2011年09月06日

ユニコーン LIVE@日本武道館

7月の松戸に続いて、日本武道館でのユニコーンのライヴを観に行ってきました。

CIMG4773

駐車場があるとのことでクルマで行きましたが、本当に目の前で500円。超安い。

CIMG4770

当たり前ですがほとんどの人は電車で来るようで、けっこうすいているというのも。
今回調べるまで駐車場の存在自体を知らなかったんですが、靖国通りの方からはダメで科学技術館の方からしか入れないというのはあるにしても、自分のような千葉人には良い選択肢かと。

で、着くまでの道も順調過ぎて開場の1時間半くらい前に着いてしまったので、食べ物と時間をつぶせる場所を探して付近をウロウロ。
……しているうちに飯田橋のあたりまで行ってしまって(汗)、結局『陳麻家』で陳麻飯。超久しぶり。

IMG_1136

ちなみに、最近麻婆丼をちょくちょく食べているんですが、辛い系の麻婆丼は久しぶり。
まあ辛いってのは無難に食える条件のひとつかなと。普通に美味い上に、ビールとの相性は超良かったですけれども(汗)。

さすがに陳麻家ではあまり時間も潰せず、武道館に向かいつつもうちょいウロウロしようかと思ったらけっこうな雨が降ってきて、結局駐車場の車の中に逃げ込むことに(汗)。

開演までまだ1時間ちょいという時間


開場の18時をちょっと過ぎた辺りで入場しましたが、アリーナの1段上の1F南スタンド前から2列目という席のせいかステージもまあまあ近く、ものすごく狭く感じる。
武道館に初めて行ったのは(というか初めてのコンサートというもの)、1994年のイエスの武道館だったんですが、それなりに広く感じた記憶が。
まあMCでも奥田民生さんが「昔、シカゴを観た時はもっと広く感じた」と言っていましたが
あんたそのあと何回も武道館で演ってるやん、ってのはともかく(笑)。


7月の松戸と比べると、先日ミニアルバムの『ZII』が出ているので、そこからの選曲と入れ替わってセットリストにはちょっと変化が。
というか、エンディングで流される「ぶたぶた」を入れると『ZII』の収録曲がまさか全曲演奏されるとは(汗)。
絶対ライヴではやらないだろうと思った「手島いさむ大百科」もやっていたし。
観ていて前回よりもさらに思ったのは、「大百科」などの色モノ系(笑)の曲と、例えば「HELLO」「晴天ナリ」などのシリアス系の曲が普通に同居しているという凄まじさ。
これは世界的にみても同じようなバンドはいないんじゃないかと。


今回のツアーで演奏されている初期の代表曲「Maybe Blue」は、やっぱりイントロから客席の盛り上がりが炸裂する。
ピアノの音色を活かしつつ再現された曲は、前回に引き続いてカッコいいと思わされましたし、ベテランバンドのクラシックソングの扱いとしては理想型かも。

再結成以前の曲で、今回演奏された中でベスト盤に入っていそうな曲は、「Maybe Blue」と「ヒゲとボイン」の2曲のみ。
安易にグレイテストヒッツツアーにしないところが(やろうと思えば出来るのに)、 ユニコーンの凄みかと。

あと、今日の「HELLO」はスゴかった。
1コーラス目が終わったあとのリイントロでの奥田民生さんのシャウトで鳥肌。
シャウト1発で曲の緊張感を一気に高められるボーカリストはそういないんじゃないかと思います。


MCが長過ぎたせいか(汗)、終演は21時50分頃
まあ前回と同じように超楽しいライヴでした。

CIMG4774

で、クルマで家までは1時間半かからず
こりゃあ次回武道館に行くことがあったら、またクルマでいいなと。  

Posted by toshihiko_watanabe at 23:55Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年09月01日

ユニコーン / ZII

ユニコーンの、5月のフルアルバム『Z(ぜっと)』に続くミニアルバム『ZII(ぜっつー)』。

ZII

1曲目の「手島いさむ大百科」から、ギタリストの手島さんが語り続けるという謎の曲でこちらをポカーンとさせてくれる
印象的なリフがあったり、構成なんかは「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」風だけれども、あまり関係無しに(爆)。異常に耳に残りますが

アルバムのコンフュージョンっぷりでは、過去のミニアルバム『踊る亀ヤプシ(1990年)』的なのかもしれませんが、実は今作の方が統一性はないと思う
ただ6曲24分というコンパクトさのおかげでか、けっこう聴きやすいアルバム。

6曲目では、去年の夏フェスで突如演奏され、すでに名曲と言われていたものの『Z』には収録されていなかった「晴天ナリ」がようやく聴けることに。
曲自体は、正直オアシスそのまんまと言われてもしょうがないと思うんですが(汗)、サビ以降で大フューチャーされているメロトロンソングだという点では評価されていいんじゃないかと。まあオアシスでもそうなんですが。
今年初めのレコーディングの写真などで阿部さんの前にはメロトロン(たぶんMk VI)がしっかり写っていたものの、『Z』ではブラス系の音がメインで意外にメロトロンらしいストリングスサウンドはあまりフューチャーされていなかったんですが、ここでかと。


再結成以降、CDを出すたびに初回盤に付属するDVDは、今回もスゴい(笑)。

CIMG4760

レコーディングの風景としては明らかにおかしい

CIMG4761

右端は、PAの対馬さん(汗)。


ネタに走った感はある(笑)ミニアルバムですが、相変わらずの良いサウンドの中でこういう曲をやってくるのもユニコーンならではかと。
来週の武道館を観に行く予定ですが、このアルバムからの曲も演奏してもらえればと思います。
  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:57Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年05月28日

ユニコーン / Z

ユニコーンのニューアルバム『』。発売日にAmazonから届いたので、ここ数日聴いています。

Unicorn_Z

コンセプトは「普通につくる」とのことで(笑)、今年1月にロスでレコーディングされたアルバム。
海外レコーディングのせいかはわかりませんが、1曲目からギターの音が超良い
ベースの音はちょっと埋もれているように思いますが(汗)。

付属の、レコーディングの模様を収録したDVDを見ると、奥田民生さんのソロの時と同じように、ギターはセミアコの仕様比率が上がっているよう。手島いさむさんもけっこう弾いている。
他に機材としては、数曲で使用されているメロトロンがカバーを上げられた状態で動いているのは貴重な映像。

CIMG4479

密かにレコーディングをしていたせいで(笑)、4リズム以外のホーンなどさえもメンバーで演奏していた前作『シャンブル』と違って、今回は外部のアレンジャー(Beckの父親のDavid Campbell)にアレンジを委せた生のストリングスとホーンセクションが入っているのも特徴といえるかと。

代表曲の「大迷惑」での笹路正徳氏のストリングアレンジは、ポップ/ロックの4リズムにオーケストラを同化させた素晴らしい出来ですが、それ以降のユニコーンの作品での生弦は「いかんともしがたい男」「フリージャズ」「月のワーグナー」辺りでしか聴かれなかったので。
本作でのストリングスアレンジはけっこうベタなアレンジに感じましたが、ユニコーンの音楽に組合わさるのにはけっこう新鮮な印象が。


やたらとカッコいい「ウルトラへブン スーパーマイルド「オレンジジュース」(完全にRadioheadだけど)に代表されるように、かなりリズム面に力を入れているアルバムだと思いますが、相変わらずコーラスを含めて全員で歌っているようにハーモニーの部分で手が抜かれているところも当然無く。


ちなみに完全に個人の感触ですが、メロディの印象が、EBIさんの曲では名義が本名の"堀内一史"になっていたソロ最終作『mirror man(1997年)』、阿部義晴さんの数曲ではソロ5作目の『44Magnum(2001年)』辺りに近いような印象が。

個性の集まりがバンドになっているということで、ソロ活動では当然顕著になるその個性がはっきり出ているというのは、今のバンドのレベルが高いところにある現れなのかと思います。
バンドで演奏されたサウンドは、間違いなく唯一無二のユニコーンのものですし。


クルマではiPodで聴いていますが、音質も非常に良いアルバムなので、家ではCDプレイヤーでも聴いていたいと思います。
音質も楽曲も良い、濃密な58分間を与えてくれるアルバムがあるというのは、とても幸せなことです。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:18Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加