2021年05月10日

市原市・中華そば 一休

先日初めて行けた『市原市・中華そば 一休』。お店の前は何度も通っていたのだけど、昼の部の閉店時間の15時を過ぎていることが多くて、行く機会に恵まれず。

IMG_9762X

ちなみにお店のある地名は海士有木(あまありき)。近くに小湊鉄道の海士有木駅もあるけれど、千葉県民でもこの地域を通ったことがないと読めない人が多いと思う。

IMG_9763

IMG_9764

お店のお勧めは「真」のようだったけど、店外の幟にあった「郡山ブラック」というのが気になったのでそのメニューらしい「華(750円)・特製味玉(120円)・大盛り(120円)」で。麺は4種類もあって迷ってしまったので、お勧めを聞いたらちぢれ麺とのことでそれで。

IMG_9765D

なかなかに黒い。この地域だと当然竹岡式を連想してしまうけれど、ちょっと違う印象が。
味は醤油が前面に出ているものの竹岡式とは違うタイプ。動物系と野菜かなというダシの旨味はちゃんとあって、色のわりにしょっぱさが過剰でないというのも良い。
ちぢれ麺というのは実は自分はあまり好きではないのですが(汗)、このスープには合っていたかなと。郡山ブラックということもあって東北っぽくなった感も。
チャーシューは普通のバラロールだったけど、2枚入っていてなかなか良い。


黒いスープというと竹岡式に富山ブラックに八王子ラーメンあたりを思い出すのだけど、今回郡山ブラックというものがあるということを知れて良かった。もちろん福島の現地で食べられればさらに良いのでしょうが。
次回は「真」をいってみたいかなと。なかなか時間が合わなさそうですが、行ける機会は逃さないようにしたいと思います。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 21:24Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年04月30日

市原市・福田中華そば 市原店

1ヶ月ぶりに行った『市原市・福田中華そば 市原店』。

IMG_9707X

IMG_9708 IMG_9709

前回はつけ麺にしてみて久々のセメント系のつけダレにちょいびっくりしたのだけど、今回はラーメン類にしようとメニューを眺めるも、結局この中では一番気に入っている「しじみワンタン(880円)・麺大盛り(100円)」に。

IMG_9710D

IMG_9711D

相変わらずのちょっと細長いドンブリ。
地鶏と魚介系としじみの旨味が組み合わさるスープの味は、面白いの一言。しじみのエグみのような味わいもあるのだけど、これが他のラーメンには無い味わいで良い。
麺はやや硬めの茹で加減で、ハッキリとした食感。大盛りだとしっかりとした量がある。
ワンタンも美味しいのだけど、茂原店のころと比べて量が減っているのは気になる。3つだとちょっと物足りない感が。
ワンタンに関わらず食材全般が値上がりしているのはよく知っているのだけど、値段据え置きで量を減らすよりは素直に値上げしてもらって構わないと思っているのですが。まあ値段据え置きの方がトータルでお店にはプラスになるという判断でそうしているのでしょうけども。


ワンタンの量にだけちょっと物足りなさがあったものの、麺の量で満足。これで計980円というのも安いと思う。
この方面だと『市原市・ぼうそう家』か『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』を目標に行くことが多いのだけど、両店ともに多少食事時間帯を外しても土日は満席になっていることが多くて、並ぶのが嫌いな自分には席数の多いこのお店は有力な選択肢に入る。
五井駅周辺のラーメン屋にも気になるお店はあるのですが、このお店にはコンスタントに通っていきたいかなと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:05Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年04月28日

茂原市・麺処 らふてる

3月に初めて行って以来2度目の『茂原市・麺処 らふてる』。

IMG_9703D

IMG_9704

前回は「にんにく醤油チャーシューメン」を食べて、この『らふてる』の店長が元いた『長南町・お食事処 やちよ』で自分がメインで注文していたのは「味噌らんしゅうめん」だったなということを思い出したので、今回は「にんにく味噌ラーメン(825円)・大盛り(165円)」を。
麺大盛りだとけっこうしっかりとした量があったし、チャーシューはノーマルラーメンでも1枚入っているので今回は味噌チャーシューメンにはせず。

IMG_9705D

見た目でもう懐かしさ全開。20年ちょい前から幾度となく食べた『やちよ』の「味噌らんしゅうめん」はこれだと。
スープはもちろん味噌味なのだけど、大量の玉ネギとニンニクとでダシの旨味は正直よくわからない(汗)。そんなの関係ないレベルでパンチが強力だけれど。
麺はたぶん『やちよ』のものとは違うと思うのだけど、ツルツルとしたコシの強いタイプ。他のラーメン屋ではあまり見かけないタイプだと思うのだけど、これは自分の好みのもので非常に良い。大盛りにするとやっぱりしっかりとした量がある。
歯応えがしっかりとあるチャーシューも美味い。脂身もクドくなくて、チャーシュー全体がスープととても合っている。
玉ネギは掬っても掬っても延々とあり続ける(汗)。チャーシュー2枚もなくても十分にお腹いっぱいでした。


味にも量にも十分に満足だったし、なにより懐かしさが。20年ちょい前から食べていたラーメンが、今の現代的なラーメンと比較しても普通に美味しいものだったということもちょっと驚き。
今回は客観的な味覚というよりは自分のノスタルジーに味覚が左右されているので、初見でこれを食べる人がどういう味がするのかということには興味がありますが。
この量で計990円というのも安いんじゃないかと。
営業時間が自分にはなかなか合わないのですが、昼の部のラストオーダー14時に間に合えばそちらの方が行く機会はありそう。また行ける機会を逃さないように行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:16Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年04月26日

茂原市・五衛門

先日久しぶりに行った『茂原市・五衛門』。なにげに今年初だった(汗)。

IMG_9666X

IMG_9667

IMG_9668

たぶん4月からだと思うのだけど、メニューが税込価格の表記になるとともにカレーが加わっていた。
値段を見る限りラーメンを注文しないでカレー単品というのもありなよう。
かなり迷ったものの心の準備が出来ていなかった(?)ということで、今回はいつも通りの「豚骨らーめん(700円)・ネギライス(350円)」で。

IMG_9669X

スープはライト系の豚骨。背脂は自分は苦手だけれど、この量くらいまでは許容出来る。背脂ありきのスープなので、背脂抜きとかだとつまらない味になってしまいそうな予感も。
麺は黄色っぽい中太縮れ麺。普通盛りだと絶妙に量が少ないのだけど、これはご飯ものと合わさせる作戦だと思う(笑)。
とはいえチャーシュー1枚に味玉丸1個が入って税込700円というのは安い。
ネギライスは相変わらずの安定感。しょっぱさ加減が絶妙で、スープと合わせても非常に良い組み合わせ。


量にも味にも今回も十分に満足でした。ラーメン自体は自分の好みドストライクというわけではないのだけど、ネギライスの存在が強力すぎる。
"ラーメンスープで煮込んだ"という謳い文句のカレーもかなり気になるのだけど、ラーメンと合わせて1420円はちょい高い。カレーだけを食べて帰るメンタルの強さは自分は持ち合わせていないし(爆)。
とりあえずまたそのうちに行ってみて悩んでみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:42Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年04月19日

山武市・ラーメンイレブン

かなり久しぶりに行けた『山武市・ラーメンイレブン』。去年7月以来だった(汗)。

IMG_9657D

IMG_9655

前回にはなかったこんな限定メニューがあったのだけど、スープだけ隣の『まるえいラーメン』から持ってくるんじゃないかという予感が……。違うのかもしれないけど、『まるえいラーメン』とはまったく違うこのお店の麺と合わせるとどうなるのか興味はありますが。

IMG_9654

他のメニューは特に変わっていなかったので「大盛チャシウ(1150円)」で。

IMG_9656D

見た目は変化なし。玉ネギとキクラゲの存在が実にイレブンっぽい。
スープはあっさりめの豚骨塩という味わい。しょっぱさが強くなくてダシの旨みを感じられるのは自分の好み。
麺は、オープン当初は短く切れているものが目立ったのだけど今はそんなことはなし。茹で加減も良くて、麺自体の食感と味わいに満足できる。
ワカメ・キクラゲ・刻み玉ネギといずれも普通のラーメンにはあまり入ってこない具材だけれど、このスープとは相性が良くていい。
で、前回脂身のクドさが気になったチャーシューだけれど、今回は写真で一番上の1枚以外は大丈夫。
どうも厚切りのものほど当然脂身も多くなるけれどそうなるとバランスが崩れるよう。この脂身の重さとクドさは、自分の年齢で受け入れられないものではないと思うのですが(汗)。
とはいえチャーシュー自体はとても柔らかくて美味しい。


IMG_9658D

トータルとしては十分に満足。
以前は営業時間がよくわからなかったのだけど、夜の部が17時からということなら行ける機会も増えるかも。

IMG_9659X

まあ『まるえいラーメン』も、夜の部が18時からのハズが18時ちょうどくらいに行ってみるとかなり席が埋まっていたりで営業時間がよくわからないのですが。
とりあえずこの2店はこの地域で重要なラーメン屋なのは間違いないので、また定期的に行けるようにしたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:53Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年04月16日

市原市・ぼうそう家

先日ちょい久しぶりに行けた『市原市・ぼうそう家』。

IMG_9573

IMG_9574

最近は家系ではホウレン草マシにしていたけど今回は玉ネギにしてみようということで「中盛半熟味玉ラーメン(900円)・タマネギ(50円)」。ライス無料なので中盛で十分。
あと、このお店は味薄めの注文にしなくても自分にはしょっぱすぎなさそうということで、今回は麺の硬さ味の濃さ油の量はすべて普通で。

IMG_9575X

玉ネギの白とホウレン草の緑の色合いはなかなかいいんじゃないかと。
スープは豚骨の旨味しっかりのガツンと来るタイプ。やっぱり味薄めにしなくてもしょっぱすぎということはなかった。
麺は家系らしい長さが短めの中太麺。硬めでもいいのだけど、スープと合わせて食べていって飽きが来ないのは普通の茹で加減かなと。昔は家系に関わらずなんでもかんでも麺硬めで注文していたのですが(汗)。
で、玉ネギなのだけど、シャキシャキとした食感はいいとして辛味がけっこう強い。若干のエグみもあって、スープと合わせて食べていってもちょっとツラい。玉ネギの時期的なものもあると思うのですが、今回注文したのは失敗だったかなと……もちろん一応全部食べましたが。


ライスと合わせて十分にお腹いっぱい。これで1000円いかないというのはコスパ的にも極めて優秀。
玉ネギだけは残念でしたが、また別の時期だったりこの近くの『王道 いしい』でも試してみたいかと。豚骨醤油スープに玉ネギは合うと思っているので。
またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:42Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年04月13日

東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ

先日行った『東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ』。

IMG_9550D

IMG_9551

前回からは約2ヶ月ぶり。このお店の推しは濃厚な鶏白湯スープで、美味しいもののあまり頻繁に食べると飽きてしまうかなという印象。
で、前回券売機に「あっさり」というのがあったので次回はこれにしてみようと、そんなに間隔を空けないでの訪店。
ということで「味玉あっさり塩らーめん(850円)・大盛り(100円)」で。ライス無料で、大中小と選べる量は大で。

IMG_9552D

麺がはっきり見えるという時点でこのお店のラーメンとして違和感がある(笑)。
スープは見た目通り淡麗系の、個人的には中華そばの塩スープを連想する味わい。このお店の濃厚な鶏白湯スープとはまったく違うけれど、旨味もしっかりとあって美味い。
鶏白湯スープは麺にかなり強力に絡むので、今回の麺は印象が違う。縁のハッキリとした食感が確認できて、味わいも直接的になるのでけっこう違うのだなと。
具材の印象も違ったものになって、とはいえチャーシューは相変わらず美味しいしやっぱり玉ネギはよく合っているなと。


よく出来た淡麗系の塩ラーメンという印象でした。
とはいえこのお店のストロングポイントはこってりとした濃厚な鶏白湯スープなのは間違いなくて、バリエーションのひとつかなと。
あっさりの醤油ラーメンの方だとどうだろうというのは気になったしこの系統ならあまり間隔を空けなくても食べる気になるので、また近いうちに行ってみようかと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:54Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年04月07日

山武市・まるえいラーメン

去年は1度も行けずに今年2月に超久々に行けたのだけど、先日に今度はあまり間隔を空けずに行けた『山武市・まるえいラーメン』。

IMG_9504D

IMG_9505D

「のり」とどちらにするか悩むのだけど、結局今回も「玉子ラーメン(650円)」で。税抜き表示なので715円。麺の硬さはカタめで。

IMG_9506D

スープは相変わらず豚骨の旨味がしっかり。そんなに濃厚ではないというのが面白いところですが。この千葉片田舎に本格的な長浜ラーメンがあるというのは貴重なこと。
小麦の粉っぽさも感じる加水率低めの細麺は、このラーメンにはやっぱりこの麺でないとというモノ。
チャーシューと玉子にはあまり存在感を感じないけれど(汗)。
このあと替玉(100円)を2回。両方ともカタめで。

IMG_9507D

替玉2回を入れて税込みで計935円。4月から税込みの総額表記が義務化されているハズなので、メニューの数字もひょっとしたら金額も変わっているかもしれませんが。
今回も大満足で、また間隔が空かないうちに行かなきゃなぁと。
隣の『ラーメンイレブン』にも長いこと行けていないので、次回はこちらにしようかと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:08Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年04月05日

茂原市・麺や うしお

先日行けた『茂原市・麺や うしお』。今年1月以来とまたちょっと久しぶりになってしまった。

IMG_9463

D3F0FBA7-7FC3-482A-BD6D-27D105DA30DD

前回は珍しく昼の部に行っていたので、券売機にはあったものの夜の部限定ということで注文出来なかった「特製濃厚豚骨醤油らー麺(950円)・麺中盛(100円)」で。このラーメンはライスが無料とのことでお願いする。

IMG_9465

スープの色も風味も完全な家系ラーメン。味も当然家系的なのだけど、良くも悪くもちゃんと作りすぎている家系という印象も。丁寧さをものすごく感じて、荒々しさが皆無というか。
とはいえかなり美味しいライト系豚骨醤油スープ。ガツンとくるインパクトが無い分だけ飽きも来ない。しょっぱさも強くなくて、そこも自分の好み。
麺はこのお店の他のラーメンで使われているものと同じものだと思うのだけど、相性は非常に良い。パツパツと切れる食感が印象的な、自分が好きなタイプの麺。
細長い短冊状の海苔は家系どうこうよりラーメンに添えられる海苔としても珍しいけれど、麺と合わせて口に運ぶにはなかなか悪くない形状だなと。
ライスはこのスープとは当然合う。スープに浸した海苔との相性も非常に良かった。


家系を狙ったもののちょっと違ったものが出来てそれがまた別の到達点として美味しいという、個人的には非常に興味深い出来のラーメンでした。単純に美味しかったのでまた食べてみたいなとも。
このお店はノーマルの「らー麺」のサンマダシのスープという強力なオリジナリティーがあるのでまず食べるべきはそちらですが、第2の選択肢としては十分にありなんじゃないかと。
券売機の中央下あたりが期間限定メニューになっていると思うのですが、今回あった「坦々麺」もけっこう気になる。
限定モノも選択肢に入れられるように、また間隔が空きすぎないうちに行きたいなと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月31日

茂原市・赤まろラーメン翔

先日かなり久しぶりに行けた、今年初めての『茂原市・赤まろラーメン翔』。

IMG_9423X

IMG_9424

メニューは一瞥するものの、結局いつも通りの「赤まろチャーシュー 大(1300円)」で。

IMG_9425D

大ぶりのチャーシューに半分に切られた煮玉子、キレイに積まれた白髪ネギと自分にとってはもう見た目で安心感がある。
スープはいつも通りの、液体というよりは玉ネギといえるようなかなり変わったもの。味わいに優しさと若干の辛味とがあり、普通のラーメンのスープとは違った旨味がとても不思議。何度も食べているのだけど、今回も驚きとともに首を捻りながら食べていた(汗)。
麺は浅草開化楼のもので、この不思議なスープとの相性はとても良い。大盛りでも正直自分にはちょっと物足りないのだけど、麺の食感と味わいには十分に満足出来る。
大きさもしっかりとあってかつ厚切りのチャーシューは、しっかりとした食感と炙られた風味が良い。肉を食べているという満足感がある。麺をやっつけた時点では自分の満腹感は60%くらいなのだけど、チャーシューまで食べ終わると80%くらいまで上がる(笑)。


久しぶりでしたがやっぱり独特のここでしか食べられないラーメンでした。
今回は久しぶりだったので「赤まろチャーシュー 大」で即決でしたが、前回まで迷っていたのは「赤まろチャーシュー 大」1杯にするか「油そば」と「しょうゆラーメン」の計2杯にするか(汗)。
実際のところ「油そば」も「しょうゆラーメン」もそれぞれしばらく食べていないし、そしてそれら1杯だけだとまったく足りない。次回また悩んでみます。

しばらく行けなかったのは閉店時間が16時と1時間早まってしまっていて、そしてこれはしばらく続くよう。
とはいえ茂原市内では最重要なラーメン屋というのが自分の位置づけだし、お店のブログで営業状況を確認しつつまたなるべく早くに行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:24Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月26日

東金市・東金大勝軒

ちょい久しぶりの『東金市・東金大勝軒』。

IMG_9417X

IMG_9418

今回も券売機の"特製"にはすべてバツが。ラーメン類だと麺大盛りだけでは自分には量が足りないのだけど、久しぶりにここのラーメンが食べたかったので「大盛ラーメン(930円)」で。

IMG_9419D

スープはカツオ節のダシと風味が強力なもの。魚介系はこの地域にも多々あるけれど、ここまでカツオ節が前面に出ているスープはあまりない。
麺は自家製の中太麺。中太といっても太いに寄っているくらいの太さだけど、強すぎないコシとツルツルの食感が実に良い。
全体的には伝統的な中華そばの系統にあるラーメンだと思うので、ナルトとメンマの存在がとても良いんじゃないかと。


味には今回も十分に満足でした。量はちょっとだけ物足りないけれど。
なにげにこの地域ではここでしか食べられない味というのは、お店のストロングポイント。もちろんそれが美味しいというのが大前提ですが。
今後もなんとか月イチペース以上では通い続けていきたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:52Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月22日

大網白里市・恵比寿ブタメン

前回からあまり間隔を空けずに行けた『大網白里市・恵比寿ブタメン』。

IMG_9400D

IMG_9401

前回初めてヤサイマシにしてみて量的に問題なかったので今回も。「琉球の塩ブタメン中(780円)」。ニンニクは無し、ヤサイマシ。

IMG_9402D

IMG_9403D

やっぱり見た目にはなかなかのインパクトがある。
ノーマルのブタメンとの違いは、紅生姜が乗っているのとタレが塩味になっているところ。タレは、塩味というかノーマルのタレから醤油を抜いたという印象があるのだけど。
食べ方としては今回もヤサイをタレに押しこんで味をつけてから食べていく。天地返しをするにはヤサイをこぼしそうだし、麺よりヤサイを先に食べていきたいので。
で、ヤサイを半分以上やっつけてから麺へ。コシのしっかりとした麺は、食感も味わいも満足感がある。
ブタ(チャーシュー)は最後まで取っておいて、九十九里いわしの割りスープを投入してともに味わう。
「琉球の塩ブタメン」用としてコーレーグスが用意されているのだけど、自分は辛味はそんなに好きではないし味変をしないと飽きるというタイプでもないので、今回は投入せずでした。


ヤサイマシのおかげでお腹いっぱい。自分は麺でお腹いっぱいにしたいというのはあるのですが、ヤサイとともにお腹いっぱいになるのもなかなか良い。
なにより780円でお腹いっぱいになれるのはすごく良いなと。一応野菜を摂取できている感もあるし(汗)。
二郎系は正直そんなに好きではないのですが、このお店のまぜそばは好き。
また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:33Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月20日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

先日今年初めて行けた『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。

IMG_9390D

IMG_9391

もうちょっと頻繁に通えているのなら「塩豚骨ラーメン」や「つけ麺」にいってみたいのだけど、結局「醤油豚骨ラーメン(730円)・味玉子(80円)・青菜(100円)・大盛(200円)」で。味薄めに、麺の硬さと油の量はノーマルで注文。

IMG_9392D

どうも思っていたのと違うレンソウマシ(このお店では青菜だけど)的な感じで来た(汗)。パッと見で3掴みでよそられているように見えるので、マシマシ感が。
スープはいつも通りの豚骨の旨みのパンチのある豚骨醤油。味薄めがしょっぱさ的に自分にはちょうどいい。
中太の麺も当然このスープとの相性はバッチリ。青菜と麺の量の割り合いが同じくらいで、途中からはほうれん草を食べているのか麺を食べているのかなんだかよくわからなくなっていきましたが(汗)。とはいえ家系ラーメンなのに野菜を食べられている感も一応ある。
味玉は最後に取っておいて、トロトロの黄身とスープを合わせて満足。


麺大盛りで量にはすでに満足なのですが、ドカッと盛られていた青菜のおかげでさらにお腹いっぱいに。
とはいえ全体のバランスが崩れるわけでもなく、今回も美味い家系ラーメンが食べられたというのがありがたい。
家から近所ではないですが出かけたついでに足を伸ばせば寄れるという場所ではあるので、また行ける機会を逃さないように行ってみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:41Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月18日

東金市・麺屋一徹

ちょっと久しぶりになった『東金市・麺屋一徹』。

IMG_9349D

IMG_9350

このお店ではつけ麺をメインの選択肢としているのだけど、今回はラーメンの方で。「ワンタンメン(880円)・大盛り(240円)」。外税なので計1232円。

IMG_9351D

スープは動物系と魚介系のダブルスープ。00年代に都内で流行ったもので、今では都内でもダブルスープを謳うラーメン屋はほぼ無いだろうし、少なくとも千葉の片田舎のこの地域ではこのお店だけ。
しかし逆にこのお店の強力なオリジナリティーとなっているというのが面白い。今味わうと逆に新鮮という印象もあるし。
麺は加水率高めの中太麺。このスープにはよく合っているんじゃないかと。大盛りにまでするとさすがに十分な量。
太いメンマもこのお店の特徴。逆にワンタンは普通なのだけど、これはこれで良い。


味にも量にもまあまあ満足なのだけど、計1232円というのはやっぱりちょっと高いなと。まあ行くたびに毎回思っていることなのですが。このお店の場合、おそらく家賃が乗っかってのこの価格なのだろうなというのがあるので。
もちろん値段と味が見合ってないと思うならば、行かなければいいだけなのですが。
自分としては一応近所だし選択肢には入りつつも、頻繁に行くにはちょっと値段が高いので躊躇するという位置づけ。またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:00Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月15日

茂原市・麺処 らふてる

先日行けた『茂原市・麺処 らふてる』。

IMG_9317X

去年12月にオープンしてからずっと気になっていたのだけど、中休みがあることや夜の部に合わせて17時過ぎに行ってみたら営業していなかったりというのがあって、結局今回が初めて。たまたま昼の営業時間中に行けた。
『長南町・お食事処 やちよ』の人が独立したお店らしいという情報は知っていたものの、『やちよ』も自分は10年近く行けていない。こちらも営業時間が合わないという理由ですが。

千葉の3大地ラーメンのうちのひとつのアリランラーメンのお店は、『長南町・アリランラーメン八平』『長柄町・アリランラーメン八平の食堂』の2軒のみ。『市原市・味覚』は一昨年2019年9月に閉店してしまった。
そして『長南町・お食事処 やちよ』では「らんしゅうめん」という名前でアリランラーメンがメニューにある。たしか『やちよ』の店主は『八平』の親族と聞いた記憶があるのですが、なぜアリランラーメンという名前を使っていないのかは謎。

IMG_9319

ということで『やちよ』系列ということになるからなのか、このお店もアリランラーメンとは名乗っていない。らんしゅうめんとも名乗っていませんが。
最初ということで、当然「にんにく醤油チャーシューメン(850円)・大盛り(150円)」で。税別なので計1100円。

IMG_9320D

チャーシューのインパクトがスゴい。そして山盛りの玉ネギとニンニクのインパクトも。
わりかし真っ当な醤油スープなのだけど、ニンニクの存在が強力すぎて正直ダシの旨味とかはわからない。しかしこれが良い。
店外の幟に自家製麺とあったけど、たしかに今まで食べたアリランラーメンよりもコシがしっかりしている今どきの美味しい麺という印象。少なくとも『やちよ』の麺はもっと柔い、いわゆる普通の中華麺っぽかった記憶があるので。
チャーシューはけっこう肉厚に切られているのに柔らかく、そして矛盾しているようだけど噛み応えもしっかり。このチャーシューが2枚で(普通盛りで)税込935円はちょっと安すぎるんじゃないかとも。


麺の量もしっかりあったし、チャーシュー2枚で十分にお腹いっぱい。正直、麺大盛りならチャーシューメンじゃなくて良かったかも(汗)。
食べている間『味覚』っぽいなと思っていたのだけど、次に思い出したのはそういえば自分は『やちよ』では「味噌らんしゅうめん」ばかり食べていたということ。ということで、このお店で自分がまず食べるべきだったのは「にんにく味噌ラーメン」だったのではないかと……。
ということでなるべく早くにまた行って、次回は「にんにく味噌ラーメン」を食べてみたいかなと。『やちよ』にも時間さえ合えばまた行ってみたいのですが。
この『らふてる』のすぐ近くには『麺や うしお』もあって、駅に近い八千代中央通りも入れるとけっこうハイレベルなラーメン屋が集まる地域になりつつあるような。
ここも含めてラーメン屋の選択肢が増えているのは嬉しいことだなと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:15Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月08日

大網白里市・恵比寿ブタメン

いつもの『大網白里市・恵比寿ブタメン』へ。

IMG_9297D

IMG_9298

今回は入店前から決めていたことがあって、初めてヤサイマシにしてみようかと。
「ブタメン中(780円)」。ニンニク、ヤサイマシ。普段はブタマシ(2枚)なのだけど、今回は全体の量に警戒して無しで。

IMG_9299D

IMG_9300D

だいたい予想していた量。iPhone 12 Pro Maxの望遠/広角/超広角と3つあるカメラレンズは広角でも被写界深度が浅めなので、上から撮ったらモヤシ以外がキレイにボケてしまった(汗)。
このままヤサイだけを食べ始めても仕方がないので、天地返し的に麺と野菜を入れかえ……が、こぼれないようには上手く出来ず、ヤサイは麺の下に押しこんでタレと絡めてから食べていくというような感じに。
ヤサイマシとはいってもほぼモヤシなので、量的にそんなに重たくはない。タレの味がついたモヤシはこのくらいの量なら飽きがくることもなく。
麺の量は中だと普段は自分には物足りないのだけど、ヤサイをあらかたやっつけたあとにコシがしっかりした麺を噛み締めているとそれなりに満腹になってくる。
最後はチャーシュー(ブタ)を残した状態で九十九里いわしの割りスープを投入して、風味がガラッと変わったスープとともにチャーシューをやっつけて完食でした。


さすがにまあまあお腹いっぱい。ブタマシでも大丈夫かな???という程度の若干の余裕は一応あったのですが。
自分はラーメン/つけ麺類は晩ご飯として食べることが多いのですが、家に帰って時間が経ってから買っておいたサラダを食べるというのが基本。ラーメンの栄養のバランスが良いとはさすがに思っていないので。
ただヤサイマシなら栄養のバランスも多少はマシになるのかなと。モヤシの栄養価はあまり信じていないものの(汗)。
空腹具合次第ですが、ここでは次回からはヤサイマシを基準にいってみようかと。よりお腹が空いていたらブタマシもありで。ちょっと次回が楽しみになってきた(笑)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:43Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月03日

香取市・麺家香湯らーめん

先日のゴルフの帰りに1年ぶりに寄れた、『香取市・麺家香湯(こうたん)らーめん』。

IMG_9251

IMG_9252

前回前々回と醤油スープにしていたのだけど、メニューには塩スープが"当店人気No1!!"とあるので今回は「塩ワンタンチャーシュー麺(1160円)・麺大盛り(80円)」で。中太麺か細麺かの麺は、細麺の方で。

IMG_9253

醤油スープもスタンダードなタイプだったけれど、この塩スープも同じく奇を衒わないスタンダードなそして大人しい味わいのタイプ。醤油スープはまだ尖った味わいだったということに気づく。
細麺は醤油スープとの組み合わせは自分は好きな印象だったのだけど、この塩スープと組み合わさると全体が落ち着きすぎてしまっているような。あっさりという面での塩スープとの相性は良いのですが。
チャーシューは食べ応えのあるバラロールチャーシュー。ワンタンは中身がぎっしりとあるもの。美味しいし数もたっぷりとあって満足。


自分としては醤油スープと細麺の組み合わせの方が好みかなというところでした。
千葉では銚子市(ヒゲタ・ヤマサ)と野田市(キッコーマン)の醤油が有名ですが、小見川の工業団地にもちば醤油の大きな工場があったりするので、利根川沿いではやっぱり醤油ラーメンの方がいいのか(笑)。
また寄れるときに行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:49Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月27日

東金市・ぼのぼの

先日、今年初めて行けた『東金市・ぼのぼの』。

IMG_9206D

IMG_9207D

メニューを眺めていつも通りに悩むも、そういえばつけ麺類はしばらく食べていないなということで、「黒つけめん(950円)・大盛(200円)」。麺はあつもりで。

IMG_9208D

相変わらず真っ黒なつけダレ。黒いのはマー油(焦がしニンニク油)。
油の下は豚骨醤油スープで、つけ麺としてはやや細めの麺を潜らせるとスープとも油ともよく絡んでくる。
ニンニクの風味は強力ですが、これはもう好きか嫌いか。自分は大好き。
具材もだいたいマー油のインパクトに負けているのだけど、白髪ネギだけはシャキシャキ感と風味のアクセントとして存在感を示せているような。
割りスープは最初から提供されているのだけど、あつもりの麺は時間が経つとくっついてしまいやすいのを割りスープをかけてほぐしてくださいというのは、このお店のご主人のすばらしく良いアイデアだと思う。


麺大盛りだと量にも十分に満足。美味しかった。
火曜と水曜の週2日定休なのには気をつけないといけませんが、夜の部が17時からなのは自分には行きやすい営業時間。本来は22時閉店なのが今現在は20時閉店のよう。
また行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:55Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月23日

茂原市・らぁ麺三軒屋

先日、今年初めて行けた『茂原市・らぁ麺三軒屋』。

IMG_9192X

IMG_9193 IMG_9194

前回と同じ「特製魚介豚骨(1030円)」で。前回は細麺が売り切れていたので中太麺だったので、今度こそはの細麺で。替え玉1玉無料なのだけど、最初から大盛りでも可能ということで麺大盛り。

IMG_9195D

スープは濃度も粘度も高め。魚介豚骨だけれど魚介がけっこう強いというのが特徴的。
麺は加水率低めの九州ラーメンっぽい細麺。麺自体はまったく悪くないのだけど、大盛りにしたおかげでドンブリの中での余裕がなくなって濃度の高いスープを拾いすぎてしまっているような。やっぱり麺大盛りより替え玉にしておくべきだったようで、完全に自分のミス(汗)。
特製だけあって具沢山で、山クラゲの食感も角煮の存在も面白い。


自分の注文のせいでミスったかなというのはあるのですが、十分にお腹はいっぱいになったしこのお店ならではの特徴のあるスープも面白い。
通し営業というのが自分としては行きやすいということもあるので、またそのうちに行くと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:21Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月15日

市原市・ぼうそう家

先日行った、約半年ぶりの『市原市・ぼうそう家』。ちょっと前に行ったことはあったのだけど、行列になっていたので近くの『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』に移動したことが。

IMG_9143X

IMG_9144

「中盛半熟味玉ラーメン(900円)・ホウレン草増し(100円)」。麺の硬さと油の量はノーマルで味薄め。 

IMG_9145X

ドンブリを眺めただけでそこそこ満足してしまっている。
スープは味薄めでお願いしたけれど、この感じだとノーマルでも良かったような。この日のスープのバランスなのか自分の味覚がそういう調子だったのかはわかりませんが。
『王道 いしい』や『千葉市中央区・杉田家』あたりだと味薄めでないと間違いなく自分にはしょっぱいので、店によって注文を変えるにはちゃんと覚えていないといけない(汗)。
酒井製麺の麺はやっぱりこのスープとは相性バッチリ。麺大盛りにしたいくらいなのだけど、このお店はライス無料というのがあるので。
トッピングで増したホウレン草は一応野菜を食っている感が出るのがいいかなと(爆)。もちろんこの豚骨醤油スープとは非常に合っているのですが。
ライスはこの1杯だけにしておきました。


この日は平日の15時過ぎだったのだけど、自分のあとからもどんどん客が入店してくる相変わらずの繁盛っぷり。
自分が住んでいる外房地域にはまともな家系ラーメン屋が無いので、どこかへ行ったついでに寄るにしてもここと『王道 いしい』は重要な選択肢ということに。同じ家系(しかも同じ王道家系列)でも『王道 いしい』とはちょっと味が違うというのは面白いところですが。
また近いうちに寄りたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:12Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月13日

東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ

先日超久しぶりに行けた『東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ』。前回の『まるえいラーメン』と同じように2020年は行けていなくて、2019年の秋以来だった(驚)。

IMG_9136D

IMG_9137

久しぶりということもあるので、看板メニューの「味玉塩らーめん(850円)・大盛り(100円)」で。ライス無料で、大中小と選べる量は中で。

IMG_9138D

相変わらずの真っ白な超濃厚の鶏白湯スープ。粘度もかなり高くて、麺にまとわりついてくる。
麺は角ばった切り口が印象的な、パツパツと切れる食感が味わるタイプ。
トッピングで足さなくてもけっこう多く入っている玉ネギが、食感のアクセントとしてとても良い存在。まあ玉ネギをレンゲで拾っていると、かなりスープを減らしていってしまうのですが(汗)。
ライスもこのスープと合っている。


久しぶりでしたが相変わらず完成度の高いラーメンでした。
とはいえこういう濃厚スープにはちょっと飽きつつもあって、それが足が遠のいていた原因でもあるのですが。そういう点では、券売機にあった「あっさりらーめん」はかなり気になる。
お店のすぐ近くのコインランドリーをよく使っているということもあるので、また近いうちに行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:01Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月11日

山武市・まるえいラーメン

先日、超久しぶりに行けた『山武市・まるえいラーメン』。2020年は行けていなかった。

IMG_9127D

IMG_9128D

特に考えずに「玉子ラーメン(650円)」で。税抜き表示なので715円。相変わらず安い。麺の硬さはカタめで。

IMG_9129D

もう見た目でそこそこ満足。
豚骨の旨味がしっかりのスープは、意外に濃厚さはなくて重くない。臭みがあるのも含めてこのスープのキャラクターかと。
麺は加水率低めで小麦の風味を感じる細麺。やっぱりこの麺は良い。
具材は自分としては正直どうでもいいくらいで(笑)、スープと麺がしっかり味わればオッケー。
このあと替玉(100円)は2回。両方ともカタめにしたけれど、替玉は硬さ普通でも良いかもと。


替玉2回を入れて税込みで計935円。十分に満足。
ここは近所でないというのと、中休みがあって夜の部が18時からというのが自分にとってはネック。隣に『ラーメンイレブン』が出来て、そちらも選択肢になってしまうし。
とはいえ久しぶりに食べたこのラーメンは、やっぱりこの地域ではなかなか食べられないもの。
また間隔が空きすぎないうちに行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:27Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月07日

夷隅郡大多喜町・ラーメンハウス パティーネ

去年12月に初めて行って以来の『夷隅郡大多喜町・ラーメンハウス パティーネ』。

IMG_9097

IMG_8734X

前回は初めてということもあって、"いち押し"とあった「大多喜たけのこチャーシューメン」にしたのだけど、たけのこはまだ旬の時期ではないなということで今回は「セブンチャーシューメン(900円)・麺大盛り(100円)」。前回一番印象的だったのがチャーシューだったので。

IMG_9098X

動物系と魚介系のダシが合わさったスープは、インパクトはないけれど優しい味わい。
麺は注文時に硬さの好みを聞かれるのだけど、前回も今回も普通で。ただ、普遍的な感じの中華麺という食感と味わいなので、硬めの方が良いような。次回は麺硬めでお願いしてみようかと。
このチャーシューメンにもたけのこは入っていて、メンマとは違う食感が面白い。
で、チャーシューはやっぱり美味しい。脂身の部分の柔らかさと身の部分のしっかり感の対比がとても良い。
自分としては、チャーシューだけでもこのお店に来る価値はあるんじゃないかと思っているのですが。


スープがあっさりとしているし麺大盛りでもものすごく量が多いというわけではないので満腹感はそこそこだけれど、チャーシューで十分に満足。
日々ラーメンを食べ歩いているマニアの人が行くようなラーメン屋ではないかもしれないけれど、自分としてはけっこう良い選択肢になってきている。
またそのうちに行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:26Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月31日

大網白里市・恵比寿ブタメン

今年初の『大網白里市・恵比寿ブタメン』。とはいえ1ヶ月に1度程度のペースは守れていますが。

IMG_9083D

IMG_9081

「ブタメン中(780円)・ブタマシ(300円)」。野菜マシ等はなしで、ニンニクだけ。

IMG_9082D

このお店は、まぜそばということでスープが影響する比率が低くなるせいか出来にブレがほとんどない。毎回安定した出来。
自分は全体を混ぜるというよりは野菜をスープに浸してから先にやっつけていく。麺は麺として食べたいので。
野菜はスープの味と合っているけど、麺はさらに合っている。コシも単体としての味わいも強力な麺だけれど、スープと合わさった味わいは特徴的。
麺を食べ終わったら九十九里いわしの割りスープを投入。風味も味わいも一気に変わるのが面白い。
自分はチャーシュー(ブタ)はすべて残しておいて、割ったスープとともにいただく。角煮のような柔らかい食感がとても良いし、味わいも最高。


今回も十分に満足。量はもうちょっとだけは食べられるので、野菜マシにするかは悩むところ。あまり大量の茹でモヤシは食べたくないかなとも思うのですが。
自分が入店する17時台でもあとからどんどんお客は入ってくるし、この季節でも外のテラス席で食べている複数人の組もちょいちょいいる。この地域に二郎系のお店が少ないことから受け皿になっている部分もあるのかもしれませんが。
またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:35Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月30日

木更津市・ラーメン林家

初めて行けた『木更津市・ラーメン林家』。

IMG_9043D

千葉県の家系ラーメン第1号はこのお店なハズで、ずっとここで営業しているのかは知らないのだけどけっこう年季の入った店構え。
テーブル席なしのカウンター席のみで、家族連れはターゲットにしていないと思われるレイアウト。

IMG_9044

クキワカメに生ワカメとずいぶんワカメを推しているのは気になったのだけど、なかなか冒険の出来ない自分は普通に「中盛ラーメン(870円)・味玉(100円)」で(汗)。
麺の固さ・味の濃さ・油の量は、初めてのお店なのですべてノーマルでいいかなと思ったものの、しょっぱいのが来るとツラいので味薄めだけ注文。

IMG_9045D

まともな家系ラーメン屋が無い外房地域に住む自分には、この見た目ですでにそこそこ満足。
スープはたぶん味薄めでなくても良かった程度のしょっぱさ加減。豚骨の旨味はガツンとくるほどではないけれど、バランスが良くて美味い。
鶏油はけっこう多めでスープの上に厚く浮いているけれど、美味い家系は鶏油が美味いという自分の経験則通りに、クドさもなくスープと合わさっての味わいも当然良い。
酒井製麺の麺は当然家系でイメージされる通りのもので、自分は大好きな食感と味わい。
味玉はまあまあ。チャーシューはもっと存在感が無い方が横浜の家系っぽくなるように思ったけど、そういえば千葉の家系のチャーシューは存在感のしっかりとした美味しいものが多くて、ひょっとしたらこのお店から千葉の家系が始まっているからなのかなとも。


味にも量にも十分に満足でした。
自分が食べている間にどんどんお客が入ってきて席もほぼ埋まってしまい、やっぱり繁盛店のよう。
また行ければと思うとともに、外房地域にもまともな家系ラーメン屋が出来て欲しいと強力に思わされたのですが(涙)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:02Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加