2018年10月25日

Def Leppard LIVE@日本武道館

昨日は、日本武道館でDef Leppard(デフ・レパード)のライヴを観戦。

IMG_3708

今回は友だちに誘われてで、正直自分はDef Leppardの大ファンというわけではなくて(汗)、バンドの代表作『Hysteria(1987年)』とベスト盤を聴いている程度なのだけれど、今回のライヴはその『Hysteria』の完全再現ライヴだということで。
ちなみに行くと返答したあとにチケット代を聞いたのだけど14000円……自分のあまりに浅いファン度合いからすると高いなとは思ってしまう(爆)。

IMG_3710

友だちはちゃんと買っていたツアーパンフレット。

IMG_3709

客席はかなり埋まっていた。


キーボーディストがいないツインギターのバンドなので、ステージの一角を大きく占めることになるキーボードが無く、アンプも置いていないのでかなり広く使っている印象。
そういえばこういうコンサートホールでのライヴで、キーボードが置いていないステージというものを観るのは初めてだったかも。

IMG_3720

1曲目から『Hysteria』をアルバム順に演奏していったので、自分にも入りやすい。
ちょっと驚いたのは、ほとんどが自分より上の年齢の客層に見えたのですが、アリーナ席はもちろん2階席でもほぼ全員が立っていて、手を振り上げて一緒に歌う観客の熱がスゴい。
よく考えたら自分が今まで聴いてきた音楽&観に行ったライヴというのは、Progressive RockやJazzがメインでハッキリ言って世の中のメインストリームの音楽では無かったので、自分が今まであまり一緒になっていなかったタイプの客層。
そして、こういう売れたハードロックバンドのライヴをちゃんと観るのは初めてだったかもと。

IMG_3724

ペンライトやサイリウムでなしに、ライト点灯のスマホが振られる客席。初めて見たけどなかなかキレイだった(笑)。


19時開演予定が少し押して19:15演奏開始→20:55くらいの終了。ちょっと短いと思ったけれど、観客の年齢層的にはちょうどいいくらいの時間だったよう(汗)。周りでもたまに席に座って休憩になっている人もいたし。

IMG_3725

Def Leppardがアルバム『Hysteria』を大ヒットさせたのは、やっぱり曲が良かったからなのだなということを確認させられるライヴでした。
そして演奏はもちろん、コーラスがブ厚くて上手い。
あとは開演時から上半身裸だったPhil Collenのギター演奏にはまったく関係のないマッチョさ(60歳)と、片腕のドラマーRick Allenのその片腕ということを感じさせないプレイ。
自分のような浅いファンでも楽しめたライヴでした。
『Hysteria』の前作でバンドがスターダムに駆け上がる足がかりをつくったアルバム『Pyromania(1983年)』は今度聴いておこうかと。


  

Posted by toshihiko_watanabe at 21:36Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年02月21日

ジャーニー

来月の、Journey(ジャーニー)の武道館チケット。

IMG_2930

友達に「行く?」と誘われて、「行く!」ということで。


ということで、新ボーカリストのArnel Pineda(アーネル・ピネダ)加入後のスタジオアルバムは持っていなかったので、両方を購入。

IMG_2928

Revelation(2008年)』からすでに新しいボーカルに違和感というものはまったくなし。
まあ2代目ボーカリストのSteve Augeri(スティーヴ・オウジェリー)が歌った、『Arrival(2001年)』『Generations(2005年)』はセールス的には低迷していたようですが、アルバム全体の雰囲気は相変わらずのジャーニーだったし、この人達、特にギタリストのNeal Schon(ニール・ショーン)とキーボーディストのJonathan Cain(ジョナサン・ケイン)の2人は、"ジャーニーに聴こえるサウンドのつくり方"というものを確立していると思うので、同系統の声質のボーカリストが歌う限りはジャーニーのアルバムに出来るんじゃないかと。

前作『Generations』から「Faith In The Heartland」と「Let It Take You Back(「The Place In Your Heart」が改題)」が再録音されて収録されていますが、「Faith In The Heartland」はオリジナル版の方が良いかも。「Let It Take You Back」は再録音版の方が好きですが。

アルバムは2枚組で、過去の代表曲をアーネル・ピネダのボーカルで再録音した11曲がDisc2になっていますが、これは別に要らなかったかと。
アーネル・ピネダの歌は悪くないんですが演奏が妙に硬いし、YouTubeなどで見る限りライヴ版の方が大ベテランバンドに似合わないくらいの勢いがあって(笑)、ずっと良い。


Eclipse(2011年)』は『Revelation』よりヘヴィなサウンドの印象。
レコーディングとツアーを経たアーネル・ピネダの声はさらにバンドに馴染んだと思えて、また初代ボーカリストのSteve Perry(スティーヴ・ペリー)とはまったく違った歌い方なども聴けて、もはや彼がスティーヴ・ペリーの代理では無くなってきている部分も確認出来るんじゃないかと。


しかし、YouTubeでフィリピン人のアーネル・ピネダが歌っているのを見て、連絡を取ったのはニール・ショーンだったらしいのですが、多人種国家のわりになんだかんだで人種差別の国でもあると思えるアメリカのバンドに、アジア人を加入させようと思った彼の決断はけっこうスゴいものなんじゃないかと。
すでに世界的に有名なバンドにアジア人が新たに加入したなんて話は、まず聞いたことがないので。



最後に3代のボーカリストそれぞれのライヴ映像を。
スティーヴ・オウジェリーは、ビデオの音質が悪いということもあるけれど、今聞くとやっぱり声の線が細い。
まあこれも、アーネル・ピネダの声を聞かなければ、スティーヴ・ペリーに続くボーカリストとしては若干物足りないけどまあしょうがない、くらいの印象で済んでいたんでしょうけどね(笑)。
スティーヴ・ペリーはもちろんすばらしいのだけれど、アーネル・ピネダも同じくすばらしい

個人的には「Don't Stop Believin'」は、完璧な曲だと思う。






  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:19Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年09月06日

ユニコーン LIVE@日本武道館

7月の松戸に続いて、日本武道館でのユニコーンのライヴを観に行ってきました。

CIMG4773

駐車場があるとのことでクルマで行きましたが、本当に目の前で500円。超安い。

CIMG4770

当たり前ですがほとんどの人は電車で来るようで、けっこうすいているというのも。
今回調べるまで駐車場の存在自体を知らなかったんですが、靖国通りの方からはダメで科学技術館の方からしか入れないというのはあるにしても、自分のような千葉人には良い選択肢かと。

で、着くまでの道も順調過ぎて開場の1時間半くらい前に着いてしまったので、食べ物と時間をつぶせる場所を探して付近をウロウロ。
……しているうちに飯田橋のあたりまで行ってしまって(汗)、結局『陳麻家』で陳麻飯。超久しぶり。

IMG_1136

ちなみに、最近麻婆丼をちょくちょく食べているんですが、辛い系の麻婆丼は久しぶり。
まあ辛いってのは無難に食える条件のひとつかなと。普通に美味い上に、ビールとの相性は超良かったですけれども(汗)。

さすがに陳麻家ではあまり時間も潰せず、武道館に向かいつつもうちょいウロウロしようかと思ったらけっこうな雨が降ってきて、結局駐車場の車の中に逃げ込むことに(汗)。

開演までまだ1時間ちょいという時間


開場の18時をちょっと過ぎた辺りで入場しましたが、アリーナの1段上の1F南スタンド前から2列目という席のせいかステージもまあまあ近く、ものすごく狭く感じる。
武道館に初めて行ったのは(というか初めてのコンサートというもの)、1994年のイエスの武道館だったんですが、それなりに広く感じた記憶が。
まあMCでも奥田民生さんが「昔、シカゴを観た時はもっと広く感じた」と言っていましたが
あんたそのあと何回も武道館で演ってるやん、ってのはともかく(笑)。


7月の松戸と比べると、先日ミニアルバムの『ZII』が出ているので、そこからの選曲と入れ替わってセットリストにはちょっと変化が。
というか、エンディングで流される「ぶたぶた」を入れると『ZII』の収録曲がまさか全曲演奏されるとは(汗)。
絶対ライヴではやらないだろうと思った「手島いさむ大百科」もやっていたし。
観ていて前回よりもさらに思ったのは、「大百科」などの色モノ系(笑)の曲と、例えば「HELLO」「晴天ナリ」などのシリアス系の曲が普通に同居しているという凄まじさ。
これは世界的にみても同じようなバンドはいないんじゃないかと。


今回のツアーで演奏されている初期の代表曲「Maybe Blue」は、やっぱりイントロから客席の盛り上がりが炸裂する。
ピアノの音色を活かしつつ再現された曲は、前回に引き続いてカッコいいと思わされましたし、ベテランバンドのクラシックソングの扱いとしては理想型かも。

再結成以前の曲で、今回演奏された中でベスト盤に入っていそうな曲は、「Maybe Blue」と「ヒゲとボイン」の2曲のみ。
安易にグレイテストヒッツツアーにしないところが(やろうと思えば出来るのに)、 ユニコーンの凄みかと。

あと、今日の「HELLO」はスゴかった。
1コーラス目が終わったあとのリイントロでの奥田民生さんのシャウトで鳥肌。
シャウト1発で曲の緊張感を一気に高められるボーカリストはそういないんじゃないかと思います。


MCが長過ぎたせいか(汗)、終演は21時50分頃
まあ前回と同じように超楽しいライヴでした。

CIMG4774

で、クルマで家までは1時間半かからず
こりゃあ次回武道館に行くことがあったら、またクルマでいいなと。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:55Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加