2021年04月07日

山武市・まるえいラーメン

去年は1度も行けずに今年2月に超久々に行けたのだけど、先日に今度はあまり間隔を空けずに行けた『山武市・まるえいラーメン』。

IMG_9504D

IMG_9505D

「のり」とどちらにするか悩むのだけど、結局今回も「玉子ラーメン(650円)」で。税抜き表示なので715円。麺の硬さはカタめで。

IMG_9506D

スープは相変わらず豚骨の旨味がしっかり。そんなに濃厚ではないというのが面白いところですが。この千葉片田舎に本格的な長浜ラーメンがあるというのは貴重なこと。
小麦の粉っぽさも感じる加水率低めの細麺は、このラーメンにはやっぱりこの麺でないとというモノ。
チャーシューと玉子にはあまり存在感を感じないけれど(汗)。
このあと替玉(100円)を2回。両方ともカタめで。

IMG_9507D

替玉2回を入れて税込みで計935円。4月から税込みの総額表記が義務化されているハズなので、メニューの数字もひょっとしたら金額も変わっているかもしれませんが。
今回も大満足で、また間隔が空かないうちに行かなきゃなぁと。
隣の『ラーメンイレブン』にも長いこと行けていないので、次回はこちらにしようかと。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 21:08Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年04月05日

茂原市・麺や うしお

先日行けた『茂原市・麺や うしお』。今年1月以来とまたちょっと久しぶりになってしまった。

IMG_9463

D3F0FBA7-7FC3-482A-BD6D-27D105DA30DD

前回は珍しく昼の部に行っていたので、券売機にはあったものの夜の部限定ということで注文出来なかった「特製濃厚豚骨醤油らー麺(950円)・麺中盛(100円)」で。このラーメンはライスが無料とのことでお願いする。

IMG_9465

スープの色も風味も完全な家系ラーメン。味も当然家系的なのだけど、良くも悪くもちゃんと作りすぎている家系という印象も。丁寧さをものすごく感じて、荒々しさが皆無というか。
とはいえかなり美味しいライト系豚骨醤油スープ。ガツンとくるインパクトが無い分だけ飽きも来ない。しょっぱさも強くなくて、そこも自分の好み。
麺はこのお店の他のラーメンで使われているものと同じものだと思うのだけど、相性は非常に良い。パツパツと切れる食感が印象的な、自分が好きなタイプの麺。
細長い短冊状の海苔は家系どうこうよりラーメンに添えられる海苔としても珍しいけれど、麺と合わせて口に運ぶにはなかなか悪くない形状だなと。
ライスはこのスープとは当然合う。スープに浸した海苔との相性も非常に良かった。


家系を狙ったもののちょっと違ったものが出来てそれがまた別の到達点として美味しいという、個人的には非常に興味深い出来のラーメンでした。単純に美味しかったのでまた食べてみたいなとも。
このお店はノーマルの「らー麺」のサンマダシのスープという強力なオリジナリティーがあるのでまず食べるべきはそちらですが、第2の選択肢としては十分にありなんじゃないかと。
券売機の中央下あたりが期間限定メニューになっていると思うのですが、今回あった「坦々麺」もけっこう気になる。
限定モノも選択肢に入れられるように、また間隔が空きすぎないうちに行きたいなと。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月23日

茂原市・らぁ麺三軒屋

先日、今年初めて行けた『茂原市・らぁ麺三軒屋』。

IMG_9192X

IMG_9193 IMG_9194

前回と同じ「特製魚介豚骨(1030円)」で。前回は細麺が売り切れていたので中太麺だったので、今度こそはの細麺で。替え玉1玉無料なのだけど、最初から大盛りでも可能ということで麺大盛り。

IMG_9195D

スープは濃度も粘度も高め。魚介豚骨だけれど魚介がけっこう強いというのが特徴的。
麺は加水率低めの九州ラーメンっぽい細麺。麺自体はまったく悪くないのだけど、大盛りにしたおかげでドンブリの中での余裕がなくなって濃度の高いスープを拾いすぎてしまっているような。やっぱり麺大盛りより替え玉にしておくべきだったようで、完全に自分のミス(汗)。
特製だけあって具沢山で、山クラゲの食感も角煮の存在も面白い。


自分の注文のせいでミスったかなというのはあるのですが、十分にお腹はいっぱいになったしこのお店ならではの特徴のあるスープも面白い。
通し営業というのが自分としては行きやすいということもあるので、またそのうちに行くと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:21Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月11日

山武市・まるえいラーメン

先日、超久しぶりに行けた『山武市・まるえいラーメン』。2020年は行けていなかった。

IMG_9127D

IMG_9128D

特に考えずに「玉子ラーメン(650円)」で。税抜き表示なので715円。相変わらず安い。麺の硬さはカタめで。

IMG_9129D

もう見た目でそこそこ満足。
豚骨の旨味がしっかりのスープは、意外に濃厚さはなくて重くない。臭みがあるのも含めてこのスープのキャラクターかと。
麺は加水率低めで小麦の風味を感じる細麺。やっぱりこの麺は良い。
具材は自分としては正直どうでもいいくらいで(笑)、スープと麺がしっかり味わればオッケー。
このあと替玉(100円)は2回。両方ともカタめにしたけれど、替玉は硬さ普通でも良いかもと。


替玉2回を入れて税込みで計935円。十分に満足。
ここは近所でないというのと、中休みがあって夜の部が18時からというのが自分にとってはネック。隣に『ラーメンイレブン』が出来て、そちらも選択肢になってしまうし。
とはいえ久しぶりに食べたこのラーメンは、やっぱりこの地域ではなかなか食べられないもの。
また間隔が空きすぎないうちに行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:27Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月24日

木更津市・博多長浜らーめん 一途

先日、木更津の弟夫婦の家に向かう途中で寄った『木更津市・博多長浜らーめん 一途(いちず)』。
本当は別の店を候補に向かっていたのだけど、事前の情報無しに道すがらに見かけたこのお店に自分のラーメンアンテナが反応したので(汗)。

IMG_8934X

とはいえ、1965年に新日鐵君津製鉄所が設立されたときに北九州市の八幡製鉄所から社員と家族約2万人と彼らの需要を当てこんだ飲食店がともに移ってきたという歴史があるので、内房地域で豚骨ラーメンでハズす確率は低いんじゃないかというのはあったのですが。
このお店は看板も店構えも明らかに新しかったので、その歴史を体現するような九州直系の豚骨ラーメンかどうかには自信は無かったものの。

IMG_8937

予備知識もなにもないので、券売機では大きなボタンを選ぶのが無難だろうということで「博多長浜らーめん(650円)・替玉(100円)」で。替玉の券も先に買っておいた。

IMG_8936

麺は硬め(かた)で。湯気通しってのは、まさか茹でないのだろうか……。

IMG_8938D

ずいぶんと茶色なスープが出てきた。上に乗っている削り節の風味もともかく、魚介の味わいも強い。
博多長浜と謳っておきながらものすごくアレンジされたものなのだなとカウンターの後ろの券売機を振り返って見てみると、自分が押した大きなボタンに書かれていたのは「魚介長浜ラーメン(750円)」だった。完全に間違えた(爆)。
しかし長浜ラーメンだと思い込んでこのスープを味わうとかなり妙な感じだけど、魚介長浜ラーメンとわかってスープを味わうと、どこにでもある魚介豚骨のスープとはまったく違っていてかなり面白い。
自分もラーメンはいろいろと食べてきたけれど、魚介豚骨スープの豚骨が長浜豚骨というものは食べた記憶がないので。
豚骨の臭みはあまり無くて、その点は博多長浜ラーメンというには物足りなく感じる。まあ一般的に言えば臭みなんてのは無い方が受け入れられやすいハズだし、臭みが無いぶん魚介とも合うのでしょうが。
麺は九州ラーメンらしい加水率の低い細麺。この麺はやっぱり大好きだなと食べていてしみじみ思う。麺硬めは自分としてはちょうど良いくらい。ばりかたまでなら有りかなとは思いつつ。
基本的に九州ラーメンの具材は印象的なものが無い(無くても成り立つ)と思うのですが、刻み玉ネギは食感も味わいも合っていてものすごく良かった。


事前の情報無しに入ったお店でしかも自分が思っていたものと注文を間違えるという始末だったのですが、初体験の魚介長浜豚骨スープというのはなかなかに美味しかった。
次回はちゃんと「博多長浜らーめん」を食べたいなと思いつつ、改めて今回の「魚介長浜ラーメン」を味わってみたいなとも。
近所ではないのでなかなか行けないとは思いますが、寄れる機会は逃さないようにしたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:01Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月22日

茂原市・麺や うしお

今年初めてどころかけっこう久しぶりになってしまった『茂原市・麺や うしお』。珍しく昼の営業時間に。

IMG_8931D

IMG_8932

久しぶりということでスタンダードメニューの「らー麺(750円)・味玉(100円)・麺大盛(200円)」で。

IMG_8933D

相変わらずの豚骨&サンマダシのスープは久しぶりだとまたインパクトがあるし、なにより美味しい。
パツパツと切れる食感が印象的な麺は自分が好きなタイプ。味わいも良い。麺大盛りでないと自分は足りないのですが、ドンブリ内がぎっしりになってしまって麺とスープのバランスは良くないなと。
チャーシューもちょっと変わった食感で面白い。味玉もなかなか。


久しぶりでしたが味にも量にも満足。やっぱりサンマのダシというこのお店ならではの特徴は非常に面白い。
サンマダシとは関係なくなってしまうけど、夜の部だけの「家系ラーメン」が気になるので次回はこれか。
またなるべく近いうちに行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月15日

東金市・水戸屋

さて2021年に最初に行ったラーメン屋はここでした。『東金市・水戸屋』。
去年の食べ納めもここにしようと向かったのだけど、臨時休業だったのか2度フラれた(涙)。

IMG_8886D

IMG_8887

しばらく食べていない「油そば」にするか迷ったのだけど、年の初めということでラーメンにしようと「特製ラーメン(800円)・ネギ(50円)・麺中盛(100円)」で。ネギは玉ネギで。

IMG_8888D

スープをひと口啜って、口中に広がる豚骨の旨味に満足。この時点で今年最初のラーメンがこれで本当に良かったと思う。
このお店のラーメンが自分好みなのは豚骨の旨味がしっかりしていることもさることながら、カエシの醤油のしょっぱさが前面に出ていないところなのだなということを再確認。
自家製麺の麺は食感も味わいも良い。自分としては大盛くらいの量を食べたいところなのだけど、ドンブリの中のバランスがいいのは中盛までなのかなと。
キクラゲは食感のアクセント、そして玉ネギはさっぱり感が追加されて自分としては実に良いなと思っている。
鶏チャーシューの淡白な味わいは自分のような年齢には合ってきているし、とはいえ豚チャーシューの濃厚な味わいもまだ必要。どちらも美味しい。


味にも量にも十分に満足。再度、今年初のラーメンがここで本当に良かったなと。
2021年も自分としては最重要に位置するラーメン屋。今年も月に1度以上のペースで通い続けたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:41Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月21日

東金市・水戸屋

先日行った『東金市・水戸屋』。

IMG_8692D

IMG_8693

「特製ラーメン」「油そばR」「濃厚鶏そば」からどれを選ぼうかと入店したのだけど、券売機を見ると「濃厚鶏そば」が売り切れ。
そこで大きく気が変わって、久しぶりの「特弐号チャーシュー(1020円)・麺中盛(100円)」にすることに。

IMG_8694D

魚介の旨味が強力なスープ。このお店の豚骨醤油のスープとはまた違うインパクト。
自家製麺の麺の食感と味わいは今回も最高。この麺を一番堪能出来るのは「油そば」ですが、ラーメンのスープと合わさった麺もまた良い。
穂先メンマの存在は食感のアクセントとして重要だし、豚3枚鶏2枚のチャーシューは味わいも食感も違っていて食べ比べが楽しい。豚チャーシューはけっこう重さがあるので、枚数は逆でもいいかなとは思いますが。


自分としては「弐号」はこのお店のメニューの中では「特製ラーメン」「油そばR」「濃厚鶏そば」に次ぐ順位づけなのだけど、たまに食べてみるとこれもまた美味しい。
「つけ麺」と「絶豚(ぜっとん)」も久しぶりにいってみたくなった。
とりあえず年内にもう1度は行きたいと思っているので、またすぐに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:33Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月18日

茂原市・五衛門

先日久しぶりに行った『茂原市・五衛門』。

IMG_8665X

IMG_8666

IMG_8667X

例によってまずはネギライスを決めたのだけど、毎回「豚骨らーめん」との組み合わせになっているのも芸がないかなということで、初めてつけ麺でいってみることに。
「まるきんつけ麺(880円)・ネギライス(350円)」で。

IMG_8669D

麺はラーメンの中太麺と同じもののよう。ストレートというわけではないけれど縮れのあまりないツルツル系のもの。量は300gということでそう多くはなく。
つけダレはダシの旨味というよりは醤油が立ったタイプ。油がけっこう多めで、油のファット感で食べ進める印象。
刻みチャーシューがゴロゴロと入っているものの、具材の量はちょっと物足りないかも。
とはいえ麺をやっつけてからのネギライスで今回も満足。


初めて食べた「まるきんつけ麺」は悪くはなかったのですが、とはいえ「豚骨らーめん(700円)」が麺の量は少ないながらまあまあのサイズのチャーシューに味玉が丸1個入っていることを考えると、180円の値段差を考えてもやっぱりネギライス+豚骨らーめんの組み合わせの方が良いかなと。
「魚介らーめん」と「特製まぜそば」も気になるのですが、これを注文するにはかなりの勇気がいりそう。
とりあえずまたそのうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:29Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月09日

茂原市・らぁ麺三軒屋

今年後半はまあまあコンスタントに通えている『茂原市・らぁ麺三軒屋』。

IMG_8589

IMG_8590 IMG_8591

前回決めていた通り、今回はたぶん今まで食べていない「特製魚介豚骨(1030円)」を。
細麺は大盛りではなく替え玉とのことだけど前回細麺でも麺大盛りでいいとのことだったので、今回もそうしてもらおうかと聞こうとしたところ、細麺を切らしてしまっていて中太麺か平打ち麺となってしまうとのこと。
麺が変わることはまったくかまわなかったので、中太麺の麺大盛りで。

IMG_8592

濃度も粘度も高めでそして魚介の風味がけっこう強力なスープ。
魚介豚骨といっても魚介3 : 豚骨7くらいの割り合いのお店が多いように思うのだけど、このスープは魚介6 : 豚骨4くらいの印象。けっこう珍しい。
麺は中太で縮れの強いややゴワゴワとした食感のもの。縮れのおかげかけっこうスープを拾ってきて良いのだけど、細麺の代わりでこの中太麺になっているという先入観もあるので、この中太麺は最良の組み合わせではないのだろうなと思ってしまうところも。
山クラゲはメンマに代わる食感が面白い。濃厚スープでないと酸味が目立ってしまって自分にはツラいのですが、このスープなら大丈夫。
大振りのチャーシューと角煮は味わいも食感もまったく違っていて、食べ比べで楽しめる。食べ応えも十分。


魚介側に振られた魚介豚骨スープというのを堪能出来て十分に満足。多彩な具材のおかげでお腹も満足。
次回は細麺とこのスープという本来の組み合わせで味わってみたいかなと。
またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:10Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月01日

東金市・水戸屋

1ヶ月ぶりの『東金市・水戸屋』。

IMG_8537

IMG_8538

前回行ったときに決めていた通りに、今回は「濃厚鶏そば(900円)・麺中盛(100円)・ネギ(50円)」で。ネギは玉ネギを。

IMG_8539

これを食べるのは2回目だけど、相変わらず非常に完成度の高い濃厚な鶏の旨味が溢れるスープ。
加水率低めの細ストレート麺は、粘度の高いスープとの相性も良い。
穂先メンマとキクラゲは食感のアクセントとして良い存在。玉ネギも。
鶏チャーシューは単体でも美味しいのだけど、スープと合わせた味わいがまた格別。
スープが濃厚なのは間違いないのだけど油があまり浮いていないし鶏チャーシューも脂身が無いので、油分の濃厚さというのはほとんどないというけっこう珍しい味わいな印象。


今回も非常に満足の味でした。
このお店はまずは「(豚骨醤油)ラーメン」か「油そば」で迷うべきだと思っていますが、この「濃厚鶏そば」も候補に入れるには十分な出来。
また近いうちに券売機の前で悩んでみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:05Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年11月16日

茂原市・らぁ麺三軒屋

最近はわりとコンスタントに通えている『茂原市・らぁ麺三軒屋』。

IMG_8423

IMG_8424 IMG_8425

前回前々回とつけ麺だったので今回はラーメン類から。「塩豚」「魚介豚骨」「中華そば」と迷ったものの、たぶんしばらく食べていない「特製野菜豚骨(1030円)」で。替玉か大盛りの1回無料は細麺は替玉での対応とメニューにはあるのだけど、麺大盛りでも良いとのことだったので大盛りで。

IMG_8426

具材の多さで豪勢感がある。
スープはいわゆるベジポタ系で、パンチはないけれど濃厚かつ優しい旨味の味わいが楽しめる。
都内でベジポタ系が流行って、このお店はいち早くその流れに乗ってこの千葉の片田舎にこの味を伝えてくれたのだけど都内での流行りは一瞬で、今現在ベジポタを推しているラーメン屋はもうそんなに残っていないと思う。
しかしこのお店にはそのままメニューに残っていて、こういうところが地方のラーメン文化の面白いところでもあるかなと。
麺は加水率低めの九州ラーメンっぽい細麺。食感が良いし、このスープにも合っている印象。
具材は味も食感も変化をもたらしてくれて面白いけれど、個人的にはこのお店ならではの山クラゲの食感が興味深いかなと。濃厚系のスープでないと酸味が目立ってしまうので、酸っぱいものが苦手な自分にはキツいのですが。


麺大盛りで満腹で満足。約1000円でこの多彩な具材で麺も大盛りなので、自分としてはコスパ的にも良いんじゃないかという印象。
次回も多彩なメニューを前にして悩むと思うのですが、どうも「魚介豚骨」のラーメンを食べたことが無いようで、次回はこれかなと。
茂原市内は通し営業のラーメン屋というのが少なくて、このお店は貴重な選択肢のうちのひとつ。
また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:35Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年11月02日

東金市・水戸屋

先日行った『東金市・水戸屋』。

IMG_8365

IMG_8366

今回は油そばにしようと決めて入店したので、「油そばR(720円)・麺中盛(100円)・ネギ(50円)」。ネギは玉ネギで。

IMG_8367

玉ネギを投入して温泉玉子とともに麺と底に沈んでいるタレとをひたすら混ぜる。頃合いをみて食べ始めるのだけど、やっぱりこの油そばは食感が最高。
麺の食感を堪能するのもそうだし、ネギや穂先メンマや玉ネギの食感も良い。
全体の味ももちろん良いのだけど、自分としては食感で9割満足出来るかなと。
豚のチャーシューと鳥のチャーシューの食べ比べは、味も食感も両方楽しめる。


麺は大盛りでも良かったかなと思いつつ、腹八分目ということで。今回も美味しかったし十分に満足。
次回は「濃厚鶏そば」にしてみようかと。
また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:04Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年10月18日

東金市・水戸屋

先日ちょい久しぶりに行けた『東金市・水戸屋』。
たぶん1ヶ月ぶりとかなのでそこまで久しぶりでもないのだけど、このお店には2週間に1度くらいのペースでは通っていたいので。

IMG_8272

IMG_8273

前回の「濃厚鶏そば」はかなり良かったのだけどこの日は券売機のボタンにはバツが。
ノーマルのラーメンと油そばで迷って、結局「特製ラーメン(800円)・ほうれん草(50円)・ネギ(50円)・麺中盛(100円)」を。ネギは玉ネギの方で。

IMG_8274

最初からそこそこの量のほうれん草が入っているのを忘れていた(汗)。
豚骨の旨みしっかりのスープは毎回美味い。
自家製麺の麺は食感も味わいも良い。お腹が減っているときは中盛の上の大盛にまでしてしまうのだけど、スープとのバランスなどを考えると中盛までなのかなというのは毎回思っている(爆)。自分は麺でお腹いっぱいにしたいというのがあるので、それでも大盛というときはあるのですが。
豚のチャーシューと写真では海苔の下にある鶏のチャーシューの食べ比べは毎回楽しい。
玉ネギと倍になったほうれん草の存在もなかなか。野菜が増えるので、ラーメンを食べている罪悪感(一応ある)も薄れる感じが。


今回もこちらの期待を裏切らない美味しいラーメンでした。十分に満足。
相変わらず土日は夕方くらいで閉店という営業になっているようで、月曜の定休日を除くと平日の4日間が自分の行ける曜日でちょっと行ける機会が少なくなっていますが、とはいえ行ける機会は逃さないようにしたいなと。
次回はしばらく食べていない油そばか。また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:38Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年09月25日

茂原市・麺や うしお

先日、ほぼ1ヶ月ぶりに行けた『茂原市・麺や うしお』。

IMG_8145

IMG_8146

IMG_8149

今回はメインの「らー麺」と「あっさりらー麺」以外でいってみようと券売機の前に立ったのだけど、限定の「鶏そば」は以前食べたし「濃厚エビつけ麺」にはあまりそそられず。
「濃厚らー麺」はだいぶ前に食べたことがあって、濃厚な豚骨と醤油ダレにこのお店ならではのサンマダシの旨味が負けてしまっていて、せっかくのこのお店のオリジナリティーがもったいないなという印象だったのだけど、じゃあ「濃厚塩らー麺」ならまた違うものになるんじゃあと思いついて、「濃厚塩らー麺(780円)・玉ねぎ(100円)・麺大盛(200円)」に決定。

IMG_8148

スープは、いわゆる塩豚骨といった印象。予想通りに、豚骨の濃厚さというものはありつつも醤油ではなく塩ということでサンマダシの旨味は立っていて、これはバランスがいいのではないかと。
麺は、このお店のラーメン類共通のパツパツ切れる食感が特徴的なタイプ。自分の許容量的に麺大盛りでないとまったく足らないのだけど、しかしドンブリの中にぎっしりになってしまうこの量だと麺とスープのバランスは正直あまり良くないかも。
玉ねぎを拾うのに穴あきレンゲはありがたいのだけど、玉ねぎが穴を塞いでスープもそれなりに拾っていってしまう(汗)。結局スープはかなり減らして完食。


入店前には頭に無かったメニューの注文でしたが、濃厚豚骨とサンマダシという面白い組み合わせの塩豚骨スープで自分としては当たりだったかなと。
お店のメニューで他人に勧めるとしたらまずは「らー麺」なのは間違いないですが。
このお店の味つけは自分には少ししょっぱめに感じるので、次回は味薄めもありかなと。
また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:42Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年09月12日

東金市・水戸屋

ちょい久しぶりになってしまった『東金市・水戸屋』。

IMG_8071

久しぶりになってしまったのは、前回行ったあとに何度かフラれていたので。土日祝日が売り切れまで、だいたい17時くらいまでという営業になっているのに加えて、平日でも仕込みの量を減らして売り切れたら閉店という週もあったそう。
まあいまだ終わらないなんとなくの自粛ムードの中、今まで通りの仕込みの量というのは危険なので仕方がないですが。こちらとしても一時的に食べる機会が減ったとしても、末長く営業していってもらいたいので。

IMG_8072

いつも通りに「ラーメン」「油そば」を軸に券売機の前で悩むのですが、前回は無かったボタンが気になって、それにすることに。
「濃厚鶏そば(900円)・ほうれん草(50円)・麺中盛(100円)」で。

IMG_8074

見るからに濃度の高そうなスープ。ひと啜りして、強力な鶏の旨味が口の中に広がる。濃厚なのだけれどあまりしょっぱくはないというのは自分の好み。
麺はこのお店のノーマルのラーメンのものよりは細いタイプ。パツパツと切れる食感が良い。小麦の風味も良くて美味しい麺。
穂先メンマは食感のアクセントとして非常に優秀。なんとなくトッピング追加したほうれん草だけれど、このスープにはかなり合っていた印象。
濃厚な鶏スープに鶏チャーシューは合っていてこれも良い。


このお店には以前にも「濃厚鶏白湯」のような限定メニューはあったので、存在にあまり意外感は無かったもののレギュラーメニュー入りしてもいいくらいの美味しい一杯でした。
周辺のラーメン屋で、このタイプがメニューに入っているお店も思いつかないので。
とりあえず自分としてはこの地域で最重要なラーメン屋という地位はまったく揺らいでいないので、また行ける限り通っていきたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:12Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年09月05日

茂原市・五衛門

先日行けた『茂原市・五衛門』。今年初だったよう(汗)。

IMG_8017

IMG_8018

IMG_8020

このお店ではまずネギライスを軸に麺類をどうするかを決めるのだけど、久しぶりということで今回は普通に「豚骨らーめん(700円)・ネギライス(350円)」で。スープは濃厚、麺は太麺で。

IMG_8022

スープはライト系の豚骨醤油。濃厚な旨味というのは感じないけれど、ネギライスの前座としてはこれくらいがいい(爆)。
背脂はまあまあの量があるのだけど、背脂が苦手な自分でも許容出来る量。ギリギリのラインではあるものの。
150gとなっている麺はグラム数よりも少なめの印象。モヤシとネギを合わせて一応そこそこの量かなという。
700円で玉子が丸1個入っているので、コスパが悪い感はしないのですが。
で、ネギライスはやっぱり美味しい。ご飯の上にネギと刻みチャーシューが乗って、そこにゴマ油がかけられているだけだと思うのですが……やっぱりゴマ油が偉大ということか。


麺大盛りかネギライスの大盛りだとさらに良かったかもと思いつつ、まあまあ満腹で満足。やっぱりこのお店のネギライスは裏切らない。
茂原市内でも家からは遠い側に位置するお店なのでなにかのついででないとなかなか寄れませんが、次回は来年とかいうことにならないようにまた行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年07月23日

東金市・水戸屋

先日ちょい久しぶりに行けた『東金市・水戸屋』。

IMG_7740

IMG_7737

行ってみると営業していなくてそのまま他店に流れたというのが2度ほどあったのですが、そういえばそうなったのは土日だったような。これは先週の時点での貼り紙なので一応注意。

IMG_7736

いつも通りに券売機の前で悩むも、ラーメン類か油そばにしようと思っていたのでまずはラーメンの方に決定。
あまり注文したことがないということで、「特製チャーシュー(1000円)・麺中盛(100円)」で。

IMG_7739

このお店のスープはけっこう毎回微妙に違うのだけど、今回はちょいライトめな豚骨醤油。しかし旨味はしっかりあって美味しい。
麺はいつも通りの味わいと食感がすばらしい。
チャーシューは豚チャーシュー3枚と鶏チャーシュー2枚。豚チャーシューは濃厚さと重みのある味わい、鶏チャーシューはさっぱりとした味と食感で、それぞれの対比が面白い。個人的には枚数は逆がいいかなというのはありますが(汗)。


今回も味にも量にも満足でした。
もうちょいコンスタントに通っていたいお店だし、今回の貼り紙で平日夜の部なら今まで通りに向かえば大丈夫らしいというのが確認できたので。
またすぐに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:39Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年06月28日

東金市・水戸屋

先日久しぶりに行けた『東金市・水戸屋』。
このお店へはなるべく行く頻度を増やしたいと思っているのだけど、閉店時間を早めている日があるようで行ってみると営業していないということがあって、結果久しぶりになってしまった。

IMG_7553

IMG_7554

「特製ラーメン(800円)・ネギ(50円)・麺中盛(100円)」。ネギは玉ネギで。

IMG_7555

豚骨醤油のスープはいつも通りに安定して美味い。
自家製麺の食感と味わいもすばらしい。
海苔の下にある鶏チャーシューのさっぱりさと豚チャーシューの濃厚さは、食べ比べての対比が面白い。
キクラゲはダメな人はダメだけれど、自分はメンマとはまた違った食感のアクセントが良いんじゃないかと。
玉ネギは、レンゲですくっているうちにスープを完飲直前まで減らしてしまう(汗)。


いつも通りに味にも量にも大満足でした。
行ってみて営業していなかったとしても他の候補がないわけでもないので、またこのお店を第一候補にして向かうことにしてみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:12Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年05月23日

東金市・水戸屋

昨日行った『東金市・水戸屋』。
しばらくは地元のラーメン屋のローテーションにしようということで当然選択肢一番手になるこのお店には、買い物ついでに向かうものの臨時休業でフラれたのが2回ほどあって、結果ちょい久しぶりに。
仕込みの量を減らしているので昼だけで終わってしまうか夜の部が始まってもすぐ終わってしまう日もあるとは聞いていたので仕方がないですが。

IMG_7374

IMG_7372

今回は油そばにしようと決めてきたので、「油そばR(720円)・麺中盛(100円)・ネギ(50円)」で。ネギは玉ネギで。

IMG_7373

毎回なんとなく最初は温泉玉子を避けてタレと麺を絡めて食べてみるのだけど、この状態だと自分にはまあまあしょっぱいので結局早々に温泉玉子も混ぜていく。これで自分としてはちょうど良いしょっぱさ加減に。
自家製麺の麺は、コシがしっかりで食感も味わいも最高に良い。噛み締めて幸せになれる。
穂先メンマは食感のアクセントとしても優秀な存在。玉ネギも同じくシャキシャキの食感が良い。そして、栄養素としてなんとなく麺を食べている罪悪感を多少軽減してくれてもいるような(汗)。
鶏チャーシュー豚チャーシューともに良い存在なのだけど、鶏チャーシューは淡白な味わいなので油そばではタレに負けて残るのは食感のみ。豚チャーシューはタレとうまく共存している印象ですが。
最後に底に沈んだ玉ネギを拾い上げつつ完食。


今回も味にも量にも大満足の油そばでした。
この地域で油そばに真剣に取り組んでいるお店自体があまりないけれど、それにしてもハイレベルな油そば。
とりあえずまだ当面は行くラーメン屋はこのお店を軸にしていくということで、またすぐに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:03Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年04月29日

東金市・水戸屋

先日行った『東金市・水戸屋』。
新型コロナウイルスでの非常事態宣言発令以降は飲食店もテイクアウトのお店が増えて、とはいえテイクアウトをやっていないお店では食べて帰るしかないので。

IMG_7197

IMG_7198

久しぶりの「ヤサイラーメン(720円)・ネギ(50円)・麺中盛(100円)」で。ネギは玉ネギの方を。玉ネギは別皿で出されるのですが、最初から丼に入れてもらうようにお願いしました。

IMG_7199

ドカッと盛られた炒め野菜はなかなかの迫力。ラーメンに乗るモヤシなどは茹でられたものの方が多いように思うけど、自分はラーメンには炒めたものの方が合うと思う。
そしてこの野菜炒めが濃厚な豚骨醤油のスープに実に合っている。油のせいかなとは思うのですが。
自家製麺の麺は毎回食感も味わいも最高に良い。
玉ネギも含めて、野菜をしっかり食べられている感があるのもこのヤサイラーメンの良いところ。


外食の機会が減っていることもあって、食べていて幸せな実感が。
このお店に無くなってもらうわけにはいかないし、国や自治体が休業補償をしないのであれば客が支えるしかないので。
外食は当面は地元のお店を中心にするつもりですし、また近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年04月17日

東金市・水戸屋

行ったのは今月初めだけれど、『東金市・水戸屋』へ。
新型コロナウイルスでの非常事態宣言発令以降さすがに外食の機会も減っていますが、このお店には行ける限り行っておきたい。

IMG_7098

IMG_7099

「特製ラーメン(800円)・麺中盛(100円)」で。

IMG_7100

相変わらずの、自分としては安心を覚える盛りつけ。
豚骨の旨みしっかりのスープはやっぱり最高に美味い。油とのバランスが良いというのも重要。
自家製麺の麺は、食感も味わいも非常に良い。自分はラーメンの中では麺がメインなので、この出来の良さは非常に重要。
具材はキクラゲが特徴的。海苔の下の豚チャーシューと鶏チャーシューの食べ比べはいつも楽しい。


やっぱり最高に美味しい、そしてこういう状況もあって食べていて幸福感を感じるラーメンでした。
複数人で行くのが基本の居酒屋や焼肉屋などに比べれば多少はマシでしょうが、とはいえ今の状況がプラスになっている飲食店は無いハズ。
特に個人店は応援していかないといけないとも考えるので、また行ける限りは行きたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年03月06日

東金市・水戸屋

1ヶ月ぶりになってしまった『東金市・水戸屋』。
今年もこの季節は鍋などで家での食事が多くなってしまって外食の機会が減ってしまっていますが、なんとかこのお店には定期的に通っていたい。

IMG_6795

IMG_6796

券売機の前では毎回ラーメン類か油そば、次点でつけ麺類で迷うのだけど、今回はしばらく食べていない「弐号ラーメン(720円)・味玉(100円)・ネギ(50円)・麺中盛(100円)」に。ネギは玉ネギで。

IMG_6797

このお店の看板メニューの豚骨醤油のスープはもちろん美味いのだけど、この濃厚魚介のスープもパンチがありつつダシの旨味が複合的に感じられて美味い。
自家製麺はこのスープにも当然合っていて、味わいも食感も良い。
玉ネギもこのスープとの組み合わせはかなり良かった印象。シャキシャキの食感がアクセントにもなって非常に良かった。


今回も味にも量にも満足。
「弐号ラーメン」を次回食べるのがまただいぶ先ということにならないように、通うペースは維持していきたい。
またなるべく近いうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:38Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年03月01日

茂原市・らぁ麺三軒屋

先日、今年初めて行けた『茂原市・らぁ麺三軒屋』。

IMG_6724

IMG_6725

今回はラーメン類にすることにして「塩豚」「魚介豚骨」「野菜豚骨」で迷ったのだけど、「塩豚三軒屋(990円)」で。

IMG_6726

相変わらずの臭みの無い豚骨スープ。塩豚骨ということもあってガツンとくるインパクトはないけれど、クセのない万人受けする味わい。
麺は加水率低めのストレートの細麺。九州ラーメンの麺っぽい食感と小麦の風味もしっかりと感じられて、自分が好きなタイプ。
具材は、やっぱり山クラゲの存在が目立つ。他店ではあまり見ない具材で特徴的。まあ食感の面白さは間違いないものの、酸っぱいのが苦手な自分にはスープとしっかり合わせて食べないとキツい存在ではありますが(汗)。
1回無料の替え玉は当然お願いして2回目にいこうかかなり迷いましたが、腹八分目でということで今回はここで終わりに。


中休み無しの通し営業というのが自分にはありがたいし、値段相当以上の満足感は得られるお店。
電子マネーやQRコード決済には対応していないけれど、クレジットカード(AirPay)は使えるので小銭が発生しないというのも自分としては良いところ。
またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:50Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月08日

東金市・水戸屋

今年2回目の『東金市・水戸屋』へ。
せめて月に2回程度のペースでは通っていきたいと思っているのだけど、毎年この時期は家で鍋やらカレー/シチューが延々と続く食生活になって外食の機会が減るので、なかなかペースが上がらず。

IMG_6635

IMG_6636

前回は「油そば」だったということで、今回は「特製ラーメン(800円)・麺中盛(100円)」で。

IMG_6637

味の方はいつも通りでこちらが期待している味。旨味しっかりの豚骨醤油スープが実に美味しい。
麺も食感も味わいもすばらしい、いつも通りの自家製麺。豚と鶏のチャーシューもそれぞれ美味い。
このお店の看板メニューは豚骨醤油スープのラーメンというのは開店当初から変わっていなくて、しかしその看板メニューさえもずっと試行錯誤を繰り返していて、以前は食べるたびに少しずつ変わっていたという時期もあったのですがここ数年はまあまあ落ち着いた印象で、しかしそれが高いレベルで落ち着いてくれたというのはありがたいしとても良かったこと。
もちろん食べる度に毎回違う美味しさというのも面白くはあるのですが(笑)。


今回も味にも量にも満足して完食。
行ける機会は逃さないようにして、今後も通い続けていきたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 20:34Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加