2020年12月03日

茂原市・麺屋 祐

先日、超久しぶりに行った『茂原市・麺屋 祐(たすく)』。たぶん開店当初に行って以来だと思うので、8〜9年ぶり。

IMG_8524

1度行ったきりだったのは、このお店が看板にも書いてあるくらいの背脂推しで自分が背脂のヌルヌルと酸味が苦手だということで。ただここ数年で背脂に若干耐性が出てきたようにも思うので、今回行ってみた。
平日は15〜17時が中休みだけど、土日祝日は通し営業ということに最近気付いたというのもあるのですが。

IMG_8525

ラーメン屋の券売機というのは左上の方がお店が推しているメニューになることが多いように思うのだけど、このお店の券売機の左上はまさかの麺大盛。
一番上の段だと「濃厚鶏醤油」があるので、これがお店のオススメになるのか???といろいろ考えるも、久しぶりということで今回は「特製醤油らーめん(900円)・大盛(120円)」で。背脂の量は、あえて普通で。

IMG_8526

背脂の量はともかく、予想していたのとちょっと違うものが出てきた。
モヤシがけっこううず高く積まれて麺は太めのワシワシ系。明らかに二郎の影響を感じるラーメン。
前回食べたときがどんな感じだったのかもまったく覚えていないので、前回もこんな感じだったのかもしれませんが。
背脂は、普通でも自分にはかなり多い。これだけの量だとやっぱり酸味が気になる。
具材も多彩ながら全体を支配しているのは間違いなく背脂で、正直スープの旨味を細かく感じる余裕もないくらい。
大盛2玉の麺もしっかりとした量で、背脂とともに胃の中に納めていきましたが。
2種類のチャーシューは味わいも食感もまったく別物で、なかなか贅沢な印象。


食感も量もしっかりとしていた麺と背脂のおかげで十分に満腹。背脂少なめならさらに美味しく食べられそうな。
茂原駅周辺では通し営業のラーメン屋は『五衛門』と『三軒屋』くらいしかないので、土日祝日のみとはいえ通し営業のお店は自分の選択肢に入る。
「濃厚鶏醤油」「鶏煮干し」「魚介つけ麺」と気になるメニューもあったので、そのうちにまた行ってみます。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 22:32Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年07月12日

大網白里市・くるまやラーメン大網店

先日、たぶん30年ぶりくらいに行った『大網白里市・くるまやラーメン大網店』。

IMG_7671

この大網店は自分がこの土地に引っ越してきた頃からあって、そして初めて行ったときに生煮えの太麺のラーメンを食べてから太麺が食べられなくなったというお店(汗)。
太麺は、それから約10年後にまだおゆみ野にあった頃の『中野家』(のちに移転して『末広家』)で初めて家系ラーメンを食べて克服。
『くるまやラーメン』はチェーン店なので他にもお店は数多いけれど(たしか全国に約170店舗)、たぶん他店にも行ったことはないような。
大網店は去年秋の台風の被害でしばらく営業していなかったのだけど、数週間経ってから再開。
そして潰れずにずっと営業しているのはどうしようもなくマズイからではないだろうし、30年前の自分の味覚や味の好みもあてにならないしということで今回行ってみることに。

IMG_7665 IMG_7667

くるまやといえば味噌ラーメンという程度の知識はあるのだけど、個人的な好みで「醤油ラーメン(700円)・麺大盛(150円)」で。

IMG_7669

IMG_7670

ちょっと想像していたのとまったく違ったものが出てきた(爆)。
完全に二郎が意識された、モヤシドカ盛り。モヤシは炒められたのみで味つけはされていないよう。
そして、スープと麺とゴマとモヤシのみで他の具材はいっさい無し。かなりビックリした。
このモヤシの量で味つけがされていないとなると、さすがに天地返し的にモヤシと麺を上下入れ替えて食べていくしかない。
麺は、自分が大昔に食べた太麺ではなくて普通の太さの縮れ麺。食感は悪くない。
スープは醤油がかなり強いタイプで、ダシの旨味はあまり感じない。
竹岡式、この地域でいうとこの間行ったばかりの『東金市・ぐうラーメン』にやや近い印象を受けましたが、チャーシューの煮汁を割ってつくる竹岡式のスープは旨味はあまり無いとはいえ豚肉の旨味があるので、このスープとはまた違う。
まあしょっぱさ強めのスープは、この地域には合っているのでしょうが。
最終的には延々とモヤシを食べ続けて完食となったのですが、さすがに他の具材がまったく無いというのはちょっと物足りなさも。


まあまあ満腹にはなったのですが、麺とモヤシとでなので満足感はかなり微妙。
今回は麺は大丈夫だったのですが、スープはやっぱり自分の好みのものではないかなぁと。
まず味噌ラーメンを選択してトッピングはちゃんと加えろという話だったのかもしれないですが……もしくはメニューの一番左上にある(あとから足したように見えるけど)「まかないラーメン」というのが具材の普通に乗っているラーメンだった???
色々謎に思うことは多く、またいずれ行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:27Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月19日

大網白里市・恵比寿ブタメン

一応定期的に通えている『大網白里市・恵比寿ブタメン』。

IMG_6272

IMG_6273

ノーマルのブタメンとそれ以外のメニューとを交互に食べているのだけど、今回はそれ以外の回。おかげで券売機の前ではかなり悩む。
しばらく食べていない「琉球の塩ブタメン 大(920円)・ブタマシ(250円)」で。野菜マシ等はなしで、ニンニクだけ。

IMG_6274

自分の中で世の中のチャーシューの中で最高クラスに美味しいと思っている「ブタ」が4枚も乗っているのを見ただけでかなり満足。
塩ブタメンとなっているけれどベースの味は醤油な印象。"琉球の"となっているところで沖縄そばも連想するけれど、沖縄そばは自分は食べ慣れていないのでいまいち味のイメージは一致しない(笑)。

IMG_6275

で、途中からはコーレーグスを投入。
ラー油のようにポタポタ出るイメージで傾けたら、けっこうドバドバと出てきて最初からまあまあの量を投入するハメに。
尖った刺激的な辛さではないので食べるのに難儀はしないけれど、それでもけっこう辛い。味の変化としては十分な役割。
摂取カロリーはまったく気にしないものの摂取塩分量は気にしているので、琉球の塩には手をつけずでしたが。
野菜と麺と食べ終わって残しておいた「ブタ」はコーレーグスの辛さが加わっていつもとは違う味わい。
ちょい辛い「ブタ」もなかなか良かった。食感はやっぱり最高。


今回も味にも量にも満足でした。
次回はノーマルのブタメンの回ですが(笑)、どうするかはまた券売機の前で悩んでみようかと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:38Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月26日

大網白里市・恵比寿ブタメン

今年初の『大網白里市・恵比寿ブタメン』へ。

IMG_4247

IMG_4248

まだ食べていなかった「琉球の塩ブタメン 大(920円)」で。

IMG_4249

紅生姜がけっこう効くので印象はちょっと変わるけれど、ノーマルのブタメンとの違いが自分にはあまりわからず(汗)。沖縄そばのような味わいを狙っているとは思うのですが。
塩ブタメンとはなっているけれど、タレ自体は醤油ベースなような。こちらの方があっさりしている印象でしたが。

IMG_4250

一緒に出された琉球の塩を入れるとかなり変わったのかもしれないけれど、これ以上のしょっぱさは要らないかなということでコーレーグスだけ投入。
ちょっと入れすぎたようでなかなか辛い。とはいえ刺激が強すぎる辛さではなくまろやか系ながら辛味がしっかりというものだったので、食べていて嫌なものではなく。


コーレーグスの辛味が面白いまぜそばだったかなと。
あと食べていないのは「コチュブタメン」「ペペロンブタメン」「トムヤムブタメン」ですが、次回また券売機の前で悩んでみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:28Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月18日

大網白里市・恵比寿ブタメン

『大網白里市・恵比寿ブタメン』へ。

IMG_3739

IMG_3740

まだ食べていない「琉球の塩ブタメン」か「ペペロンブタメン」にしようかと悩んだのだけれど、今回はノーマルの「ブタメン中(750円)・ブタマシ2枚(250円)」で。

IMG_3741

丼のサイズのせいか多少の混ぜにくさは毎回感じているのだけれど、上下を入れ替えるような感じを数回繰り返して野菜と麺とをタレに絡めてから食べていく。
強力なコシの麺は食べ応えバッチリ。
タレは意外に淡白な味つけなのだけれど、最後の方で出される九十九里鰯の割りスープを投入した後のスープは、意外性もありで美味しい。
で、角煮のようなチャーシューはいつも通り食感も味も最高に美味しい。


最近は17時台でもかなりの数のクルマが停まっているのを見るし、完全に地域に根付いた繁盛店になっているよう。
自分としても家から最寄りのラーメン屋の1軒でもあるので、定期的に通っていきたいと思います。
またそのうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:50Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年09月18日

大網白里市・恵比寿ブタメン

『大網白里市・恵比寿ブタメン』へ。

IMG_3380

IMG_3381

今回はずっと気になっていた担々ブタメンを、と思って券売機の前に立つと「ペペロンブタメン」というこれも気になる新メニューが(汗)。
とはいえ初志貫徹で「担々ブタメン中(920円)」のボタンを。マシ等は無しでニンニクだけ。

IMG_3382

まぜそばということでスープが少なくて見えないので、見た目に担々麺感はあまり無し。ちょっと赤いくらい(笑)。
で、混ぜていくのだけど、普段のモヤシとキャベツに加えてネギも乗っているのでけっこう混ぜにくい。気をつけていてもネギが数本落ちてしまった。
そこそこ混ぜて口に運ぶと、けっこう担々麺感はある。
ピーナッツの風味と食感もなかなか面白いんじゃないかと。
途中からは、一緒に出された花椒の粉末を加えていくと中華的な辛さがアップ。
強力なコシの麺はいつも食べ応えがあるけれど、角煮のようなチャーシューは今回も美味しい。


ラーメン二郎のインスパイア系でしかもまぜそばなのだけど、意外に担々麺感はしっかりあって面白い1杯でした。
このお店はまず「ブタメン」がちゃんと美味しくて、次にその日の気分次第で「カリーブタメン」や今回の「担々ブタメン」にしてもこれも美味しいという。
まだ食べていない「琉球の塩ブタメン」なども面白そうなので、また次回以降に試してみようと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:20Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年08月12日

大網白里市・恵比寿ブタメン

『大網白里市・恵比寿ブタメン』へ。

IMG_3072

IMG_3074

前回の「カリーブタメン」はかなり良かったけれど、今回はノーマルの「味玉ブタメン中(850円)」で。

IMG_3075

野菜と麺とがちゃんとタレと絡むように混ぜるのはちょっと大変なのだけれど、コシがしっかりの麺は今回も美味い。
自分としてはこの丼の中で一番重要なのは角煮のようなチャーシュー。
毎回安定して美味しくて、このチャーシュー単品の一品料理でも成立すると思っているくらい。
味付け玉子は今回初めて食べたと思うけれど、これもなかなか良かった。


このお店はたぶん自分の家から一番近いくらいの距離にあるし、自分がよく通るルートにも位置しているので、もうちょっと寄る機会を増やしたいかなと。
「担々ブタメン」は毎回気になっているので、次回また選択肢に入れておこうと。
まだまだ暑い日が続きそうなので、辛いメニューで大汗をかくのは躊躇してしまうというところもあるのですが(汗)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:16Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年06月30日

大網白里市・恵比寿ブタメン

『大網白里市・恵比寿ブタメン』へ。

IMG_2856

IMG_2857

今回は、以前から気になっていた「カリーブタメン大(990円)」で。

IMG_2858

思っていた以上に本格的なカレーの味わい。
券売機に書いてあったとおりに、辛さはそんなに強くないのだけれどスパイシーというちょっと不思議な感覚。
二郎らしい強力なコシの麺との相性も良いし、この組み合わせはなかなか面白い。
角煮のようなチャーシューも、このチャーシューにカレー味が加味されるというのは面白いし美味い。
麺を食べ進めてから卓上の九十九里鰯の割りスープを投入してみましたが、そうすると和風のカレースープのような味わいに変化して、これも他ではあまり体験出来ない味。
もっと麺を残しておいて、和風カレーラーメンとして食べるのも良いかもと思ってしまいましたが。


自分がカレーうどん・カレー蕎麦・カレーラーメン自体が好きということがありますが、このカレーまぜそばは今まで経験したことのない味わいでした。
またそのうちに食べてみたいと思います。
次回以降は、「担々ブタメン」もいってみないといけないですかね。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:29Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月16日

大網白里市・恵比寿ブタメン

今年の初めに行って以来の、『大網白里市・恵比寿ブタメン』。

IMG_2589

IMG_2590

券売機の前でちょっと迷うも、このお店のチャーシュー(煮豚?)は毎回美味しい印象があるので、今回は「ブタメン中(750円)・ブタマシ2枚(250円)」で。
今回もマシ・カラメ等は無しで、ニンニクだけ。

IMG_2591

このサイズの丼だと若干の混ぜにくさはあるのですが、野菜と麺とをひっくり返すように混ぜていく。
普通のラーメンの1/3くらいの量のスープは、あまり味は濃くなくてしょっぱくないのは個人的に良いところ。
麺はやっぱりコシが強力。
で、チャーシューはやっぱり柔らかくて味もとても美味しい。いわゆるチャーシュー(焼豚)というよりは、角煮のようですが。


食べ応えのあるチャーシュー4つのおかげでお腹いっぱい。
「ブタマシ」はやっぱり正解だった☆
他のメニューではまず「カリーブタメン」は気になるので、次回以降に食べてみようと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:38Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月15日

大網白里市・恵比寿ブタメン

今年初めての、『大網白里市・恵比寿ブタメン』。

IMG_2029

今回も券売機の前では迷ったのだけれど、結局前回と同じ「ブタメン 大(840円)」に。
マシ・カラメ等無しで、ニンニクだけ。

IMG_1968

個人的に二郎インスパイア系のこのお店ならではと感じるのは、やっぱりオーション(強力粉)が使われた強力なコシの麺。
あと、角煮のような食感の柔らかいチャーシュー。
もちろん、まぜそばとして全体の味のバランスが取れているというところが良く出来ているのですが。個人的には、あまりしょっぱくないというのはとても良い。


味に量にも今回も満足。この量で840円というのも安くてとても良い価格。
また行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:01Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月07日

大網白里市・恵比寿ブタメン

先日初めて行って、二郎系ということで今まで食べていなかったのを後悔した(笑)、『大網白里市・恵比寿ブタメン』。

IMG_1753

前回は「ブタメン 中」で量が少し物足りなかったので、今回はチャーシュー増し(ブタマシ)にするか麺を増やすかでちょっと悩んだ結果、「ブタメン 大(840円)」を。
マシ・カラメ等は今回も無しで、ニンニクだけ。

IMG_1755

ドンブリの中に麺と具材とがいっぱいなので、普通のラーメンに比べれば少ないタレと混ぜていくのは若干大変。
しかしきっちり混ぜ合わせて、食べていくとやっぱりなかなか美味しい。しょっぱさが控えめで旨味はあるというのは、自分にはとても良い。
コシが強力な麺は、今回も自分にはちょっと硬い印象だったけれど、食べ応えは十分。
で、角煮のような食感のチャーシューはやっぱりとても美味しい。
今回は麺を1/3くらい食べたところで卓上の九十九里鰯の割りスープを投入してみましたが、二郎系とはまったく違う太麺の煮干し系ラーメンに変貌して面白い。


ということで今回も満足のまぜそばでした。次回は、チャーシュー増しか担々ブタメンか。
またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:04Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月15日

大網白里市・恵比寿ブタメン

先日初めて行った、『大網白里市・恵比寿ブタメン』。

IMG_1697

このお店は、同市内の経田の交差点近くに最初にオープンしたのが2011年だそう。
そこから同じ国道128号線で800mほどの距離の今の場所に移転したのが2013年で、それからももう5年近くが経過。
自分はほぼ毎日前を通る場所でしかし今まで行っていなかったのは、このお店が『ラーメン二郎』のインスパイア系ということを知っていたので。
本物の『ラーメン二郎』も何度か食べているのですが、自分の好みにはどうにも合わなくて。
しかし地元のお店だし一度くらいは行っておかなくてはというのと、この『恵比寿ブタメン』はまぜそばメインでやっているお店という情報も知っていたので、大丈夫な可能性もあるかなということで。


券売機で「ブタメン(730円)」を選択。最初なので迷うこともなく。マシ等無しでニンニクも入れないで。
中盛りと小盛りが同料金で、中盛りの方で。

IMG_1698

まぜそばということで丼からスープは見えないのだけれど、量は自分が思っていたよりは多くて普通のラーメンの1/3くらいの量。油そばとは違ってタレではなく、やや濃いめのスープと混ぜ合わせて食べるということのよう。
まずモヤシとキャベツの野菜と混ぜ合わせて食べていったけれど、思ったほどスープの味は濃くない。
で、麺は二郎らしいオーション(強力粉)の、強力なコシと食感の麺。個人的にはちょっと硬かったのですが、食べ応えは十分。
チャーシューはものすごく美味しい。厚みもしっかりで、味わいも食感も好きなタイプ。
麺を食べ終わってから、卓上にある九十九里鰯の割りスープを入れてみたのだけれど、思った以上に熱かったのと出汁の旨味がしっかり出ていて美味しい。
これは、麺が残っている状態で投入して煮干しスープにしてしまった方が良かったよう。


ということで今まで敬遠していたのは明らかな間違いだった、とても美味しいまぜそばでした(汗)。
過剰なしょっぱさが無くて味が濃くなかったというのが自分には大きかったですが。
苦手なタイプのラーメンも、スタイルを変えれば大丈夫になることもあるという勉強になったようで。
今回の中盛りは量としてはちょっと物足りなかったので(量にはけっこう警戒していたので)、次回は麺大盛りかチャーシュー増し(ブタマシ)で食べてみようと思います。
券売機でざっと見たメニューの中では、坦々ブタメンというのも面白そうな。
また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:17Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加