2021年03月12日

市原市・福田中華そば 市原店

3ヶ月ちょいぶりに行けた『市原市・福田中華そば 市原店』。

IMG_9310X

IMG_9311

なんとなくつけ麺が食べたくなったので「濃厚特製煮干つけ麺(1150円)」で。茂原店の方でつけ麺を食べたことはあったのだけど特に覚えていなかったので、一番右にあってお店が推していそうという理由での「煮干」。
中盛(250g)大盛(300g)と同料金の麺の量は、大盛で。

IMG_9312D

久しぶりのセメント系煮干しのつけダレ。味も濃厚だけど、粘度もかなり高くて麺をくぐらせるたびにどんどん減っていく。
麺はつけ麺としてはそう太くない方だけれど、コシはしっかり。つけ麺の醍醐味を十分に堪能出来る。
特製とだけあって具材は豊富。自分はあらかたを最初につけダレに沈めてしまったものの、つけダレは量も減っていくし温度も下がっていくので食べるタイミングがちょっと難しかった。チャーシュー・メンマ・味玉あたりは温かい方が良いように思うので。


麺300gというのは自分にはちょっと物足りないのだけど、具材のおかげでまあまあ満足。
こういうセメント系の煮干しスープというのはけっこう久しぶりだったのだけど、たまにだとインパクトがあって美味い。間隔は空けたいけれど(笑)。
このお店のラーメンのレベルが高いのはわかっているし、つけ麺の「淡麗煮干」と「魚介」も食べてみたい。
茂原店が閉店となってしまっているので自分の家からはちょっと遠いここに来るしかないのですが、幸いなにかのついでに寄れる場所ではあるので。また行きます。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 22:14Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年11月21日

市原市・福田中華そば 市原店

先日初めて行った『市原市・福田中華そば 市原店』。

IMG_8491

元々は茂原店が本店でここは同じ経営の『らーめん福たけ』だったのが、看板を掛け替えてこちらも『福田中華そば』に。
そして本店だった茂原店の方は1年前の台風の水害で閉店となってしまったので、現在『福田中華そば』はこの市原店だけ。

IMG_8492 IMG_8494

メニューは茂原店とほぼ同じなハズ。
1年ぶりということで、茂原店で自分が一番気に入っていた「しじみワンタン(880円)・麺大盛り(100円)」で。

IMG_8496

IMG_8497

相変わらずのちょい縦長のドンブリだった。
スープは地鶏と魚介系としじみの旨味が混ざった複雑な味わい。しじみの味噌汁を連想させる軽いエグみが面白い。
麺は茂原店と同じくやや固めの茹で加減。食感も味わいも良い。大盛りだとなかなか食べ応えがある。
チャーシューの出来も良いのだけど印象にはあまり残らず。量的にもワンタンの存在が強い。
ワンタン自体は特筆するような特徴があるわけではないのだけど、このスープにものすごく合っているという印象。スープと合わせて食べていくと本当に美味しい。


ここ市原店では初めて。『福田中華そば』としては1年ぶりに食べましたが、茂原店と同じ味で同じクオリティなのではないかと。こちらの味の記憶はけっこう怪しいですが(汗)。
駐車場がかなり広いし、通し営業というのは自分としては行きやすい。
また行ける機会は逃さずに行ってみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:41Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月17日

茂原市・福田中華そば

1ヶ月ちょいぶりの『茂原市・福田中華そば』。

IMG_5954

IMG_5955

中休みが入るようになってしまったのは、自分にとっては残念。

IMG_5956 IMG_5958

消費増税となって、全メニュー10円の値上げとなったよう。トッピング類はそのまま。
自分としては別に20円上げてくれてもいいし、もっと言えばキリのいい値段であってくれればそれで良いのですが。現金支払いのお店では、1円玉もともかく出来れば10円玉にも触らないで済む値段設定にしてもらえればありがたいなと……。
いつもの「しじみワンタン」と迷ったものの、今回は「魚介つけ麺(810円)・味玉(100円)」を。麺中盛り大盛りいずれでも同料金なので、大盛り300gで。

IMG_5959

色合いがなかなかに鮮やか。
つけ麺としては細めの麺はなかなか食感が良くて、濃厚なつけダレにくぐらせても存在は負けていない。
つけダレは濃厚な魚介。強力なオリジナリティーがあるとまでは言えないけれど、標準以上の出来ではあるんじゃないかと。
具材もいろいろと添えられているので、味わいと食感の変化は十分楽しめる。
麺300gというのは自分にはやや物足りないのですが、具材と合わせて満足感は得られたかなと。


今回も満足でした。
中休みが入るようになってしまったのでこのひと月でも2回ほど行く機会を逃しましたが、まあ行けるときにまた行こうと。
自分としてこのお店で1番なのは「しじみワンタン」ですが、あっさり系の「煮干し醤油つけ麺」も試してみたいかと。
またそのうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:45Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月16日

茂原市・福田中華そば

先々週に行っていた『茂原市・福田中華そば』。

IMG_5755

IMG_5756

タンメンにするかでかなり迷ったものの、結局このお店のメニューで自分が軸に据えている「しじみワンタン(850円)・大盛り2玉(100円)」で。

IMG_5757

IMG_5758

いつも通りの細長いドンブリ。
地鶏と煮干しとしじみとの旨味が合わさったスープは独特なもの。しじみがここまで前面に出ているスープはこの地域では他に無いので。
やや硬めに茹でられた浅草開化楼の麺は、食感も味わいも申し分なし。2玉だと食べ応えがあっていい。
ワンタンは、主張の強くない中の具材と皮の儚い食感がこのスープに合っていていいんじゃないかと。
知り合いでもワンタンメンにするくらいならラーメンと餃子にするという人は複数いるのですが、自分が好きなのはワンタンの方かなと。


今回も味にも量にも満足でした。
お店の自動ドアに掲示してあったのですが、今まで11〜22時の通し営業だったのが15〜17時の中休みが入るようになるとのこと。
通し営業だというのは自分が行きやすい営業形態だったので、この変更は残念。どこも人手不足ということなのでしょうか(汗)。
まあ行ける機会にまた行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月12日

茂原市・福田中華そば

コンスタントに通えている『茂原市・福田中華そば』。

IMG_5314

IMG_5312 IMG_5310

今回はつけ麺にしようということでどれにしようかと悩むも、あっさり系は期待外れになる可能性が高くなるかなということで、濃厚系から「魚介つけ麺(800円)・味玉(100円)」を。
麺中盛りも大盛りも同料金なので、大盛りで。

IMG_5313

ちゃんと覚えているわけではないのだけど、以前食べたつけ麺と比べて色鮮やかな印象。味玉はトッピングだけど、具材全体がこんなに豊富ではなかったような。
つけ麺にしてはやや細めの麺は、冷水でしっかりと締められていて食感がいい。
麺に添えられた具材の他にもつけダレには焦がしネギや魚粉が浮いていて、けっこういろいろな味わいが組み合わさっている。
つけダレの器は小さめなので、冷めるのも早くてそこは残念。つけダレの器が小さいと、つけ麺に対してお店が力を入れていないように感じてしまうというのが個人的にあるのですが。
大盛りでも300gの麺はちょっと物足りなかったけれど、具材の味の変化での満足感はあったかなと。


以前食べた時よりははるかに印象の良いつけ麺でした。美味しかった。
真夏になってもっと暑くなったらあっさり系のつけ麺が良くなるのかもと思うので、次回以降また悩んでみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:57Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月12日

茂原市・福田中華そば

約1ヶ月ぶりの『茂原市・福田中華そば』。なんとかコンスタントに通えている。

IMG_5179

IMG_5180

前回までに、懸案だった「味噌」と「タンメン」は食べられたので、今回は個人的にこのお店で1番だと思っているメニューに戻って、「しじみワンタン(850円)・大盛り2玉(100円)」。

IMG_5182

IMG_5183

相変わらずのやや細長いドンブリ。この形状のおかげで熱が逃げにくくて熱いのが長続きするのかと思いますが。
スープは地鶏と煮干しとしじみとの旨味が合わさって複雑な味わいで面白い。しじみの旨味の存在感は強力。
麺は味わい食感ともに良く、そして2玉という量でも伸びることなく最後まで美味しい。
ワンタンは、前回までたしか5つ入っていたのが今回は3つ。ただ、中の餡が餃子のような肉と野菜の存在感のあるものに変わったような。自分はどちらも好きかなぁと。今回のワンタンはこれはこれで食べ応えがあって良かった。


味にも量にも満足して完食。麺2玉のワンタンメン大盛りが1000円いかないというのはかなり安い印象。
次回は、辛い系にいくか改めてつけ麺か。
またなるべく早くに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:20Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月28日

茂原市・福田中華そば

『茂原市・福田中華そば』へ。

IMG_4883

IMG_4884

前回「タンメン」を食べたときに決めていたとおりに今回は「地鶏煮干し塩中華そば」で。
このお店のワンタン麺は気に入っているので、「塩煮干しワンタン(830円)・大盛り2玉(100円)」を。

IMG_4885

白濁系ではなく、すっきりと透明な塩スープ。
地鶏も煮干しもダシの旨味がしっかり感じられて美味い。醤油が入ってこない分、ダシの旨味は感じやすいのかも。系統としては自分の好みのタイプ。
麺は醤油系のラーメンと同じ、中華そばを体現しながらもコシもしっかりとあるネオ中華そばと言えるような麺。大盛り2玉にしても全体のバランスが崩れていないと感じるのはお見事。
ラーメンに限らず、並盛り普通盛りというのがまず一番バランスが良くなっているハズで、大盛り等にすると量にしても味にしてもバランスが崩れていると感じることは多いので。
ワンタンにチャーシューに味玉にメンマと、具材も美味しい。
そして毎回スゴいなと思うと同時に食べていてちょっと困っているのは、延々と続く熱さ(汗)。
ドンブリを温めたりという手間を惜しまずにやっているからなのでしょうが、油が蓋をしているということもあるにしても食べ始めから終盤までずっと熱い。
熱すぎて、序盤の方は自分は味覚があまり機能していない感も(爆)。
もちろん熱いラーメンを出して文句を言われることもないとは思いますが。


大盛り2玉の麺の量にも満足して完食。
自分としては、このお店では「しじみ地鶏中華そば」のしじみと地鶏のダシというのが非常にオリジナリティーがあって一番だと思っているのですが、今回の「地鶏煮干し塩中華そば」のスープもかなり好きな味。
次回は久しぶりにつけ麺類にいってみたいかとも思いますが、「しじみ地鶏中華そば」と「地鶏煮干し塩中華そば」は安心安全なメニューとして確定。
また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:09Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月09日

茂原市・福田中華そば

先日行った『茂原市・福田中華そば』。今年1月に行って以来。

IMG_4799

IMG_4802

メニューがちょっと変わったようで、「辛タンメン」が加わったような。
辛い方が失敗しないだろうなとも思ったものの、今回は以前から気になっていた「タンメン(750円)・大盛り2玉(100円)」で。

IMG_4803

タンメンの白濁したスープの色は、写真写りはあまり良くない(汗)。
まあまあ野菜は多めで、これを「野菜増し」にするとやっぱり二郎のような盛り付けで出てくるのかなと。
このお店の軸になっているのは"地鶏"ダシのスープだけれど、このタンメンのスープでも当然使われているようで、醤油が入らない地鶏ダシの旨味と野菜と豚肉の旨味が合わさって美味しい。
地鶏ダシのスープかつ醤油が入らないという部分では、「塩中華そば」のスープも試してみたいなと思いましたが。
麺は今まで食べてきた「地鶏中華そば」などのものと違って、ちょっと縮れの強い中華麺っぽいものに感じたのですが、確証は無し(汗)。
調理が上手いからかたっぷりの野菜も美味しかったのですが、こま切れ肉の存在感がなかなかでした。


大盛り2玉の麺の量に満足して、お腹いっぱい。美味しいタンメンでした。
次回は今回食べていて気になった「地鶏煮干し塩中華そば」か「辛タンメン」。メニューとして整理されていたつけ麺類のどれかをいってみようかと。
中休み無しの通し営業のお店というのは自分にとっては行きやすいので、また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:52Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月15日

茂原市・福田中華そば

ちょい久しぶりになった『茂原市・福田中華そば』へ。

IMG_4177

IMG_4178

醤油系の「地鶏」「地鶏煮干し」「しじみ地鶏」に「味噌」と食べてきたこのお店のメニューでは、店外に幟も出ている「タンメン」がかなり気になっているのだけれど、今回はちょい久しぶりなのと今年初ということで、「しじみワンタン(850円)・大盛り2玉(100円)」を。

IMG_4179

いつも通りのやや細長いドンブリ。この形のおかげで油が蓋をして熱が逃げにくいのかなとは思っていますが。
スープは地鶏の旨味はもちろん、しじみの旨味が独特でとても良い。
浅草開化楼の麺は食感味わいともに良く、2玉だと当たり前ながら食べ応えもしっかり。
見た目よりホロホロした感じのチャーシューもけっこう好きなタイプ。いずれチャーシュー麺も試してみたいかと。
ワンタンも意外に量があって、満足。


いつも通りに美味しいワンタン麺でした。味にも量にも満足。
次回は「タンメン」を軸に迷ってみようと思います。また近いうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:16Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月25日

茂原市・福田中華そば

『茂原市・福田中華そば』へ。

IMG_3773

IMG_3774

無難に前回と同じ「しじみワンタン」にしようかと思ったのだけれど、味噌ラーメンは気になっていたので「味噌味玉(830円)・麺大盛り(100円)」でいってみることに。

IMG_3776

味噌ラーメンもいろいろなタイプがあるけれど、色合いからは札幌ラーメンを連想。丼がかなり熱くてちょっと驚く。
スープはやや甘めの味噌。
モヤシは炒められていて食感が良い。個人的には、ラーメンに入れるモヤシ等の野菜は茹でられたものより炒められたものの方が合っているんじゃないかと。
で、丼が熱いおかげかラーメン自体も延々と熱い(汗)。そういえば前回までの醤油ラーメンもけっこう熱かったのですが、今回は味噌スープの粘度のせいか食べ終わるまでさらにずっと熱い。
もちろんぬるいラーメンよりは熱いラーメンの方がいいのですが、食べ進めるのにもちょっと苦労した。
ちなみに丼はすり鉢みたいに見えたのだけれど、食べ終わってスープが減ったところで改めて見ると、本当にすり鉢だったよう(笑)。


自分は味噌ラーメンはそんなに好きな方ではありませんが、それでもなかなか美味いと思う一杯でした。「味噌バター」も試してみたいかと。
次回以降は、「ワンタン麺」のスープを変えたものも食べてみたいと思います。
また近いうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:22Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月27日

茂原市・福田中華そば

2週間ぶりに『茂原市・福田中華そば』へ。昼休憩無しの営業時間のお店は自分には寄りやすい。

IMG_3616

IMG_3617

つけ麺類の一部がマスキングされていた。

前回、次はワンタン麺にしてみようと思った通りに「しじみワンタン(850円)・大盛り2玉(100円)」で。
「しじみ地鶏中華そばにワンタントッピング」という注文をしてしまったのだけど、メニューに「しじみワンタン」というのがちゃんとあった(汗)。

IMG_3619

ワンタンの存在感はあるけれど、ラーメン自体の味は当然前回の「しじみ地鶏中華そば」と同じ。
地鶏のダシの旨味としじみのダシの旨味と、丼の形と油のせいかずっと続く熱さと。
大盛りで2玉の麺は食べ応えがある。
ワンタンも美味しいし、けっこうな量が入っていて満足。ワンタン追加で+150円はかなり安い。
ワンタン麺にするくらいならラーメンと餃子という人が多いのはわかるのだけれど、こういうタイプのスープとワンタンの相性というのが自分は大好きだし、ワンタンの儚い皮というのは餃子の皮とはまた違うものなので。


これだけしっかりした量が食べられて計950円というのはかなり安い印象。
ワンタントッピング+150円も安いけれど、麺中盛りでも大盛りでも+100円というのも安い。
自分としてはこのお店で食べるなら今回の「しじみワンタン」に決定したのだけれど、いずれ「味噌」も試してみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:48Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月11日

茂原市・福田中華そば

『茂原市・福田中華そば』へ。

IMG_3545

IMG_3546

前回前々回とつけ麺にしていたので、今回はこのお店で最初に食べた「しじみ地鶏中華そば」にしてみようということで、「しじみ地鶏中華そば 極(700円)・大盛り2玉(100円)」で。

IMG_3548

地鶏のダシの旨味としじみのダシの旨味の組み合わせは、今のところここでしか経験したことのない特徴的な味わい。
浅草開化楼の麺は味わいも食感も良い。浅草開化楼の麺だからというより、茹で加減が上手い印象も。
油がやや多めで厚めに張ってあるので、熱さが逃げにくいような感じも。丼がちょっと縦長のものなので、縁の直径が小さくなるからの油が厚めということなのかもしれませんが。もちろんラーメンが熱くてダメなわけはないのだけれど、食べ進めても延々と熱いままなのはちょっと困る(笑)。
刻みネギが大量に入っているけれど、個人的にはネギの風味がちょっと過剰かもと。ダシの旨味をもっと直接的に堪能したいようにも思ったので。


大盛りで麺2玉はけっこうしっかりとした量でお腹いっぱい。美味しかった。
自分は、このお店のメニューの中では今のところこのスープが一番かなと。
今回注文したあとに気づいたのですが、ワンタントッピングがあるので次回はワンタン麺にしてみようと。
またなるべく早めに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:18Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年09月01日

茂原市・福田中華そば

オープン以来、一応定期的に行けている『茂原市・福田中華そば』。

IMG_3327

IMG_3329

前回の「濃厚海老つけ麺」に続いて今回もつけ麺で。
「煮干し醤油つけ麺 大盛(820円)」。

IMG_3330

前回は注文間違いで大盛が普通盛になってしまったけど、今回は出た瞬間にどう見ても多いので大丈夫(笑)。
そして思っていた以上に量はしっかり。前回の「濃厚海老つけ麺」の太麺も、これくらいのしっかりした量で食べたかったと思ってしまう(汗)。
しかし今回の細麺はちょっと柔らかめの茹で加減。ラーメン類も前回の「濃厚海老つけ麺」の太麺も、しっかりとしたコシが印象的だったのですが、今回はちょっと違う。
あと、つけダレもちょっとインパクトは弱い感じが。煮干しの旨味はもちろんちゃんとあったのだけれど、ラーメン類で感じたものよりちょっと弱かったような。油の量に逃げていないので、真っ当に作っているという印象は受けるのですが。
具材は「濃厚海老つけ麺」と同じで少なめ。麺の量はしっかりとあったので、麺の食感と味わいと向き合うというスタイルは好きなのですが。


ということで前回と違って満腹感はしっかりありましたが、味の満足感は自分にはちょっといまひとつだったかと。もちろん不味いわけではないし、好みの問題ですが。
個人的には、このお店はラーメン類の方が良いのかなぁと。
次回は、最初に食べた「しじみ地鶏中華そば」に戻ってみようかと。結局一番最初に食べたあのメニューが、自分には1番の当たりだったような。
また近いうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:50Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年08月06日

茂原市・福田中華そば

なんとかあまり間隔を空けずに行けている『茂原市・福田中華そば』。
昼休憩無しの通し営業というお店は、自分には行きやすくてありがたい。

IMG_3065

IMG_3066

今回はつけ麺にしようと決めていたので、つけ麺類のメニューで一番上にあってたぶん一番推しているであろう「濃厚海老つけ麺 大盛(880円)」で。

IMG_3068

麺大盛りにしてはずいぶんと麺が少ない。並盛りなら3口くらいで食べ終わってしまいそうで、浅草開化楼の太麺ってのは原価が高いのかな???と思ったら、最後に会計するときにこれは並盛りだったとのこと。店員さんの注文間違いでした(汗)。
ということで自分が食べたのは、「濃厚海老つけ麺 並盛(780円)」。

つけダレはかなり濃厚で、乗っているネギの風味もあまり感じないくらい。海老の風味と旨味はしっかりで、なかなか美味い。
麺もコシがしっかりで食べ応えがある。並盛りだと自分にはまったく足らないので、満腹感満足感はありませんでしたが……。
あと、つけダレに具材はほとんど入っていなくてその点で物足りなさも。もちろんひょっとしたら原価を麺とつけダレに集中させているのかもしれなくて、もしその方針なら自分が好きな傾向ではあるのですが。


とりあえず今回は、麺大盛りが並盛りになってしまったのがすべて(笑)。
また近いうちに行って、次回はちゃんと麺大盛りで食べ直してみたいと思います。
最初に食べた「しじみ地鶏中華そば」に、今回の「濃厚海老つけ麺」の下にあった「煮干し醤油つけ麺(細麺)」もかなり気になっていますが。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:51Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年07月21日

茂原市・福田中華そば

先日初めて行ってみたばかりだけど、また行ってみた『茂原市・福田中華そば』。

IMG_2992

オープンしてまだそんなに経っていないのに、もうメニューが新しいものになっていた。

IMG_2990

前回のしじみ地鶏スープはインパクトがあってしかも美味しかったのだけど、今回は地鶏煮干しスープにしてみようということで「煮干しワンタン(830円)・大盛り2玉(100円)」。

IMG_2991

スープの味わいはオーソドックスな鶏ガラ煮干しダシという印象。前回ほどのインパクトはないものの、レベルは高い。
浅草開化楼の麺は味わいも食感も良い上に、量もしっかりで満足できる。
ワンタンはあまり印象に残らなかったですが……(汗)。


味は十分に及第点以上だと思いますが、自分の好みは前回食べたしじみ地鶏スープの方かなと。
つけ麺もいろいろな種類があるので、また近いうちに行って食べてみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:23Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年07月05日

茂原市・福田中華そば

先月半ばにオープンしたばかりの『茂原市・福田中華そば』へ、初めて行ってみました。

IMG_2979

駐車場から最初に目に入る暖簾を一瞬くぐってしまいそうになったけれど、大通り側の暖簾が入り口だった(汗)。

IMG_2980

お店の所在地はJR茂原駅にまあまあ近いところで、以前は『和いずむ』というお店が入っていたところ。
で、このお店は千葉県内にたしか6店舗ある『らーめん福たけ』の創業者が手がける中華そば専門店なんだとか。『福たけ』は、自分が背脂が苦手ということで1回行ったかな?くらいなのですが。
ちなみにこのお店の向かいも『麺屋祐』というラーメン屋(汗)。看板にデカデカと"背脂"と書いてあるとおり自分の苦手なタイプで、一応2回くらいは行ったハズですが。

IMG_2981

最初なので醤油スープの中華そばにしてみようとは決めたものの、醤油スープでもさらに3種類もある(汗)。
しじみという単語に魅かれたので、「味玉しじみ地鶏中華極(800円)・大盛り2玉(100円)」で。

IMG_2982

ちょっと珍しい、底の深い丼。

IMG_2983

スープのしじみダシのインパクトがなかなかスゴい。ちょっと経験したことのない味わい。
基本的には、鶏ガラダシの昔ながらの中華そばをものすごくちゃんと作るということを目指したものだと思うのですが、問題なく成功している印象。
麺は浅草開化楼の、食感も味わいも良いもの。大盛りで2玉というのは食べ応えがあって良かった。逆にいうと、普通盛りの1玉はけっこう少なめなのかもしれませんが。
チャーシューも旨味がしっかりあって美味しかったのですがあくまでメインは麺とスープで、最後まで美味しく食べ進められました。


正直、茂原市は自分の中ではずっとラーメン不毛地帯だったのですが、この近くにある『麺や うしお』『鶏白湯らーめん大葉』に、JR新茂原駅近くの『赤まろラーメン翔』だったりと、かなりレベルの高いラーメン屋も増えつつある印象だったのが、今回の『福田中華そば』は茂原市内がラーメン激戦区になった決定打かもと。あくまで自分の好みというフィルターを通しての印象という面もあるので、ずっと前からすでに激戦区にはなっていたのかもしれませんが(汗)。
他のスープのラーメンも気になるし、「濃厚海老つけ麺(極太)」もかなり気になる。
11〜22時の通し営業(火曜定休)という営業時間も、夜のちょっと早い時間に食べることが多い自分には合っていてありがたい。
近いうちにまた行くと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:34Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加