2021年03月20日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

先日今年初めて行けた『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。

IMG_9390D

IMG_9391

もうちょっと頻繁に通えているのなら「塩豚骨ラーメン」や「つけ麺」にいってみたいのだけど、結局「醤油豚骨ラーメン(730円)・味玉子(80円)・青菜(100円)・大盛(200円)」で。味薄めに、麺の硬さと油の量はノーマルで注文。

IMG_9392D

どうも思っていたのと違うレンソウマシ(このお店では青菜だけど)的な感じで来た(汗)。パッと見で3掴みでよそられているように見えるので、マシマシ感が。
スープはいつも通りの豚骨の旨みのパンチのある豚骨醤油。味薄めがしょっぱさ的に自分にはちょうどいい。
中太の麺も当然このスープとの相性はバッチリ。青菜と麺の量の割り合いが同じくらいで、途中からはほうれん草を食べているのか麺を食べているのかなんだかよくわからなくなっていきましたが(汗)。とはいえ家系ラーメンなのに野菜を食べられている感も一応ある。
味玉は最後に取っておいて、トロトロの黄身とスープを合わせて満足。


麺大盛りで量にはすでに満足なのですが、ドカッと盛られていた青菜のおかげでさらにお腹いっぱいに。
とはいえ全体のバランスが崩れるわけでもなく、今回も美味い家系ラーメンが食べられたというのがありがたい。
家から近所ではないですが出かけたついでに足を伸ばせば寄れるという場所ではあるので、また行ける機会を逃さないように行ってみたいと思います。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 21:41Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月29日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

前回からはあまり間隔を空けずに行けた『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。

IMG_8781D

実はこの間行ったばかりだしということで最初はすぐ近くの『ぼうそう家』に行ったのだけど、店内店外で計10人待ちくらいだったのでこちらに変更。15時過ぎだったのに相変わらずスゴい客の入り。
とはいえ『王道いしい』までは渋滞で15分くらいかかったので、そのまま『ぼうそう家』に並んでいた方が早く食べられたのかもしれませんが(汗)。

IMG_8779

相変わらずここで「つけ麺」や「豚骨塩」のボタンを押す勇気もなく、「ラーメン(730円)・味玉子(80円)・青菜(100円)・大盛(200円)」で。味薄めに、麺の硬さと油の量はノーマルで注文。

IMG_8780D

やっぱり青菜(ホウレン草+小松菜)追加でだいぶ緑な印象になる。
スープは相変わらずの豚骨の旨味しっかりの豚骨醤油。本物の横浜家系のスープに比べると千葉家系ということで醤油の尖り方が足りないのかもしれませんが、こちらは味薄めで注文しているくらいなので。
麺は味わいも食感も良い。このスープと合わせて食べられることに幸福感がある(笑)。大盛りで十分に満足。
で、味玉がけっこう美味しい。これもまたスープと合わせて口の中に運ぶと実に美味い。


前回から2週間ほどでの再訪でしたが、これ以上のペースででも問題なし。
知り合いでも年齢とともに家系を敬遠する人も増えてきていますが、自分はまだ週1くらいででも食べていたいなと(汗)。
また来年に機会を見つけて行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:54Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月13日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

先日久しぶりに行けた『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。夏以来。

IMG_8595

IMG_8596

「ラーメン(730円)・味玉子(80円)・青菜(100円)・大盛(200円)」。味薄めで、麺の硬さと油の量はノーマルで注文。 

IMG_8597

思っていたよりも青菜(ホウレン草+小松菜)がどっさり。これくらい緑が多いとラーメンを食べている罪悪感も薄れる、のかも。まあもともとラーメンで罪悪感とかそういう感覚は無いのですが(汗)。
スープは豚骨の旨味しっかりの豚骨醤油。このお店はあくまで"千葉の家系"のスープなので、横浜家系原理主義の人からするとバッタモンなのかもしれないけれど、自分はこれはこれで大好きなスープ。
麺は茹で加減がちょうどいい。20年くらい前だと麺硬めだったけれど、今は普通が自分には良いかなと。大盛りの量はさすがに食べ応えがある。
チャーシューもかなり良い出来。あと意外と言ってはおかしいけれど、味玉がかなり美味しい。中身が半熟でトロトロのタイプ。


久しぶりに家系が堪能出来て十分に満足。
なぜ内房の方には家系ラーメン屋があって外房の方には無いのかという、残念な実態を実感することにもなるのですが。
千葉で最初の家系が木更津の『林家』だったという歴史もあるので、仕方がないのでしょうが。
また機会を逃さないようにして行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:38Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年08月29日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

今年春に行って以来の『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。ウチの近所にはちゃんとした家系ラーメン屋が無いので、家系ラーメン自体が久しぶり。

IMG_7999

IMG_8001

たまにしか食べられないとなると、なかなか「塩豚骨」や「つけ麺」にいく勇気は出ない(汗)。
「ラーメン(730円)・味玉子(80円)・大盛(200円)」。味薄めで、麺の硬さと油の量はノーマルで注文。

IMG_8002

見ただけで安心できる見た目。
スープは豚骨の旨味しっかり。味薄めの注文でも自分にはちょっとしょっぱいですが。
このお店の麺はたしか酒井製麺ではないはずだけど、家系でイメージされる枠からはまったく外れていないもの。このスープとの相性はバッチリで、ずっと食べていたくなる(笑)。
ほうれん草と小松菜はけっこうしっかりとした量があって、一応野菜を食べている感があるのがありがたいのと味と食感の変化としても良い役割。
チャーシューも十分すぎるくらいのサイズがあって、歯ごたえもしっかり。家系のチャーシューはそんなに美味いものでなくてもいいと個人的には思っているのですが。
味玉子も美味しい。味付けが良い塩梅。


麺大盛りで十分に満腹。味には当然満足。
近所ではないしなかなか行けませんが、行ける機会は逃さないようにしたいと思います。またそのうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:19Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年04月26日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

先日、今年初めて行けた『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。行ったのは今月初め。

IMG_7122

IMG_7120

久しぶりとなるとどうしてもいろいろとトッピングは増したくなってしまう(汗)。
「ラーメン(720円)・味玉子(80円)・のり(100円)・大盛(200円)」。味薄めで、麺の硬さと油の量はノーマルで注文。

IMG_7121

もう見た目でそこそこ満足(爆)。
ただスープは味薄めで注文したにもかかわらずけっこうしょっぱめで、これは注文間違いだったと思いたいのですが。
とはいえ豚骨の旨みはしっかりで、自分が期待していたもの。鶏油とのバランスがとても良くて、やっぱり美味い家系ラーメン屋はここを外してこないなという印象。
麺はドンブリの中にぎっしりで、正直ちょっと多すぎた(汗)。
ホウレン草に小松菜に増した海苔の存在は味と食感のアクセントにちょうど良い。チャーシューも美味い。
自分としては味玉の意外な美味さを感じるというのが食べ終わり寸前での最後の一押しですが、まあこれは味玉をどこで食べるかにもよるので(笑)。


麺大盛りは余計だったかなというくらいお腹いっぱいになってしまいましたが、満腹というのはイコール幸せな感覚でもあるので。
相変わらずなかなか行けていませんが、なんとか機会を見つけて寄れる限り寄っておきたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:30Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年03月21日

千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家

1月以来の『千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家』。

IMG_6915

IMG_6916

今回はそう久しぶりではなかったので初めての「つけ麺」も考えたのだけど、結局勇気がなくて(笑)「ラーメン 大(920円)」に。麺の硬さと味の濃さ油の量はすべてノーマルで。

IMG_6917

相変わらずのあっさり系豚骨醤油スープ。とはいえ豚骨の旨味はしっかりとあるのが良い。
このお店の麺はたしか家系御用達の酒井製麺ではなかったと思うのだけど、しかしこのスープには合っていて美味しい。
麺大盛りだと具材との見た目のバランスが悪いけれど、自分は麺でお腹いっぱいにしたい方なので。
キクラゲの存在が特徴的だけど、自分としては海苔があってくれれば良し(笑)。


大盛りの麺はものすごく多いというほどではないのですが、まあまあの満腹感にはなって満足。
JR千葉駅の付近には、蒙古タンメン中本や松戸とみ田製麺の二郎系のお店が最近になってオープンしたりしていますが、自分の好みでもないし基本的にラーメン屋に並んでまで食べたくはないので、選択肢としてはこちらのお店を優先したいかと。
また寄れるときに寄ります。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:16Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年01月21日

千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家

去年の終わりに久しぶりに行けたのだけど、年が明けてからわりとすぐにまた行けた『千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家』。

IMG_6538

IMG_6539

メニューにある「つけ麺」「味噌ラーメン」はけっこう気になるし、壁に貼られているわりあい最近メニューに加わったと思われる「角ふじ麺」「カレージャン麺」「辛ジャン麺」もちょっと気になる。まあこれらは二郎系のようだし、ここで食べなくてもいいかなとは思いますが。
しかしノーマルの豚骨醤油のスープを求めて行っているということがあるので、なかなか他のメニューを注文する勇気はない。天下一品で「あっさり」を注文する勇気が無いように(爆)。
ということで、結局「ラーメン 中(820円)」。他の家系ラーメン屋では味薄めで注文するのですが、ここのスープはあまり醤油が前面に出ていなくてしょっぱくないのでノーマルで。麺の硬さと油の量も同じくノーマル。

IMG_6540

相変わらずの、横浜直系の家系ラーメンのスープと比べると明るい色のスープ。やっぱり醤油は前面に出ていなくて、ライトな豚骨醤油スープ。しかし旨味はしっかりとあって実に美味しい。
麺はたしか酒井製麺ではなくて長多屋製麺。しかし大きな違いはないし、スープとのバランスが非常に良い。
モヤシにキクラゲというところも横浜直系の家系ラーメンとはまったく違うところだけど、これも相性はなかなか。


今回も満足の一杯でした。ライト系豚骨醤油スープのひとつの完成されたものかと。
千葉駅周辺では他に行ってみたいお店も多いのですが、中休みのない営業時間のこのお店は第一候補。
またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:02Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年01月06日

千葉市若葉区・中華そば亀喜屋

さて、2019年の最後に食べたラーメンはここでした。夏以来の『千葉市若葉区・中華そば亀喜屋』。

IMG_6442

行ったのは大晦日で14時くらいに到着。11時〜売り切れまでという営業時間なので、『千葉市若葉区・らーめん神月(かみづき)』を保険に考えつつ向かいましたが。ちなみに『らーめん神月』もこの日はラストオーダー15時半という営業。
『亀喜屋』は幸いまだ営業中で、外のベンチで待っている人が1人。自分は1人のときは並ぶことはまずしないのですが、1年の最後だし先客1人ならまあいいかと。それでも15分くらいは待ちましたが。
自分の次の4人組で売り切れで、入店するときにはもう暖簾は外されていました。

IMG_6439

「つけそば」に「油そば」もかなり気になるのだけど、1年の最後ということで今まで食べたことがあって確実なメニューにしてしまった。
「ワンタン麺大(980円)・味付け玉子(100円)」で。

IMG_6441

一口食べた瞬間に1年の最後がこれで良かったと思える、無難ながらハイレベルな美味しさ。
ここ数年流行っているネオ中華そばを体現したようなスープですが、浅草開化楼のしっかりとしたコシの麺との組み合わせが非常に良いバランス。
チャーシューもワンタンも、トッピングの味付け玉子もすべて隙のない美味しさ。というか食べていて全体に隙がないなと。
全体のレベルが高いので、自分などは食べていてちょっと緊張するところもあるのですが(爆)。
生姜の存在は冬には最適。
麺大盛りのおかげで自分の胃にも隙間は無くなって、十分に満足。


1年の締めには十分すぎるくらい美味しい一杯でした。
売り切れで営業終了ということで普段でもせいぜい15時くらいまでで閉店となってしまうらしく、晩ご飯でラーメンを食べる自分にはなかなか合わず、そして並びたくはないというところも。
とはいえ時間を合わせないと食べられない一杯でもあるので、今年もどこかで行ける機会は逃さないようにしたいなと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:39Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月26日

千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家

今年は家系ラーメンのお店に行く機会が少ないという中で先日『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしいに行けたのですが、それからわりとすぐに都内からの帰りに千葉駅で途中下車して寄れた『千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家』。
ちょうど半年前に海浜幕張店には行っていましたが。
外観の写真を撮ろうとしたら店の前でタバコを吸っている人がいたので、食べ終わってから帰りに撮ろうと思ったら完全に忘れた(汗)。
というわけでお店の写真は前回のもの。

IMG_4949

IMG_6347

「ラーメン 中(820円)」。他の家系ラーメン屋では味薄めで注文するのですが、このお店の味つけはしょっぱくないのでノーマルで。麺の硬さと油の量も同じくノーマルで。

IMG_6348

横浜直系の家系ラーメンと比べるとスープは茶色くなく、しかしあっさりめの豚骨醤油スープながら旨味はしっかり。"千葉の家系ラーメン"を体現しているという印象。
麺もスルスルと食べていける食感で良いのだけど、とにかく全体のバランスが良いという印象。
ガツンとくるインパクトはそんなにないけれど、ラーメンとしてのまとまりが良いので多くの人に好かれる家系ラーメンなんじゃないかと。


このあとはJR本千葉駅まで歩いていっての帰宅でした。
こういう都内からの帰りのルートなら寄れる機会はあるので、行ける機会を逃さずに行っておきたいなと。
家系ラーメンが食べたくなったときには候補に入ってくるお店のひとつでもあるので。
また来年行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:49Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月17日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

今年は家系ラーメンを食べる機会がかなり減ってしまっているのだけど、このお店にも半年ぶりとなってしまった『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。

IMG_6329

IMG_6330

「ラーメン(720円)・味玉子(80円)・大盛(200円)」で。ここのスープは自分にはちょっとしょっぱいので"味薄め"に、麺の硬さと油の量はノーマルで注文。

IMG_6331

久しぶりの家系ラーメンのビジュアルでまず安心感が。
スープはやっぱり醤油の味わいが尖ったタイプで、味薄めが自分にはちょうどいい。
鶏油はけっこうしっかりとした量があるのだけど、実はここでは毎回油多めにするか迷っている。美味い家系ラーメン屋は鶏油が美味いというのが自分の持論なので。
ここの麺は酒井製麺ではなかったように思うけど、家系のイメージからは外れないタイプ。麺大盛りだと麺固めでもよかったかなと。
海苔はスープに浸しても溶けないけっこうしっかりとしたもの。そして黄身がトロトロの味玉子は毎回美味い。


久しぶりということを別にしても本当に美味しい一杯でした。これでちょうど1000円というのも安くてありがたい。
もうちょっと近所ならもっと通えるのですが、いかんせんなにかのついででないと行けない距離。
なんとか行ける機会は逃さないようにして、また近いうちに行ければと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:10Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月28日

千葉市中央区・杉田家

今年2月以来とちょうど半年ぶりになってしまった『千葉市中央区・杉田家』。
家から近い場所にあるわけではないのでなかなか行けませんが、それにしてもついでに寄る機会というのもなかった。

IMG_5615

IMG_5616

「ラーメン中(800円)・味玉(80円)」で。麺の硬さと油の量は普通で、味薄め。

IMG_5617

味の方はいつも通りで、豚骨のダシの旨味が強力なスープが実に美味い。カエシの醤油との味のバランスもともかく、鶏油との組み合わせのバランスが良いのだなと。
麺は食べ始めはちょっと柔らかめに感じて、やっぱり硬めで注文した方がいいかな???と思うのだけれど、食べ進めていくとやっぱりノーマルでいいかなと。
昔はとりあえず麺硬めで注文していましたが、ノーマルの麺の硬さがスープとの馴染みが一番良いような。


やっぱり最高に美味い一杯でした。家系ラーメンのバッタもん(インスパイア系)のお店はかなり増えましたが、セントラルキッチンという差異もあってか、こういうちゃんとした家系ラーメンのお店との味の差は結局かなり大きいというのが自分の印象。
最近のペースを考えれば年内にあと1〜2回行ければというところですが、行ける機会は逃さないようにしたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月20日

千葉市若葉区・中華そば亀喜屋

先日久しぶりに行けた『千葉市若葉区・中華そば亀喜屋』。3年ぶりだった(汗)。
日曜定休はともかく、営業時間が11時〜売り切れまで(だいたい15〜16時くらいらしい)というのは自分にはなかなか行きづらい。
寄ってみたら、営業が終了したか臨時定休かでフラれたというのもたしか2回ほどあった。

IMG_5363

IMG_5366

「ワンタン麺大(980円)」で。
久しぶりだとつい量を増やしたくなってしまう(爆)。

IMG_5367

前回よりも大きくザックリと切られている印象の生姜が目を引く。
この大きさだとさすがに生姜の主張が強すぎるんじゃあと生姜とスープを口に運ぶと、やっぱり生姜の存在が強力になってしまうものの、麺と合わせると実に良いバランス。
スープはここ数年流行っているネオ中華そば系。このお店もそのブームをつくっている側の1軒でしょうが。
麺はやや太めの存在感のあるもの。コシが強すぎないというのが、ラーメン全体のバランスとして良いように思ったのですが。
具材は、食感のアクセントになるメンマ、けっこうしっかりと具材が詰まっているワンタン、脂身が少なくて食べ応えのあるチャーシューと、スープと麺とともバランスの良いものでした。
結局美味しいラーメンというのは、麺スープ具材のバランスなのだなと再確認させられたような。


味にも量にも満足して完食でした。やっぱり美味しかった。
11時の開店から客が途切れることのない状態らしいですし、夕方まで営業が続いていることは少ないよう。
なんとか営業終了までに滑り込めるように、行ける機会は逃さないようにしたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:48Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月27日

千葉市美浜区・横浜ラーメン 増田家 海浜幕張店

先日初めて行った『千葉市美浜区・横浜ラーメン 増田家 海浜幕張店』。
JR海浜幕張駅の北口ロータリー沿いにある、aune幕張という20軒以上のレストランが入ったビルの1階。

IMG_5253

IMG_5254

自分としては珍しくチャーシューを食べたい気分だったので、「チャーシューメン 中(1000円)」。
中央区の本店と同じあっさり系豚骨醤油スープのハズということで、濃さ・油の量・麺の硬さはすべてノーマルで。

IMG_5257

スープも麺も、本店の味と同じ印象。
ライト系の豚骨醤油スープながら旨味はしっかりとあって美味い。
モヤシとキクラゲが乗っているのがこのお店の特徴ですが、キクラゲの食感はメンマの代わりとして十分に務まっている。モヤシは、茹でではなくて炒めの方がいいかなというのは自分の好みですが。
脂身の少ないチャーシューは歯ごたえのしっかりとあるタイプでしたが、これも食べ応えがあってなかなか美味しかった。スープとのバランスも良かった印象。


支店でも中央区の本店と同じように美味しい、千葉の家系ラーメンが食べられたという印象でした。
海浜幕張駅周辺でのラーメンの選択肢として上位に考えていいお店かと。
また行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:10Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月22日

千葉市緑区・地鶏中華そば 鶏喜

オープンしてちょっとしてから行って以来、1ヶ月ぶりの『千葉市緑区・地鶏中華そば 鶏喜(けいき)』。

IMG_5207

IMG_5208

IMG_5209

前回は、券売機の左側に配置されてこのお店が推しているのであろう「中華そば塩」だったので、今回は醤油で。
「鶏喜特製しょうゆ(980円)・麺大盛り(100円)」。

IMG_5210

味の印象は前回とほぼ同じ。塩と醤油の違いはあれど、地鶏の旨味をほんのりと感じるかなりあっさりめのスープ。醤油の風味は感じるものの色を見ての視覚的なものかもしれないので、目隠しをしたら前回とのスープの違いは自分にはわからないかも(汗)。
写真で右下にあるのが地鶏ハムのよう。チャーシューとはまったく違った食感で面白い。これも味わいは淡白なものですが。
麺も存在感としてはおとなしいというものになるのかもしれませんが、この麺は自分は好きなタイプ。
海苔・ネギ・メンマ・味付け玉子・チャーシュー・地鶏ハムと多彩な具材と、大盛りにした麺でお腹いっぱいにはなったかなと。


あっさり系として完成度の高いラーメンという印象は前回と同じで、味的な物足りなさを感じたのも前回と同じだった印象。
ベースは塩スープと醤油スープで良いとして、ちょっとパンチのある油のバリエーションかトッピングがあった方がいいかなぁとは思うのですが。
今のメニューで満員御礼ならそのままやっていけばいいと思うのですが、自分が行った2回ともに18時ちょい前とはいえ自分しかお客がいないという状況だったので。地域の客層と年齢層には合っているメニューなのだろうなとは思いつつも。
チェーン店以外の飲食店が不毛な地域なので、続いていってほしいお店だと思っています。
また行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:21Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月06日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

2ヶ月ぶりに行けた『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。

IMG_5099

IMG_5100

「ラーメン(690円)・味玉子(80円)・中盛(120円)」で。いつも通りに"味薄め"に、麺の硬さと油の量はノーマルで注文。

IMG_5101

いつも通りにスープの豚骨の旨みが美味しい。
麺も食感味わいともに申し分なし。
味玉子はなんとなく注文したのだけど、これがちょっとビックリするくらい美味しかった。中がトロトロ系の味玉子だけど、味付けが絶妙。2つ食べたいと思ってしまったくらい(笑)。


今回も大満足の1杯でした。味玉子の美味しさに気づけたのがちょっと嬉しい。
他に券売機で気になった「きざみ玉ねぎ」もこのスープには合うように思うので、次回は味玉子と一緒に注文してみようかと。
なるべく早くにまた行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:32Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月16日

千葉市緑区・地鶏中華そば 鶏喜

土気(とけ)に新しくオープンした、『千葉市緑区・地鶏中華そば 鶏喜(けいき)』。

IMG_5032

場所はブックオフ土気店の向かいで、以前は『麺や えぼし』があった店舗。
『麺や えぼし』は店主のオヤジさんが亡くなってしまったと聞いているのですが、自分が最後に行ったときは女性2人で昼のみの営業という形態で営業していたものの、気がつくと閉店してしまっていた。
塩ラーメンにワサビという特徴的な味が今となっては懐かしいし、閉店は非常に残念。


さて『地鶏中華そば 鶏喜』は店内は全面改装しての開店のようで、新しいお店らしく明るい印象。テーブル席カウンター席合わせて20数席。

IMG_5034

店内に入ってすぐに券売機が置かれていて、基本が塩ラーメンと醤油ラーメンの2種類だけというなかなか挑戦的なメニュー構成。

IMG_5033

券売機の左側ということはお店が推している方と勝手に判断して、「中華そば塩(味付け玉子)(850円)・麺大盛り(100円)」で。

IMG_5035

自分としてはちょっと久々の、透き通る系の塩スープ。
鶏の旨味は感じるものの、全体がかなりあっさり。系統としては完全な淡麗系で、そう多いわけでもない油の存在もしっかりと感じるくらいの。
若干細めの麺の存在感は弱くはなく、ここ数年流行りとなっているネオ中華そばにあるような麺。麺大盛りでも物足りなかったので、普通盛りはけっこう少なめな気はしますが(汗)。
メンマとチャーシューは無難な味わいでしたが、味付け玉子はなかなか美味しい。


淡麗かつ淡白でかなりあっさりとした味わいの中華そばでした。
この土気という土地はけっこう特殊な地域で、ラーメン屋不毛地帯どころか1人で食べに行ける飲食店が不毛な地域。まずチェーン店の牛丼屋が1軒も無い。
有名どころのファミレスはひと通りあって、回転寿司も最近になって数軒出来てきてはいるのですが。
そういう土地柄に合わせた味わいなのかはわかりませんが、順調に高齢化してきている土地でもあるので、味の傾向の選択としては間違ってはいないような気も。
大学の最寄駅ではないので大学生が多い土地ではなく、ここで二郎系のラーメンを出しても即潰れるのは目に見えているので(爆)。
まあこの味でさえこの土地柄では苦戦するのかなとも思ってしまいますが。オープンしてすぐなのにすでに営業時間を短縮しているらしいというあたりからも。

IMG_5036

とりあえず自分としては土気で行けるラーメン屋は『中華そば匠』だけだったのが、選択肢が増えてくれただけでもありがたいですが。
なるべく早くにまた行って、次回は「醤油」を食べてみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:34Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月10日

千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家

さて平成最後に食べたラーメンはここでした。
『千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家』。

IMG_4949

IMG_4950

「ラーメン 中(800円)」。味薄めで注文したら薄すぎた前回の反省を踏まえて、今回はノーマルで。

IMG_4951

スープの濃さは今回は自分としてはバッチリ。あっさりめの豚骨醤油スープだけれど旨味はしっかりあって美味しい。
麺もスープとの相性の良い、そして適度に主張の強すぎない麺。
モヤシの存在は自分としては微妙だけれど(汗)、キクラゲの食感はアクセントとして良い。
横浜の本家の家系ラーメンとは違う、千葉の家系ラーメンとしてのひとつの完成系がこれなのかなと思うのですが。


JR千葉駅からは少し歩く距離なのですが、自分はこのお店に寄ってからJR本千葉駅から乗車するという選択肢もあるので。JR千葉駅からこのお店までの距離よりも長いものの(汗)。
またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:06Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月07日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

先日、半年ぶりに行けた『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。

IMG_4788

IMG_4789

ここでも、せっかくのちゃんとした家系ラーメン屋でつけ麺を注文する勇気は無い(汗)。
「ラーメン(690円)・のり(100円)・大盛(200円)」で。ラーメンの値段は前回より値上がりしていたよう。
今回も"味薄め"に、麺の硬さと油の量はノーマルで注文。

IMG_4790

家系ラーメンとしてさすがの完成度の高さと、間違いのない味。
自分には味薄めでもギリギリでノーマルで注文すると確実にしょっぱいのだけれど、これくらい尖った味つけを標準にしているからこそスープのキレにつながっているのかと。豚骨の旨味は当然ぶ厚い。
で、美味い家系は鶏油が美味い。
大盛りの麺は食べ応えしっかり。
チャーシューは、美味しくないほうが本場の横浜の家系っぽくなると毎回思うのだけれど(爆)、まあ美味しくて文句を言うのもおかしいので。


味にも量にも大満足でした。
家から近いところにあるわけではないのでどこかへ行ったついででしか行けないのですが、これからももうちょっと行く機会を持てれば。
ここから近い距離にある『市原市・ぼうそう家』もハイレベルな家系ラーメン屋なので、どちらも定期的に行ければいいのですが。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:56Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月26日

千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家

先日都内へ行った帰りにJR千葉駅で途中下車してなにか食べていこうと思い、新規のラーメン屋を開拓という選択肢もあったのだけれど、結局3ヶ月ぶりに『千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家』へ。
前回の、『千葉市中央区・杉田家』と家系ラーメンが続くことになってしまいましたが(汗)。

IMG_4522

IMG_4523

ここでも「つけ麺」を選ぶ勇気はなく(笑)、「ラーメン 中(800円)・煮玉子(100円)」で。麺の硬さと油の量は普通で、味薄めで注文。

IMG_4524

相変わらず、モヤシとキクラゲが乗った画はこのお店の特徴。
で、前回もちょっと思ったのだけど、味薄めで注文するとライト系豚骨醤油のこのお店のスープはちょっとあっさりしすぎかもと(汗)。途中から卓上のラーメンタレを少し投入するという本末転倒なことになってしまった。
麺はスープとの相性良く、食感も味わいも良い。久しぶりに麺硬めにしても良かったかなと思いましたが。


今回も満足して完食。
味薄めにして失敗したのはこちらのミスで、家系ラーメンといってもお店によってのキャラクターはあるので、どこでも味薄めというのは浅はかだった(汗)。
JR千葉駅周辺のラーメン屋もかなり入れ替わっていますが、このお店は末長く営業していってほしいお店。
新規のお店を開拓したいというのももちろんあるのですが、ここにも定期的に寄っていきたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:51Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月23日

千葉市中央区・杉田家

ちょい久しぶりの『千葉市中央区・杉田家』。

IMG_4513

IMG_4514

「つけ麺」も毎回気になってはいるのだけれど、結局今回も「ラーメン大(900円)・のり(80円)」で。近所ではないこのお店に来て、つけ麺を注文する勇気が自分には無い(笑)。
麺の硬さと油の量は普通で、味薄め。

IMG_4515

味に関してはいつも通りに安定して美味い。
旨みしっかりの豚骨醤油スープに加えて鶏油が美味しい。
ちなみにどこのラーメンでもそうなのだけれど、麺普通盛り→中盛り→大盛り(普通盛り→大盛り→特盛りの場合も)とあった場合に大盛りにしてしまうと、麺の輪郭がボヤけてしまうことが多い印象。
まあ各ラーメン屋ともに、麺とスープのバランスは普通盛りで一番良くなるように調整してあるハズなので。
自分は美味しいものをお腹いっぱい食べたいということでの麺大盛りなので、まあ仕方なし。


今回も味にも量にも満足。
去年は1回しか行けなかったので、今年はなんとか数回でも行ければ。
またなるべく近いうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:42Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月24日

千葉の紅葉

千葉県は関東では南に位置しているので、天気予報で紅葉前線の南下が話題になってから到達するのが実はかなり遅い方なのですが、ようやくかなり色づいてきた。

千葉市若葉区の『泉自然公園』。家からそんなに距離のある場所ではないのだけれど、初めて行ってみた。

IMG_3944 IMG_3945

IMG_3946 IMG_3950

曇り空だったので写真ではイマイチ。

IMG_3952 IMG_3954

IMG_3957 IMG_3958

たぶん紅葉としてはメインの区域であろう「もみじ谷」はまだそんなに色づいていなかったので、本格的な紅葉観賞はもう少しあとの方が良かったのかも。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:21Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月14日

千葉市中央区・杉田家

今年初めてとかなり久しぶりになってしまった『千葉市中央区・杉田家』。

IMG_3727

IMG_3728

久しぶりだとつい大盛りにしてしまう(汗)。「ラーメン大(900円)・味玉(80円)・のり(80円)」で。味は薄めで、麺の固さと油の量は普通で。 

IMG_3729

自分としては見た目でもうそこそこ満足(笑)。
豚骨の旨みは相変わらずしっかりだし、美味い鶏油とのバランスが非常に良い。
麺は大盛りにしてしまうとちょっと輪郭がぼやけている気がしているのだけれど、この量での満足感というものもあるので、個人的には量の方を取りたいかと。
味玉も美味しいけれど、海苔はやっぱり家系のスープによく合う。


味にも量にも満足の1杯でした。
近所ではないのでどこかへ行ったついでとかでしか寄れないのだけれど、それでも今年初めてというのは間隔が空きすぎた(汗)。
なるべく寄れる機会を逃さないようにしたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:21Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月04日

千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家

先日、超久しぶりに行った『千葉市中央区・横浜ラーメン 増田家』。たぶん10年ぶりくらい。

IMG_3539

このお店にちょいちょい行っていた頃は、JR千葉駅周辺のライヴハウスやスタジオだったりCD屋とか家電量販店を巡るついでという寄り方が多かったハズ。
ライヴハウスへ行くのもともかく、CDや家電は今はネット通販で買うことがほとんどになってしまったのは、JR千葉駅を含めたこの周辺に来ることが少なくなった大きな理由。ちなみにこのお店の最寄りは、京成の千葉中央駅ですが(汗)。

IMG_3540

久しぶりだしシンプルに「ラーメン 中(800円)」で。麺の硬さと油の量は普通で、味薄めで注文。

IMG_3541

自分にはあまりに懐かしいビジュアル。
具材のモヤシと刻みキクラゲというのは家系ラーメンっぽくないのだけれど、スープはしっかりとした旨味のあるとんこつ醤油。味薄めにしない方が良かったかなとは思いましたが(汗)。鶏油とのバランスも良くて、完成度は非常に高い。
麺はたしか家系御用達の酒井製麺ではなく長多屋製麺だった気がするけれど、このスープには合っているという印象で食感も味わいも良い。もうちょっと量を食べたかったとも思ってしまった。


超久しぶりに食べたけれど美味しかった。このお店に前回行って以来、いろいろな家系ラーメンを食べているけれど、改めてこのお店のレベルの高さが実感出来たかも。
このお店は横浜の家系ラーメンのお店の暖簾分けではなくて、独自に家系を名乗っているハズだけれど、この完成度のラーメンに行き着いているのはスゴいことだと思う。
横浜の家系ラーメンのお店が千葉に支店を出しているのと、千葉でお店を始めた"千葉の家系"は味の傾向がちょっと違うのだけれど、この増田家は"千葉の家系"を代表しているお店かと。
また機会を見つけて行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:33Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年09月10日

千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい

先日久しぶりに行けた、『千葉市中央区・家系ラーメン王道 いしい』。春以来だった。

IMG_3351

IMG_3352

というか、バッタもん(インスパイア系)でない家系ラーメンというのが久しぶり。
「ラーメン(650円)・味玉子(80円)・大盛(200円)」で。今回も"味薄め"に、麺の硬さと油の量はノーマルで注文。

IMG_3353

豚骨の旨みの強いスープと鶏油がいきなり美味い。
麺は大盛りにしただけあってまあまあの量があるのだけれど、食感と味わいが良いので自分は食べ飽きることもなく。
具材も隙は無し。チャーシューは、もうちょっと美味くない方が本場横浜の家系っぽくなる気がしないでもないですが(爆)。


これで計930円とはかなり安い、味が良くてコスパも良いというラーメンでした。
自分の家から近所ではないのでどこかからの帰りなどでないと寄れないのですが、また行ける機会を大事にしたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:10Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年06月25日

千葉市中央区・松戸富田麺業

JR千葉駅のペリエ千葉エキナカにある『千葉市中央区・松戸富田麺業』。
もうオープンして1年半近くになるけれど、今回初めて行った。

IMG_2835

自分が電車で移動する機会が少ないということもあるけれど、乗り換えなり千葉駅で下車するなりでこのお店の前を通るたびにけっこうな行列が出来ていて、行列に並ぶのがキライな自分はずっとスルーしてきていたので。
今回は、平日16時台という時間帯のおかげか、行列は無し。とはいえ、店内に入ってみるとカウンター25席の半分以上は埋まっていましたが(汗)。
 
IMG_2836

「濃厚つけ麺(880円)」で。

IMG_2837

一応『富田』のつけ麺は食べたことがあったのだけど、その覚えていたイメージのままのものが出てきた。
粘度の高い濃厚なつけダレが強力なコシの太麺にベッタリと絡む、今の時代っぽいつけ麺。もちろん六厘舎がこのタイプのつけ麺を広めた代表格で、今では一応どこででも食べられるタイプのつけ麺になったのも間違いないのですが。
しかしこのつけ麺も完成度の高いもので、これだけのものが駅の中で食べることが出来るというのもスゴイことだなぁと。


強力な麺のコシはもちろん食べ応えがあっていいのですが、これをあつもりで食べるとどうなのかという興味はあり。富田のつけ麺をあつもりで食べたことがないので。
で、ラーメン類も食べたことがないので、こちらもいつか食べられれば。
もちろん、行列が出来ていない時という個人的な大前提があるので、なかなか機会は無さそうですが(汗)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:09Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加