2021年02月13日

東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ

先日超久しぶりに行けた『東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ』。前回の『まるえいラーメン』と同じように2020年は行けていなくて、2019年の秋以来だった(驚)。

IMG_9136D

IMG_9137

久しぶりということもあるので、看板メニューの「味玉塩らーめん(850円)・大盛り(100円)」で。ライス無料で、大中小と選べる量は中で。

IMG_9138D

相変わらずの真っ白な超濃厚の鶏白湯スープ。粘度もかなり高くて、麺にまとわりついてくる。
麺は角ばった切り口が印象的な、パツパツと切れる食感が味わるタイプ。
トッピングで足さなくてもけっこう多く入っている玉ネギが、食感のアクセントとしてとても良い存在。まあ玉ネギをレンゲで拾っていると、かなりスープを減らしていってしまうのですが(汗)。
ライスもこのスープと合っている。


久しぶりでしたが相変わらず完成度の高いラーメンでした。
とはいえこういう濃厚スープにはちょっと飽きつつもあって、それが足が遠のいていた原因でもあるのですが。そういう点では、券売機にあった「あっさりらーめん」はかなり気になる。
お店のすぐ近くのコインランドリーをよく使っているということもあるので、また近いうちに行きたいと思います。

  

Posted by toshihiko_watanabe at 22:01Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月05日

茂原市・麺屋 祐

さてまだしばらくは去年食べたものの記事を。
前回行ったのは8〜9年ぶりだったけれど、今回は約1ヶ月という間隔で行った『茂原市・麺屋 祐(たすく)』。

IMG_8813

IMG_8815

前回は「醤油らーめん」のわかってはいた背脂の量にやられたのだけれど、今回こそは券売機で一番上の段にあるものでいこうということで「特製濃厚鶏醤油らーめん(980円)・大盛(120円)」で。
背脂の量は、少なめで注文しようとしたら聞かれなかった(汗)。

IMG_8816D

出てきたドンブリを見てちょいビックリ。背脂は無かった。
スープは濃厚かつ粘度の高い鶏白湯。醤油はあまり強くない。
麺はゴワゴワの食感の中太麺。この濃度のスープにまったく負けていないのはスゴいけれど、負けなすぎで主張が強すぎる印象も。
具材は、味玉は美味しいし2種類のチャーシューの対比は面白い。メンマと刻み玉ネギの存在は食感のアクセントとして非常に良い。


麺の量もともかくしっかりとした食感のおかげでかなりお腹いっぱい。
開店当初から看板には「背脂」が推されているものの、それだけのラーメン屋ではないということを実感出来ました。
そうすると背脂が苦手な自分が行くのを躊躇するお店では無くなる。土日は通し営業というのも行きやすい。
「鶏煮干し」「つけ麺」に「まぜそば」と気になるメニューもあるので、また行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:06Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月01日

東金市・水戸屋

1ヶ月ぶりの『東金市・水戸屋』。

IMG_8537

IMG_8538

前回行ったときに決めていた通りに、今回は「濃厚鶏そば(900円)・麺中盛(100円)・ネギ(50円)」で。ネギは玉ネギを。

IMG_8539

これを食べるのは2回目だけど、相変わらず非常に完成度の高い濃厚な鶏の旨味が溢れるスープ。
加水率低めの細ストレート麺は、粘度の高いスープとの相性も良い。
穂先メンマとキクラゲは食感のアクセントとして良い存在。玉ネギも。
鶏チャーシューは単体でも美味しいのだけど、スープと合わせた味わいがまた格別。
スープが濃厚なのは間違いないのだけど油があまり浮いていないし鶏チャーシューも脂身が無いので、油分の濃厚さというのはほとんどないというけっこう珍しい味わいな印象。


今回も非常に満足の味でした。
このお店はまずは「(豚骨醤油)ラーメン」か「油そば」で迷うべきだと思っていますが、この「濃厚鶏そば」も候補に入れるには十分な出来。
また近いうちに券売機の前で悩んでみたいと思います。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:05Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年09月09日

東金市・らぁめん屋うどす

ちょい久しぶりの『東金市・らぁめん屋うどす』へ。

IMG_8051

IMG_8052 IMG_8054 IMG_8055

前回、つけダレがドロドロ系のつけ麺が食べたいと思いつつそういえばここではまだつけ麺は食べたことがなかったということで、無難にメニューの最初の方にある「魚介醤油つけ麺」を選択してしまった。やっぱりこれはドロドロ系ではなかったわけですが。
ということで今回こそは確実にドロドロ系のつけ麺にしようということで、「ギドラつけ麺(880円)・大盛り(200円)」を。麺の種類は太麺で。
300gまで同料金の並盛りにしてトッピング追加にするかを迷って、麺大盛り450gだと単調になるかなとも思ったものの、つけ麺なら麺をしっかりとした量で食べたいなというのはあったので。

IMG_8057

見ただけでわかる濃厚なつけダレ。
鶏と煮干しの旨味はしっかり。そしてしょっぱさはそう強くないものの味の濃さというものはあるので、麺をすべてつけダレに沈めずに日本蕎麦のように麺の一部だけにつけダレを潜らせるという食べ方もありだった。
浅草開化楼の麺は良いコシと味わい。とはいえ終盤はちょっと単調な味わいにはなってしまいましたが、まあわかっていたことなので。
それよりも1〜2cmくらいに短く切れている麺が目立って、食べづらいのとともにこれはなんなんだろうとは思ったのですが。
具材は、つけダレの濃厚さに負けて特に印象に残らず……。


こちらの期待通りの濃厚なつけダレでした。麺が短く切れているのは気になったのだけど、量にもまあまあ満足。
あと気になっているメニューとしては辛い系の「クレナイ」があるのですが、辛い系がそんなに好きでもないしこの暑い時期に辛いものを食べてさらに汗をかくのも性に合っていないので。
家からはそう遠くない場所にあるお店ですし、またそのうちに。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:54Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月05日

東金市・らぁめん屋うどす

先日久しぶりに行けた『東金市・らぁめん屋うどす』。

IMG_6216

消費増税後に行ったのは初めてだけれど、だいたい20〜50円の値上げとなったよう。

IMG_6217 IMG_6218

IMG_6219 IMG_6220

IMG_6221 IMG_6223

IMG_6225 IMG_6226

IMG_6227

東京背脂、九十九里煮干しと食べてきて、辛い系の「クレナイ」も気になったものの今回は「ギドラ味玉(930円)・大盛り1玉(200円)」で。ギドラ・大ギドラ・超ギドラとスープは3種類から選択だけれどギドラで。麺も細麺か平打ち太麺からの選択で、自分は平打ち麺は苦手だけれどお勧めは平打ち太麺の方ということでそちらで。

IMG_6228

出てきたドンブリを見た瞬間に、どう見ても超濃厚スープ(笑)。
麺にも強力に絡んできて、粘度もかなり高い。
平打ち麺の食感はやっぱりあまり好きなものではないけれど、細麺ではこのスープには負けてしまうような。コシはしっかりとあって茹で加減もやや硬め。スープに合わせているという印象。
スープは鶏白湯の風味もともかく、煮干しの旨味がしっかり。
食べ進めていくと味わいとしては単調な印象にはなってしまうけど、旨味で食べていけたような。
スープのインパクトのおかげで、味玉とチャーシューの記憶が特に残っていませんが(笑)。


なかなか特徴的な一杯でした。麺大盛りのおかげでお腹もいっぱい。
次に食べるならつけ麺かクレナイかなと。またそのうちに行きます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:13Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月27日

東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ

春以来の『東金市・濃厚鶏らーめん ゴッチ』へ。

IMG_5856

たしか前回はつけ麺にしていたしちょっと久しぶりだったということで、このお店の看板メニュー(券売機の左上にあるということも)にしようと、「味玉塩らーめん(850円)・大盛り(100円)」で。

IMG_5857

相変わらずの濃厚なスープ。粘度の高いドロドロ系で、濃いめのポタージュのような。
自分としてはちょっとしょっぱさも強いのだけど、旨味もしっかりで美味しい。
硬めに茹でられてコシもしっかりとある麺は、歯でパツパツと切れていく食感が良い。
ホウレン草で一応野菜を摂取している感があるのと(爆)、刻み玉ネギは食感のアクセントとしてもなかなか良い存在。
味玉も美味しい。


満足して完食でした。非常に完成度の高いラーメン。
夜の部開始の17時半を少し過ぎたあたりで入店したのですが、すでに先客は数人いたし自分のあとに入店してきた客も数人。そして客層は学生を中心にけっこう若い。
学生で賑わうラーメン屋は集客が安定しているというイメージがあるので、このお店も安泰の位置になったか(笑)。
自分は客層の平均年齢を上げてしまう側ですが(汗)、またそのうちに行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:33Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年04月11日

茂原市・鶏白湯らーめん大葉

初めて行った、『茂原市・鶏白湯らーめん大葉』。

IMG_2436

IMG_2437

初めてということで、メニューの中で推していそうな「鶏白湯らーめん塩(700円)・大盛り(100円)」で。

IMG_2438

メニューの写真通りだけど、レモンが乗っているのは特徴的。スープが透き通っている系の塩ラーメンではたまに見るけれど、こういう濃厚系のスープでは珍しいかも。
鶏白湯スープは濃厚な味わいなのだけれど、濃すぎるわけでもないのでちょうどいいバランス。しょっぱくはないというのは個人的にありがたい。
で、食べていて興味深かったのは具材の食感。ネギをメインに全般シャキシャキ感がスゴい。
食感の変化も面白く、最後まで美味しく食べられました。


鶏白湯スープをメインにしているラーメン屋は、この地域だと『東金市・濃厚鶏らーめんゴッチ』が同じ系統。自分にはこちらのお店の方が食べやすい印象でしたが。
醤油だとどうなのだろうという興味もあるので、また行ってみます。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:50Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月01日

東金市・水戸屋

ひと月ぶりに『東金市・水戸屋』へ。

IMG_1533

IMG_1534

券売機の中段左側が期間限定のメニューとなっているので、まずはそこに目をやることにしているのだけれど、今回あったのは以前月に2日程度の限定で出されていた「鶏白湯ラーメン」系と思われるもの。
ということで、今回は「濃厚鶏そば(900円)・麺中盛(100円)」で。

IMG_1536

このお店のラーメン類の丼よりもやや小ぶりな丼。最初のうち食べにくくなるということはあるけれど、見た目の凝縮感のインパクトはあるかも。
スープは、やっぱり鶏白湯。濃厚な旨味がとても美味しい。濃厚とはいえただ濃いだけだとエグ味なども感じてしまう場合もあるものの、以前よりもさらにバランスが良くなっていた印象。
自家製麺の麺は、コシの強い細麺。食感も麺自体の味も良い。
具材は、白髪ネギと穂先メンマと鶏チャーシューと味玉。ボリュームもなかなか。

IMG_1537

麺中盛は、替え玉での提供。0.5玉のハズが量はけっこう多い(汗)。
替え玉と合わせてトータル1.5玉の量になっているのかもしれませんが。


このお店のノーマルの、太麺に豚骨醤油スープのラーメンとはまた違った美味しさを堪能できるラーメンでした。
たぶん今回も期間限定だと思うので、次に食べられるのはいつになるか(笑)。

  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:08Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月29日

東金市・水戸屋

前々回来た時に、月に2日ほどの限定でやっている「鶏白湯ラーメン」が、5月は29日と30日ということを確認していた『東金市・水戸屋』へ。 

IMG_7142

合わせて訪店。
当然、「鶏白湯ラーメン(750円)・麺大盛(150円)」を。

IMG_7143

前回このラーメンを食べたのは半年近く前だったので、細麺ということを完全に忘れていた
まずスープを口にしたのだけれど、自分が記憶して期待していた旨みとはちょい違ったかも?
とはいえ、途中からマー油を混ぜていくとスープ全体のバランスはやっぱり良い。
麺を大盛りにしてしまったせいでかなり混ぜにくいのと、途中からの細麺ゆえのちょい伸びてきた感は若干ありましたが(汗)。
鶏チャーシューはかなり美味い☆


食べ始めにちょっと思っていた旨味と違うものがあったのですが、こちらの体調で味覚が変わることも多々あるでしょうし、そこまで味覚に自信があるわけでもない(汗)。
来月以降にまた食べられる機会があればぜひ。
麺は中盛りまでにしておいた方がということも、ちゃんと覚えておきます……。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:10Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月30日

東金市・水戸屋

ちょい久しぶりの『東金市・水戸屋』。

IMG_6265

券売機の前で、とんこつ醤油のラーメンにするかつけ麺にするか油そばかと散々迷うも、月に2回程度の限定でやっている鶏白湯があったので、ついそれに。

「鶏白湯ラーメン(750円)・麺中盛(100円)」。

IMG_6266

鶏の旨味が強烈。
麺はこの店のノーマルのラーメンのものよりは細いもののよう。
具材に熱を持っていかれてちょっとぬるくなるのが早い感じが惜しいのと、メンマなどで食感のアクセントが欲しいかなぁとはちょっと思ったものの、鶏の旨味が美味くて味には文句無し。
普段しないように気をつけている、スープ完飲をしてしまった(汗)。

十分に満足な一杯でした。
また食べられる機会があったら絶対に食べよう☆  
Posted by toshihiko_watanabe at 00:03Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加