべての原因があるのかはわからないのですが、録り方が悪いような気もしたり。
アルバムのミックスは、元メンバーのBilly Sherwood(ビリー・シャーウッド)が手がけているのですが、録音が悪かったのならミックスダウンの時点ではどうしようもないのだろうなぁとも想像するのですが。
まあ前作の『Fly From Here』がサウンド的にはけっこう重厚なものに仕上がっていたので、Billy Sherwoodのミックスが成功しているとは言えないのですが。


アルバムを通して聴いて、Yesの終わりというものは痛切に感じるアルバムでした。
Queenの『A Night At The Opera(1975年)』や、Journey、Foreigner、The Cars等をプロデュースしてきたRoy Thomas Baker(ロイ・トーマス・ベイカー)のプロデュースによるアルバム制作だったわけですが、残念ながら失敗に終わったかと。
自分の中でYesで一番好きになれないアルバムは『Tormato(1978年)』だったのですが(笑)、それを塗り替える新作ということに。
個人的には「駄作」としか言えないアルバムということになりました。


今のYesは、おそらくニューアルバムからツアーで演奏される曲はほんの数曲でしょうし、こういうスタジオアルバムを無理にリリースしない方が良かったと思いますが。
もうスタジオアルバムには期待できないことを証明してしまったとも思っていますが、ステージでの演奏はまた別の面もあると思うので、来日公演で観られる機会があればそちらは考えていきます。  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:23Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年04月15日

World Trade / Euphoria

Yes(イエス)のBilly Sherwood(ビリー・シャーウッド)がYes加入前にいたバンド、World Tradeの2ndアルバム『Euphoria(1995年)』。
ビリー・シャーウッドはボーカルとベースギターを担当。

WT

自分が高校生だった、リアルタイムのアルバム発表当時には雑誌のCDレビューだったり店頭で見かけた記憶もあるのだけれどそのときは購入せず、今回探してみたらAmazonでは3500円+送料という、超名盤ということもないのにちょっと高すぎるんじゃないかというお値段(汗)。
ただiTunesStoreで1500円であったのでそちらでダウンロード購入。
AmazonのMP3販売でも同じ値段であったものの、iTunesで音楽の管理をしている自分としてはiTunesStoreで買ってしまった方が色々スムーズにいくので。

で、ようやく聴けたアルバムは、思っていた以上にビリー・シャーウッド節が全開。
このアルバムにもゲストで参加しているYesのベーシスト、クリス・スクワイアと連名のChris Squire & Billy Sherwood名義でつくった『Conspiracy(2000年)』で録り直された曲も2曲あって、そちらを先に聴いていた自分としては妙な感じ。まあ根本的な曲調だったり音楽の方向性はかなり似ているのですが。

ビリー・シャーウッドのYes在籍時の担当楽器はギターとキーボードだったり、Chris Squire & Billy Sherwoodでもクリス・スクワイアがメインでベースを弾いてしまっているので、ボーカリストとしてはともかくビリー・シャーウッドのことを本来はベーシストと認識しつつもあまりベースのプレイスタイルのイメージはなかったんですが、このアルバムで聴ける彼のベースプレイはRUSHゲディ・リーやクリス・スクワイアからの影響が顕著なプレイであったりサウンド。
基本的にベースドラムにきっちり合わせて弾いていたりもするので、けっこう真面目系のプレイだと思いますが(笑)。

全体的に平均点以上の曲が揃っていて、音づくりもこの手の音楽を聴いている人間には好感触な良盤ではないかと。
しかし、アルバムを締める最後の曲が10分近い大作と数字では思わせておいてあまり面白みの無い曲というのは、今に到る彼の曲作りの詰めの甘さを象徴していると思います(爆)。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:23Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年01月14日

The Prog Collective

YESのメンバー、Billy Sherwood(ビリー・シャーウッド)による企画アルバム『The Prog Collective(2012年)』。

The Prog Collective

自分の備忘録的にも(笑)、参加メンバーを記載。


1. The Laws of Nature
John Wetton (King Crimson / Asia) - Lead Vocals / Tony Levin (King Crimson) - Stick & Bass / Jerry Goodman (Mahavishnu Orchestra) - Violins

2. Over Again
Richard Page (Mr. Mister) - Lead Vocals / Geoff Downes (Asia / Yes) - Keyboard Solos

3. The Technical Divide
Alan Parsons - Lead Vocals / Chris Squire (Yes) - Bass / David Sancious - Keyboard Solos / Gary Green (Gentle Giant) - Lead Guitar

4. Social Circles
Annie Haslam (Renaissance) - Lead Vocals / Peter Banks (Yes) - Lead Guitar

5. Buried Beneath
Billy Sherwood (Yes) - Lead Vocals / Larry Fast (Synergy) - Keyboards / Steve Hillage (Gong / System 7) - Electric Guitars

6. Following The Signs
John Wesley (Porcupine Tree) - Lead Vocals & Lead Guitar / Tony Kaye (Yes) - Hammond Organ & Keyboards

7. Check Point Karma
Colin Moulding (XTC) - Lead Vocals / Rick Wakeman (Yes) - Keyboard Solos


記載がないコーラス、ドラム、ギター、キーボード、ベースギターはビリー・シャーウッドが演奏しているよう。
元King Crimson、元Gentle Giant、元XTC、Asiaのメンバーなどが参加と、メンツはけっこうスゴい。ちょっと前だったら一堂に会することはまず無かったメンバー。
まあデジタルレコーディングが普通になった時代なので、ファイルを送ってダビングして送り返してというような作業だったと思うんですが。


ちなみに個人的に謎だったのは、7曲目に参加しているColin Moulding(コリン・モールディング)。
XTCではもちろんベーシストだったし、この人が脱退して引退したということでXTCは活動停止状態となっているので、なぜにヴォーカリストとして参加したのかは謎。


作品は、まさに「プログレ」を狙ってつくったといっていい曲調で、変拍子と転調と大仰なサウンドに埋め尽くされている印象。
「プログレッシヴロック」では無いというところは、それを狙っていると思うので聴き手が間違えなければそれはそれで良いんじゃないかと。
ただ絶望的に曲が良くないというのは、間違いないと思うのですが(爆)。


ビリー・シャーウッドが前面に出たアルバムでは、Chris Squire & Billy Sherwood名義の『Conspiracy(2000年)』は曲の出来も良かったのだけれど、自分が聴いたソロアルバムの『The Big Peace(1999年)』『No Comment(2003年)』はいずれも曲が良くない。今回のアルバムと同じように。
グレイト・ホワイトのヴォーカリスト、Jack Russellのソロアルバム『For You(2002年)』では共同作曲とプロデューサーを務めつつビリー・シャーウッドのカラーも大きく出ているので、それなりに成功したと思うんですが。


4リズムの楽器が水準以上に演奏出来て、エンジニア、プロデューサーとしての才能もあるビリー・シャーウッドですが、最近の活動をみてもオリジナルというよりはレガシーミュージックに頼った活動が目立つといえる状態。
サポート的な参加から正式メンバーへ昇格した、YESでの妙な扱いからミュージシャン人生が狂っていったといえなくもないですが(汗)。
ただ今作でもこれだけ雑多なメンバーの参加がありながら、曲調だったりサウンドプロデュースのおかげでか統一感はしっかりあるので、もっともっとオリジナリティのある活動を展開してもらえたらと思います。
1994年のYESの武道館公演でサポートで参加していた彼を観たということもあって(笑)、自分は彼のファンなので。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:58Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加