2020年11月30日

iPhone 12 Pro Max

毎年iPhoneのニューモデルが出るたびに買い換えるかどうかは考えるのだけど、現状マスク必須の生活となってしまっているので、今年のiPhone12シリーズはロック解除がFace ID(顔認証)のみなのは使い勝手が悪くなるなということで、Touch ID(指紋認証)のiPhone8Plusでもう1年粘るかと考えていたのだけど、2年7ヶ月使った8Plusのバッテリーが最近になってだいぶヘタってきた。
経年劣化もあるけれど、iOS14のせいじゃないかとも。

IMG_8606

バッテリーの最大容量は89%ながら、最近は(たぶんiOS14にして以降)バッテリー残量30%くらいになるとシャットダウンしてしまうようになっていた。で、充電するのにケーブルをつなぐと起動されてバッテリー残量10%程度と表示されているので、残量30%がほぼ0%というズレとなっていたのか。


ということでiPhone12シリーズに買い換えるなら8Plus(202g)よりは軽いモデルにしようと、12mini(133g)か12Pro(187g)を候補に散々悩んだのだけど、12miniは望遠レンズが無いのと小さいぶんバッテリーの持ちが悪いというのが気になって却下。
12Proで決定するつもりが、12ProMaxの方がバッテリーは持つしカメラも高性能となっているのに価格差が約12000円しかないということで、結果12ProMax(226g)を選んでしまった(爆)。


Macのブラウザから購入決定してiPhoneでApple Payで支払いとなったのだけど、注文の確認メールが届かずスマホのApple Storeアプリの注文状況にも反映されないまま。
2日後にAppleのサポートに確認の電話を入れてみると、エラーなのか注文確定は確認出来ないとのことで再度注文。今度はiPhoneの方で購入からApple Payでの支払いまで。今度は注文の確認メールがちゃんと届いた。


納期は2〜3週間となっていて、配送予定日は12月9日以降。
iPhone12/12miniは2日程度でお届けとなっていたのでPro/ProMaxは人気があるのだなと思ったのだけど、そこから5日経って発送元が西濃シェンカーとなっているよくわからない小包が届いた。

IMG_8617D

恐る恐る開封してみると、中身はまさかのiPhone12ProMax。
Apple Storeアプリの注文状況ではまだ注文処理中となっているし、これは更新が遅れているのかはたまた無作為に届けられた中国製のバッタモン???と混乱する中でAppleのサポートに電話。
サポートの人に起こったことを伝えると「はい???」と言われて、注文番号を伝えるとやっぱり注文処理中の状態とのこと。
しかし小包に記載されていた注文番号を伝えて調べてもらうと、自分が注文したという内容になっていると。
どうやら最初に注文したのはエラーにはなっておらず生きていたということのよう。
ということで届いたiPhone12ProMaxをそのまま使用。2度目の注文はサポートの方でストップをかける手配をしてくれるとのことですが、いったんクレカに請求が発生してしまうのと間に合わなかった場合は届いてしまうので返送してくれとのこと。

IMG_8600

ということで結局注文から6日で到着。カラーはパシフィックブルーで容量は128GB。

IMG_8599

アダプタとイヤフォンが付属しなくなったということで、外箱はiPhone8Plusの箱の半分の厚みに。

IMG_8604 (1)

移行作業は、8PlusをMacにバックアップしてMacから12ProMaxにデータ復元してSIMカードを差し替え。1時間半ほどで元とまったく同じ環境に復帰。ウォレット系やLINEのトーク履歴なども問題なし。

IMG_1427

8Plusより20gちょい重くなったけれど今のところそこまで気にならず。本体のサイズはほぼ同じで表示領域が上下に伸びているので、画面がものすごく広くなった印象。

IMG_1423

8Plusと比べるとカメラレンズの大きさが全然違う。

IMG_1422

Face IDも思った以上に高速で認証されてすごく便利で良いという印象なのですが、日常的に行っているスーパーマーケットでの楽天ペイでの支払いや他店での買い物でQUICPayで支払う機会も多いので、マスクをしたままではFace IDでは認証されないのでそこでパスコード入力になってしまうのが今までよりちょっと面倒になりそうなところかなと。
とはいえパスコード入力で致命的に遅くなる訳でもないし、慣れだとは思うのですが。


1年後もまだマスク必須の生活が続いていてもし次期iPhoneにTouch IDが復活搭載されたら、この12ProMaxを売却して買い換えようかと。 
おそらく1年後でもヤフオク等での売却価格は、定価の30%マイナスまでにはならないハズなので。
とりあえず2年7ヶ月ぶりにスマホが新しくなったのは楽しいし、いろいろといじってみます。  

Posted by toshihiko_watanabe at 20:58Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年03月09日

ワイヤレス充電器の使い道

1年ちょい前に買った、ワイヤレスのスマホ充電スタンドのANKERの『PowerWave 7.5 Stand』。
ワイヤレス充電は置くだけで便利だしケーブルでの接触不良だったりもないので使っていたのだけど、その1年後の去年終わりに同じくANKERの『PowerPort Atom III』というACアダプタを買ってから、あまり使わなくなってしまった(汗)。

IMG_6904

理由としては、とにかくPower Delivery(高速充電)対応の『PowerPort Atom III』での充電速度が速いので。USB-C & Lightningケーブルとの組み合わせが必要ですが。
元々はiPad Pro用に買ったつもりだったのだけど当然iPhoneの充電も出来て、純正のACアダプタやワイヤレス充電に比べると充電にかかる速度がまったく違う。
iPhone 8Plusでバッテリー残量20〜40%から80%くらいになるまでが1時間かからないくらい。自分は長時間の外出の予定が無いときはそこでケーブルを抜いて充電終了させてしまいますが、100%の満充電までもそこから1時間はかからないくらい。80%くらいになるまでが本当に速い。
結局ケーブルの抜き差しの手間より、充電終了までが速い方を優先してしまう。


家には今のところ他にワイヤレス充電対応の機器がないので、使い道もなく。
例えばいずれワイヤレスイヤフォンを買い替えて、ケースがワイヤレス充電対応だったら使うかもしれませんが。
とりあえずはいったんしまっておこうかと。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:57Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月29日

Anker PowerPort Atom III

家のUSB充電する機器には、1年半ほど前に買ったANKERの『PowerPort Speed 4』というACアダプタを使い続けていてポート数は多いしそんなに不満はなかったのですが、今年買ったiPad Pro 12.9インチ(第2世代2017年モデル)はバッテリー容量が10000mAhを超えているということで、バッテリー持ちはもちろん良いのですが充電にもかなりの時間がかかる。
だいたいだけれどバッテリー残量10〜20%台からの満充電までに4〜5時間くらいはかかるような。
iPad Pro 12.9インチとiPhone8Plusは両方ともPower Delivery(高速充電)に対応しているということもあるので、今回同じくAnkerの『PowerPort Atom III』というACアダプタを買ってみました。

IMG_6235

IMG_6236

箱は意外にちょっと大きい印象だったのだけど、アダプタ自体のサイズは『PowerPort Speed 4』とほぼ同じ。

IMG_6237

ちなみにアダプタもともかく、高速充電の前提となるケーブルはちょっと前にUSB-C & Lightning ケーブルを購入済み。
90cmで1500円ちょいとまだまだ高いですが。


とりあえずiPad Pro 12.9インチを充電してみて、バッテリー残量20%から満充電まで2時間半くらい。かなり速くなった印象。
それよりビックリしたのは、シリコン半導体に代わってGaN(窒化ガリウム)を採用したという技術はアダプタのサイズダウンに貢献しただけかと思っていたのだけど、アダプタ自体の発熱がほぼ無いのはまたこの技術のおかげなのかなと。
iPhone8Plusの充電はこれからやってみるのだけど、まあ同じように高速化はしているハズ。
他のデバイスのUSB typeAポートからの充電も低速化しているわけもないので、当面このアダプタで使っていけそう。  
Posted by toshihiko_watanabe at 23:03Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月23日

ANKER PowerWave 7.5 Stand

iPhone8 Plusになってワイヤレス充電対応になったのだけれど、充電器は新たに買わなければならないしケーブルでより充電時間が長くかかるらしいということで今まではスルー。
ただAmazonのサイバーマンデーセールで2500円を切っているモデルがあって、この値段なら試してみてもいいかと今回購入。

ANKERの『PowerWave 7.5 Stand』という、スタンドタイプの充電台。

IMG_4065

IMG_4066

充電台本体と、付属のUSBケーブル。

IMG_4067

ACアダプタはiPhone付属のものでもいいのだけれど、以前買った同じくANKER製の『PowerPort Speed 4』というACアダプタに1つあるQuick Charge 3.0のポートからだと7.5Wの高速充電が出来るとのことでこれを使用。
まあこのACアダプタを買って以来ずっと使ってきているのですが。

CIMG5780

充電台にiPhoneを置いただけで、"フォン"という例の音とともに充電が開始されるのはなんだか不思議。
感覚としては、昔のガラケーに付属していた充電クレードルに置くのと似ているように思うけど、あれは金属端子の接触で充電されていたのでワイヤレスでは無い。
ちなみに自分は、ガラケーではケーブル直差しで充電する派だったのですが(汗)。


充電時間は、バッテリー残量20%台から満充電まで2時間半くらい。思ったよりはケーブルでの充電との時間に大きな差は無いような印象。
もちろん充電中は操作がしにくいというのは大きな差異ですが。普通に通話しようとiPhoneを持ち上げれば充電は中断してしまうわけだし。スピーカーでのハンズフリーの通話なら大丈夫ですが。


とりあえず、置くだけで充電が出来るというのはなんだか未来感もあるし使っていこうかと。せっかく買ってしまったし(笑)。
むしろiPhoneに付属してくる純正Lightningケーブルの断線のしやすさは異常なくらいなので、置けば確実に充電が始まってくれるワイヤレス充電の方が安心という可能性もあるのかと。自分は、同じくANKERの断線しにくいというLightningケーブルを別で買って使用していましたが、これはiPadの充電でも使うので。
今回のワイヤレス充電器は、今のところは買って失敗では無かったかなと。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:57Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月09日

続・iPhonen8 Plus (PRODUCT)REDのケース

使い始めてから半年ちょっとが経過した、iPhone8 Plus (PRODUCT)RED Special Edition
ケースは、同時に使用し始めた赤と黒のバンパータイプのものをここまでずっと装着。

CIMG5765

しかし真夏にポケットの中で汗によって劣化してしまったのか、最近は本体下部のシリコン(黒い部分)が緩んでしまって、外れやすくなってしまった。
今年iPhone XS・XS Max・XRとホームボタンが無いモデルが発売になって、今後iPhone8 Plus用のケースの新製品というのは当然ほぼ出ないだろうし、今ある在庫も無くなっていくだけだろうしということで追加で購入することに。


探すのはまたバンパータイプで、今回ネットで見つけたものは本体下部のシリコンの露出が少なくなっているものなので、これは前回のような劣化での緩みは起こりにくいのではないかということで注文。
送料込みで約1500円だったけれど、すべてポイントで支払い。

スクリーンショット 2018-10-26 13.29.05 スクリーンショット 2018-10-26 13.33.23

で、届いて装着してみて驚いた。

CIMG5770

前回のものとまったく同じものの色違い(爆)。
あとで見直してみたら上の商品説明の画像の機種はiPhone7か8で、Plusではなかった……。
まあ返品するほどのことでもないので、とりあえずこれはこれで使用することに。
シリコン部分の赤色は外枠のアルミ部分の赤色より明るいピンクに近い色合いで、良く言えばポップ悪く言えば安っぽい(汗)。

CIMG5772 CIMG5773


そしてもうひとつ購入。
こちらは自分が使うのは初めての、すべてがアルミでネジ止めで装着するバンパータイプ。
送料込み約1000円で、これも当然すべてポイントで支払い。

CIMG5776 CIMG5779

商品紹介ページで見たときは、電源ボタンとボリュームボタンのあたりが凹んでいるのでそれ以外の全体のシルエットがやや大きい感じだったのと、スピーカー部分が前面に向かってのサウンドホール状になっているのがちょっと気に入らなかったのだけど、実際に装着してみるとそこまで気にはならなかった。
ちなみにスピーカー部分のサウンドホールは音量を若干増強する効果があるようで、カメラのシャッター音が大きくなった(爆)。

CIMG5775

あとは、シリコン&アルミのバンパーはカメラの上部あたりが少し高くなっていて置いた時にカメラが接地しないようになっているのだけれど、このフルアルミのバンパーはそういったことはまったく考えられていない。
まあケースを付けない裸の状態で置くのと同じことで、Appleとしてはそうやって置かれてもカメラが傷ついたりしない設計ということなのだろうし大丈夫なのでしょうが。
個人的には、iPhone6以降のカメラが出っ張ってしまっているデザイン自体にいまだに納得はいっていませんが(笑)。
ちなみに背面はバンパーからカメラが出っ張っているけれど、前面も画面はバンパーからかすかに出っ張ってしまっているような。
万が一落としたとき、ほとんどの場合はまずは本体の四隅のどこかから落ちるハズなので最初の衝撃からは守ってくれそうですが、その後の背面か前面を下に着地する時にはなにも守られない気が……。

CIMG5778 CIMG5777

重量は、前回のと今回のアルミ&シリコンのバンパーは当然まったく同じの13g。フルアルミのバンパーは19g。
実際にフルアルミの方がちょっと重く感じる。


とりあえずの使い心地は、この半年で慣れているのもあってアルミ&シリコンの方が良い印象。フルアルミの方は劣化したりしなさそうというのに安心感はあるかと。とはいえフルアルミの方はちょっと滑りやすい感じもしますが。
付け外しを繰り返すと、アルミ&シリコンの方はシリコンが緩んでいかないか、フルアルミの方はネジを回す手間というのはそれぞれあるのですが、使い分けていきたいかと。
このiPhone8 Plusをいつまで使い続けるかはわかりませんが、ケースを買うのは今回で終わりだと思います。  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:37Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年09月27日

iOS12

先週リリースされたiOS12は、当日にTwitterで検索してみても不具合が出たという話を見かけなかったので、あまり様子見せずにアップデート。
今回のiOSアップデートの大きな変化のひとつの動作の高速化というのは、iPhone8 Plusでは正直そこまでわからなかったのだけれど、iPad Air(2013年)は非常にわかりやすくキビキビとした動作に。
最近は(iOS11以降?)全体の動きがモッサリとしていて、もう古いモデルだし読書用としてはそこまでストレスでは無いので仕方がないかと思っていたのが、まだしばらくは使っていけそう。


で、iOS12が原因と思われる不具合が、iPhone8 Plusの方で発生。
クルマで移動中に、いつも車内ではBluetoothでカーナビと接続して音楽を再生しているのですが、突然再生が止まってしまってBluetoothも切断。
信号待ちのときに確認してみると、iPhoneのミュージックアプリがフリーズしている状態。ホームボタン2度押しで久しぶりにアプリを強制終了。アプリの強制終了は、アプリを再度起動するときのバッテリーの消費が大きいので、バッテリーを持たせるためにやるのは意味が無いという話を聴いてから最近は全然やっていなかったので久しぶりだった。
再度ミュージックアプリを起動させてもフリーズしたまま(操作を受けつけず)。
で、次の信号待ちで画面を見てみると、真っ暗な画面の真ん中でカーソルが回転しているという状態に。
超久々に本体の強制再起動かと、ホームボタンと電源ボタンを同時長押ししてもなにも起こらず(汗)。
そのまま家まで、なんの役にも立たない金属の塊と化す……。

家でMacから「iPhone 強制再起動」で検索してみると、強制再起動のやり方が変わっていたそう。
自分がやっていたホームボタンと電源ボタンの同時長押しはiPhone6s/6s Plusまでで(自分の前機種は6s Plus)、iPhone7/7 Plusでは音量Downボタンと電源ボタンの同時長押し。
そしてiPhone8/8 Plus/X以降では、音量Upボタン→音量Downボタン→電源ボタン長押し(システム終了するまで)の順に押していくように変わっていたのだそう。
取扱説明書にはたぶん書いてあるのだろうけど、気づかなかった(汗)。
で、この手順でやると無事に強制終了が出来て、再起動も問題無し。とりあえず解決……。

これで強制再起動のやり方は覚えたので、今後同じようになっても一応大丈夫だけれど、今回のフリーズが友だちとの待ち合わせ前だったり電車内で起こっていたとしたら面倒なことになっていたかも。Suicaも今やApple Payで使っているので。


あとiOS12にしてからちょっと困っているのは、充電中にメモリの解放のためなのかアプリが再起動になってしまうこと。描画するようなデータが保存されずに消えてしまったり等あるので。
他では、バッテリーの消耗がちょっと早くなったような???
OSのアップデート直後はバックグラウンドでいろいろ動いていてバッテリーが消費されるというのは聞きますが、もう10日近く経つので。
Plusなので、丸2日くらいは持ってもらいたいのですが。


まあフリーズは頻発されたら困りますがそれ以外は致命的にダメなわけではないので、次期iOS12.1あたりで改善していてくれれば。  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:52Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年04月19日

iPhonen8 Plus (PRODUCT)REDのケース

先週届いた、iPhone8 Plus (PRODUCT)RED Special Edition
本当はケース等つけずに裸で使いたいくらいなのだけれど、うっかり落としてしまえばかなりの確率でガラスが割れるデザインというのはわかっているので、ケースをつけることに。

というかすでに2月に、期間限定のTポイント消化のためにYahooショッピングのストアで買ってしまっていた(汗)。すべてTポイントで支払ったので、現金負担は無し。
iPhone Xにする気は無かったので、iPhone8 Plus用のバンパータイプのものを購入。
当時は赤いモデルが出るとは思っていなかったので、いずれシルバーかゴールドのモデルに機種変更したときのためにと思っていたのだけれど、たまたま赤いバンパーを選択していた。
まったく狙っていなかったのだけれど、今回の本体色との組み合わせはバッチリだったかも。

CIMG5765

本体もバンパーも、赤と黒の2色のみ。

CIMG5767

せっかく鮮やかな赤色の背面なので、手帳タイプや背面すべてを覆ってしまうタイプのケースにするのはもったいないし、このモデルを選択した意味がなくなるかと。

CIMG5768

で、液晶面に貼るガラスプロテクターも購入。
iPhoneの液晶面にはしばらくなにも貼らずに使ってきていて、iPhone3GS以来でたぶん6年半ぶりとか(笑)。
iPhone4sにした時に液晶面保護のシートを貼ってみたのだけれど、表示が滲んでしまってせっかくのRetinaディスプレイがもったいないと思って剥がしてしまって、それ以降の機種ではなにも貼らずに使用。
ガラスが割れたり欠けたり等は今まで1回も無いのですが、iPhone6s Plusの液晶面のガラスにはうっすらヘアライン程度のキズは出来ていて、今回のiPhone8 Plusも最後は売却して終わるハズなので、商品価値の維持のために貼っておこうと。

IMG_2552

昔思った、表示の滲みというのは今回はあまり感じず。
今回買ったものはシートではなくてガラスだし、6年での技術の進化やらあるのでしょうが。
液晶表示面のフチがやや目立つようになってしまったのと、ホームボタンがちょっと凹んだ感じになってしまったのでそこだけは違和感ですが、思っていたほど悪くはないかなと。


あとは背面保護のためのシートを買うかどうか。
iPhone8 Plusの背面はガラスになったので、こちらも衝撃で割れることも考えておかないといけないかも。
ケースやシートには今まであまりお金をかけずにやってきたので、今回の保護系パーツの購入はそこまでで終了の予定ですが。  
Posted by toshihiko_watanabe at 22:22Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年04月13日

iPhone8 Plus (PRODUCT)RED Special Edition

今日発売の、iPhone8 Plus (PRODUCT)RED Special Edition
3日前の予約開始の日に予約したので、今日届いた。

IMG_2533 IMG_2534

今まで使っていたiPhone6s Plusに機能的な不満はそんなになかったのだけれど、バッテリーの劣化は気になるレベルになりつつあったのでこのモデルが発売になったのはいいタイミングだったかと。
とはいえ、いろいろと使いまくらなければ丸1日は十分に持つくらいでしたが。 


iPhone6s PlusをMacに接続してiTunesにバックアップ。そのあとSIMカードを差し替えたiPhone8 Plusのアクティベートを済ませてから接続して、データ移行。
容量はiPhone6s Plusと同じ64GBモデル。一番容量を使っているのは写真と音楽でビデオはあまり入っていないので、256GBモデルまでは自分には必要なし。

IMG_1222

実際使っている容量も今は56GB程度なので、データ移行もそこまで時間はかからず。
届いてから1時間半くらいで、今までと同じように使える状態に。


iPhone6s Plusとの違いは、カメラレンズが2つ・防水機能・Apple Pay・True Toneディスプレイ・ホームボタンが非稼動式・ワイヤレス充電対応(Qi)といったあたり。
自分にとってやや重要なのは、ホームボタンの変更とApple Payくらい。
Apple Payは使える状態にしておきたいので、すぐにSuicaとクレジットカード2枚を登録。
そんなに電車に乗るわけでもないし、普段行っていて一番使用頻度の多いスーパーマーケットはクレカはスライドさせるタイプのレジなので、Apple Payの出番がどれくらいあるかはわかりませんが(汗)。

IMG_1227

去年mineoにMNPで移籍して、もう3大キャリアの契約ではないのでiPhone本体に割引き等はまったく無く、SIMフリー版をApple Storeで定価で買うしかない。
金利0%で12回払いという支払いも出来るのだけれど、一括で税込約97000円というのはやっぱり高くは感じてしまう。
ガラケーの頃は、ケータイ本体ゼロ円という時代も長かったので。

IMG_2526

まあその分普段の基本料金が安いわけですし、年数などで縛られていないので今後は自由な時期に買い換えてそれまでの機種を売却してというサイクルになりますが。
例えば、今年秋に出るiPhoneの新機種に買い換えることも出来るし、このiPhone8 Plusならその頃売却してもそれなりの金額にはまだなるかと。まあそんなすぐに買い換えませんが(笑)。

IMG_1226

ちなみに夕方に買い物に出かけたのですが、外でいつものつもりでiPhoneを使ってみるとネットにつながらない……すぐに気づいたけれど、mineoのプロファイルをインストールしていなかった(汗)。
帰宅してからインストールして、Wi-Fi回線から4G回線に切り替えてもネットにつながることを確認。
気づかないままに遠出とかでなくてよかった。

IMG_2545

デザイン的には今までのiPhone6s Plusとほぼ変わっていないので、使用感に違和感はまったくなし。
新鮮味や新機種の感動というものもほぼありませんが(爆)。
あ、表面のベゼルが黒になったのはiPhone 3GS以来で、iPhone4s→iPhone5s→iPhone6s Plusとベゼルが白のモデルを選んできたのでそこは新鮮か。違和感とも言いますが。
とりあえず、使っていきます。  
Posted by toshihiko_watanabe at 21:25Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加